●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.VI.1:1 ~ T-11.VI.2:6

 
VI. Waking to Redemption

贖罪への覚醒
 
 
1. It is impossible not to believe what you see, but it is equally impossible to see what you do not believe.
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない」
  • equally [íːkw(ə)li] : 「等しく、同様に、一様に、均一に」
❖ "It is impossible not to ~ "ここは、"It ~ not to ~ "の構文、「あなたが見たものを信じないのは不可能であるが、」"but it is equally ~ "「しかし、あなたが信じてもいないことを見ることも同要に不可能である」。信じているものが目に見えるのであって、したがって、目に見えるということは、あなたがそれを信じていることを示している。たとえば、この現実(幻想世界)をあなたは見ているから、あなたはこの現実(幻想世界)を信じているのだ。



Perceptions are built up on the basis of experience, and experience leads to beliefs.
  • Perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、知見、見識、感じ方」
  • built [bílt] : 「buildの過去、過去分詞形」
  • build up : 「築き上げる、作り上げる、組み立てる」
  • on the basis [béisis] of : 「〜に基づいて」
  • experience [ikspí(ə)riəns] : 「経験、体験、見聞」
  • lead to : 「〜につながる、結果として〜に導く、結局〜となる」
❖ "Perceptions are built up ~ "「知覚は経験に基づいて構築される」。"and experience leads ~ "「そして、経験は信念へと結びつくのである」。我々の常識では、知覚に基づいて経験が構築されているように考えられるが、ACIMの論はその逆である。経験が知覚を制御している。経験は信念を形作るから、結局、信念が知覚を制御していることになる。



It is not until beliefs are fixed that perceptions stabilize. In effect, then, what you believe you do see.
  • until [əntíl] : 「〜する時まで」
  • fix [fíks] : 「癒す、治療する、直す、修正する」
  • stabilize [stéibəlàiz] : 「安定する、固定する」
  • In effect : 「事実上、実質的に、実際には」
❖ "It is not until beliefs are ~ "ここは"It ~ that ~ "の構文、「信念が修正されるまで、知覚が安定することはない」。"In effect, then, ~ "「そこで、実際、あなたはあなたが信じているものを見るのである」。



That is what I meant when I said, "Blessed are ye who have not seen and still believe," for those who believe in the resurrection will see it.
  • meant [mént] : 「mean の過去・過去分詞形」
  • Blessed [blésid] : 「幸運な、恵まれた、祝福された」
  • ye [jíː] : 「汝、あなたがた」
  • resurrection [rèzərékʃən] : 「復活、蘇生」
❖ "That is what I meant ~ "「これは、私が〜と言った時、私が意味したことである」。"Blessed are ye who ~ "「見ずして、なお信じている汝は幸いなれ」と言った時。"for those who believe ~ "「なぜなら、復活を信じている者が復活を見るであろうからだ」。"Blessed are ye who ~ "これはヨハネの福音書20:29に登場する。疑い深いトマスとイエスのやり取りの有名な場面である。参考までに載せておく。

[John 20:27~20:29 form King James Bible]
Then saith he to Thomas, Reach hither thy finger, and behold my hands; and reach hither thy hand, and thrust it into my side: and be not faithless, but believing. And Thomas answered and said unto him, My LORD and my God. Jesus saith unto him, Thomas, because thou hast seen me, thou hast believed: blessed are they that have not seen, and yet have believed.

それから、トマスに言われた。「あなたの指をここに当てて、わたしの手を見なさい。また、あなたの手を伸ばし、わたしのわき腹に入れなさい。信じない者ではなく、信じる者になりなさい。」トマスは答えて、「わたしの主、わたしの神よ」と言った。イエスはトマスに言われた。「わたしを見たから信じたのか。見ないのに信じる人は、幸いである。」(新共同訳)



The resurrection is the complete triumph of Christ over the ego, not by attack but by transcendence.
  • complete [kəmplíːt] : 「完全な、全くの、徹底的な、全面的な」
  • triumph [tráiəmf] : 「勝利、大成功、大業績」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • transcendence [trænséndəns] : 「超越、卓絶」
❖ "The resurrection is ~ "「復活は、エゴに対するキリストの完全な勝利である」。"not by attack but ~ "「その勝利は、攻撃によってではなく、超越によってもたらされた」。"by transcendence"「超越によって」とは、「この幻想の世界を超越することによって」、ととらえてもいいだろうし、エゴの攻撃と反対のことだから、「幻想の世界を赦すことによって」ととらえても遠からずであろう。



For Christ does rise above the ego and all its works, and ascends to the Father and his Kingdom.
  • rise above : 「〜の上にそびえる、〜から超然としている、〜を突破する」
  • ascend [əsénd] : 「上がる、登る、上る、上昇する」
❖ "For Christ does rise above ~ "「なぜなら、キリストは、エゴとエゴの為す業の上に立ったのであり、」"and ascends to the Father ~ "「父なる神と王国へと、キリストは登っていったのであるから」。



2. Would you join in the resurrection or the crucifixion? Would you condemn your brothers or free them?
  • join [dʒɔ́in] : 「加わる、加入する、参加する、交わる」
  • join in : 「〜に加わる、〜に参加する」
  • resurrection [rèzərékʃən] : 「復活、蘇生、再生」
  • crucifixion [krùːsəfíkʃən] : 「磔刑、十字架刑」
  • condemn [kəndém] : 「〜を非難する、責める、罵倒する、糾弾する」
  • free [fríː] : 「〜を自由にする、解放する」
❖ "Would you join in ~ "「あなたは復活に加わりたいのか、それとも磔刑に加わりたいのか」。"Would you condemn your brothers ~ "「あなたはあなたの同胞を非難したいのか、それとも解放してやりたいのか」。



Would you transcend your prison and ascend to the Father? These questions are all the same, and are answered together.
  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する」
  • prison [prízn] : 「監獄、監禁、禁固、幽閉」
  • ascend [əsénd] : 「上がる、登る、上る」
  • question [kwést∫n] : 「質問、問題、疑問、問い」
  • all the same : 「全く同じで、全く同様で」
  • answer [ǽnsə(r)] : 「〜に答える」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒に、同時に」
❖ "Would you transcend ~ "「あなたは、幽閉状態を超えて、父なる神の元へと登っていきたいと思わないのか」。"These questions are ~ "「これらの問い掛けはすべて同じであって、同時に答えられるものである」。



There has been much confusion about what perception means, because the word is used both for awareness and for the interpretation of awareness.
  • confusion [kənfjúːʒ(ə)n] : 「混乱、混同、混乱状態、無秩序」
  • both [bóuθ] A and B : 「AもBも両方」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • interpretation [intə̀ː(r)prətéi∫n] : 「解釈、説明、解説」
❖ "There has been much ~ "「知覚が何を意味するかということに関して、大いに混乱がある」。"because the word ~ "「なぜなら、言葉というものは、あなたの意識したものに対しても、意識したものの解釈にも使われるからだ」。たとえば、赤い花を見て、あなたはカラーとしての赤を知覚する。と同時に、赤い花を解釈して、花の美しさを知覚することにもなる。いったい自分は赤を知覚したのか花の美しさを知覚したのか、知覚の混乱が生じることとなる。またたとえば、同胞の行為を見て、敵と知覚するか神の子と知覚するか、これも知覚とその解釈によって混乱が生じることとなる。



Yet you cannot be aware without interpretation, for what you perceive is your interpretation.
  • aware [əwéə(r)] : 「気付いている、気が付いて、承知して、知って」
❖ "Yet you cannot be aware ~ "「しかし、あなたは解釈なしに知ることはできない」。"for what you ~ "「なぜなら、あなたが知覚したものが、あなたの解釈なのであるから」。知覚がその人の信念に依存するように、知覚はあなたの解釈に依存する。言い換えれば、この世界においては純粋知覚はありえない。
 
 
 

T-11.V.17:1 ~ T-11.V.18:7

17. Would you remember the Father? Accept his Son and you will remember him.

  • Would [wúd] : 「〜したいと思う」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • Accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "Would you remember ~ "「父なる神を思い出してみたいと思わないだろうか」。"Accept his Son"「神の子を受け入れなさい」。"you will remember ~ "「そうすれば、あなたは父なる神を思い出すであろう」。あなたが神の子であること、そして、あなたの同胞も神の子であることを受け入れることで神を思い出すことができる。



Nothing can demonstrate that his Son is unworthy, for nothing can prove that a lie is true.
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実演する、明示する、論証する、実証する」
  • unworthy [ʌnwə́ː(r)ði] : 「〜に値しない、値打ちのない、卑しむべき、下劣な」
  • prove [prúːv] : 「証明する、立証する」
  • lie [lái] : 「うそ、虚言」
❖ "Nothing can demonstrate ~ "「何ものも、神の子が無価値だなどと実証することはできない」。"for nothing can prove that ~ "「なぜなら、何ものも、偽りが真実であると証明できないからだ」。つまり、神の子が価値ある存在であることは真実だということ。



What you see of his Son through the eyes of the ego is a demonstration that his Son does not exist, yet where the Son is the Father must be.
  • of : 「〜について、〜に関して」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜を介して」
  • demonstration [dèmənstréi∫n] : 「実証、証明、実演」
  • exist [igzíst] : 「存在する、生きている、生存する」
❖ "What you see of his Son ~ "「エゴの目を通して神の子を見れば、それは、神の子が存在しないことを実証してしまう」。"yet where the Son ~ "「しかし、神の子がいるところに、神もかならずいる」。エゴには神が見えないのだ。なぜなら、エゴは神を否定しているから。神を否定したエゴの目を通してみると、もちろん神も見えないが、神の子も見えない。ただの無価値な人間としか映らないのである。逆に、あなたが同胞を見た時、その同胞が無価値な人間に見えたなら、それはエゴの目を通して見ているからだと思っていい。ホーリー・スピリットの目を通して見ているなら、同胞はみんな神の子として見えてくる。



Accept what God does not deny, and it will demonstrate its truth. The witnesses for God stand in his light and behold what he created.
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む」
  • witness [wítnəs] : 「証拠、証言、目撃者、証人」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
❖ "Accept what God does ~ "「神が否定しないものを受け入れなさい」。"and it will demonstrate ~ "「そうすれば、それが真実であると実証するであろう」。神が否定しないこととは、神が受け入れていることであり、当然それは真実であり、実在である。したがって、あなたがそれを受け入れれば、あなたにも真実がわかってくる。そうするとが神の証人である。"The witnesses for God ~ "「神の証人は神の光の中に立ち、」"and behold what he ~ "「神が創造したものを見守っている」。あなたも神の証人になって、神の光の中に立ち、神が創造した真実を目撃してほしいと、神は願っているはずだ。



Their silence is the sign that they have beheld God's Son, and in the Presence of Christ they need demonstrate nothing, for Christ speaks to them of himself and of his Father.
  • silence [sáiləns] : 「静けさ、静寂、沈黙、無言」
  • sign [sáin] : 「表れ、兆し、兆候、印」
  • beheld [bihéld] : 「behold の過去・過去分詞形」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • Presence [prézns] : 「存在すること、存在」
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実演する、明示する、論証する、実証する」
❖ "Their silence is the sign ~ "「神の証人の静寂さは、彼らが神の子を見た印である」。神の証人はあなたを神の子として見て、そして穏やかに沈黙するのである。"and in the Presence of Christ ~ "「キリストが存在する中、神の証人は何も実証する必要はない」。神の子であるあなたの側にはキリストがいるから、神の証人はあなたが神の子であることを実証する必要などない。"for Christ speaks to them ~ "「なぜなら、キリストは神の証人にキリスト自身を語り、キリストの父なる神について語るからだ」。神の証人たちにキリストが語りかける。キリスト自身について、神について語りかけるから、神の証人は静かに耳を傾ける。おそらく、静寂は光で包まれるのであろう。



They are silent because Christ speaks to them, and it is his words they speak.
  • silent [sáilənt] : 「静かな、音がしない、しんとした」
❖ "They are silent because ~ "「キリストが神の証人に語りかけるので、彼らは無言でいる」。"and it is his words ~ "「そして、語られる言葉は、神の証人が語るキリストの言葉である」。さて、非常に難解であるが、非常に重要な部分でもある。ここには、神の証人、神の子、そしてキリストが登場している。しかし、お気付きと思うが、この3者がほとんど重なり合ってくるのである。あなたを神の子と受け入れた神の証人も神の子であり、神の証人に語りかけるキリストも神の子である。したがって、キリストが語る言葉は、神の子の言葉でもあり、神の証人の言葉でもある。言い換えれば、神の子であるあなたは神の証人でもあり、キリストでもあるのだ。この世にキリストはただ一人しか存在しないと主張する人もいようが、実相の世界でこそ単一なのであって、幻想の世界で複数であろうが単数であろうが、それは問題ではない。神の子であるあなたは、神の実相の世界では同胞と共に単一である。神の子は単一であり、キリストも単一、神の証人も単一。つまり、実相の世界では、神の創造したものは単一であり、神の子、神の証人、キリストは互いに重なり合い集約され、そして、神という一点に収斂していく。存在は神のみの世界になるのである。それが"God is"という純粋一元論の実相世界である。それだからこそ、あなたは自分がキリストであると主張しても正しく、自分が神であると主張しても正しい。ACIMで語られる神人一体の妙がここにある。



18. Every brother you meet becomes a witness for Christ or for the ego, depending on what you perceive in him.
  • meet [míːt] : 「: 〜に会う、〜と会合する、〜と接触する」
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、参考人、立会人」
  • depend [dipénd] : 「〜次第である、〜による」
  • depend on : 「〜によって決まる、〜次第である」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
❖ "Every brother you meet ~ "「あなたの出会う同胞の誰でも、キリストの証人にもなれれば、エゴの証人にもなれる」。"depending on what ~ "分詞構文、単純接続、「そしてそれは、あなたが同胞の中に何を知覚するかに依存する」。同胞の欠点をあげつらって攻撃しようとするなら、あなたはエゴの証人であり、同胞の長所を見て取って尊敬を感じるなら、あなたはキリストの証人である。



Everyone convinces you of what you want to perceive, and of the reality of the kingdom you have chosen for your vigilance.
  • convince [kənvíns] : 「確信させる、納得させる、説得する」
  • convince A of B : 「AにBを納得させる」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • chosen [t∫óuzn] : 「choose の過去分詞形」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • vigilance [vídʒ(ə)l(ə)ns] : 「警戒、用心」
❖ "Everyone convinces ~ "「誰でも、あなたが何を知覚したいのか、あなたに確信させる」。他者への評価のし方で、あなたが何を知覚したいのかがわかる。"and of the reality of the kingdom ~ "ここは"Everyone convinces you"につながる部分であるが、「たとえば、」という言葉を補えば、意味がすっきりするだろう。「(たとえばキリストの証人として、) あなたが怠ることなく選択した王国の現実を、誰でもあなたに確信させるのだ」。つまり、エゴの誘惑に屈することなく、警戒心をもって常に王国の実相を選択しつづけるなら、そういう心で同胞を見ることで、その同胞は誰でもあなたに王国の実相を確信させてくれるのだ、ということ。簡単に言うと、あなたが王国の心をもって同胞に接するなら、その同胞はあなたに王国の実相を確信させてくれる。



Everything you perceive is a witness to the thought system you want to be true.
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、参考人、立会人」
  • thought system : 「思考システム」
❖ "Everything you perceive ~ "「あなたが知覚するすべてが、あなたが真実であってほしいと望む思考システムの証人である」。つまり、あなたの知覚のし方によって、あなたがどんな思考システムを望んでいるのかわかる、ということ。あなたがエゴの思考システムを望んでいるのか、ホーリー・スピリットの思考システムを望んでいるのか、あなたが対象を知覚するその内容で、どちらかがわかるのである。



Every brother has the power to release you, if you choose to be free.
  • release [rilíːs] : 「解放する、自由にする、放つ」
❖ "Every brother has ~ "「もしあなたが、自由になることを選択したなら、すべての同胞はあなたを解放するパワーをもっている(ことに気がつく)」。あなたがその気になれば、同胞はあなたの解放を手助けするパワーを発揮してくれる。



You cannot accept false witness of him unless you have evoked false witnesses against him.
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • false [fɔ́ːls] : 「偽りの、偽の、うその、虚偽の、誤った」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • evoke [ivóuk] : 「引き起こす、呼び起こす、喚起する」
❖ "You cannot accept false ~ "ここは意訳して、「あなたが、同胞の気持ちに反した誤った証言を誘発してしまえば、あなたはその同胞の誤った証言を受け入れる可能性がある」。あなたが同胞の中に、同胞の思いに反した誤った証言を誘発させない限り、あなたが同胞の誤った証言を受けれることはあるまい。



If he speaks not of Christ to you, you spoke not of Christ to him. You hear but your own voice, and if Christ speaks through you, you will hear him.
  • speak of : 「〜を口にする、〜のことを話す」
❖ "If he speaks not ~ "「もし同胞が、キリストについてあなたに語ってくれないなら、」"you spoke not of ~ "「それは、あなたが同胞にキリストのことを語らなかったせいである」。"You hear but your ~ "「あなたはあなた自身の声を聞くのであり、」"and if Christ speaks ~ "「もしキリストがあなたを通して語るなら、」"you will hear ~ "「あなたはキリストの語る言葉を聞くであろう」。キリストはスピーカーを通してあなたに語りかけるのではない。キリストの声は、あなたの心を通して、あなたの内部に響いてくる。その内側からの声、あなた自身の声がキリストの言葉を語り、あなたの耳に聞こえてくる。もし、そのキリストの言葉をあなたが同胞に語り聞かせたなら、きっとその同胞も同じように、彼の心に響いてきたキリストの言葉をあなたに語ってくれるだろう。
 
 
 

T-11.V.15:1 ~ T-11.V.16:9

15. The ego makes no attempt to understand this, and it is clearly not understandable, but the ego does make every attempt to demonstrate it, and this it does constantly.

  • attempt [ətém(p)t] : 「試み、企て」
  • make an attempt to : 「〜しようと試みる」
  • understandable [ʌ̀ndərstǽndəbl] : 「理解できる、分かる、無理からぬ」
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実際にやってみせる、実演する、実証する、立証する」
  • constantly [kɑ́nst(ə)ntli] : 「絶えず、しきりに、絶え間なく、常に」
❖ "The ego makes no ~ "「エゴはこれを理解しようと試みることはない」。これとは、エゴの循環論法に従えば"Error is real and truth is error"「誤りこそが現実で、真実は誤りにほかならない」という結論に陥ってしまうこと。それがおかしいことにエゴは気付かないのだ。"and it is clearly not ~ "「それは(エゴにとって)明らかに理解不能である」。"but the ego does make every ~ "「しかしエゴは、それ(自分の結論が正しいこと)を実証しようとあらゆる試みする」。"and this it does ~ "「そして、エゴは常にそんなことをやっているのである」。そんなこととは、証明不能のことを証明しようとしていること。自分の論の正しいことを実証しようとばかりしているのである。



Analyzing to attack meaning, the ego succeeds in overlooking it and is left with a series of fragmented perceptions which it unifies on behalf of itself.
  • Analyze [ǽnəlàiz] : 「分析する、解析する、細かく検討する」
  • succeed [səksíːd] : 「成功する」
  • succeed in : 「〜に成功する」
  • overlook [òuvə(r)lúk] : 「見過ごす、大目に見る、許す」
  • left [léft] : 「leave の過去・過去分詞形」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、置き忘れる、放置する、 〜を任せる」
  • be left with : 「もち続ける、押し付けられる」
  • series [sí(ə)ri(ː)z] : 「連続、シリーズ、一組」
  • a series of : 「一連の〜、ひと続きの〜」
  • fragment [frǽgmənt] : 「砕く、砕ける、寸断する」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、認知、知見、見識、感じ方」
  • unify [júːnəfài] : 「統一する、一体化する、単一化する」
  • behalf [bihǽf] : 「支持、味方、利益」
  • on behalf of : 「〜のために、〜の利益になるように」
❖ "Analyzing to attack ~ "分詞構文、付帯状況、「意味(あるもの)を攻撃するために、(知覚したものを)分析しながら、」"the ego succeeds in ~ "「エゴは、その意味あるものをまんまと見過ごす」。"and is left with a series of ~ "「そして、一連の断片化された知覚を手にして取り残される」。"which it unifies on behalf ~ "「そしてエゴは、その破片を自分に都合がいいようにくっつけ合わせるのである」。



This, then, becomes the universe it perceives. And it is this universe which, in turn, becomes its demonstration of its own reality.
  • universe [júːnəvə̀ː(r)s] : 「宇宙、銀河、全世界」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜を理解する、〜を把握する」
  • in turn : 「順に、順々に、入れ替わりに、立ち代わって」
  • demonstration [dèmənstréi∫n] : 「実演、実証、証明」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
❖ "This, then, becomes ~ "「そして、これが、エゴの知覚する世界となる」。これとは、エゴが知覚したものの断片を、エゴが都合のいいようにくっつけ合わせたもの。"And it is this universe ~ "「そして、それが、エゴ自身の現実を実証するものとなる宇宙である」。まさにこの世界が、エゴの思考システムが実演する世界なのである。幻想世界、そのものである。虚偽が真実の顔をして跋扈(ばっこ)し、非実在が実在の顔で居座っている。



16. Do not underestimate the appeal of the ego's demonstrations to those who would listen.
  • underestimate [ʌ̀ndə(r)éstəmèit] : 「過小評価する、低く見積もる、見くびる、甘く見る」
  • appeal [əpíːl] : 「魅力、懇願」
  • demonstration [dèmənstréi∫n] : 「実演、実証、証明」
  • listen [lísn] : 「耳を傾ける、傾聴する、聴く、聞く」
❖ "Do not underestimate ~ "「耳を傾ける者にエゴが実証して見せる魅力を過小評価してはいけない」。エゴの思考システムはまやかしであるが、そのまやかしが、ある者には魅力である。たとえば金、権力は非常に魅力的ではないか。他者を攻撃する強い力もすこぶる魅力的である。



Selective perception chooses its witnesses carefully, and its witnesses are consistent.
  • Selective [siléktiv] : 「選択の、選択できる、選択的な、抜粋の」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、認知、知見、見識、感じ方」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、証拠、証言」
  • carefully [kéə(r)f(ə)li] : 「注意深く、丁寧に、慎重に、入念に」
  • consistent [kənsíst(ə)nt] : 「一貫性のある、首尾一貫した、矛盾しない」
❖ "Selective perception ~ "「選択的知覚は注意深くその証言を選び取る」。"and its witnesses ~ "「そして、その証言は一貫している」。"Selective perception"「選択的知覚」とは、エゴが知覚したものを一旦ばらばらに分断し、エゴの都合に合致するものだけを選び出して再びくっつけ合わせること。その過程で、エゴに都合がいいもの、すなわちエゴの正当性を証言してくれるものを選ぶのである。結果、その証言は当然ながら一貫したものとなる。



The case for insanity is strong to the insane. For reasoning ends at its beginning, and no thought system transcends its source.
  • case [kéis] : 「件、事件、事例、場合、真実、真相、事実」
  • insanity [insǽnəti] : 「狂気、精神病、精神異常」
  • insane [inséin] : 「正気でない、精神障害の、非常識な」
  • reasoning [ríːzəniŋ] : 「論法、推理、推論、論理的思考」
  • beginning [bigíniŋ] : 「初め、開始、始まり」
  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する、しのぐ」
❖ "The case for insanity ~ "「狂気に都合のいい事実は、正気でない者にとっては強い(味方だ)」。"For reasoning ends ~ "「なぜなら、論法は、その初めで終わっているからだ」。難しい箇所ではある。ここれ語られているのはエゴの論法のことで、循環論法である。循環論法は結論を仮定として出発するものであるから、論法の始まりにはすでに結論が出ていて終わっているのだ。たとえば、次のような論法はいかがであろう。過ちのない状態はない。したがって、過ちは実在であって、過ちがないものこそ非実在である。よって、過ちこそ真実である。この論法の始まり、つまり、過ちがない状態はない、と宣言する時点で、もはや結論が出ているのである。その地点で論は終わっている。エゴは狂気を正当化する証言を、知覚の断片から見つけ出し、狂気に都合のいいように論を組み立てる。循環論法を使って次のように論ずるであろう。心に狂気の無いものはいない。狂気は実在である。したがって、正気は存在しない。よって、正気は虚偽である。狂気こそが真実である。"and no thought system ~ "「そして、いかなる思考システムも、そのソースを超越することは出来ない」。ここも難解である。法律を考えればいいだろう。数ある法は巨大な法システムを形成しているが、そのシステムの中のどんな法も、法のソースである憲法を超越することはできない。すべての法が憲法を源として派生したものだからである。同様に、エゴの思考システムのあらゆる法は、第一原因であるエゴ自身を超越することはできないのだ。



Yet reasoning without meaning cannot demonstrate anything, and those who are convinced by it must be deluded.
  • demonstrate [démənstrèit] : 「論証する、実証する、立証する、証明する」
  • convince [kənvíns] : 「確信させる、納得させる、説得する」
  • delude [dilúːd] : 「信じ込ませる,だます、欺く」
❖ "Yet reasoning without ~ "「意味のない論法は何も証明することができない」。"and those who are ~ "「意味のない論法によって確信させられた人達は騙されているに違いない」。



Can the ego teach truly when it overlooks truth? Can it perceive what it has denied?
  • truly [trúːli] : 「事実のとおりに、正確に、本当に、真に」
  • overlook [òuvə(r)lúk] : 「見過ごす、大目に見る、許す」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
❖ "Can the ego teach ~ "「真実を見過ごしているのに、エゴは正しく教えることが出来るであろうか」。エゴは過ちばかりを見ようとするので、真実を見落としてしまう。見落とすというより、わざと見ないで過ごそうとするのである。それは真実の否定である。"Can it perceive what ~ "「エゴが否定したものを、エゴは知覚できるであろうか」。真実を否定したのだから、真実を知覚することも出来ない。



The ego looks straight at the Father and does not see him, for it has denied his Son.
  • look straight [stréit] at : 「〜を真っすぐ見詰める、〜を正視する、〜に視線を据える」
  • see [síː] : 「理解する」
❖ "The ego looks straight at ~ "「エゴは父なる神の方向にまっすぐ視線を向けたとしても、神であると理解できない」。"for it has denied ~ "「なぜなら、エゴは神の子を否定してしまったからだ」。神の子を否定するとは、あなたが神の子であることを否定する、ということ。"deny"「否定する」という言葉には「与えない」という意味もあるので、"it has denied his Son"は、エゴは神を否定し、結果、神の子であるあなたに神を与えないで隠そうとする、といったニュアンスがあるかもしれない。
 
 
 

T-11.V.13:1 ~ T-11.V.14:6

13. The ego analyzes; the Holy Spirit accepts. The appreciation of wholeness comes only through acceptance, for to analyze means to break down or to separate out.

  • analyze [ǽnəlàiz] : 「分析する、解析する、細かく検討する」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • appreciation [əprìː∫iéi∫n] : 「正しく評価すること、正しい認識」
  • wholeness [hóulnis] : 「全体、全体性」
  • come through : 「〜の間から出てくる」
  • acceptance [əksépt(ə)ns] : 「受け入れること、承認、受諾、受理」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • break down : 「壊す、破壊する、取り壊す、解体する」
  • separate : 「分ける、分離する、隔てる、引き離す、切り離す」
❖ "The ego analyzes ~ "「エゴは分析し、ホーリー・スピリットは受け入れる」。"The appreciation of wholeness ~ "「全体性の正しい評価は、受け入れるところからのみ、やって来る」。"for to analyze means to ~ "「なぜなら、分析するとは解体することであり、ばらばらに切り離すことだからである」。"wholeness"「全体性」とは、神の子が何一つ欠けることなくすべてをもっていること。あるいは、神の子は罪をもたず、完璧に無辜(むこ)であること。それを丸ごと受け入れることが、実相に目覚める条件となる。丸ごと受け入れるには、分析的手法では達成出来ないのである。



The attempt to understand totality by breaking it down is clearly the characteristically contradictory approach of the ego to everything.
  • attempt [ətém(p)t] : 「試み、企て」
  • totality [to(u)tǽləti] : 「全体、全体性」
  • clearly [klíə(r)li] : 「はっきりと、疑いもなく、明らかに」
  • characteristically [kæ̀riktərístikəli] : 「特徴として、特徴的に」
  • contradictory [kὰntrədíktəri] : 「相反する、矛盾する、正反対の」
❖ "The attempt to understand ~ "「解体することで全体を理解しようと試みることは、」"is clearly the characteristically ~ "「明らかに、エゴがすべてに対してとる特徴的な矛盾するアプローチである」。対象を細かい部品に分解し、その一つ一つの部品を解析し統合して、全体像をつかもうという機械論的なアプローチの方法をエゴはとるわけである。ホーリー・スピリットは対象を分解しない。全体を直覚、叡智で悟りとるのである。現代科学がエゴの方法を採用しているのは言うまでもない。



The ego believes that power, understanding and truth lie in separation, and to establish this belief it must attack.
  • lie [lái] in : 「〜にある」
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、達成する、樹立する」
❖ "The ego believes that ~ "「エゴはthat以下を信じている」。"that power, understanding ~ "「パワー、理解、真実は分離の中に存在している」と信じている。"and to establish this belief ~ "「そして、この信念を確立するためにエゴは攻撃を行わなくてはならないのだ」。エゴが存在する世界はこの幻想世界であり、それは二元論の世界である。愛と憎悪、陰と陽、プラスとマイナス、善と悪、光と闇、等々、世界の真実は対極構造の中にあり、対極構造を理解することがこの世界の理解の仕方であるとエゴは信じている。さらに、対極には必ずベクトル的力関係が生じ、引きあう力(パワー)と反発する力(パワー)が世界を時間軸にそって流動させていると信じている。このアプローチの仕方は、確かにこの幻想の二元論世界では通用するかもしれないが、一元論である真の実在世界では、もはやそんなアプローチの仕方は通用しない。実相には、愛、陽、プラス、善、光、等々の対極の一つだけが存在し、ベクトル的力関係はない。無限の拡張があるだけだ。したがって、エゴは一元論の世界を恐れる。なぜなら、たとえば憎悪が消えてしまったら、愛とのせめぎ合いによる力関係が消滅し、エゴの世界の力学がすべて崩壊するからだ。そこで、エゴは二元論を維持するため、つまり、分離を維持するために、攻撃し分離し憎しみ合わせ、反発させようとするのである。



Unaware that the belief cannot be established, and obsessed with the conviction that separation is salvation, the ego attacks everything it perceives by breaking it into small, disconnected parts, without meaningful relationships and therefore without meaning.
  • Unaware : 「無意識の、気付かない、知らない」
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、達成する、樹立する」
  • obsess [əbsés] : 「取り付く、強迫観念となる」
  • obsessed with : 「〜で頭がいっぱいである」
  • conviction [kənvík∫n] : 「信念、確信」
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • break [bréik] : 「 壊す、割る、折る、破る」
  • disconnect [dìskənékt] : 「〜との接続を切る、〜の電源を切る」
  • disconnected : 「切断された、分離された、切れぎれの」
  • meaningful [míːniŋfəl] : 「意味のある、意味深長な、重要な」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義」
❖ "Unaware that the belief ~ "ここは分詞構文、先頭にBeingを補う、理由、「その信念が確立されることは不可能だと知らずに、」"and obsessed with the conviction ~ "ここも分詞構文のつづき、「また、分離こそは救済であると確信することに取り憑かれて、」"the ego attacks everything it ~ "「エゴは知覚したすべてのものを攻撃するのである」。"by breaking it into small ~ "「小さくばらばらの部品に壊すことで、」"without meaningful relationships ~ "「その壊された部品は意味ある関係を絶たれたので、意味を失ってしまうのだ」。



The ego will always substitute chaos for meaning, for if separation is salvation, harmony is threat.
  • substitute [sʌ́bstət(j)ùːt] : 「〜を代わりにする、代用する、置き換える」
  • chaos [kéiɑs] : 「無秩序、混乱、混沌」
  • harmony [hɑ́ː(r)məni] : 「調和、一致、協和」
  • threat [θrét] : 「脅迫、脅し、危険な存在」
❖ "The ego will always ~ "「エゴはいつも、意味あるものの代わりに渾沌を置き換えてしまうであろう」。"for if separation is ~ "「なぜなら、分離が救済なら、調和は危険な存在だからである」。



14. The ego's interpretations of the laws of perception are, and would have to be, the exact opposite of the Holy Spirit's.
  • interpretation [intə̀ː(r)prətéi∫n] : 「解釈、説明、解説」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規」
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、認知、知見、見識」
  • would have to do : 「〜するに違いない」
  • exact [igzǽkt] : 「正確な、的確な」
  • opposite [ɑ́pəzit] : 「正反対の、逆の、あべこべの、対照的な」
❖ "The ego's interpretations of ~ "「エゴの、知覚の法に対する解釈は、ホーリー・スピリットのそれとは正反対である、あるいは正反対であろう」。次の文章に説明がある。



The ego focuses on error and overlooks truth. It makes real every mistake it perceives, and with characteristically circular reasoning concludes that because of the mistake consistent truth must be meaningless.
  • focus [fóukəs] : 「〜の焦点を合わせる、〜を焦点に合わせる」
  • focus on : 「〜に焦点を合わせる、〜に重点的に取り組む、〜に集中する」
  • error [érə(r)] : 「誤り、間違い、ミス」
  • overlook [òuvə(r)lúk] : 「見過ごす、大目に見る、許す、目をつぶる」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • mistake [mistéik] : 「誤り、判断上の間違い、ミス、過ち」
  • characteristically [kæ̀riktərístikəli] : 「特徴として、特徴的に」
  • circular reasoning : 「循環論法」
  • conclude [kənklúːd] : 「〜と結論を出す、〜と判断を下す、断定する」
  • consistent [kənsíst(ə)nt] : 「一貫性のある、一貫した、矛盾しない、矛盾のない」
  • meaningless [míːniŋlis] : 「意味のない、無益な、価値のない」
❖ "The ego focuses on error ~ "「エゴは誤りに焦点を合わせ、真実を見過ごす」。"It makes real every ~ "「エゴは、エゴの知覚した過ちのすべてを現実化する」。"and with characteristically ~ "「そしてエゴ特有の循環論法を使って、誤りがある故に、一貫した真実などは意味を持たないに違いないと結論づける」。エゴはことさら過ちを暴き出すので、見過ごしてもいい過ちまで暴露して現実化する。「エゴ特有の循環論法」とは、まず初めに結論ありき、の論法である。つまり、最初から誤りが必ずあると決めかけて、論を進めるのである。その結果、誤りが絶対あるから、一貫した完全な真実などない、と結論づける。エゴにとって、一貫性のある真実など意味がないのである。なぜなら、エゴにの論に従うと、過ちをもたないものは存在しないから、一貫性のある真実も存在しないことになる。



The next step, then, is obvious. If consistent truth is meaningless, inconsistency must be true.
  • obvious [ɑ́bviəs] : 「明らかな、明白な、分かりきった」
  • inconsistency [ìnkənsíst(ə)nsi] : 「不一致、矛盾 」
❖ "The next step, then, is ~ "「そこで、(エゴの論法の)次のステップは明白である」。"If consistent truth is ~ "「一貫した真実は意味がないので、矛盾こそが真実であるに違いない」となるのである。過ちを罪に置き換えてみるとエゴの論法がよくわかる。罪がない者などいない。したがって完全に罪のない無辜なる者は存在しない。無辜は無意味である。したがって、罪こそ意味があるのだ、となる。そうなると罪の重い、軽いが問題視され、罪の重い者が罪人で、罪の軽い者が善人とされる。ここまで来ると、現在の社会の論法は、まさにエゴの論法と一致していることがわかる。



Holding error clearly in mind, and protecting what it has made real, the ego proceeds to the next step in its thought system: Error is real and truth is error.
  • Hold [hóuld] : 「心に抱く、〜であると考える、とどめておく」
  • clearly [klíə(r)li] : 「明らかに、明りょうに 」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • proceed [prəsíːd] : 「進む、前進する」
❖ "Holding error clearly ~ "分詞構文、付帯状況、「心の中に明白に誤りをかかえ、」"and protecting what ~ "「そして、エゴが現実化した誤りを守りながら、」"the ego proceeds to ~ "「エゴは思考システムの中で、次のステップに進む」。"Error is real ~ "「誤りこそが現実で、真実は誤りにほかならない」。これが、エゴの循環論法の結論である。たとえば、変化しないものはない。すべては変化する。したがって、不変なるものは存在しない。不変という概念は、したがって、誤りである。エゴの結論は神の法と真っ向からぶつかるのである。
 
 
 

T-11.V.11:1 ~ T-11.V.12:10

11. If the ego's goal of autonomy could be accomplished God's purpose could be defeated, and this is impossible.

  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的」
  • autonomy [ɔːtɑ́nəmi] : 「自治、自律、自主」
  • accomplish [əkɑ́mpli∫] : 「成し遂げる、遂行する、果たす、完遂する」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨」
  • defeat [difíːt] : 「負かす、倒す、破る、駄目にする、無にする、挫折させる」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない」
❖ "If the ego's goal of autonomy ~ "「自律というエゴの目的が成し遂げられるものなら、」"God's purpose could ~ "「神の意向は打撃を受けることになる」。"and this is impossible"「しかし、これは不可能だ」。神の意向は、あなたが夢から目覚め神に回帰してくれること。エゴが神のように自律してしまうと、あなたはますますエゴから解放されにくくなってしまい、神の意向は打撃を受ける。しかし、そんなことは決して起きない。不可能なのだ。



Only by learning what fear is can you finally learn to distinguish the possible from the impossible and the false from the true.
  • learn [lə́ː(r)n] : 「 〜を知る、分かる、悟る、〜を学ぶ、習う」
  • finally [fáin(ə)li] : 「ついに、最後に、最終的に、とうとう」
  • distinguish [distíŋgwi∫] : 「違いが分かる、区別する」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、起こり得る、あり得る」
  • false [fɔ́ːls] : 「偽りの、偽の、うその、虚偽の」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
❖ "Only by learning ~ "「恐れとは何なのかを学ぶことによってのみ、あなたは最終的に、可能なものを不可能なものから、偽りを真実から区別することを学ぶことができる」。"the possible"、"the impossible"、"the false"、"the true"はすべて"the + (形容詞)"の形であり、「〜なもの、〜な人」という意味になる。



According to the ego's teaching, its goal can be accomplished and God's purpose can not. According to the Holy Spirit's teaching, only God's purpose can be accomplished, and it is accomplished already.
  • According [əkɔ́ː(r)diŋ] to : 「〜によれば、〜の言うところによれば」
  • teaching [tíːt∫iŋ] : 「教えること、指導、教示、授業」
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
❖ "According to the ego's ~ "「エゴの教えに従えば、」"its goal can be accomplished ~ "「エゴの目的は達成され、神の意向は果たされないことになる」。"According to the Holy Spirit's ~ "「ホーリー・スピリットの教えによれば、」"only God's purpose can ~ "「神の意向だけが達成されることができ、」"and it is accomplished ~ "「そして、それはすでに達成されたのだ」。神の住む実相の世界は非空間的、非時間的世界であるから、すべては一瞬にして起き、一瞬は永遠に続く。一瞬の永遠、永遠の一瞬である。この幻想世界のリニアな時間軸にそって見れば、神とエゴのせめぎ合いが起きており、まだ神の意向は達成されていないかのように見えるが、ホログラフィー的な視点から見れば、すべては完了して、今ここにある。したがって、神の意向はすでに達成されている、と言えるのだ。



12. God is as dependent on you as you are on him, because his autonomy encompasses yours, and is therefore incomplete without it.
  • dependent [dipénd(ə)nt] : 「頼っている、依存している、依存性の」
  • encompass [enkʌ́mpəs] : 「〜を包み込む、包囲する、取り囲む」
  • incomplete [ìnkəmplíːt] : 「不完全な、不十分な、未完成の」
❖ "God is as dependent on ~ "「神は、あなたが神に依存していると同じように、あなたに依存している」。" because his autonomy ~ "「なぜなら、神の自律はあなたの自律を包含しているからだ」。"and is therefore ~ "「したがって、神の自律はあなたの自律なしには完成しないのである」。神とホーリー・スピリットと神の子の3者が三位一体となって神の実相世界は完成する。したがって、神の実相は、神の自律、ホーリー・スピリットの自律、あなたの自律をすべて包含しているのである。



You can only establish your autonomy by identifying with Him, and fulfilling your function as it exists in truth.
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、達成する、樹立する」
  • identify [aidéntəfài] : 「〜を同一に扱う、同一視する」
  • identify with : 「〜と同一であると見なす、〜と一体になる」
  • fulfill [fulfíl] : 「実行する、遂行する、果たす、全うする」
  • function [fʌ́ŋ(k)∫n] : 「機能、作用、働き、効用」
  • exist [igzíst] : 「存在する、生きている、生存する」
❖ "You can only establish ~ "「あなたはただ、(あなた自身を)神と同一視し、あなたの機能が真実の内にあるとき、あなたの機能を果たすことで、あなたの自律を達成できるのである」。あなたの機能とは、神から継承した機能であり、実相世界においてのみそれは遂行され得る。したがって、真実の中に存在する時だけ、真の機能は果たされるのである。そのとき同時に、あなたの自律は達成され、あなたは自分を神と同一視できるだろう。神人一体である。



The ego believes that to accomplish its goal is happiness. But it is given you to know that God's function is yours, and happiness cannot be found apart from Your joint Will.
  • accomplish [əkɑ́mpli∫] : 「成し遂げる、遂行する、果たす、完遂する」
  • happiness [hǽpinəs] : 「幸福、喜び、幸せ」
  • found [fáund] : 「find の過去・過去分詞形」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として、〜はさておき」
  • joint [dʒɔ́int] : 「共有の、共同の、連合の」
❖ "The ego believes that ~ "「エゴは、エゴの目的を達成することが幸せなのだと信じている」。"But it is given you ~ " 「しかし、神の機能があなたの機能でもあると知ることが、あなたに課せられており、」"and happiness cannot be found ~ "「そして幸せは、あなたの意思と神の意思が共有されることを離れては見いだせないのである」。あなたのもっている機能は、実は神から継承したものであることを、あなたは知らなくてはならない。そうでないと、あなたは自分の機能を何に使っていいかわからないからだ。簡単に言うと、あなたがもっている創造性は神から継承したものであると知ることで、真の創造が可能となる。その機能を何に使うか、あなたと神の意思が共有される時、あなたは実相世界における真の幸福を見つけ出すことができる。つまり、神と神の子が意思を分かち合うことで、喜びが無限に拡大、拡張していくのである。



Recognize only that the ego's goal, which you have pursued so diligently, has merely brought you fear, and it becomes difficult to maintain that fear is happiness.
  • Recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • pursue [pə(r)s(j)úː] : 「追求する、達成しようとする」
  • diligently [dílədʒəntli] : 「熱心に、勤勉に、念入りに、こつこつと」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • brought [brɔ́ːt] : 「bring の過去・過去分詞形」
  • bring [bríŋ] : 「〜に〜をもたらす」
  • difficult [dífikʌ̀lt] : 「難しい、困難な、難解な、厳しい」
  • maintain [meintéin] : 「〜を保持する、維持する、〜と主張する」
❖ "Recognize only that ~ "「that以下だけを認識するように」。"that the ego's goal, which ~ "「エゴの目的は、あなたはそれをいかにも熱心に追求しているが、それはあなたにただ恐れだけをもたらしてしまった」ということを認識しなさい。"and it becomes difficult ~ "「そうすれば、恐れは幸せだなどと主張することは困難になるのである」。



Upheld by fear, this is what the ego would have you believe. Yet God's Son is not insane, and cannot believe it.
  • Upheld [ʌphéld] : 「uphold の過去・過去分詞形」
  • uphold [ʌphóuld] : 「支持する、支える、〜を続ける、維持する」
  • insane [inséin] : 「正気でない、精神障害の、非常識な」
❖ "Upheld by fear"分詞構文、先頭にBeingを補う、譲歩、「恐れによって維持されているにもかかわらず、」"this is what the ego ~ "「エゴの主張は、エゴがあなたに信じてもらいたいことなのである」。エゴの主張とは、エゴの目的を達成すれば幸せになれる、というもの。ちょうど、恐怖政治のように、エゴの主張は恐怖を煽ることで成り立っている。つまり、おまえは神に罰せられるに違いないが、エゴに従えば助けてやろう、ということ。"Yet God's Son is ~ "「しかし、神の子は気が狂ってはいない」。"and cannot believe ~ "「そんなことは信じられないのだ」。



Let him but recognize it and he will not accept it. For only the insane would choose fear in place of love, and only the insane could believe that love can be gained by attack.
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • choose [t∫úːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • in place of : 「〜の代わりに、〜の代理で」
  • gain [géin] : 「得る、獲得する」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
❖ "Let him but recognize ~ "「神の子にそのことを認識させなさい」。そのこととは、エゴの主張に従えば恐れだけが生じるということ。"and he will not ~ "「そうすれば、神の子はそれを受け入れることはないであろう」。それとは、エゴの主張。" For only the insane ~ "「なぜなら、気が狂った者だけが、愛に代えて恐れを選択しようとするし、」"and only the insane could ~ "「気が狂った者だけが、愛は攻撃によって得られると信じるであろうからだ」。



But the sane realize that only attack could produce fear, from which the Love of God completely protects them.
  • sane [séin] : 「 正気の、分別ある、良識のある」
  • produce [prəd(j)úːs] : 「〜を作り出す、生産する、引き起こす」
  • completely [kəmplíːtli] : 「完全に、十分に、全面的に、全く」
  • protect [prətékt] : 「 保護する、守る、防御する」
  • protect A from B : 「AをBから守る」
❖ "But the sane realize ~ "「しかし、正気な者は、攻撃だけが恐れを生み出すとわかっている」。"from which the Love of God ~ "「そして、神の愛は、正気な者を恐れから完全に守ってくれる」。
 
 
 

T-11.V.9:1 ~ T-11.V.10:8

9. The ego can and does allow you to regard yourself as supercilious, unbelieving, "lighthearted," distant, emotionally shallow, callous, uninvolved and even desperate, but not really afraid.

  • allow [əláu] : 「〜を許す、許可する、許容する」
  • regard [rigɑ́ː(r)d] : 「〜を〜と見なす、考える」
  • supercilious [sùːpə(r)síliəs] : 「ごう慢な、他人を見下した」
  • unbelieving : 「疑い深い、信じない、信じようとしない、懐疑的な」
  • lighthearted : 「陽気な、楽天的な、気軽な、気楽な、のんきな」
  • distant [díst(ə)nt] : 「付き合いの悪い、よそよそしい、冷ややかな」
  • emotionally [imóuʃənli] : 「感情的に、情緒的に、感情に動かされて、気分的に」
  • shallow [∫ǽlou] : 「浅い、奥行きのない、浅はかな、浅薄な」
  • callous [kǽləs] : 「無神経な、冷淡な、思いやりのない、無情な、無感覚な、人情を解さない、人情味のない」
  • uninvolved : 「単純な、複雑でない、関与しない」
  • desperate [désp(ə)rət] : 「自暴自棄の、やけくそになった、捨て身の」
  • afraid [əfréid] : 「 恐れて、心配して、怖がって、おじけづいて、気遣って」
❖ "The ego can and does ~ "「エゴは、あなたがあなた自身をas以下のように見なすことを許すことが出来るし、また許している」。"as supercilious, unbelieving, ~ "「傲慢で、疑い深く、『能天気で』、冷ややかであり、情緒的に浅薄で、無神経な、単純で、自暴自棄でさえあり、しかし、実際は何も怖がってはいない、」とあなた自身を見なすことを許している。



Minimizing fear, but not its undoing, is the ego's constant effort, and is indeed a skill at which it is very ingenious.
  • Minimize [mínəmàiz] : 「最小限に抑える、最小化する、できるだけ少なくする」
  • undo [ʌndú] : 「〜を元に戻す、元どおりにする、取り消す」
  • constant [kɑ́nst(ə)nt] : 「持続する、絶えず続く」
  • effort [éfə(r)t] : 「努力、尽力、骨折り、試み」
  • indeed [indíːd] : 「実に、本当に、確かに、いかにも」
  • skill [skíl] : 「技能、手腕、スキル、技、技術、技量、腕前」
  • ingenious [indʒíːnjəs] : 「巧妙な、器用な、精巧な、独創的な、頭の良い」
❖ "Minimizing fear, but not its ~ "ここは単なる動名詞、「恐れを取り消すのではなく、最小限に抑えることは、エゴのたゆまぬ努力であり、そしてそれは、いかにも、エゴが非常に長けている技術である」。エゴはその場その場で恐れをごまかして、しのいでいるのである。その技量は天才肌だ。しかし、恐れを取り消すことはしない。



How can it preach separation without upholding it through fear, and would you listen to it if you recognized this is what it is doing?
  • preach [príːt∫] : 「〜に説教する,伝道する,〜を説き勧める」
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • uphold [ʌphóuld] : 「支持する、支える、上げる、〜を続ける、維持する」
  • would [wúd] : 「〜したいと思う」
  • listen [lísn] to : 「耳を傾ける、聴く、聞く」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる,〜を認識する、〜を認証する」
❖ "How can it preach separation ~ "「恐れを利用して分離を維持することなく、エゴは分離を説き勧めることがどうやって出来るだろうか」。エゴは、神はおまえを罰しようとしている、あいつはおまえから何かを奪おうとしている、というようにあなたの恐怖心を煽ることで、神からの分離、同胞との分裂を説き勧めるのである。"and would you listen to it ~ "「もしあなたが、これがエゴのやっていることだと認識したなら、一体エゴの説き勧める話に耳を傾けたいと思うだろうか」。



10. Your recognition that whatever seems to separate you from God is only fear, regardless of the form it takes and quite apart from how the ego wants you to experience it, is therefore the basic ego threat.
  • recognition [rèkəgní∫n] : 「認識、認証、正当性の認識、真価を認めること」
  • whatever [(h)wʌtévə(r)] : 「〜するのは何でも」
  • seem [síːm] to : 「〜するように見える」
  • separate [sépərèit] : 「分ける、分離する、隔てる、引き離す、切り離す」
  • separate A from B : 「BからA を切り離す」
  • regardless [rigɑ́ː(r)dləs] : 「〜にかかわらず、〜に関係なく、〜にお構いなく」
  • regardless of : 「〜にかかわらず」
  • form [fɔ́ː(r)m] : 「形、外形、構造、姿、体つき、外見」
  • quite [kwáit] : 「とても、非常に」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として、〜はさておき」
  • experience [ikspí(ə)riəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
  • basic [béisik] : 「基礎の、基本的な」
  • threat [θrét] : 「脅迫、脅し」
❖ "Your recognition that ~ "「that以下というあなたの認識は、」"that whatever seems to ~ "「あなたを神から切り離しているように見えることなら何でも、それは単なる恐れである」というあなたの認識は。神からの分離は神に対する恐れが原因であるとあなたが認識していることは、ということ。"regardless of the form ~ "「その恐れがどんな形をとったとしても、また、エゴがあなたにその恐れをどうのように経験させたいかとは全く関係なく、」"is therefore the basic ~ "あなたの認識は"is therefore the basic ~ "「したがって、基本的なエゴの恐れである」。つまり、エゴはあなたのその認識を恐れているのである。どういうことかと言うと、神からの分離が恐れの原因であるとあなたが正しく認識すれば、あなたは神と和解し神に回帰してしまうと、エゴは恐れるのである。エゴはあくまでも、あなたが神に対抗して欲しいわけである。あなたが神と和解し神に回帰すれば、あなたは実相に目覚め、同時に幻想は消え、したがってエゴは消滅する。



Its dream of autonomy is shaken to its foundation by this awareness.
  • dream [dríːm] : 「夢、夢現象」
  • autonomy [ɔːtɑ́nəmi] : 「自治、自律、自主」
  • shake [∫éik] : 「振動させる、揺るがす、〜を動揺させる、ぐらつかせる」
  • foundation [faundéi∫n] : 「土台、礎、基盤」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
❖ "Its dream of autonomy ~ "「エゴの自律への夢は、あなたがこのように意識することで、根底から揺るがされるのだ」。エゴの自律の夢とは、エゴが神のように自律的に活動し、さらに人間の心を独裁すること。しかし、実際は、エゴはあなたが幻想を夢見ていることに完全に依存している。したがって、あなたが神と和解して実相に目覚めようと意識することは、エゴの根底を揺るがすことになる。



For though you may countenance a false idea of independence, you will not accept the cost of fear if you recognize it.
  • though [ðóu] : 「 〜にもかかわらず、たとえ〜でも、〜とはいえ」
  • countenance [káunt(ə)nəns] : 「〜を支持する、〜に賛同する、〜を容認する」
  • false [fɔ́ːls] : 「偽りの、うその、虚偽の、誤った」
  • independence [ìndipénd(ə)ns] : 「独立、自活、自立、非依存性、主体性」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • cost [kɔ́(ː)st] : 「犠牲、代償、損失」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
❖ "For though you may countenance ~ "「なぜなら、たとえあなたが、独立に対する誤った考えを支持したとしても、」"you will not accept ~ "「もしあなたが、それ(神からの分離が恐れの原因だということ)を認識しているなら、恐れによって支払われる代償を、あなたは受け入れることはないだろうからだ」。非常に難しいが、同時に非常に重要な箇所でもある。太古の昔、神と共にあった一なる心は、ひょっとしたら神なしで自立し神のように生きていけるのではないかと思った。確かにこれは誤った独立の考え(a false idea of independence)ではあった。心が自立を考えた瞬間、思いは現実化し、心は神から分離した。その結果、いったい何が生じたか? 心の無意識の奥底に、神を裏切ったという罪の意識が生じ、いずれ神から罰せられるだろうという恐れが生じた。その恐れに対して、心はいったいどれだけの代償を支払ったことだろう。恐れから逃避するために自己を乖離し、幻想の世界を投射によって作り出し、無常、飢餓、病、憎悪、苦しみ、死、等々という偽創造を飽くことなく重ねていった。もしあなたが、神からの分離がそもそも恐れの原因であると認識していたなら(if you recognize it)、一体こんな、恐れへの代償を容認したであろうか? そんなことはあるまい(you will not accept the cost of fear)。



Yet this is the cost, and the ego cannot minimize it. If you overlook love you are overlooking yourself, and you must fear unreality because you have denied yourself.
  • minimize [mínəmàiz] : 「最小限に抑える、最小化する」
  • overlook [òuvə(r)lúk] : 「見落とす、見過ごす」
  • unreality : 「非現実性、実在しないもの、虚構」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
❖ "Yet this is the cost, and ~ "「しかし、これが(恐れに対する)代償であり、エゴはそれを最小限に抑えることもできない」。恐れの代償としてあなたはこの幻想世界の苦を背負った。そんなあなたに取りついたエゴは、果たしてあなたの苦を減じてくれたただろうか? "If you overlook love you ~ "「もしあなたが愛を見過ごしてしまったなら、」"you are overlooking ~ "「あなたは自分自身を見過ごしているのだ」。"and you must fear unreality ~ "「そして、あなたは自己を否定したので、非実在を恐れざるを得ないのである」。ここの"love"「愛」は実相を象徴するものである。『神の愛』あるいは『神』という言葉に置き換えてもいい。あなたが神の愛を見過ごしてしまうようであれば、それは真実の実相を見逃してしまったことであり、本当の自分自身にさえも気付きはしない。本当の自分自身を見過ごすことは自己否定そのものであって、実相世界は遠ざかり、非実相(unreality)であるこの幻想世界の中に閉じこもってしまうことになる。その非実相の中で、あなたは恐れを抱いて生きていかねばならないのだ。



By believing that you have successfully attacked truth, you are believing that attack has power.
  • successfully [səksésf(ə)li] : 「首尾よく、うまく、成功裏に」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理」
❖ "By believing that ~ "「あなたが首尾よく真実を攻撃したと信じることで、」"you are believing that ~ "「あなたは攻撃がパワーをもつと信じている」。恐れを隠し持ったあなたは、エゴの唆(そそのか)しに乗って、攻撃こそは最大の防御だと言わんばかりに、実相の真実を攻撃する。神が何をしてくれるというのか、金と権力こそが実存そのものだ、と言わんばかりである。そして、その金と権力が最大のパワーをもっていると信じている。金と権力を得るには、もちろん攻撃によって奪い取らねばならないのである。



Very simply, then, you have become afraid of yourself. And no one wants to find what he believes would destroy him.
  • simply [símpli] : 「簡単に、分かりやすく、単に、ただ」
  • be afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • destroy [distrɔ́i] : 「〜を滅ぼす、たたきのめす、破滅させる」
❖ "Very simply, then, ~ "「そこで、非常に簡単に言えば、あなたはあなた自身を恐れるようになってしまったのである」。神や他者を攻撃するパワーをもっていると信じている自分が、実は一番恐ろしい。なぜなら、そのパワーは幻想のパワーであって、錯覚、幻、そのものだからである。あなたはそれに薄々気付いている。金や権力のパワーを信じているが、それが幻であり、いつかは自分に牙を向けてくることを知っているのだ。幻想のパワーを信じている自分が一番恐ろしいのである。"And no one wants to find ~ "「そして誰も、信じているものが自分を破滅させるなんて、見たくもないのである」。幻想のパワーが自分を破滅させる姿など見たくない。だから、心の奥底で自分を恐れるのである。言い換えれば、金や権力の幻想のパワーを捨てない限り、あなたの恐れは解消しない。そして、本当のパワーが神と共にあることを認識しなくてはならないのだ。それは実相のパワーであり、言い換えれば『愛のパワー』ということになるだろうか。
 
 
 

T-11.V.7:1 ~ T-11.V.8:5

7. The ego always attacks on behalf of separation. Believing it has the power to do this it does nothing else, because its goal of autonomy is nothing else.

  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • behalf [bihǽf] : 「支持、味方、利益」
  • on behalf of : 「 〜のために、〜の利益になるように、〜に利するように」
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • autonomy [ɔːtɑ́nəmi] : 「自治、自律、自主」
❖ "The ego always attacks ~ "「エゴはいつも分離のために攻撃する」。あなたが神からの分離を維持するように、また、あなたが同胞から分離するように、攻撃をしかけている。"Believing it has the power ~ "分詞構文、理由、「エゴはそうするパワーがあると信じているので、」"it does nothing ~ "「その他のことは何もしない」。エゴがもっているパワーは攻撃し、攻撃をけしかけるパワーであり、エゴはそれしか信じられない。したがって、攻撃し、分離を促す以外のことを、エゴは何もしないのだ。"because its goal of autonomy ~ "「なぜならば、エゴの自律性の目的とは、ほかのことではないからだ」。エゴの自律性とは、神の自律性とは全く正反対で、分離し、孤立し、攻撃と支配による自律である。その他の何物でもない。



The ego is totally confused about reality, but it does not lose sight of its goal.
  • totally [tóut(ə)li] : 「全く、完全に、全体的に、全体として」
  • confused [kənfjúːzd] : 「困惑した、混乱した」
  • be confused about : 「〜に困惑した」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する」
  • sight [sáit] : 「視界、景色、視覚、視力」
  • lose sight of : 「〜を見失う」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
❖ "The ego is totally ~ "「エゴは実相に対して完全に混乱している」。"but it does not ~ "「しかし、エゴはその目的を見失うことはない」。エゴは幻想と実相の区別がつけれない。あたかも自分が神と同じ実相に存在しているかのように錯覚している。本当は、エゴは幻想の産物であり、実相の世界には存在していない。しかし、そんなエゴではあるが、分離し攻撃するという本来の目的は決して見失ったりしない。執拗にそれを追求する。



It is much more vigilant than you are, because it is perfectly certain of its purpose.
  • be much more A that B : 「BよりずっとAだ」
  • vigilant [vídʒ(ə)l(ə)nt] : 「油断がない、用心深い」
  • perfectly [pə́ː(r)fik(t)li] : 「完全に、完ぺきに、申し分なく」
  • certain [sə́ː(r)tn] : 「確信している、確実な、確かな、確信して」
  • be certain of : 「〜を確信している」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向」
❖ "It is much more ~ "「エゴはあなたよりずっと警戒心が強い」。"because it is perfectly ~ "「なぜなら、エゴは完璧にその目的に確信をもっているからだ」。エゴは、分離し攻撃するという目的を信じて疑わない。したがって、その目的を阻害するような動きに敏感になって、四六時中警戒しているのである。



You are confused because you do not recognize yours.
  • confused [kənfjúːzd] : 「困惑した、混乱した」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
❖ "You are confused "「あなたは混乱している」。"because you do not ~ "「なぜなら、あなたはあなたの目的が何なのか認識していないからだ」。もしあなたの目的が分離と攻撃であるならエゴを選択すればいいし、愛と平和ならホーリー・スピリットを選べばよい。しかし、あなたは自分の目的がどっちなのか混乱しているのである。ある時は愛と平和を主張し、ある時は隣人を心から憎む。目的が一貫していないがために、心に混乱が生じるのである。



8. You must recognize that the last thing the ego wishes you to realize is that you are afraid of it.
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • last thing : 「最もしそうにないこと、最もやりたくないこと」
  • wish [wí∫] : 「望む、祈る、祈念する」
  • be afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
❖ "You must recognize that ~ "「あなたはthat以下を認識しなくてはならない」。"that the last thing ~ "「エゴが最もあなたに認識して欲しくないことは、あなたはエゴを恐れているということである」。理由は次の文章で。



For if the ego could give rise to fear, it would diminish your independence and weaken your power.
  • give rise [ráiz] to : 「〜を引き起こす、〜を生じさせる」
  • fear [fíə(r)] : 「恐れ、恐怖」
  • diminish [dimíni∫] : 「〜を少なくする、減らす、減少させる、弱める」
  • independence [ìndipénd(ə)ns] : 「独立、自活、自立、非依存性、主体性」
  • weaken [wíːkn] : 「弱める、弱体化させる」
❖ "For if the ego could ~ "「なぜなら、もしエゴが、恐れを生じさせる可能性があるとすれば、」"it would diminish your ~ "「エゴはあなたの独立心を減少させ、あなたのパワーを弱めるであろうからだ」。そうなることをエゴは最も望んでいない。つまり、あなたが独立心を減少させ、神に帰属しようとすることを恐れ、パワーを弱めて他者を攻撃する力を減少させることを恐れるのである。エゴはあくまでも、あなたが神からの分離し、他者を攻撃することで分裂を維持しようとしている。



Yet its one claim to your allegiance is that it can give power to you. Without this belief you would not listen to it at all.
  • claim [kléim] : 「要求、主張、申し立て」
  • allegiance [əlíːdʒ(ə)ns] : 「忠誠、忠実」
  • listen to : 「耳を傾ける、聴く、聞く」
  • at all : 「全く〜ない、全然〜ない、少しも〜ない」
❖ "Yet its one claim to ~ "「しかし、あなたの(エゴへの)忠誠に対してエゴが主張することは、それがあなたにパワーを与えることができるというものである」。エゴに忠実に従えば、他者を攻撃するパワー、神と対峙できるパワーを与えようというわけだ。"Without this belief ~ "「これを信じなければ、あなたはエゴの話しに全く耳を傾けようとしないであろう」。



How, then, can its existence continue if you realize that, by accepting it, you are belittling yourself and depriving yourself of power?
  • existence [igzístns] : 「存在、生存、現存、実存、実在」
  • continue [kəntínjuː] : 「続く、継続する、持続する」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • belittle [bilítl] : 「〜を見くびる、〜を軽く扱う」
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、取り上げる、剥奪する」
  • deprive A of B : 「AからBを奪う、AにBを与えない 」
❖ ここは"if you realize that, by ~ "から訳そう、「あなたが、エゴを受け入れることで、あなたはあなた自身を軽視し、あなた自身からパワーを奪うことになると、あなたが気付いたなら、」"How, then, can its existence ~ "「その時は、いったいどうやって、エゴの存在は持続できるだろうか」。あなたがエゴの言うトリックに気付き、エゴの誘惑に騙されずに、真に実在する実相に目覚めたなら、エゴはあなたに捨てられ消滅するであろう。
 
 
 

T-11.V.5:1 ~ T-11.V.6:9

5. Every idea has a purpose, and its purpose is always the natural outcome of what it is.

  • idea [aidíːə] : 「考え、着想、アイデア、発想」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨」
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に、相変わらず」
  • natural [nǽt∫(ə)r(ə)l] : 「自然の、普通の、ありのままの」
  • outcome [áutkʌ̀m] : 「結果、結末、成果、所産」
❖ "Every idea has ~ "「すべての思考は目的をもつ」。"and its purpose is always ~ "「そして、その目的は常に、思考そのものの自然な結果である」。思考を自然に発展した結果がその目的である。思考とその目的が分離することはない。思考が親であるなら、目的はその子である。



Everything that stems from the ego is the natural outcome of its central belief, and the way to undo its results is merely to recognize that their source is not natural, being out of accord with your true nature.
  • stem [stém] : 「始まる、起因する」
  • stem from : 「〜から生じる、〜から起こる、〜が原因である、〜に由来する」
  • central [séntr(ə)l] : 「主要な、中心となる、中心性の、重要な」
  • undo [ʌndú] : 「〜を元に戻す、元どおりにする、取り消す」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、効果、成果、成績」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • source [sɔ́ː(r)s] : 「もと、源、起点、原因」
  • accord [əkɔ́ː(r)d] : 「調和、一致、合意、合致」
  • out of accord with : 「〜と不調和で、〜と調和しない、〜に合わない」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • nature [néit∫ə(r)] : 「本質、性質、本性、性分」
❖ "Everything that stems from ~ "「エゴに由来するすべてのものは、エゴのもつ中心的信念の自然な結果である」。"and the way to undo ~ "「そして、その結果を取り消す方法は、単にthat以下を認識することである」。"that their source is ~ "「結果を生み出す源は自然ではない」と認識することである。結果を生み出す源とは、エゴのことである。エゴは不自然なものである。"being out of accord with ~ "分詞構文、理由、「なぜなら、その源(エゴ)は、あなたの真の本性と調和しないからだ」。あなたが極く自然に生きているなら、あなたは神と共にあり、エゴなど無用の存在である。しかし、あなたは神から分離し、不自然な形で生きている。その不自然なあなたが生み出したエゴであるから、エゴ自体も不自然な存在なのである。あなたの真の本性は神と調和するのであって、決して不自然なエゴと調和することはない。



I said before that to will contrary to God is wishful thinking and not real willing.
  • contrary [kɑ́ntrèri] : 「正反対」
  • contrary to : 「〜に反して」
  • wishful [wíʃfəl] : 「望んでいる、希望的な」
❖ "I said before that ~ "「私は前にもtnat以下を言った」。"that to will contrary to ~ "「神に対抗して意思することは、希望的な考えかもしれないが、現実的な意図ではない」。神に逆らうことは頭の中では考えられるが、実際は、神に逆らうことなどできない、ということ。



His will is one because the extension of his will cannot be unlike itself.
  • extension [ikstén∫n] : 「拡張、伸長、延長、伸展」
  • unlike [ʌnláik] : 「似ていない、異なっている」
❖ "His will is one "「神の意思はただ一つである」。"because the extension ~ "「なぜなら、神の意思が拡張しても、それ自体と異なるわけがないからだ」。神の意思は拡大、増大していくが、それはただ一つのものであって、首尾一貫しており矛盾をはらまない。



The real conflict you experience, then, is between the ego's idle wishes and the Will of God, which you share. Can this be a real conflict?
  • real [ríː(ə)l] : 「現実の、実際の、本質的な」
  • conflict [kɑ́nflikt] : 「不一致、衝突、対立、葛藤、軋轢」
  • experience [ikspí(ə)riəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • between A and B : 「AとBの間の」
  • idle [áidl] : 「特にこれといった目的のない、意味のない、怠けた、怠惰な」
  • wish [wí∫] : 「願い、望みの物、願望、希望」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
❖ "The real conflict you ~ "「そこで、あなたが経験する現実のコンフリクトは、エゴの無目的な願望と、あなたと分かち合われる神の意思の間で生じるものである」。"Can this be ~ "「こんなものが、実在するコンフリクトと言えるだろうか」。方や幻想のエゴのめちゃくちゃな願望、方や首尾一貫した実相の神の意思、この2つの間のコンフリクトなど、コンフリクトを起こすこと自体がおかしい。実在するコンフリクトというより、幻想のコンフリクトである。



6. Yours is the independence of creation, not of autonomy.
  • independence [ìndipénd(ə)ns] : 「独立、自活、自立、非依存性、主体性」
  • creation [kriéi∫n] : 「創造、創作」
  • autonomy [ɔːtɑ́nəmi] : 「自治、自律、自主」
❖ "Yours is the independence ~ "「あなたがもっているものは創造の主体性であって、自律性ではない」。神と共に創造を拡張していく自主性はあなたの意思となり得るが、神から分離し、神なしで生きていく自律性はあなたの意思とはなり得ない。それはエゴのめちゃくちゃな願望に過ぎないからだ。つまり、エゴは神のように自律して、しかもあなたを支配したいのである。



Your whole creative function lies in your complete dependence on God, Whose function he shares with you.
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の、丸ごとの」
  • creative [kriéitiv] : 「創造力のある、創造的な、独創的な」
  • function [fʌ́ŋ(k)∫n] : 「機能、作用、働き、効用」
  • lie [lái] : 「ある、横たわる、寝る、横たわっている」
  • complete [kəmplíːt] : 「完全な、全くの、徹底的な、全面的な」
  • dependence [dipénd(ə)ns] : 「依存、依存関係、依存症」
❖ "Your whole creative ~ "「あなたの創造的機能の全体は、あなたの全面的な神への依存の中にある」。なぜなら、"Whose function ~ "「神は神の機能をあなたと分かち合っているからだ」。"dependence"「依存」というと、何か中毒のように感じられるかもしれないが、これは"sharing"「分かち合い」のことであって、2つの完璧な機能の共鳴、調和である。



By his willingness to share it, he became as dependent on you as you are on him.
  • willingness [wíliŋnis] : 「意欲、いとわずにすること、快くすること」
  • dependent [dipénd(ə)nt] : 「頼っている、依存している、依存性の」
  • be dependent on : 「〜に依存している、〜次第である、〜に左右される」
❖ "By his willingness ~ "「神が創造性の機能を分かち合いたいと思う意欲によって、」"he became as dependent ~ "「あなたが神に頼ると同じくらい、神もあなたに頼るようになった」。神はあなたを必要としている。なぜなら、神、ホーリー・スピリット、神の子という三位一体にとって、あなたは神の子として重要な一本の柱だからである。神はあなたなしでは完結しない。



Do not ascribe the ego's arrogance to him who wills not to be independent of you.
  • ascribe [əskráib] : 「〜のものとみなす、帰する、属するものとみなす」
  • arrogance [ǽrəg(ə)ns] : 「尊大、横柄、ごう慢」
  • independent [ìndipénd(ə)nt] : 「独立した、自主性のある、ほかに依存しない」。
❖ "Do not ascribe the ego's ~ "「エゴの傲慢さを、あなたを頼らずにいようなどとは意思しない神のせいにしてはいけない」。神があなたを頼るようになったから、エゴはますます威張りちらしているなどとは思っていけない。



He has included you in his autonomy. Can you believe that autonomy is meaningful apart from him?
  • includ [inklúːd] : 「〜を含める、〜を含有する、包含する」
  • autonomy [ɔːtɑ́nəmi] : 「自治、自律、自主」
  • meaningful [míːniŋfəl] : 「意味のある、意味深長な、重要な」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
❖ "He has included ~ "「神は神の自立性の中にあなたを包含した」。三位一体という言葉示すように、神、ホーリー・スピリット、神の子が一体となって、神の実相世界に自立性を確立している。"Can you believe that autonomy ~ "「神から分離して、はたして自律性というものが意味をもつと、あなたは信じることができるだろうか」。



The belief in ego autonomy is costing you the knowledge of your dependence on God, in which your freedom lies.
  • cost [kɔ́(ː)st] : 「〜に負担をかける、犠牲を払わせる」
  • cost A B : 「AにBがかかる、AにBの犠牲をしいる」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵、知見」
  • dependence [dipénd(ə)ns] : 「依存、依存関係」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • lie [lái] : 「ある、横たわる、寝る、横たわっている」
❖ "The belief in ego autonomy ~ "「エゴの自律性を信じることは、あなたが神に依存しているという叡智を犠牲にする」。エゴを信じれば叡智を犠牲にすることとなる。"in which your ~ "「そして、神に依存しているという叡智の中に、あなたの自由が存在するのだ」。神に依存しているから、実相の世界で自由にいられる。依存という言葉は誤解を招きかねないが、この言葉を「共存」という言葉で置き換えてみるといいかもしれない。あなたは神と共存しているのであって、その共存関係の中であなたは自由でいられる。



The ego sees all dependency as threatening, and has twisted even your longing for God into a means of establishing itself.
  • dependency [dipéndənsi] : 「依存状態、従属関係、依存」
  • threaten [θrétn] : 「〜を脅す、脅迫する」
  • twist [twíst] : 「ひねる、ねじる、巻く、曲げる」
  • long for : 「〜を待ちこがれる、〜が恋しい、〜を慕う、懐かしがる」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、達成する、樹立する」
❖ "The ego sees all ~ "「エゴはすべての依存関係を脅威とみなす」。エゴは、依存関係、共存関係を、あたかもエゴに対抗する同盟関係と見て、脅威を感じるわけである。"and has twisted even your ~ "「そして、あなたが神を慕う気持ちさえも歪めて、エゴの自己確立の手段として使っている」。後半部分は例を考えて解釈しよう。たとえば、あなたは神を慕い神を求めたとしよう。しかし、神はその気持ちに直接応えることはしない。そこで、エゴはこう唆(そそのか)す。『神はおまえの願いなぞ聞いてくれるものか。神はおまえを見捨てているからだ。だがオレはおまえを見捨てない。だから、オレの言う通りにするのだ。神から離れ、同胞も信用するな。攻撃し、奪い取れ。』 こうして、エゴはあなたの神を慕う気持ちを利用して、エゴの自己保存を達成するわけである。



But do not be deceived by its interpretation of your conflict.
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます、裏切る」
  • interpretation [intə̀ː(r)prətéi∫n] : 「解釈、説明、解説」
  • conflict [kɑ́nflikt] : 「摩擦、葛藤、軋轢、悩み、争い、紛争」
❖ "But do not be deceived ~ "「しかし、あなたのコンフリクトに対するエゴの解釈に騙されてはいけない」。あなたのコンフリクトとは、たとえば、神を慕っているのに神はそれに応えてくれないといった心の葛藤。
 
 
 

T-11.V.3:1 ~ T-11.V.4:6

3. Let us begin this lesson in "ego dynamics" by understanding that the term itself does not mean anything.

  • begin [bigín] : 「〜を始める、〜に取り掛かる、着手する」
  • dynamics [dainǽmiks] : 「力学、原動力、動力学」
  • term [tə́ː(r)m] : 「語、言葉、用語、術語、表現」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
❖ "Let us begin this lesson ~ "「『エゴの力学』という言葉自体が何の意味ももたないことを理解することで、『エゴの力学』のレッスンを始めることにしよう」。



It contains the very contradiction in terms that makes it meaningless.
  • contain [kəntéin] : 「〜を含む、包含する、抑える、抑制する」
  • contradiction [kὰntrədíkʃən] : 「矛盾、不両立、反対、否定」
  • meaningless [míːniŋlis] : 「意味のない、無益な、価値のない、無意味な」
❖ "It contains the very ~ "「『エゴの力学』とう言葉は、言葉の中に、それを無意味とする大きな矛盾を含んでいる」。次の文に説明がある。



"Dynamics" implies the power to do something, and the whole separation fallacy lies in the belief that the ego has the power to do anything.
  • imply [implái] : 「暗に伝える、暗示する、ほのめかす、意味を含む」
  • power [páuə(r)] : 「力、能力、勢力」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の、丸ごとの」
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • fallacy [fǽləsi] : 「誤った考え、誤った推論、誤謬、虚偽」
  • lie [lái] : 「ある、横たわる、寝る、横たわっている」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、意見、信仰、信条」
❖ ""Dynamics" implies the power ~ "「『力学』とは、何かをなすパワーを暗示している」。"and the whole separation fallacy ~ "「そして、分離という誤った考えの全体は、エゴが何かをなすパワーをもっているという信仰の中にある」。エゴは幻想の産物であり、実相に対して何の影響力も持たない。実相の世界では、エゴは何かをなすパワーなどもっていないのだ。



The ego is fearful to you because you believe this. Yet the truth is very simple:

  All power is of God.
  What is not of him has no power to do anything.

  • fearful [fíə(r)fl] : 「恐ろしい、ものすごい、怖い」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理」
  • simple [símpl] : 「簡単な、簡素な、単純な、容易な」
❖ "The ego is fearful ~ "「あなたはこんなことを信じているから、エゴが怖いのである」。こんなこととは、エゴが何かをなすパワーをもっているということ。"Yet the truth is ~ "「しかし、真実は極めて単純である」。"All power is ~ "「すべてのパワーは神のものである」。"What is not of him ~ "「神のものでないものは、何かをなすパワーをもってはいない」。



4. When we look at the ego, then, we are not considering dynamics but delusions.
  • consider [kənsídə(r)] : 「〜を考える、〜を考慮する、熟考する」
  • delusion [dilúːʒ(ə)n] : 「妄想、錯覚」
❖ "When we look at ~ "「そこで、私たちがエゴを見る時、」" we are not considering ~ "「私たちは力学を考えているのではなく、妄想を考えていることになる」。『エゴの力学』ではなく、『エゴの妄想』を熟考していることになる。なぜなら、エゴには力学ならしめる力はなく、エゴは単なる妄想に過ぎないからだ。



You can surely regard a delusional system without fear, for it cannot have any effects if its source is not real.
  • surely [∫úə(r)li] : 「疑いなく、しっかりと、確かに、確実に」
  • regard [rigɑ́ː(r)d] : 「考慮する、考える、凝視する、注意する」
  • delusional [dilúːʒənəl] : 「 妄想の、惑わしの」
  • effect [ifékt] : 「効果、効力、結果、影響、作用」
  • source [sɔ́ː(r)s] : 「もと、源、起点、原因」
❖ "You can surely regard ~ "「あなたは確実に、恐れを抱かずに妄想のシステムを凝視できるのだ」。"for it cannot have ~ "「もし、妄想のシステムの源が実在のものでなかったら、それは何の影響も与えられないからだ」。だから、恐れを抱く必要はない。あたかも映画のスクリーンを見るように、安心して観察すればいい。



Fear becomes more obviously inappropriate if you recognize the ego's goal, which is so clearly senseless that any effort on its behalf is necessarily expended on nothing.
  • obviously [ɑ́bviəsli] : 「明らかに、はっきりと、明白に、明瞭に」
  • inappropriate [ìnəpróupriət] : 「不適切な、不適当な、妥当でない」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • clearly [klíə(r)li] : 「はっきりと、疑いもなく、明らかに、明瞭に」
  • senseless [sénslis] : 「無分別な、非常識な、常識がない、愚かな、無意味な」
  • effort [éfə(r)t] : 「努力、尽力、骨折り、試み、取り組み」
  • necessarily [nèsəsér(ə)li] : 「やむを得ず、必ず、必然的に、どうしても」
  • expend [ikspénd] : 「〜を費やす、消費する、浪費する、使い果たす」
  • expend on : 「〜に費やす」
❖ "Fear becomes more ~ "「もしあなたがエゴの目的を認識するなら、恐れはますます、明らかに、不適切なものとなるであろう」。"which is so clearly senseless ~ "ここは、"so ~ that ~ "の構文、「そして、エゴの目的はあまりにも明瞭に無意味であるから、その信念に基づいたいかなる努力も、必然的に徒労に終わる」。エゴの目的とは自己保身である。あなたが実相に目覚め、幻想を捨て去るのをエゴは一番に恐れている。なぜなら、あなたが幻想から目覚めればエゴは消滅するからだ。したがって、エゴは、何としてでもあなたが実相に目覚めることを阻止しようとする。そのために、エゴはあなたを独裁的に支配し、あなたにとって神のごとく振る舞いたいのである。それがエゴの最大の目的である。だが、いったい、あなたにとって幻想にとどまることに何の意味があるだろう? あなたにとって、エゴの目的など意味はないのだ。したがって、エゴの目的に基づいた努力は、これまた幻想であって、すべては徒労に終わる。



The ego's goal is quite explicitly ego autonomy. From the beginning, then, its purpose is to be separate, sufficient unto itself and independent of any power except its own.
  • quite [kwáit] : 「すっかり、全く、完全に」
  • explicitly [iksplísitli] : 「はっきりと、明確に、明白に」
  • autonomy [ɔːtɑ́nəmi] : 「自治、自律、自主」
  • from the beginning : 「もともと、最初から、はなから」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向」
  • separate [sépərèit] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の」
  • sufficient [səfí∫nt] : 「十分な、満足な、足りる、間に合う」
  • independent [ìndipénd(ə)nt] : 「独立した、自主性のある、ほかに依存しない、自立した」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
❖ "The ego's goal is quite ~ "「エゴの目的が自立性であることは、まったく明瞭だ」。"From the beginning, then, ~ "「したがって、最初から、エゴの目的は、分離していること、自己に満足すること、そして、自分のパワー以外のいかなるパワーからも独立していることである」。エゴは神のようなパワーをもって、あなたを独裁し、支配したいのである。そのためには、あなたが実相に目覚めないこと。とりわけ、神へ回帰させまいとする。したがって、あなたを神から分離したままにとどめ、同胞と分裂したままにとどめたいのである。



This is why it is the symbol of separation.
  • symbol [símbl] : 「象徴、記号、シンボル、表象」
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
❖ "This is why it is ~ "「これが、エゴが分離のシンボルだという所以(ゆえん)である」。
 
 
 

T-11.V.1:1 ~ T-11.V.2:9

 V. The "Dynamics" of the Ego
エゴの『力学』
 
 
1. No one can escape from illusions unless he looks at them, for not looking is the way they are protected.
  • escape [iskéip] : 「逃げる、ずらかる、脱出する」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
❖ "No one can escape ~ "「幻想を見ないことには、幻想から逃れることは誰も出来ない」。"for not looking is ~ "「なぜなら、見ないでいることは、幻想を守る方法であるからだ」。



There is no need to shrink from illusions, for they cannot be dangerous.
  • shrink [∫ríŋk] : 「尻込みする、ひるむ、恐れる、避ける」
  • shrink from : 「〜から後ずさりする、〜の前で縮み上がる」
  • dangerous [déin(d)ʒ(ə)rəs] : 「危険な、物騒な」
❖ "There is no need ~ "「幻想にひるむ必要などない」。"for they cannot be ~ "「なぜなら、幻想は危険になり得ないのだから」。



We are ready to look more closely at the ego's thought system because together we have the lamp that will dispel it, and since you realize you do not want it, you must be ready.
  • be ready to : 「いつでも〜できる、すぐに〜できる、〜する心構えができている」
  • closely [klóusli] : 「綿密に、密接に、念入りに、接近して」
  • lamp [lǽmp] : 「ランプ、照明器具、灯火、光明」
  • dispel [dispél] : 「〜を追い払う、払いのける、払拭する」
  • since [síns] : 「〜なので、〜だから」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する」
❖ "We are ready to look ~ "「私たちはエゴの思考システムをもっと綿密に見つめる準備ができている」。"because together we have ~ "「なぜなら、私たちは共に、エゴの思考システムを払拭するであろうランプを持っているからだ」。エゴの思考システムの闇を照らし出すランプを持っているから、エゴに騙されることはなく、したがって、エゴの思考システムをじっくり検査する心の準備が整っている。"and since you realize ~ "「しかも、あなたはもはやエゴの思考システムを欲してはいないと自覚しているので、」"you must be ready"「あなたは、エゴの思考システムを綿密に見つめる準備が出来ていると言える」。



The "dynamics" of the ego will be our lesson for a while, for we must look first at this to see beyond it, since you have made it real.
  • dynamics [dainǽmiks] : 「力学、原動力、動力学」
  • for a while [(h)wáil] : 「しばらくの間、少しの間」
  • beyond [bi(j)ɑ́nd] : 「〜の向こう側に、〜を越えて」
  • real [ríː(ə)l] : 「実質的な、実在的な、現実の、実際の」
❖ "The "dynamics" of the ego ~ "「しばらくの間、エゴの『力学』が私たちのレッスンとなるであろう」。"for we must look first ~ "「なぜなら、エゴの力学を超えてものを見るためには、まず最初に私たちは、このエゴの力学を見なければならないからだ」。"since you have made ~ "「というのも、あなたはその力学を現実のものとしてしまったからだ」。エゴの力学とは、エゴの思考システムの動き、作用の仕方、影響の様子、そういったものであろう。今のあなたはそのエゴの思考システムにどっぷりつかりきっているので、それを現実のものとして生活している。そこから抜け出すために、エゴの思考システムの力学を学ぶのである。



We will undo this error quietly together, and then look beyond it to truth.
  • undo [ʌndú] : 「〜を元に戻す、元どおりにする、取り消す」
  • error [érə(r)] : 「誤り、間違い、ミス、誤字、誤用、過失」
  • quietly [kwáiətli] : 「静かに、音もなく、黙って、静かに」
  • together [təgéðə(r)] : 「一緒に、同時に」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理」
❖ "We will undo this ~ "「私たちはこの誤りを、静かに一緒になって取り消すことにしよう」。"and then look beyond ~ "「そして、誤りを超えて、真実を見ることになるのだ」。この誤りとは、エゴの思考システムの力学にまんまと引っかかってしまったこと。



2. What is healing but the removal of all that stands in the way of knowledge?
  • removal [rimúːvl] : 「除去、取り除くこと、撤去」
  • stand in the way : 「途中に立ちはだかる、行く手をふさぐ、邪魔する」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵、知見 」
❖ "What is healing but ~ "「叡智に至る道を塞ぐすべてのものを除去することなくして、ヒーリングとはいったい何か」。ヒーリングとは、叡智への道を邪魔するものを取り除くことだ、ということ。



And how else can one dispel illusions except by looking at them directly, without protecting them?
  • else [éls] : 「別の方法で、ほかに」
  • dispel [dispél] : 「〜を追い払う、払いのける、払拭する」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
  • directly [dəréktli] : 「直接に、真っすぐに、そのまま」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
❖ "And how else can one ~ "「叡智への障害となっているものを守ろうとせずにそれらを直接見ることなく、いったいほかのどのような方法で、人は幻想を払拭できるだろうか」。叡智への障害となっているものとは、エゴの思考システムの力学である。それを見て見ぬふりをすることはエゴを守ることにつながるので、勇気をもって直接エゴの思考システムを見るのである。そうすることによって、幻想を払拭できるようになる。



Be not afraid, therefore, for what you will be looking at is the source of fear, and you are beginning to learn that fear is not real.
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって、おじけづいて」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って」
  • look at : 「〜を見る、〜を調べる、〜を考察する」
  • source [sɔ́ː(r)s] : 「もと、源、起点、原因」
  • be beginning to : 「〜し始める」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を知る、分かる、悟る、〜を学ぶ」
❖ "Be not afraid, therefore, ~ "「したがって、恐れてはいけない」。"for what you will be ~ "「なぜなら、あなたが見ようとしているものは、恐れの源であって、」"and you are beginning to ~ "「あなたは、恐れが実在ではないと知り始めているからだ」。どんなに恐ろしくても、恐れとは幻想である。夢に見る恐れと同様で、目覚めれば、恐れは消える。恐れとは実相に存在するものではないのだ。したがって、エゴの思考システムの力学を見るとき、恐れを感じる必要はない。



You are also learning that its effects can be dispelled merely by denying their reality.
  • also [ɔ́ːlsou] : 「〜もまた、同様に、また」
  • effect [ifékt] : 「結果、影響、作用、効果、効力」
  • dispel [dispél] : 「〜を追い払う、払いのける、払拭する」
  • merely [míə(r)li] : 「ただ単に、単に」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
❖ "You are also learning ~ "「あなたはまた、that以下も学びつつある」。"that its effects can be ~ "「恐れの影響は、単にその実在性を否定することで払拭できるのだ」と学びつつある。



The next step is obviously to recognize that what has no effects does not exist.
  • next [nékst] : 「次の、翌〜、隣の」
  • obviously [ɑ́bviəsli] : 「明らかに、はっきりと、明白に、明瞭に」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • exist [igzíst] : 「存在する、生きている、生存する」
❖ "The next step is obviously ~ "「次のステップは明らかに、影響をもたぬものは存在しないと認識することである」。恐れは、夢の中の恐れと同様、現実的な影響はない。したがって、恐れは存在しない。



Laws do not operate in a vacuum, and what leads to nothing has not happened.
  • Law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規、法令」
  • in a vacuum : 「孤立して」
  • operate [ɑ́p(ə)rèit] : 「動作する、作動する、機能する」
  • vacuum [vǽkjuəm] : 「真空、空虚、真空度、真空地帯、空所」
  • lead [líːd] : 「導く、案内する、率いる、指導する」
  • happen [hǽpn] : 「起こる、発生する」
❖ "Laws do not operate ~ "「法は孤立して機能するのもではない」。法は物事の有機的な関連の中で機能するのであり、何もないところで法が機能することはない。"and what leads to ~ "「そして、無へと導くものなど、起きてはいないのだ」。何の結果も生み出さないものは、そのこと自体起きているとは言えない。



If reality is recognized by its extension, what leads to nothing could not be real.
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • extension [ikstén∫n] : 「拡張、伸長、延長、伸展」
❖ "If reality is recognized ~ "「実相にあるものは、その拡張性によって承認されるなら、」"what leads to nothing ~ "「無へと導くものは実相であるとは言えない」。実相にあるものは、神、神の子、そしてホーリー・スピリットの3者によって分かち合われるので、拡張していくのである。拡張性があることが実相の必要条件である。したがって、無へと導くものは決して拡張しないものであるから、実相の存在ではない。



Do not be afraid, then, to look upon fear, for it cannot be seen.
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって」
  • be afraid of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • look upon : 「〜を見る、見つめる、見渡す」
❖ "Do not be afraid, then, ~ "「したがって、恐れを見ることを怖がってはいけない」。"for it cannot be ~ "「なぜなら、それは見えないのだから」。恐れは実在ではない。したがって、実相の世界から見れば、それは実在していないから、見えないのだ。



Clarity undoes confusion by definition, and to look upon darkness through light must dispel it.
  • Clarity [klǽrəti] : 「明瞭、明快、透明、清澄」
  • undo [ʌndú] : 「〜を元に戻す、元どおりにする、取り消す」
  • confusion [kənfjúːʒ(ə)n] : 「混乱、混同、取り違え、混乱状態、無秩序」
  • definition [dèfəní∫n] : 「定義、明確にすること」
  • by definition : 「 定義により、明らかに、本質的に、当然」
  • darkness [dɑ́ː(r)knəs] : 「暗さ、暗がり、暗闇」
  • dispel [dispél] : 「〜を追い払う、払いのける、払拭する」
❖ "Clarity undoes confusion ~ "「明瞭であることは、定義からして、混乱を取り消してくれる」。"and to look upon ~ "「そして、光を当てて闇を見れば、闇は払拭されるのだ」。したがって、エゴの思考システムの力学を見る時、心を清澄にし、心の放つ光をそれに当てて見れば、混乱は消滅し、恐れも消えていく。

T-11.IV.7:1 ~ T-11.IV.8:4

7. At God's altar Christ waits for the restoration of himself in you.

  • altar [ɔ́ːltə(r)] : 「祭壇、聖餐台」
  • wait [wéit] for : 「〜を待つ」
  • restoration [rèstəréi∫n] : 「復元、復旧、回復、修復、返還、返却」
❖ "At God's altar ~ "「神の祭壇で、キリストは、あなたの心の中にキリストが復活することを待ち望んでいる」。



God knows his Son as wholly blameless as himself, and he is approached through the appreciation of his Son.
  • wholly [hóu(l)li] : 「完全に、全く、全体として、全体的に」
  • blameless [bléimlis] : 「非難するところのない、罪のない、潔白な」
  • approach [əpróut∫] : 「〜に近づく、〜に接近する」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜を介して」
  • appreciation [əprìː∫iéi∫n] : 「正しく評価、正しい認識」
❖ "God knows his Son ~ "「神は、神の子が神同様、完全に無辜であると知っている」。"and he is approached ~ "「そして神は、神の子の正しい評価を通して近づくことができるのである」。あなたは神から分離し、無意識の根底に罪の意識を抱いている。しかし、それはあなたの思い込みであって、本当はあなたは何の罪も犯してはいない。あなたは完全に潔白であり、無辜である。そういう認識を持たない限り、神へは近づいていけない。なぜなら、罪は幻想であり、その幻想を捨て去らない限り、実相世界へは入っていけないからだ。あるいは、実相世界に入ることで、罪という幻想は消滅する。



Christ waits for your acceptance of him as yourself, and of his wholeness as yours. For Christ is the Son of God, Who lives in his Creator and shines with his glory.
  • acceptance [əksépt(ə)ns] : 「受け入れること、受け入れ、承認、容認」
  • wholeness [hóulnis] : 「全体、全体性」
  • Creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
  • shine [∫áin] : 「輝く、光る」
  • glory [glɔ́ːri] : 「栄光、称賛、名誉、誇り、壮観、荘厳」
❖ "Christ waits for ~ "「キリストは、キリストをあなた自身としてあなたが受け入れること、そして、キリストの全体性をあなたのものとして受け入れることを待っている」。"wholeness"「全体性」は完全性、完全無辜、という言葉で置き換えてもいいだろう。あなたは自分がキリスト同様、完全に全体性を保持し、完全で無辜であることを受け入れるべきだ。そのとき、あなた自身はキリストと呼ばれてもいい存在となる。この地点で、神の子とキリストが重なってくるのである。つまり、あなたはキリストである、と宣言してもいい。神人一体である。"For Christ is ~ "「なぜならば、キリストは神の子であり、神の子は創造主の中に生き、栄光に輝いているからだ」。



Christ is the extension of the Love and the loveliness of God, as perfect as his Creator and at peace with him.
  • extension [ikstén∫n] : 「拡張、伸長、延長、伸展」
  • loveliness [lʌ́vlinis] : 「愛らしさ、素晴らしさ」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完ぺきな、完全な」
  • at peace [píːs] : 「平和に、安らかに、安らかな気持ちで」
❖ "Christ is the extension ~ "「キリストは愛の拡張であり、神の愛らしさである」。"as perfect as his Creator ~ "「キリストの創造主同様完璧であり、神と共に平和のうちにいる」。ここの愛も、憎悪という対極をもたない絶対的な愛であり、神と分かち合われる愛であるから、当然この愛は無限に拡張していく。その姿がキリストである、と言っている。その全体性、完全性はまったく完璧であり、永遠の平和の内に存在する。



8. Blessed is the Son of God whose radiance is of his Father, and whose glory he wills to share as his Father shares it with him.
  • Bless [blés] : 「祝福する、清める、〜を賛美する」
  • radiance [réidiəns(i)] : 「輝き、光輝、放射輝度」
  • glory [glɔ́ːri] : 「栄光、称賛、名誉、誇り、壮観、荘厳」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する」
  • as : 「〜のように、〜のとおりに」
❖ "Blessed is the Son of God ~ "「父なる神の光輝を放つ神の子は祝福され、」"and whose glory ~ "「神は、神の子の栄光を分かち合おうと意思している」。"as his Father shares it ~ "「ちょうど、父なる神が、神の栄光を分かち合おうと意図しているように」。ここは、意味を理屈で追うのではなく、朗読してリズムで感じをとらえた方がいいだろう。



There is no condemnation in the Son, for there is no condemnation in the Father.
  • condemnation [kɑ̀ndemnéi∫n] : 「激しい非難、糾弾、有罪宣告、不治の宣告」
❖ "There is no condemnation ~ "「神の子には非難されるべきところは何もない」。"for there is no ~ "「なぜなら、父なる神には非難されるべきところが何もないからだ」。



Sharing the perfect Love of the Father the Son must share what belongs to him, for otherwise he will not know the Father or the Son.
  • belong [bilɔ́(ː)ŋ] to :「〜に属する、〜の所有物である」
  • otherwise [ʌ́ðə(r)wàiz] : 「さもなければ、そうしないと、そうでなければ」
❖ "Sharing the perfect Love ~ "分詞構文、理由、「父なる神の完璧な愛を分かち合っているので、」"the Son must share ~ "「神の子は、神に属するものを分かち合わなくてはならない」。愛のみならず、平和も慈しみも、喜びも、神に属するすべてを分かち合うのである。"for otherwise he will ~ "「なぜなら、さもなければ、神の子は父なる神も神の子も、知ることが出来ないだろうから」。



Peace be unto you who rest in God, and in whom the whole Sonship rests.
  • rest [rést] : 「休む、休息する、ある、置かれている」
❖ "Peace be unto you who ~ "「神の中に休息するあなたに平和が訪れますように」。"and in whom the whole ~ "「そして、あなたの中に、神の子としてふさわしい者たちがすべて休息するのである」。このあたりも、音読第一でいくべきだろう。
 
 
 

T-11.IV.5:1 ~ T-11.IV.6:7

5. If your brothers are part of you and you blame them for your deprivation, you are blaming yourself.

  • blame [bléim] : 「非難する、とがめる、責める」
  • deprivation [dèprəvéi∫n] : 「剥奪、奪うこと、喪失」
❖ "If your brothers are ~ "「もしあなたの同胞があなたの一部であり、そして、あなたが(何かを)奪われたことで同胞を責めたなら、」"you are blaming ~ "「あなたは自分自身を責めていることになる」。自他一如。あなたの同胞とあなた自身は同一である。一なる心が分裂し、散り散りになった心の断片が幻想の世界に自己を投影しているに過ぎない。元を正せば、一つの心に行き着く。あなたの同胞とあなたは、実相の世界ではたった一つの心なのである。



And you cannot blame yourself without blaming them. That is why blame must be undone, not seen elsewhere.
  • undone [ʌndʌ́n] : 「undo の過去分詞形」
  • undo [ʌndú] : 「〜を元に戻す、元どおりにする、取り消す」
  • elsewhere [éls(h)wèə(r)] : 「ほかの場所に、ほかのどこかで」
❖ "And you cannot blame ~ "「そしてあなたは、同胞を責めることなく、あなた自身を責めることは出来ないのだ」。つまり、同胞を責めることがなければ、自分を責めることもない。"That is why blame ~ "「それが、責めは取り消さなければならず、他の場所に責めを見つけてはならない理由である」。外に責めを求めてはならず、責めを自分に振り向かせることもなく、ただ、赦すこと。赦して、手放す。もし、手放した後で何かやらなくてはならないのなら、何をすればいいかホーリー・スピリットに訊ねてみることだ。こうして、責めは取り消される(be undone)。



Lay it to yourself and you cannot know yourself, for only the ego blames at all.
  • Lay [léi] : 「〜を横たえる、〜を置く」
  • lay A to B : 「AをBに帰する、AをBのせいにする」
  • at all : 「仮にも、いやしくも、とにかく」
❖ "Lay it to yourself ~ "「責めをあなた自身に振り向けてご覧なさい」。"and you cannot ~ "「そうすれば、あなたはあなた自身を知ることが出来なくなってしまう」。"for only the ego ~ "「なぜなら、とにかくエゴだけが責めるのであるから」。責め、攻撃するのはエゴの仕事。あなたが自分を責める時、それはあなたの心の中のエゴが責めていることになり、エゴに支配されている証拠となる。幻想のエゴに支配されていて、どうして実相に存在する真のあなた自身を知ることが出来るだろう。



Self-blame is therefore ego identification, and as much an ego defense as blaming others. You cannot enter God's presence if you attack his Son.
  • Self-blame : 「自分を責めること、自己非難」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って」
  • identification [aidèntəfikéi∫n] : 「同一化、同定、同一であることの確認」
  • as much A as B : 「Bと同じくらいにA」
  • defense [diféns] : 「防衛、防御」
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • presence [prézns] : 「存在すること、存在」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
❖ "Self-blame is therefore ~ "「したがって、自分を責めることは自分とエゴを同一視することである」。"and as much an ego ~ "「そして、自分を責めることは、他者を責めるのと同じくらいエゴを守ることになる」。"You cannot enter ~ "「もしあなたが、神の子を攻撃するならば、あなたは神の存在する場所に入っていくことは出来ない」。あなたが自分を責めることは、神の子を攻撃していることになる。



When his Son lifts his voice in praise of his Creator, he will hear the Voice for his Father.
  • lift [líft] : 「張り上げる,高める」
  • praise [préiz] : 「称賛、褒めること、賛美」
  • in praise of : 「〜を褒めたたえて、〜を褒めて」
  • Creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
  • for : 「〜の代わりに」
❖ "When his Son lifts ~ "「神の子が創造主を賛美して声を張り上げる時、」"he will hear ~ "「神の子は、父なる神に代わって話す声を聞くであろう」。神に代わって話すのは、もちろん、ホーリー・スピリットである。



Yet the Creator cannot be praised without his Son, for their glory is shared and They are glorified together.
  • praise [préiz] : 「〜をほめる、称賛する、讃える」
  • glory [glɔ́ːri] : 「栄光、称賛、名誉、誇り、壮観、荘厳」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する」
  • glorify [glɔ́ːrəfài] : 「〜の栄光をたたえる、美化する、賛美する」
❖ "Yet the Creator cannot ~ "「しかし、創造主は、神の子なくしては称賛されることは不可能である」。"for their glory is shared ~ "「なぜなら、神と神の子の栄光は分かち合われており、」"and They are ~ "「神と神の子は一緒に称賛されるからである」。神と、神の創造した神の子が分離されるものではないことを言っている。しかも、共に栄光に満ち、栄光を分かち合うことで栄光は拡張していく。



6. Christ is at God's altar, waiting to welcome his Son. But come wholly without condemnation, for otherwise you will believe that the door is barred and you cannot enter.
  • Christ [kráist] : 「キリスト、救世主」
  • altar [ɔ́ːltə(r)] : 「祭壇、聖餐台」
  • wait [wéit] : 「〜を待つ」
  • welcome [wélkəm] : 「温かく迎え入れる、歓迎する、喜んで受け入れる」
  • wholly [hóu(l)li] : 「完全に、全く、全体として、全体的に」
  • condemnation [kɑ̀ndemnéi∫n] : 「激しい非難、糾弾」
  • otherwise [ʌ́ðə(r)wàiz] : 「さもなければ、そうしないと」
  • bar [bɑ́ː(r)] : 「出入りを禁じる、閉じ込める、かんぬきをする」
  • enter [éntə(r)] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
❖ "Christ is at ~ "「キリストは神の祭壇におり、」"waiting to welcome ~ "「神の子を歓迎するのを待っている」。"But come wholly without ~ "「しかし、他者を非難する気持ちをまったくもたずにやって来なさい」。"for otherwise you ~ "「なぜなら、さもないとあなたは、ドアにかんぬきが掛かり、あなたは中に入れないと信じてしまうだろう」。本当はドアにかんぬきなどなく、あなたは中に入れるのだが、疑い非難する気持ちがあなたを引き止めてしまうのだ。その陰に見え隠れしているのがエゴである。非難し、攻撃するのはエゴの十八番である。したがって、あなたがエゴを完全にあなたの心から駆逐しない限り、神の王国の中には入れない、ということになる。エゴが心に残っている限り、エゴは神の王国に入ろうとするあなたを唆'(そそのか)して押しとどめるだろう。



The door is not barred, and it is impossible that you cannot enter the place where God would have you be. But love yourself with the Love of Christ, for so does your Father love you.
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
  • would [wúd] : 「〜したいと思う」
  • have [həv] : 「〜に〜させる」
  • place [pléis] : 「場所、個所、住所、席」
❖ "The door is not ~ "「ドアはかんぬきなど掛けられていない」。"and it is impossible ~ "ここは"it ~ that ~ "の構文、「神があなたにいて欲しいと思う場所に、あなたが入っていけないことなど不可能である」。"But love yourself with ~ "「しかし、キリストの愛をもって、あなた自身を愛しなさい」。"for so does your Father ~ "「なぜなら、あなたの父なる神もあなたをそのように愛しているのだから」。キリストの愛をもって愛するとはどういうことだろうか? 幻想のこの世界の愛は対極に憎悪をもつ相対的な愛であるが、実相の世界は一元論の世界であり、実相の愛は対極をもたない絶対的な愛である。幻想の世界の条件付き愛に対して、実相の愛は無条件の愛であり、したがって俗に至上の愛と言われる所以である。したがって、キリストの愛をもって自分自身を愛しなさいとは、簡単に言えば、無条件に自分自身を愛しなさい、理屈で愛すのではない、神のように無限に愛しなさい、という意味合いであろう。



You can refuse to enter, but you cannot bar the door that Christ holds open. Come unto me who hold it open for you, for while I live it cannot be shut, and I live forever.
  • refuse [rifjúːz] : 「拒む、拒絶する、断る」
  • refuse to : 「〜することを拒む」
  • hold [SVOC] : 「〜を〜の状態にしておく」
  • while [(h)wáil] : 「〜の間ずっと、〜する間に、その間に」
  • shut [ʃʌ́t] : 「〜を閉める、閉じる」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "You can refuse ~ "「あなたは入るのを拒否はできる」。"but you cannot bar ~ "「しかしあなたは、キリストが開けておいたドアにかんぬきを掛けることは出来ない」。"Come unto me ~ "「あなたのためにドアを開けておいた私の方に来なさい」。"for while I live it ~ "「なぜなら、私が生きている限り、ドアは閉ざされることはないから」。"and I live ~ "「そして、私は永遠に生きる」。



God is my life and yours, and nothing is denied by God to his Son.
  • deny B to A : 「AにBを与えない」
❖ "God is my life ~ "「神は私の命であり、あなたの命である」。"and nothing is denied ~ "「そして、神があなたに与えないものなど何もないのだ」。
 
 
 

T-11.IV.3:1 ~ T-11.IV.4:6

3. Your peace lies in its limitlessness. Limit the peace you share, and your self must be unknown to you.

  • lie [lái] : 「ある、横たわる」
  • limitlessness [límitlisnis] : 「無限性」
  • Limit [límit] : 「限定する、制限する、制限をかける」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する」
  • unknown [ʌnnóun] : 「知られていない、未知の、不明の」
❖ "Your peace lies ~ "「あなたの平和は、その無限性のうちにある」。"Limit the peace ~ "「あなたが分かち合う平和を制限してご覧なさい」。"and your self must ~ "「そうすれば、真のあなた自身は、あなたに決して知られることはないくなるのだ」。ここの平和を自由に置き換えても意味は通じる。つまり、平和と自由が重なってくる。また、"your self"は単なる自分自身ではなく、真の自分自身、つまり、ハイヤー・セルフ(高我)と考えていいだろう。さて、平和を制限するとはどういう意味だろうか? 平和は分かち合うことで無限に拡張する。したがって、平和を分かち合うことなく独占しようとしたり、平和と引き換えに何かを得ようとしたりすることが平和を制限することにつながる。それは実相の世界の神の法に反することであるから、あなたは実相を知ることが出来なくなる。したがって、実相に存在する真のあなた自身、ハイヤー・セルフを知ることも出来なくなる。



Every altar to God is part of you, because the light he created is one with him.
  • altar [ɔ́ːltə(r)] : 「祭壇、聖餐台」
❖ "Every altar to God ~ "「すべての、神への祭壇は、あなたの一部である」。" because the light ~ "「なぜなら、神が創造した光は神と一つなのだから」。あなたの心の中の一番神聖な部分、神との直接のコミュニケーションを司る部分、そこを祭壇と呼んでいる。そこには小さな火花(spark)が灯っており、心と心がその火花を分かち合うことで炎は拡大していく。その火花の源をたどれば、当然創造主の神にたどり着くわけで、いわば、その火花には神が宿っているととらえてもいいわけだ。神は光であり、実相の世界には光の対極概念である闇はない。あなたの心の祭壇に光が差してきたなら、それは神の息吹だと思えばいいのだ。



Would you cut off a brother from the light that is yours? You would not do so if you realized that you can darken only your own mind.
  • cut off : 「遮断する、分離する、閉め出す」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • darken [dάːrkən] : 「〜を暗くする」
❖ "Would you cut off ~ "「あなたは、あなたのものである光から、同胞を切り離してしまいたいと思うだろうか」。"You would not do so ~ "「もしあなたが、(そんなことをしても)ただあなた自身の心を暗くするだけだと知っていたなら、あなたはそんなことをしようとは思うまい」。



As you bring him back, so will you return. That is the law of God, for the protection of the wholeness of his Son.
  • bring [bríŋ] back : 「連れ戻す、連れて帰る、呼び戻す」
  • return [ritə́ː(r)n] : 「戻る、帰る、返還する」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規、法令」
  • protection [prəték∫n] : 「保護、防御、防備」
  • wholeness [hóulnis] : 「全体、全体性」
❖ "As you bring him ~ "「同胞を連れ戻すにしたがい、」"so will you ~ "「あなたも帰還することになるだろう」。実相の世界から離れた同胞を呼び戻すことで、あなたも実相の世界に回帰できる。"That is the law ~ "「それが神の法である」。"for the protection of ~ "「そして、神の法は、神の子の全体性を守るためにあるのだ」。あなたが独り神の世界に回帰してもダメなのである。神の世界で心は一なるものであれねばならない。それが神の子の全体性であり、単一性である。そのためには、あなたは同胞を含めて共に神の元へ回帰しなくてはならないのだ。そうでなければ、心の全体性は失われてしまう。



4. Only you can deprive yourself of anything. Do not oppose this realization, for it is truly the beginning of the dawn of light.
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、取り上げる、剥奪する」
  • deprive A of B : 「AからBを奪う」
  • oppose [əpóuz] : 「反対する、反抗する、対抗する」
  • realization [rìːələzéi∫n] : 「理解、認識、実感」
  • truly [trúːli] : 「全く、本当に、真に」
  • beginning [bigíniŋ] : 「初め、開始、始まり」
  • dawn [dɔ́ːn] : 「夜明け、暁、始まり、兆し、発端」
❖ "Only you can deprive ~ "「あなただけが、あなた自身から何かを奪うことが出来る」。言い換えれば、他者はあなたから何も奪うことは出来ない。おやっと思われるかもしれない。しかし、実相の世界では、これは真実なのである。"Do not oppose ~ "「この認識に反抗してはいけない」。" for it is truly ~ "「なぜなら、それは、光が出現する本当の兆(きざ)しであるからだ」。つまり、実相に目覚める第一歩だということ。



Remember also that the denial of this simple fact takes many forms, and these you must learn to recognize and to oppose steadfastly, without exception.
  • Remember [rimémbə(r)] : 「 〜を思い出す、〜を覚えている」
  • also [ɔ́ːlsou] : 「〜もまた、同様に、また」
  • denial [dinái(ə)l] : 「否定、拒否、拒絶、否認」
  • simple [símpl] : 「簡単な、簡素な、単純な、容易な」
  • fact [fǽkt] : 「事実、現実、真実、実際、真相」
  • form [fɔ́ː(r)m] : 「形、外形、構造、姿、現れ」
  • take many forms : 「さまざまな形態をとる」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を学ぶ、暗記する、覚える、習う」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • steadfastly [stédfæ̀stli] : 「断固として、しっかりと」
  • exception [iksép∫n] : 「例外、除外」
  • without exception : 「例外なく、残らず、一律に」
❖ "Remember also that ~ "「また、that以下も覚えておくように」。"that the denial of this simple ~ "「この単純な真実の否定はさまざまな形態をとる」と覚えておきなさい。この単純な真実とは、あなただけがあなた自身から何かを奪うことが出来るという真実。つまり、他者はあなたから何も奪うことは出来ないという真実。"and these you must learn ~ "「そして、(さまざまな形態とは、)あなたが認識することを学び、例外なく断固として反対しなくてはならない(さまざまな形態である)」。



This is a crucial step in the reawakening. The beginning phases of this reversal are often quite painful, for as blame is withdrawn from without, there is a strong tendency to harbor it within.
  • crucial [krúː∫l] : 「重大な、決定的な、困難な」
  • reawaken [riəwéikən] : 「再び目覚める、再び目を覚ます」
  • beginning [bigíniŋ] : 「最初の、始まったばかりの、初歩の」
  • phase [féiz] : 「段階、局面、面、相」
  • reversal [rivə́ː(r)sl] : 「逆転、逆戻り、反転」
  • often [ɔ́(ː)fn] : 「しばしば、たびたび、ちょくちょく」
  • quite [kwáit] : 「かなり、なかなか、とても、非常に」
  • painful [péinfl] : 「痛い、苦しい、痛みを伴う、苦痛の」
  • blame [bléim] : 「非難、責任、責め」
  • withdrawn [wiðdrɔ́ːn] : 「withdraw の過去分詞形」
  • withdraw [wiðdrɔ́ː] : 「引っ込める、取り消す、取り下げる」
  • without [wiðáut] : 「外、外部、外側」
  • from without : 「外から、外側から、外部から」
  • tendency [téndənsi] : 「傾向、性向、性癖、体質」
  • harbor [hɑ́ː(r)bə(r)] : 「心に抱く、〜をかくまう」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜のうちに、〜の心の中に」
❖ "This is a crucial step ~ "「これは、再び目覚める時の重要なステップである」。"The beginning phases of ~ "「この(思考の)逆転の初期段階はしばしば非常な苦痛を伴うものだ」。他者があなたから奪うものだと思っていたのに、他者はあなたから奪えないと思考を逆転させることは、混乱するというより苦痛である。しかし、その思考の逆転は、再び目覚めるには決定的に必要なステップなのである。"for as blame is withdrawn ~ "「なぜならば、責任を外部から引っ込めるにしたがい、」"here is a strong tendency ~ "「その責任を内側に囲い込んでしまう強い傾向があるからだ」。以前は、奪ったあいつが悪い、奪おうとしたあいつに責任がある、というように、外部に原因と責任を求めていたのだが、思考の逆転の結果、外部に求めた責任を自分の内側に引き戻すのである。ところが、自分の内側に引き込んだ責任を、こんどはいつまでも心の中にかくまってしまう傾向がでてくる。



It is difficult at first to realize that this is exactly the same thing, for there is no distinction between within and without.
  • difficult [dífikʌ̀lt] : 「難しい、困難な、難解な、厳しい」
  • at first : 「最初は、初めは、当初は」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する」
  • exactly [igzǽk(t)li] : 「正確に、厳密に、まさしく、まさに」
  • distinction [distíŋ(k)∫n] : 「区別、識別、差別、差異、違い」
  • between [bitwíːn] A and B : 「AとBの間に」
❖ "It is difficult at first ~ "ここは"It ~ to ~ "の構文、「これはまったく同じことだと気付くのは、初めは難しいことだ」。これとは、外部に責任を求めることと自分の内部に責任を抱え込むこと。"for there is no distinction ~ "「なぜなら、内と外の間に区別はないからである」。内と外の区別がないという解釈であるが、実相の世界には、時間というものがないと同時に、空間という概念が存在しないので、内と外の区別がない、ととらえることは可能。ただし、単純に、自他一如のために、同胞とあなた自身は同一であるので、彼を責めるのも自分を責めるのも、実は同じことだと考えてもいいだろう。いずれにせよ、責任を振りかざして責めるのはいいことではない。では、どうするのがいいのか? 異論があるかもしれないが、ただただ赦せばいいのだ。赦してやり、そして手放してやる。これがACIMの秘訣。
 
 
 

T-11.IV.1:1 ~ T-11.IV.2:5

IV. The Inheritance of God's Son
神の子が継承したもの
 
 
1. Never forget that the Sonship is your salvation, for the Sonship is your self.
  • forget [fə(r)gét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い」
❖ "Never forget that ~ "「神の子であることが、あなたの救済であることを決して忘れないように」。"for the Sonship is ~ "「なぜなら、神の子であるということは、あなた自身なのであるから」。



As God's creation it is yours, and belonging to you it is his. Your self does not need salvation, but your mind needs to learn what salvation is.
  • creation [kriéi∫n] : 「創造、創作、創作物、作品」
  • belong [bilɔ́(ː)ŋ] to : 「〜に属する、〜の所有物である」
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を学ぶ、習う、〜を知る、分かる」
❖ "As God's creation ~ "「神が創造したものであるから、神の子であるということはあなたのものである」。訳すと変な意味になるが、要するに、神はあなたを創造したので、あなたは神の子という身分をもっている、ということ。"and belonging to you ~ "分詞構文、理由、「そして、神の子であることはあなたに属しているので、それは神のものでもある」。ここも意味がとりにくいのだが、あなたが神の子であるという身分を有している事実は、元をたどれば神にその源がある、つまり、神があなたの父である、ということ。あなたが神の子である(Sonship)と同時に、神はあなたに対して父性(Fatherhood)をもっているのである。"Your self does not ~ "「(本当の)あなた自身は、救済を必要としていない」。"but your mind needs ~ "「しかし、あなたの心は、救済とは何であるか、学ぶ必要がある」。"Your self"であるが、単なる「あなた自身」ではなく、「実相に存在する真なるあなた自身」と考えるべきだ。いわば、ハイヤー・セルフ(高我)と考えてもいいかもしれない。この自己は実相に存在しているので、救済は必要ない。では、今ここにいるあなたは何なのか? 夢(幻想)の中で演じている自己である。分裂した心の断片が投影した自己である。その分裂した断片の心は、救済を必要としているのである。



You are not saved from anything, but you are saved for glory.
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • glory [glɔ́ːri] : 「栄光、称賛、名誉、誇り、壮観、荘厳」
❖ "You are not saved ~ "「あなたは何かから救われるのではない」。"but you are saved ~ "「栄光のために救われるのである」。さて、難解である。本当のあなた自身(ハイヤー・セルフ)は実相の世界に存在しているので救済の必要はない。しかし、夢(幻想)の中で自己を演じているあなたの心は救済を必要としている。救済とは、夢(幻想)から目覚め、実相に回帰することである。夢や幻想は実在ではないから、その意味では実体をもった何かから救済されるわけではない。単に目を覚ませばいいだけの話である。では、目を覚ますとは具体的にどういうことか? 文章の流れから判断すると、それは、あなたが神の子としての栄光(glory)をもっている事実を受け入れることである。あなたを創造した父なる神の栄光を受け入れることである。したがって、あなたの心の救いは、何物からか逃げ出すことではなく、栄光に向かって歩き出すことなのである。



Glory is your inheritance, given you by your creator that you might extend it.
  • inheritance [inhérət(ə)ns] : 「継承、受け継いだもの、継承物」
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
  • so that : 「〜できるように」
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
❖ "Glory is your ~ "「栄光はあなたが(神から)継承したものである」。"given you by your ~ "分詞構文、理由、Beingを先頭に補う、「あなたが栄光を拡張出来るように、あなたの創造主から与えられたものであるからだ」。ここの"that"は"so that"の省略形。ACIMではよく用いられている。



Yet if you hate part of your Self all your understanding is lost, because you are looking on what God created as yourself without love.
  • hate [héit] : 「嫌がる、嫌悪する、憎む」
  • lost [lɔ́(ː)st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • look on A as B : 「AをBと見なす」
❖ "Yet if you hate ~ "「しかし、もしあなたが、真のあなた自身の一部でも嫌うのであれば、」"all your understanding ~ "「あなたは理解のすべてを失うことになる」。ここの"your Self"は実相の世界の真のあなた自身、ハイヤー・セルフと考えていいだろう。ACIMでは、一部の否定は全体の否定を意味する。真の自分の一部でも否定すれば(嫌悪すれば)、自分のすべてを否定したことになる。それが理解と言えるだろう? "because you are looking on ~ "「なぜならば、あなたは、神が創造したものを、愛を持たずに、自分自身だと見ているからである」。愛は理解につながるが、憎悪が愛を育むことはない。



And since what he created is part of him, you are denying him his place in his own altar.
  • since [síns] : 「〜なので、〜だから」
  • deny [dinái] A B : 「AにBを与えない」
  • altar [ɔ́ːltə(r)] : 「祭壇、聖餐台」
❖ "And since what he ~ "「そして、神が創造したものは神の一部であるので、」"you are denying him ~ "「あなたは、神自身の祭壇に、神の居場所を与えないことになる」。神の栄光を讃えるべき祭壇に神の居場所を作らないとは、簡単に言えば、神を否定することである。何を言いたいのかというと、あなたが真の自分を否定することは、神があなたを創造したことを否定することにつながり、結局、神を否定することになる、ということ。自己否定は神の否定である。



2. Could you try to make God homeless and know that you are at home?
  • homeless : 「家のない、住む家もない、孤児の」
  • at home : 「くつろいで、気楽に、在宅して」
❖ "Could you try to ~ "直訳すると、「あなたは、神から家を奪おうと試み、そしてあなたが家でくつろいでいると知ることなど出来るであろうか」。つまり、神を否定しておいて、心の真の平和を得ることなどできない、ということ。



Can the Son deny the Father without believing that the Father has denied him?
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
❖ "Can the Son deny ~ "「父なる神が神の子を否定していると信じることなく、神の子が父なる神を否定することが出来ようか」。神が、自分の創造した神の子を否定することなど決してないはずだ。



God's laws hold only for your protection, and they never hold in vain.
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律、法規」
  • hold [hóuld] : 「有効である、適用できる」
  • protection [prəték∫n] : 「保護、守ること、防御」
  • vain [véin] : 「無駄な、無益な、無価値な」
  • in vain : 「無駄に」
❖ "God's laws hold ~ "「神の法は、あなたを防御するためだけに有効である」。"and they never ~ "「そして、神の法は、その効果が無駄になることはない」。神の法はあなたを守る。そんな神があなたを否定するわけがない。



What you experience when you deny your Father is still for your protection, for the power of your will cannot be lessened without the intervention of God against it, and any limitation on your power is not the Will of God.
  • experience [ikspí(ə)riəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • power [páuə(r)] : 「力、パワー、能力、勢力」
  • will [wíl] : 「意思、意欲」
  • lessen [lésn] : 「〜を減少させる、少なくする、小さくする」
  • intervention [ìntə(r)vén∫n] : 「介入、干渉」
  • limitation [lìmitéi∫n] : 「制限、極限、限定」
❖ "What you experience ~ "「あなたがあなたの父なる神を否定する時にあなたが経験することでさえ、あなたを防御するために役立つ」。"for the power of your ~ "「なぜなら、あなたの意思のパワーは、神があなたの意思に反して介入しない限り、減少させれることは不可能だからである」。"and any limitation on your power ~ "「そして、あなたのパワーが制限されるようなことは何でも、神の意思ではない」。神が神の子に継承した意思のパワーは、たとえ神の子が神を否定する立場をとったとしても、その力を弱めることはない。それは神の意思ではないからだ。したがって、神を否定する神の子でさえ、自己を防衛するパワーをもち、またその力を経験するのである。



Therefore, look only to the power that God gave to save you, remembering that it is yours because it is his, and join with your brothers in his peace.
  • look to : 「〜に頼る、〜を頼みにする、〜に目をやる、〜に目を配る」
  • save [séiv] : 「救う、助ける」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • join [dʒɔ́in] : 「加わる、加入する、参加する」
❖ "Therefore, look only to ~ "「したがって、神があなたを救うために与えたパワーだけを頼みにしなさい」。"remembering that it is ~ "分詞構文、付帯状況、「そして、そのパワーは神のものであるからこそ、あなたのものでもあるのだと覚えておきながら、」"and join with your brothers ~ "「神の平和の中に、同胞とともに参加しなさい」。
 
 
 

T-11.III.7:1 ~ T-11.III.8:5

7. Only God's Comforter can comfort you. In the quiet of his temple, he waits to give you the peace that is yours.

  • Comforter [kʌ́mfərtər] : 「慰める人、慰安者、聖霊」
  • comfort [comfort] : 「慰める、安心させる、元気づける」
  • quiet [kwáiət] : 「静けさ、静寂、静穏、閑静、平穏」
  • temple [témpl] : 「神殿、寺院、教会、殿堂」
  • wait [wéit] : 「じっとしている、待つ」
❖ "Only God's Comforter ~ "「神の慰め人だけが、あなたを慰めることができる」。"God's Comforter"「神の慰め人」とは、ホーリー・スピリットのことだと思っていいだろう。"In the quiet of ~ "「神の寺院の静けさの中で、」"he waits to give ~ "「神は、あなたのものである平和をあなたに与えるのを待っている」。"his temple"「神の寺院」とは、神の住む場所であるから、神の王国と考えてもいいし、実相世界そのものと考えてもいいだろう。単純に「神の心」と思ってもいい。いずれにしても、その静寂の中で、神はじっとあなたの帰還を待ち続けている。あなたが神に回帰できたとき、本当の平和があなたのものとなる。なぜなら、その平和はもともとあなたのものであったから。



Give his peace, that you may enter the temple and find it waiting for you.
  • enter [éntə(r)] : 「 〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • wait for : 「〜を待つ」
❖ "Give his peace"「神の平和を与えなさい」。"that you may enter ~ "ここの"that"は"so that"の省略形で「〜できるように、その結果」といった意味合いになり、「そうすれば、あなたは神の寺院に入っていき、神の平和があなたを待ち続けていることがわかるであろう」。さて、初めの"Give his peace"の解釈が難しい。あなたはまだ神の平和を自分のものにしていないにもかかわらず、いったいそれを誰に与えるのだろう? ここは意味合いをトーンダウンさせて、「神の平和のような、本当の心の平和をあなたの同胞に与えるように努力しなさい」と解釈しておこうか。あなたは神の子であるから、本来すでに神の平和はあなたのものとしてそこにある。しかし、あなたは深い夢の中でその平和を見失い、忘れ去っている。あなたが再び平和を求め、神の元への回帰を望むならば、あなたは神の寺院へ入ることができ、忘れていた平和がそこであなた自身を待っていることに気がつくのである。



But be holy in the Presence of God, or you will not know that you are there.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • Presence [prézns] : 「存在すること、存在」
❖ "But be holy ~ "「しかし、神の存在の下で、あなたは神聖であるようにしなさい」。"or you will ~ "「さもないと、あなたはあなたがそこにいることを知ることがないだろうから」。神の住む寺院に入ったなら、自分が神聖であるからこそ、そこに入ることが出来たのだと思って、心を神聖にすべきである。さもないと、あなたが神の寺院に入ったことさえ気付かずに、まして、そこで真の平和があなたを待っていることにも気付くまい。



For what is unlike God cannot enter his mind, because it was not his thought and therefore does not belong to him.
  • unlike [ʌnláik] : 「似ていない、異なっている」
  • enter [éntə(r)] : 「 〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • thought [θɔ́ːt] : 「考え、見解、思考、思索、熟考」
  • therefore [ðéə(r)fɔ̀ː(r)] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
  • belong [bilɔ́(ː)ŋ] to : 「〜に属する、〜の所有物である」
❖ "For what is unlike ~ "「なぜなら、神に似ていないものは神の心の中に入ることは出来ないからだ」。"because it was not ~ "「なぜなら、神に似ていないものは神の思いではなかったし、」つまり、神がそうあれかしと思って創造したものではないので、"and therefore ~ "「したがって、それは神に属してはいないからだ」。"his mind"「神の心」とは、"the temple"「神の寺院」のこと。あなたが神の寺院である神の心に入っていけるのは、あなたが神に似ているからであり、そうあって欲しいと神が望んであなたを創造したからだ。あなたは神に属しているのである。



And your mind must be as pure as his, if you would know what belongs to you.
  • pure [pjúə(r)] : 「清潔な、純血の、清らかな、きれいな」
  • would [wúd] : 「〜したいと思う」
❖ "And your mind must ~ "後ろから訳すといい、「もしあなたが,あなたに属しているものを知りたいと望むなら、あなたの心は神の心と同じくらいピュアーであらねばならない」。心が清らかであるからこそ、寺院というたとえが使えるわけだ。



Guard carefully his temple, for he himself dwells there and abides in peace.
  • Guard [gɑ́ː(r)d] : 「〜を守る、保護する、警備する」
  • carefully [kéə(r)f(ə)li] : 「注意深く、丁寧に、慎重に、入念に」
  • dwell [dwél] : 「住む、居住する」
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
  • in peace : 「平和に、平安に、安らかに、安心して、静かに」
❖ "Guard carefully ~ "「神の寺院を注意深く守りなさい」。"for he himself dwells ~ "「なぜなら、神自身、そこに住まい、」"and abides ~ "「平和のうちにとどまっているのだから」。神の寺院を守るとは、神の心の清らかさを汚さぬように、ととらえていいだろう。簡単に言うなら、天につばを吐くようなことをしてはいけない、ということか。



You cannot enter God's Presence with the dark companions beside you, but you also cannot enter alone.
  • dark [dɑ́ː(r)k] : 「暗い、闇の、暗黒の」
  • companion [kəmpǽnjən] : 「友、旅の連れ、同伴者」
  • beside [bisáid] : 「〜の傍らに、〜の脇に」
  • alone [əlóun] : 「独りで」
❖ "You cannot enter ~ "「あなたは、あなたの傍らに暗い道連れを伴って、神の存在に入っていくことは出来ない」。"the dark companions"は、エゴに支配された同胞、あるいはエゴ自身と考えておこう。神の存在という実相に入っていくには、幻想から目覚め、幻想を捨てた清らかな心でなくてはならない。"but you also ~ "「しかし、あなただけが単独で入っていけるわけでもない」。心清らかな同胞と共に、あるいはホーリー・スピリットの助けを借りて、神の王国に入って行くのである。



All your brothers must enter with you, for until you have accepted them you cannot enter.
  • until [əntíl] : 「〜する時まで」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "All your brothers ~ "「あなたの同胞すべてが、あなたと共に(神の存在の中に)入らなくてはならない」。"for until you have ~ "「なぜなら、あなたが同胞を受け入れない限り、あなたは入れないからだ」。分裂し散り散りになった心が神の元で再統一されなくてはならない。なぜなら、もともと心はたった一つであったからだ。純粋一元論の実相では、もちろん神も一人、そして神の子も一人である。自他一如という言葉通り、我々は同胞と同じ存在である。分裂し散り散りになったように錯覚しているだけだ。それを根本から修復しなくてはならない。ヒーリングが必要な理由であり、神の王国に入っていくための条件となる。



For you cannot understand wholeness unless you are whole, and no part of the Son can be excluded if he would know the Wholeness of his Father.
  • wholeness [hóulnis] : 「全体性、全体」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
  • exclude [iksklúːd] : 「〜を除く、除外する、抜かす」
❖ "For you cannot understand ~ "「なぜなら、あなたは、あなたが完全でない限り、全体性(完全性)を理解することは出来ないからであり、」"and no part of the Son ~ "「もし神の子が父なる神の全体性を知りたいと望むならば、神の子のどんな部分も除外され得ないからだ」。あなたは、あなたの同胞を欠いては完全ではない。全体性を確保するには、我々のすべての心が再統一されなくてはならない。そのとき初めて、神の全体性と神の子の全体性が調和することになる。あなたはどんな同胞も除外することは許されないのだ。



8. In your mind you can accept the whole Sonship and bless it with the light your Father gave it.
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
  • bless [blés] : 「祝福する、〜を神聖にする、清める」
❖ "In your mind you ~ "「あなたの心の中で、あなたは神の子全体を受け入れることが出来るし、」"and bless it with the light your ~ "「あなたの父なる神が神の子に与えた光をもって、神の子全体を祝福できる」。神の子は本来単一であったので、あなたは同胞を自分と同一なのだと受け入れることで、神の子の単一性を容認することができる。光をもって同胞を祝福するというのは意味が曖昧であるが、ここはイメージでとらえよう。あなたが同胞を、同胞があなたを、互いに受け入れることで、心の火花が分かち合われ増大し、輝く光となって共鳴、調和、統一していく。あたかも光を媒介に、互いに祝福しあっているかのようだ。こんな感じでどうであろう。



Then you will be worthy to dwell in the temple with him, because it is your will not to be alone. God blessed his Son forever.
  • worthy [wə́ː(r)ði] : 「〜に値する、〜するに足りる」
  • be worthy to : 「〜する価値がある」
  • dwell [dwél] : 「住む、居住する」
  • temple [témpl] : 「神殿、寺院、教会、殿堂」
  • alone [əlóun] : 「独りで、ただ〜だけで、唯一の、離れて」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "Then you will be ~ "「そして、あなたは、神とともに寺院の中に住む価値があることになろう」。"because it is your will ~ "「なぜなら、独りでいないことがあなたの意思であるからだ」。つまり、神とともにいることがあなたの意思だから。神は統一され一になった神の子を、神の心、すなわち神の寺院の中に受け入れるのである。"God blessed ~ "「神は永遠に神の子を祝福するのである」。"blessed"は過去形になっているが、実相の世界には時間が存在しないので、過去形でも現在形でもどちらで表現してもいい。時制はあまり気にしないことだ。



If you will bless him in time, you will be in eternity. Time cannot separate you from God if you use it on behalf of the eternal.
  • eternity [itə́ː(r)nəti] : 「永遠、無限」
  • separate [sépərèit] : 「分ける、分離する、隔てる、引き離す」
  • on behalf [bihǽf] of : 「〜のために、〜の利益になるように」
❖ "If you will bless ~ "「時間という枠組みに中で、もしあなたが神を祝福するのであれば、」"you will be ~ "「あなたは永遠の中に存在することになろう」。"Time cannot separate ~ "「もしあなたが、永遠のために時間を使うのであれば、時間はあなたを神から切り離すことはできないのだ」。時間は幻想世界における錯覚である。しかし、幻想の中にいても、神を求め、神を祝福する意思があれば、幻想を超越して永遠の実相に住むことはできる。したがって、時間はあなたと神を引き離すことは出来ないのだ。ただし、時間を、永遠の実相のために使う限りにおいて、である。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp