●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.I.3:1 ~ T-11.I.4:4

3. If you were not part of God, his will would not be unified. Is this conceivable? Can part of his mind contain nothing? 
  • unify [júːnəfài] : 「統一する、一体化する」
  • conceivable [kənsíːvəbl] : 「想像できる、考えられる」
  • contain [kəntéin] : 「〜を含む、包含する」
❖ "If you were ~ "ここは仮定法過去、現在の事実と反することを仮定している、「もしあなたが、神の一部でないとしたら、」"his will would ~ "「神の意志は統一されないだろう」。神の子の意志なくて、神の意志は完成されない。"Is this conceivable?"「こんなことはあり得るだろうか」。"Can part of ~ "「神の心の一部が何も含んでいないことは可能だろうか」。神とホーリー・スピリットと神の子が一つとなって天の王国(実相)は完成する(三位一体)。意志も同様に、3者の意志が統一されて初めて完全な意志となる。神の子であるあなたが欠けた状態では天の王国の意志は統一されない。したがって、神の心の中に空白の部分があってはならないのだ。



If your place in his mind cannot be filled by anyone except you, and your filling it was your creation, without you there would be an empty place in God's Mind. 
  • place [pléis] : 「場所、個所」
  • fill [fíl] : 「〜を詰める、注入する、満たす」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
  • empty [émpti] : 「中身のない、空の、空っぽの」
❖ "If your place ~ "「もし、神の心におけるあなたの居場所が、あなた以外の者には満たすことが出来ないなら、」"and your filling ~ "「あなたがその場所を満たしたことは創造であったのだ」。"without you there ~ "「あなたなしでは、神の心に穴が開いてしまうのだ」。神は神の延長上に神の子を創造した。神の子は神と同体であって、あなたがそこから抜けてしまえば、あなたの居場所を埋める者は他にいない。神の心に穴が開いてしまう。



Extension cannot be blocked, and it has no voids. It continues forever, however much it is denied. 
  • extension [iksténʃən] : 「拡張、延長」
  • block [blɑ́k] : 「妨害する、阻む、阻止する」
  • void [vɔ́id] : 「空間、空洞、すき間」
  • continue [kəntínjuː] : 「続く、継続する、持続する」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に、絶えず」
  • however much : 「〜だけれども」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、拒絶する」
❖ "Extension cannot ~ "「拡張は妨害され得ない」。神が神の愛の延長上に神の子を創造したことを見ればわかるように、拡張性は神の属性である。それは制限されたり阻止されたり出来るものではない。"and it has ~ "「そして、拡張はすき間をもたない」。拡張は間断なく進行する。拡張にすき間が生じて、その部分だけ創造されない、などということはない。" It continues forever ~ "「たとえ拡張が否定されたとしても、拡張は永遠に続く」。拡張がエゴによって否定されたとしても、実相世界における真実の拡張は永遠に続く。幻想世界のエゴにそれを阻止する力はない。なぜなら、幻想に過ぎないエゴは無なのだから。



Your denial of its reality may arrest it in time, but not in eternity. 
  • denial [dináiəl] : 「否定、拒否、拒絶」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、実相」
  • arrest [ərést] : 「捕まえる、拘束する、阻む」
  • eternity [itə́ːrnəti] : 「永遠、無限」
❖ "Your denial of ~ "「あなたが拡張性という実相を否定すれば、時間の中ではそれを阻(はば)むことが出来るかもしれないが、永遠の中では阻むことは出来ない」。エゴに毒されたあなたが神の拡張性(創造性)を否定し、その進行を阻むことは出来るかもしれないが、それは時間の存在する幻想世界の話しであって、時間の存在しない永遠の実相世界では拡張性は否定することも阻むことも出来ない。



That is why your creations have not ceased to be extended, and why so much is waiting for your return.
  • cease [síːs] : 「〜をやめる、中止する」
  • extend [iksténd] : 「拡張する、拡大する」
  • so much : 「非常に沢山」
  • wait [wéit] for : 「〜を待つ」
  • return [ritə́ːrn] : 「帰郷、帰還」
❖ "That is why ~ "「これが、なぜあなたの創造性が拡張され続けることを中断しなかったかという理由であり、なぜ多くのことがあなたの帰還を待っているかの理由だ」。あなたは神の子として神の属性である創造性と拡張性を継承した。あなたが真実を拡張して創造を現実化していくことは、あなたの本性なのだ。それを欠いたなら、あなたの存在は意味を失う。あなたは今、幻想世界という眠りの中で夢を見ており、実相的な創造性も拡張性も忘れている。しかし、あなたが眠りから目覚め、創造と拡張の仕事を喜びの中で行うことを、実相世界の多くの真実が待ち焦がれている。愛や喜びや平和などの真実が、分かち合われて拡張していくことを待っている。それが実相的な創造である。



4. Waiting is possible only in time, but time has no meaning. 
  • waiting [wéitiŋ] : 「待つこと、待機」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、あり得る」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義」
❖ "Waiting is possible ~ "「待つという行為は、時間というフレームにおいてのみ可能である」。"but time has ~ "「しかし、時間は意味をもたない」。以前、ACIMの解釈を難しくしているのは単一性と複数性の混在だと話したことがあるが、もう一つ、時間性と永遠性の混在もACIMの理解を難しくしている。実相世界にはリニアな時間がない。すべてが永遠不変に存在している。喩えて言えば、ホログラムの世界だ。しかし、その実相世界をこの幻想世界から見れば、この世界はリニアな時間の世界であるから、時間軸を利用して物事を考えてしまうのだ。実相世界の多くのものがあなたの帰還を待っている、と前文で述べられているのだが、それは幻想世界のリニアな時間軸から見た場合の表現であって、実相の世界では、あなたの帰還はすでに達成されている。あなたは一瞬の永遠の中で、神から分離し、夢を見、夢から目覚め、神の元に回帰している。そのすべてが、ホログラムの中にすでに埋め込まれている。したがって、実相の世界では"time has no meaning"「時間は意味をもたない」のである。では、私達は時間の存在しないホログラムを目の前にして何をすべきなのか? 選択、それしかない。時間軸を使ってそれを表現するなら、ホーリー・スピリットを選択し、夢から目覚めることを選択し、神への回帰の旅を選択し、多くの時間をかけて旅を完成させるのである。



You who made delay can leave time behind simply by recognizing that neither beginnings nor endings were created by the Eternal, Who placed no limits on his creation or upon those who create like him. 
  • delay [diléi] : 「遅延、遅れ」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、ある状態のままにしておく」
  • behind [biháind] : 「後に、後ろへ」
  • simply [símpli] : 「単に、ただ」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、受け入れる」
  • neither [níːðər] A nor B : 「AでもなくBでもない」
  • beginning [bigíniŋ] : 「初め、始まり」
  • ending [éndiŋ] : 「終わり、終了、終点」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の、無限の」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する」
  • limit [límit] : 「限度、制限」
❖ "You who made ~ "「遅れをとったあなたでも、〜を認識することで、時間を背後に置き去りに出来る」。"that neither beginnings ~ "「始まりも終わりも、永遠なる神によって創造されなかったのであり、永遠なる神は、創造したものの上にも、また、永遠なる神のように創造する者の上にも、何の制限も設けなかった」ということを認識することで、時間を背後に置き去りに出来る。深い眠りに陥り、神への回帰に向かう旅に出遅れたかもしれないあなたではあるが、そんな時間に関したささいなことは、永遠なるものである神が始めも終わりも創造しなかったことを考えれば、何でもないことだ。そう認識することで時間を後に残して時間から解放され得る。しかも、その永遠なる神は、神が創造したあなたの上にも、あるいは、神のように創造するあなたの上にも何の制限も設けていない。



You do not know this simply because you have tried to limit what he created, and so you believe that all creation is limited. 
  • simply [símpli] : 「単に、ただ」
  • try [trái] : 「試す、試みる、企てる」
  • try to do : 「〜しようと試みる」
  • limit [límit] : 「制限する、制限をかける」
❖ "You do not ~ "「あなたはこのことを知らない」。"simply because ~ "「単に、あなたは神が創造したものに制限をかけようと試みたからである」。"and so you ~ "「そしてあなたは、すべての創造されたものが制限されていると信じている」。制限され得るという思い込みが制限を生む。神から継承した神の属性のすべてを忘れて、自分に制限をかけたのだ。



How, then, could you know your creations, having denied infinity?
  • infinity [infínəti] : 「無限であること、無限性」
❖ "How, then ~ "「そこで、いったいあなたは、無限性を否定しておいて、どうやってあなたが創造したものを知ることが出来るだろうか」。あなたは神の属性のすべて継承し、あなたが創造するもの(真実)へとそれを渡す。あなたの創造したもの(真実)は永遠不変であり、何の制限もされない。もし、あなたが無限性を否定するなら、あなたの創造した真実の属性を否定することではないのか。創造したものを否定しておきながら、いったいどうやって、それを知ることが出来るだろう。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp