●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-9.I.5:1 ~ T-9.I.6:7

5. I have emphasized many times that the Holy Spirit will never call upon you to sacrifice anything. 
  • emphasize [émfəsàiz] : 「〜を強調する、力説する」
  • many times : 「何度も」
  • call upon : 「求める、要求する」
  • sacrifice [sǽkrəfàis] : 「〜を犠牲にする」
❖ "I have emphasized ~ "「私は何度もthat以下を強調してきた」。"that the Holy Spirit will ~ "「ホーリー・スピリットは決してあなたに何かを犠牲にするように強要することはないと」強調してきた。ホーリー・スピリットは決して犠牲を強いない。逆に、犠牲を強いるようなものは、ホーリー・スピリットの思考システムから生み出されたものではない。したがって、犠牲は神の意志ではない。



But if you ask the sacrifice of reality of yourself, the Holy Spirit must remind you that this is not God's Will because it is not yours. There is no difference between your will and God's. 
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • difference [dífərəns] : 「違い、差異、相違」
  • between [bitwíːn] A and B : 「AとBの間の」
❖ "But if you ask ~ "「しかし、もしあなたが、あなた自身の実相を犠牲にすることを要求したら、」"the Holy Spirit must ~ "「ホーリー・スピリットはあなたにthat以下を思い起こさせるに違いない」。"that this is ~ "「それはあなたの意志ではないから、神の意志でもないのだと」。"There is no ~ "「あなたの意志と神の意志の間に違いはない」。神は決して犠牲を強いない。ましてや贖罪のための磔刑など、いったい神は誰に強いたりするだろうか。また、殉教を容認する気持ちのすべてはエゴの思考システムから生み出されたものである。犠牲という言葉は実相世界の辞書にない。



If you did not have a split mind, you would recognize that willing is salvation because it is communication.
  • split [splít] : 「割れた、分割した、分裂した」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済」
  • communication [kəmjùːnəkéiʃən] : 「伝達、コミュニケーション」
❖ "If you did ~ " 仮定法過去、「もし、あなたが分裂した心をもっていないなら、」"you would recognize ~ "「あなたはthat以下を認識するであろうに」。"willing is salvation ~ "「意志するとはコミュニケーションであるから、それは救いとなる」と認識するであろうに、あなたはそれが出来ない現状にある。神の意志もあなたの意志も同じであるから、あなたが意志したことは神に伝わる。その意味で、意志することはコミュニケーションである。あなたが意志したことが神に伝わるのだから、あなたは自己の救済を神に求めることが出来る。ところが、現状はあなたは神と分離し、心は分裂したままだ。神とのコミュニケーションが断たれている。



6. It is impossible to communicate in alien tongues. You and your Creator can communicate through creation, because that, and only that is Your joint Will. 
  • alien [éiliən] : 「異質な、縁もゆかりもない 」
  • tongue [tʌ́ŋ] : 「言葉、言語、方言」
  • creation [kriéi∫n] : 「創造、創作」
  • joint [dʒɔ́int] : 「共有の、共同の、連合の」
❖ "It is impossible ~ "ここは"It ~ to do ~"の構文、「異なる言語同士でコミュニケーションをとることは不可能だ」。"You and your ~ "「あなたとあなたの創造主は、創造を通してコミュニケーションできる」。"because that, and ~ "「なぜなら、創造は、創造だけが、あなたと創造主の共有された意志だからである」。実相的な創造とは真実の現実化である。真実の拡張と言ってもいい。真実の分かち合いであり、その意味ではコミュニケーションである。同じ意志(言語)をもった者同士が真実を分かち合い、コミュニケーションをとり、真実を拡張していく。



A divided mind cannot communicate, because it speaks for different things to the same mind. 
  • divided [diváidid] : 「分割された、分離した、分裂した」
  • speak for : 「〜を物語る、〜を示す、の代弁をする」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • same [séim] : 「同じ、同一の」
❖ "A divided mind ~ "「分裂した心はコミュニケーションできない」。"because it speaks ~ "「なぜなら、分裂した心は、違ったことを同じ心に向けて物語るからである」。分裂した心の各々が、別々のことを一つの心に向かって話すものだから、コミュニケーションが成立しない。あたかも混線した電波を受信するラジオのようなものだ。あるいは、バベルの塔を思い出せばいいだろう。



This loses the ability to communicate simply because confused communication does not mean anything. A message cannot be communicated unless it makes sense.
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、喪失する」
  • ability [əbíləti] : 「能力、才能、手腕」
  • simply [símpli] : 「単に、簡単に」
  • confuse [kənfjúːz] : 「混同する、混乱させる」
  • message [mésidʒ] : 「伝言、メッセージ」
  • communicate [kəmjúːnikèit] : 「伝える、伝達する」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • make sense : 「意味をなす、道理にかなう」
❖ "This loses the ~ "「これが、コミュニケーションの能力を失わせる」。"simply because ~ "「単に、混乱したコミュニケーションは何も意味しないからだ」。混線した電波は意味内容を伝えることは出来ず、ただの雑音になってしまう。混乱したコミュニケーションもまた然りだ。"A message cannot be ~ "「メッセージは、それが意味を成さない限り、伝達され得ない」。たとえ、混乱していなくても、意味内容が不明なメッセージは、解読できない暗号文と同じで、コミュニケーションの対象にならない。



How sensible can your messages be, when you ask for what you do not want? 
  • sensible [sénsəbl] : 「分別のある、理にかなっている」
  • ask for : 「〜を求める、〜を要求する」
❖ "How sensible ~ "「あなたが欲しないことを頼んでいるとき、いったいあなたのメッセージはどうやって意味を成すであろうか」。欲しないことを要求するのだから、要求する内容と、要求する心が相反している。この要求は意味をなさない。



Yet as long as you are afraid of your will, that is precisely what you are asking for.
  • as long as : 「〜さえすれば、〜する限り」
  • be afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • precisely [prisáisli] : 「正確に、まさに」
❖ "Yet as long as ~ "「しかし、あなたがあなたの意志を怖がっている限り、」"that is precisely ~ "「それはまさに、(あなたが欲しないことを)あなたが要求しているのと同じである」。恐れがコミュニケーションの障害になる。恐れのあまり、欲していないことを要求する。たとえば、孤独感から逃れるために酒を飲む。酒を飲めばますます孤独になる。そこで、ますます酒を飲む。孤独が恐ろしいがために、欲してもいない酒の依存にのめり込む。薬への依存、物欲、性的執着、虐待、等々、思い起こせばいくらでもある。恐れから逃避するために欲してもいないことを望む事例は後を絶たない。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp