●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.II.6:1 ~ T-11.II.7:8

6. You will never rest until you know your function and fulfill it, for only in this can your will and your Father's be wholly joined. 
  • rest [rést] : 「休む、休息する」
  • until [əntíl] : 「〜する時まで」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、役割」
  • fulfill [fulfíl] : 「実行する、果たす」
  • will [wíl] : 「意志、精神力」
  • wholly [hóulli] : 「完全に、全く、全体的に」
  • join [dʒɔ́in] : 「結び付ける、結合する」
❖ 前段落の、あなたは辛抱強さ以上のものを必要としている、ということを受けて、"You will never ~ "「あなたが、あなたの機能を知り、その機能を果たすときまで、あなたは休むことは決してないだろう」。"for only in ~ "「なぜなら、この機能を果たす中でのみ、あなたの意志と父なる神の意志とが完全に結びつけられるからだ」。あなたの機能とは、神の子として神から継承した神の属性のこと。その代表的なものが創造性であり、この文脈では、"function"を"creation"に置き換えても意味が完全に通じる。あなたが自分の創造性に目覚め、それを果たす中で、神の創造性とあなたの創造性が分かち合われて結びつき、永遠に拡張していく。実相世界の創造とは、真実を分かち合って拡張増大させていくこと。



To have him is to be like him, and he has given himself to you. You who have God must be as God, for his function became yours with his gift. 
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント」
❖ "To have him ~ "「神をもつとは、神のごとく存在することである」。"and he has ~ "「そして、神はあなたに、神自身を与えた」。"You who have ~ "「神をもつあなたは、神として存在しなくてはならない」。"for his function ~ "「なぜなら、神の機能は、神の贈り物と共に、あなたのものとなったのだから」。"his gift"「神の贈り物」とは、創造性という機能を含め、その他に、愛、慈悲、喜び、平和、慈しみ、等々が考えられる。しかも、そのすべては対極概念を持たない純粋な一元論のものであり、たとえば神の愛は、憎悪という対極をもたない純粋な愛である。それを贈り物として、あなたは受け取っている。ところで、ここで神の子は神として存在すべきだと述べられているが、尊大になれと言っているのではない。本来神と神の子は一体であって、切り離され得るものではないという意味だ。



Invite this knowledge back into your mind, and let nothing that obscures it enter. 
  • Invite [inváit] : 「招待する、招く、案内する」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、知恵、知見」
  • obscure [əbskjúər] : 「〜を曖昧にする」
  • enter [éntər] : 「〜に入る、〜に立ち入る」
❖ "Invite this knowledge ~ "「この叡智を、あなたの心の中に招き入れて戻ってもらい、」"and let nothing ~" 「その叡智を曖昧にするようなものはどんなものでも中に入れないようにしなさい」。この叡智とは、神と神の子が同一だという叡智。ACIMで使われる"knowledge(叡智)"は悟りに近い意味合いをもち、真実の直覚的、全的把握である。理屈をこねて理性的に理解する種類のものではない。



The Guest Whom God sent you will teach you how to do this, if you but recognize the little spark and are willing to let it grow. 
  • sent [sént] : 「send の過去・過去分詞形」
  • send [sénd] : 「送る、派遣する、行かせる」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる」
  • be willing to : 「〜する意志がある、進んで〜する」
  • grow [gróu] : 「成長する、育つ」
❖ "The Guest Whom ~ "「神があなたに遣(つか)わせたゲストが、あなたにそのやり方を教えてくれるだろう」。ゲストとはホーリー・スピリットのこと。"if you but ~ "「もし、あなたが小さな火花を認識し、それを成長させようと心から望むのであれば、」そのやり方を教えてくれるだろう。あなたの心に真実を知ろうとする意志が芽生えたなら(小さな火花)、ホーリー・スピリットは叡智の獲得法を教えてくれる。あなたを悟りへと導いてくれる。



Your willingness need not be perfect, because his is. If you will merely offer him a little place, he will lighten it so much that you will gladly let it be increased. 
  • willingness [wíliŋnis] : 「意欲、いとわずにすること」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「完璧な、完全な」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する」
  • lighten [láitn] : 「〜を明るくする、輝かす」
  • so that : 「〜できるように」
  • gladly [ɡlǽdli] : 「喜んで、満足して」
  • increase [inkríːs] : 「〜を増やす、増大させる」
❖ "Your willingness need ~ "「(小さな火花を大きくしたいという)あなたの意欲が完全である必要はない」。"because his is"「なぜなら、ホーリー・スピリットの意欲は完全であるからだ」。あなたの力が不足していても、完全なホーリー・スピリットがそれを補うように助けてくれる。"If you will merely ~ "「もしあなたが、ホーリー・スピリットにほんの小さな場所を提供しさえするなら、」"he will lighten ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたが喜んで火花を増大させることが出来るように、火花を輝かせてくれるだろう」。



And by this increase, you will begin to remember creation.
  • increase [inkríːs] : 「増加、増大、増進、増殖」
  • begin to do : 「〜し始める」
  • remember [rimémbər] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
❖ "And by this ~ "「そして、この火花の光が増大することで、あなたは創造を思い出し始める」。この火花は実相世界における呼吸のようなものだ。創造の息吹、命の輝きである。



7. Would you be hostage to the ego or host to God? You will accept only whom you invite. 
  • hostage [hɑ́stidʒ] : 「人質」
  • hostage to : 「〜の人質」
  • host [hóust] : 「主人、ホスト」
  • host to : 「〜の主人」
  • accept [əksépt] : 「認める、受け入れる」
❖ "Would you be ~ "「あなたは、エゴの人質になりたいのか、それとも、神をもてなすホストになりたいのか」。"You will accept ~ "「あなたは、あなたが招待した者だけを受け入れることになる」。あなたはエゴか神のどちらかを招待しなくてはならない。両者に同時に仕えることは出来ない。どちらにするか、選択の自由はあなたが握っている。



You are free to determine who shall be your guest, and how long he shall remain with you. Yet this is not real freedom, for it still depends on how you see it. 
  • determine [ditə́ːrmin] : 「決定する、決断する」
  • guest [gést] : 「客、ゲスト」
  • remain [riméin] : 「とどまる、滞在する」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • depend [dipénd] : 「次第である、〜による」
  • depend on : 「〜によって決まる、〜次第である」
❖ "You are free ~ "「あなたには、誰があなたのゲストになるか決定する自由がある」。"and how long ~ "「そして、そのゲストがあなたの下(もと)にどれくらい長くとどまることになるか決定する自由がある」。エゴを招くか、神を招くか、どれくらいの期間ゲストと共に過ごすか、あなたは自由に決定できる。"Yet this is not ~ "「しかし、これは真の自由ではない」。"for it still depends ~ "「なぜなら、それは、あなたの見方に、なお依存しているからだ」。エゴを招くか神を招くか、あなたは自由に決められるのだが、あなたの心自体が自由ではない限り、あるいは、エゴと神を見比べる自由があなたにない限り、あなたの自由選択は真の自由とは言えない。簡単に言えば、偏見による選択は自由とは言えない、ということ。したがって、あなたはエゴを正しく見極める必要がある。正しく見れば、あなたはエゴを選択することはあり得ない。



The Holy Spirit is there, although he cannot help you without your invitation. 
  • invitation [ìnvətéiʃən] : 「招き、招待」
❖ "The Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットはそこにいる」。ホーリー・スピリットは、あなたの自由選択の場に居合わせる。"although he cannot ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたの招待なしでは、あなたを助けることは出来ないのだが、」あなたの側にいる。ホーリー・スピリットはあなたが招待してくれるのをじっと待っている。



And the ego is nothing, whether you invite it in or not. Real freedom depends on welcoming reality, and of your guests only the Holy Spirit is real. 
  • welcome [wélkəm] : 「歓迎する、もてなす」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、事実、実相」
❖ "And the ego is ~ "「そして、エゴは無である」。エゴは実相の中には存在していない。"whether you invite ~ "「たとえあなたがエゴを招待しようが、しまいが、」エゴは無であり存在しない。"Real freedom ~ "「真の自由とは、実相を心から受け入れる気持ちに依存している」。"and of your guests ~ "「そして、あなたのゲストの中で、ホーリー・スピリットだけが真実である」。幻想のエゴは幻想の中にのみ住み、ホーリー・スピリットだけが実相の中に存在している。あなたが招き入れるべきは実在するホーリー・スピリットであって、存在しないエゴを夢の中で招き入れるようなことをしてはいけない。



Know, then, Who abides with you merely by recognizing what is there already, and do not be satisfied with imaginary comforters, for the Comforter of God is in you.
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
  • abide with : 「〜と一緒にいる、〜の下にとどまる」
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、前々から」
  • satisfy [sǽtisfài] : 「〜を満足させる、満たす」
  • be satisfied with : 「〜に満足している、〜で満たされる」
  • imaginary [imǽdʒənèri] : 「想像上の、架空の、空想の」
  • comforter [kʌ́mfərtər] : 「慰める人、聖霊」
❖ "Know, then, Who ~ "「そこで、単に、すでにそこにあるものを認識することによって、あなたと一緒に誰がいるのか知りなさい」。あなたの側に実在するホーリー・スピリットを素直に認識しなさい、ということ。"and do not be ~ "「そして、あなたを慰めてくれる空想上のものに満足してはいけない」。あめ玉をちらつかせる幻想のエゴに惑わされてはいけない。"for the Comforter ~ "「なぜなら、神が遣(つか)わした慰め人はあなたの中にいるのだから」。"Comforter"は「聖霊」という意味もあるので、"the Comforter of God"は文字通りホーリー・スピリットである。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp