●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.V.7:1 ~ T-11.V.8:5

7. The ego always attacks on behalf of separation. Believing it has the power to do this it does nothing else, because its goal of autonomy is nothing else. 
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、常に」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する」
  • behalf [bihǽf] : 「支持、味方、利益」
  • on behalf of : 「〜のために、〜の利益になるように」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、区別」
  • goal [góul] : 「目標、目的」
  • autonomy [ɔːtɑ́nəmi] : 「自治、自律、自主」
❖ "The ego always ~ "「エゴはいつも分離のために攻撃する」。あなたと神の分離を維持し、また、あなたと同胞の分離を維持するために、エゴはあなたに他者への攻撃をしかけている。"Believing it has ~ "分詞構文、理由、「エゴはそうするパワーがあると信じているので、」"it does nothing ~ "「その他のことは何もしない」。エゴがもっているパワーは攻撃性のパワーだけであり、エゴはそれしか信じていない。したがって、攻撃し、分離を促す以外のことをエゴは何もしない。"because its goal ~ "「なぜなら、エゴの自律性の目的とは、他のことではないからだ」。エゴの自律性とは、分離し、孤立し、攻撃と支配による自律である。その他の何物でもない。



The ego is totally confused about reality, but it does not lose sight of its goal. 
  • totally [tóutəli] : 「全く、完全に、全体的に」
  • confused [kənfjúːzd] : 「困惑した、混乱した」
  • be confused about : 「〜に困惑した」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、実相」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う」
  • sight [sáit] : 「視界、視覚、視力」
  • lose sight of : 「〜を見失う」
❖ "The ego is ~ "「エゴは実相に対して完全に混乱している」。"but it does ~ "「しかし、エゴはその目的を見失うことはない」。エゴは幻想と実相の区別をつけることが出来ない。あたかも自分が神と同じ実相に存在しているかのように錯覚している(totally confused about reality)。本当は、エゴは幻想の産物であり、実相の世界には存在していない。しかし、そんなエゴではあるが、分離し攻撃するというエゴ本来の目的を決して見失ったりしない。執拗にそれを追求する。



It is much more vigilant than you are, because it is perfectly certain of its purpose. 
  • be much more A that B : 「BよりずっとAだ」
  • vigilant [vídʒələnt] : 「油断がない、用心深い」
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に」
  • certain [sə́ːrtn] : 「確実な、確かな、確信して」
  • be certain of : 「〜を確信している」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、意図」
❖ "It is much ~ "「エゴはあなたよりずっと警戒心が強い」。"because it is ~ "「なぜなら、エゴは完璧にその目的に確信をもっているからだ」。エゴは、分離し攻撃するという目的を信じて疑わない。したがって、その目的を阻害するような動きに対してとても敏感になって、四六時中警戒している。あなたが神に近づくことや、神の子であることに気付くことを警戒している。



You are confused because you do not recognize yours.
  • confused [kənfjúːzd] : 「困惑した、混乱した」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる」
❖ "You are confused ~ "「あなたの目的が何なのか認識していないから、あなたは混乱している」。もしあなたの目的が分離と攻撃であるなら、エゴの支配を受け続ければいい。しかし、愛と平和があなたの目的ならホーリー・スピリットを選択しなくてはいけない。しかし、今のあなたは自分の目的がどっちなのか混乱している。ある時は愛と平和を主張し、ある時は隣人を心から憎み攻撃しようとする。目的が一貫していないがために、心に混乱が生じてくる。



8. You must recognize that the last thing the ego wishes you to realize is that you are afraid of it. 
  • last thing : 「最もしそうにないこと」
  • wish [wíʃ] : 「望む、願う」
  • be afraid [əfréid] of : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
❖ "You must recognize ~ "「あなたはthat以下を認識しなくてはならない」。"that the last ~ "「エゴが最もあなたに認識して欲しくないことは、あなたがエゴを恐れているということだ」。理由は次の文章で。



For if the ego could give rise to fear, it would diminish your independence and weaken your power. 
  • give rise [ráiz] to : 「〜を引き起こす」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
  • diminish [dimíniʃ] : 「〜を少なくする、減らす」
  • independence [ìndipéndəns] : 「独立、自立」
  • weaken [wíːkn] : 「弱める、弱体化させる」
❖ "For if the ego ~ "「なぜなら、もしエゴが恐れを引き起こすことなどがあったら、」もしエゴがあなたにエゴに対する恐れを抱かせるようなことにでもなったら、"it would diminish ~ "「エゴはあなたの独立心を減少させ、あなたのパワーを弱めるだろうからだ」。つまり、恐ろしいエゴから独立しようとするあなたの心のパワーを減少させようとするだろう。あなたが恐ろしいエゴの支配から独立しようとすることは、神への回帰を求めることを意味し、それを求める心は絶大なパワーを持っているので、エゴを消滅させることにつながる。エゴはそうなることを最も望んでいない。エゴはあくまでも、あなたが神から分離したままでいること、そして他者を攻撃することで神の子の分裂を維持することを望んでいる。そこでエゴは、あなたにエゴに対する恐れを抱かせないようにするために、甘いアメをあなたに与える。
 蛇足になるが、ACIM原典のURTEXTでは、"For if the ego gives rise to fear, it is DIMINISHING your independence, and WEAKENING your power."となっており、かなりすっきりしている。



Yet its one claim to your allegiance is that it can give power to you. Without this belief you would not listen to it at all. 
  • claim [kléim] : 「要求、主張」
  • allegiance [əlíːdʒəns] : 「忠誠、忠実」
  • listen to : 「耳を傾ける、聴く、聞く」
  • at all : 「全く〜ない、少しも〜ない」
❖ "Yet its one ~ "「しかし、あなたの(エゴへの)忠誠に対してエゴが主張することは、それがあなたにパワーを与えることが出来るというものである」。エゴに忠実に従えば、この世で成功するパワー、他者を攻撃するパワー、ひいては神と対峙できるパワーを与えようというわけだ。エゴへの忠誠心を維持するために、あなたに甘いアメを与える。"Without this belief ~ "「これを信じなければ、あなたはエゴの話しに全く耳を傾けようとしないだろう」。エゴがあなたに現世利益(げんせりやく)を約束しなければ、あなたはエゴを捨ててしまうだろう。



How, then, can its existence continue if you realize that, by accepting it, you are belittling yourself and depriving yourself of power?
  • existence [igzístns] : 「存在、生存、実在」
  • continue [kəntínjuː] : 「続く、継続する」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める」
  • belittle [bilítl] : 「〜を見くびる、〜を軽く扱う」
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、剥奪する」
  • deprive A of B : 「AからBを奪う」
❖ ここは"if you realize ~ "の部分から解釈しよう、「あなたが、エゴを受け入れることで、あなたはあなた自身を軽視し、あなた自身からパワーを奪うことになると、あなたが気付いたなら、」神はこの世のあなたの願いを叶えることは出来ず、むしろ罪深いあなたを罰し続けているが、エゴは現世利益をあなたに与え、攻撃性のパワーも与えることが出来る、とエゴは囁(ささや)く。しかし、それを信じてしまえば、あなたが神聖な神の子であるという自分を軽視(belittling yourself)し続けることになり、神から継承した実相的パワーを放棄して(depriving yourself of power)しまうことになる。その事実にあなたが気付いたなら、"How, then, can ~ "「その時は、いったいどうやって、エゴの存在は持続できるだろうか」。あなたがエゴの囁くトリックに気付き、エゴの誘惑(甘いアメ)に騙されずに、真に実在する実相に目覚めたなら、エゴはあなたに捨てられ消滅するだろう。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp