●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.III.5:1 ~ T-11.III.6:4

5. God hides nothing from his Son, even though his Son would hide himself. 
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する」
  • hide A from B : 「AをBから見えないように隠す」
  • even though : 「〜であるけれども」
❖ "God hides ~ "「神の子が見えないように、神が何かを隠すようなことはしない」。"even though ~ "「たとえ神の子が自分自身を隠すことがあっても」。



Yet the Son of God cannot hide his glory, for God wills him to be glorious, and gave him the light that shines in him. 
  • glory [glɔ́ːri] : 「栄光、誇り、荘厳」
  • glorious [glɔ́ːriəs] : 「壮大な、壮麗な、美しい」
❖ "Yet the Son of ~ "「しかし、神の子は自分の栄光を隠すことは出来ない」。神の子は自分が神の創造した子であるという栄光を否定することは出来ない。"for God wills ~ "「なぜなら、神は神の子が偉大であることを意志し、」"and gave him ~ "「そして、神は神の子に、神の子の(心の)中に輝く光を与えたからだ」。神は神の子に神の属性のすべてを与えた。神が偉大である限り神の子も偉大であり、神の栄光は神の子の心の中でも輝いている。



You will never lose your way, for God leads you. When you wander, you but undertake a journey that is not real. The dark companions, the dark way, are all illusions. 
  • lose [lúːz] one's way : 「道に迷う」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する」
  • wander [wɑ́ndər] : 「さまよう、迷う」
  • undertake [ʌ̀ndərtéik] : 「企てる、〜に着手する」
  • journey [dʒə́ːrni] : 「旅、道程」
  • real [ríəl] : 「現実の、実際の、実在する」
  • dark [dɑ́ːrk] : 「暗い、闇の」
  • companion [kəmpǽnjən] : 「旅の連れ、同伴者」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
❖ "You will never ~ "「あなたは道に迷うことはないだろう」。"for God leads ~ "「なぜなら、神があなたを導いてくれるのだから」。"When you wander ~ "「しかし、あなたがさまよう時、あなたは本物ではない旅を企てている」。"The dark companions ~ "「暗い道連れ、暗い道、それらはすべて幻想である」。一元論実相世界には光は存在するが、その対極の闇は存在しない。したがって、暗い道連れも暗い道も、実相に存在しない。闇はこの世の幻想だ。



Turn toward the light, for the little spark in you is part of a light so great that it can sweep you out of all darkness forever. 
  • turn [tə́ːrn] : 「向きを変える」
  • toward [təwɔ́ːd] : 「〜の方へ、〜に向かって」
  • spark [spɑ́ːrk] : 「火花、スパーク」
  • great [gréit] : 「偉大な、卓越した、大きな」
  • sweep [swíːp] : 「〜を一掃する、さっと払い去る」
  • darkness [dɑ́ːrknəs] : 「暗がり、暗闇」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "Turn toward ~ "「光に向かって向きを変えなさい」。"for the little ~ "「なぜなら、あなたの中にある小さな火花は、偉大な光の一部であるからだ」。"so great that ~ "「その光はあまりにも偉大なので、それはあなたを闇の外へ、永遠に、払い去ってしまうことが出来る」。光があなたから闇を払い去ってしまうということ。



For your Father is your Creator, and you are like him.
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者」
❖ "For your Father ~ "「あなたの父なる神はあなたの創造者であるから、あなたは神に似ている」。神は神の子を創造し、神の属性のすべてを神の子に継承した。したがって、神の子が神に似ているのは自然なことだ。あなたは神が創造した神の子であり、光の子である。



6. The children of light cannot abide in darkness, for darkness is not in them. 
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
❖ "The children of ~ "「光の子は、闇にとどまることは出来ない」。"for darkness ~ "「なぜなら、闇は光の子の心の中にはないのだから」。



Do not be deceived by the dark comforters, and never let them enter the mind of God's Son, for they have no place in his temple. 
  • deceive [disíːv] : 「欺く、だます、裏切る」
  • comforter [kʌ́mfərtər] : 「慰める人、聖霊」
  • let [lét] : 「させる、させてやる」
  • enter [éntər] : 「〜に入る、〜に立ち入る」
  • have no place in : 「〜に入る余地がない」
  • temple [témpl] : 「神殿、寺院」
❖ "Do not be ~ "「暗い慰め人によって騙されてはいけない」。"the dark comforters"「暗い慰め人」とは、"the dark companions"「暗い道連れ」ととらえて、エゴのことだと考えていいだろう。"and never let ~ "「彼らを、神の子の心の中に、決して入れてはならない」。" for they have  ~ "「彼らには、神の子の寺院の中に、居場所がないのだから」。"his temple"「神の子の寺院」とは、"the mind of God's Son"「神の子の心」と同等であろう。あるいは王国と考えてもいい。幻想の存在は、実相に居場所はない。



When you are tempted to deny him remember that there are no other gods to place before him, and accept his will for you in peace. For you cannot accept it otherwise.
  • tempt [témpt] : 「〜を誘惑する」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、拒絶する」
  • remember [rimémbər] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • accept [əksépt] : 「承認する、受け入れる」
  • otherwise [ʌ́ðərwàiz] : 「さもなければ」
❖ "When you are ~ "「あなたが神を否定したい誘惑に駆られたときは、」"remember that ~ "「神の前に置くべき他の神など存在しないと、思い出しなさい」。"and accept his ~ "「そして、あなたが平和であってほしいと思う神の願いを受け入れなさい」。"For you cannot ~ "「なぜなら、他の方法では神の願いを受け入れることは出来ないのだから」。神の仮面をかぶったエゴの騙しによって、本当の平和を得ることは出来ない。単なる幻想の平和に過ぎないからだ。あなたが受け入れるべきは、あなたを創造した実相世界の神であって、その神はあなたの平和を強く願っている。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp