●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.V.11:1 ~ T-11.V.12:10

11. If the ego's goal of autonomy could be accomplished God's purpose could be defeated, and this is impossible. 
  • goal [góul] : 「目標、目的」
  • autonomy [ɔːtɑ́nəmi] : 「自治、自律、自主」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、意図」
  • defeat [difíːt] : 「負かす、倒す、破る」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない」
❖ "If the ego's ~ "「自律というエゴの目的が達成され得るものなら、」"God's purpose ~ "「神の目的は打ち砕かれることになる」。"and this is ~ "「しかし、これは不可能だ」。神の目的(願い)は、あなたがこの世の夢から目覚めて神の下(もと)に回帰してくれること。エゴが神のように自律してしまうと、あなたがエゴから解放さる機会は奪われ、神の目的は打撃を受ける。しかし、そんなことは決して起きない。不可能なのだ。



Only by learning what fear is can you finally learn to distinguish the possible from the impossible and the false from the true. 
  • learn [lə́ːrn] : 「〜を知る、〜を学ぶ」
  • finally [fáinəli] : 「ついに、最後に」
  • distinguish [distíŋɡwiʃ] : 「違いが分かる、区別する」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、あり得る」
  • false [fɔ́ːls] : 「偽りの、偽の、虚偽の」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の」
❖ "Only by learning ~ "「恐れとは何なのかを学ぶことによってのみ、あなたは最終的に、可能なものを不可能なものから、偽りを真実から区別することを学ぶことが出来る」。"the possible"、"the impossible"、"the false"、"the true"はすべて"the + (形容詞)"の形であり、「〜なもの、〜な人」という意味になる。恐れが幻想に過ぎないと学ぶことが、真実と虚偽とを区別する基本となる。



According to the ego's teaching, its goal can be accomplished and God's purpose can not. According to the Holy Spirit's teaching, only God's purpose can be accomplished, and it is accomplished already.
  • according [əkɔ́ːrdiŋ] to : 「〜によれば」
  • teaching [tíːtʃiŋ] : 「教えること、指導」
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
❖ "According to the ~ "「エゴの教えに従えば、」"its goal can ~ "「エゴの目的は達成され、神の目的は果たされないことになる」。"According to the ~ "「ホーリー・スピリットの教えによれば、」"only God's purpose ~ "「神の目的だけが達成可能であり、」"and it is accomplished ~ "「そして、それはすでに達成されている」。神の住む実相世界は非空間、非時間の世界であるから、すべては一瞬にして起き、その一瞬が永遠に続く。一瞬即永遠、永遠即一瞬である。この幻想世界のリニアな時間軸にそって見れば、神とエゴのせめぎ合いが今起きており、まだ神の目的(願い)は達成されていないかのように見える。しかし、ホログラフィー的な視点から見れば、すべては既に完了し、無時間無空間の世界に畳み込まれている。神の目的はすでに達成されている。



12. God is as dependent on you as you are on him, because his autonomy encompasses yours, and is therefore incomplete without it. 
  • dependent [dipéndənt] : 「頼っている、依存している」
  • encompass [enkʌ́mpəs] : 「〜を包み込む、取り囲む」
  • incomplete [ìnkəmplíːt] : 「不完全な、不十分な」
❖ "God is as ~ "「あなたが神に依存していると同じように、神はあなたに依存している」。依存とあるが、神は神の子なしでは完成されない、という意味合い。" because his ~ "「なぜなら、神の自律はあなたの自律を包含しているからだ」。"and is therefore ~ "「したがって、神の自律はあなたの自律なしでは不完全なのだ」。神とホーリー・スピリットと神の子の三者が三位一体となって神の実相世界は完成する。したがって、神の実相は、神の自律、ホーリー・スピリットの自律、あなたの自律をすべて包含して完成されなければならない。



You can only establish your autonomy by identifying with Him, and fulfilling your function as it exists in truth. 
  • establish [istǽbliʃ] : 「確立する、達成する」
  • identify [aidéntəfài] : 「〜を同一に扱う、同一視する」
  • identify with : 「〜と同一であると見なす」
  • fulfill [fulfíl] : 「実行する、遂行する、果たす」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「機能、作用、働き、役割」
  • exist [igzíst] : 「存在する、生存する」
❖ "You can only ~ "「あなたはただ、(あなた自身を)神と同一視し、あなたの機能が真実の内にあるときのみ、あなたの機能を果たすことで、あなたの自律を達成できる」。あなたの機能とは、神から継承した機能であり、実相世界においてのみそれは遂行され得る。したがって、真実の中に存在する時だけ、真の機能は果たされる。そのとき、同時にあなたの自律は達成され、あなたは自分を神と同一視できるようになる。神人一体である。神は神の延長上に神の子を創造したのであって、二者は分離され得るものではない。



The ego believes that to accomplish its goal is happiness. But it is given you to know that God's function is yours, and happiness cannot be found apart from Your joint Will. 
  • happiness [hǽpinəs] : 「幸福、幸せ」
  • found [fáund] : 「find の過去・過去分詞形」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
  • joint [dʒɔ́int] : 「共有の、共同の、連合の」
❖ "The ego believes ~ "「エゴは、エゴの目的を達成することが幸せなのだと信じている」。分離を維持し、神や同胞と対立し、奪って富を蓄えることがこの世での幸せだとエゴは信じている。"But it is given ~ " 「しかし、神の機能があなたの機能でもあると知ることがあなたに課せられており、」"and happiness ~ "「そして幸せは、あなたの意志と神の意志が共有されることを離れては見出せない」。あなたのもっている機能は神から継承したものであることを、あなたは知らなくてはならない。そうでないと、あなたは自分の機能を何に使っていいのかわからないからだ。簡単に言うと、あなたがもっている創造性は神から継承したものであると知ることで、真の創造が可能となる。その機能を何に使うか、あなたと神の意志が共有される時、あなたは実相世界における真の幸福を見つけ出すことが出来る。つまり、神と神の子が意志を分かち合うことで、創造の喜びが無限に拡大、拡張していくのだ。



Recognize only that the ego's goal, which you have pursued so diligently, has merely brought you fear, and it becomes difficult to maintain that fear is happiness. 
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる」
  • pursue [pərsjúː] : 「追求する、達成しようとする」
  • diligently [dílədʒəntli] : 「熱心に、勤勉に」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • brought [brɔ́ːt] : 「bring の過去・過去分詞形」
  • bring [bríŋ] : 「〜に〜をもたらす」
  • difficult [dífikʌ̀lt] : 「難しい、困難な」
  • maintain [meintéin] : 「〜を保持する、維持する」
❖ "Recognize only ~ "「that以下だけを認識するようにしなさい」。"that the ego's ~ "「エゴの目的は、あなたはそれをいかにも熱心に追求しているが、それはあなたにただ恐れだけをもたらしてしまった」ということを認識しなさい。"and it becomes ~ "「そうすれば、恐れは幸せだなどと主張することは困難になるはずだ」。神の罰を恐れ、他者から奪われることを恐れる生き方に幸せが生まれるわけはない。



Upheld by fear, this is what the ego would have you believe. Yet God's Son is not insane, and cannot believe it. 
  • upheld [ʌphéld] : 「uphold の過去・過去分詞形」
  • uphold [ʌphóuld] : 「支持する、支える、維持する」
  • insane [inséin] : 「正気でない、狂った」
❖ "Upheld by fear" 分詞構文、先頭にBeingを補えばいい、譲歩、「恐れによって維持されているにもかかわらず、エゴの主張は、エゴがあなたに信じてもらいたいことなのだ」。エゴの主張とは、エゴの目的を達成すれば幸せになれる、というもの。ちょうど、恐怖政治のようなもので、エゴの主張はあなたの恐怖心を煽ることで成り立っている。つまり、おまえは神に罰せられるに違いないが、エゴに従えば助けてやろう、ということ。あるいは、他者によって奪われる前に他者から奪え、殺される前に殺せ、ということ。"Yet God's Son ~ "「しかし、神の子は気が狂ってはいない」。"and cannot believe ~ "「そんなことは信じられないのだ」。



Let him but recognize it and he will not accept it. For only the insane would choose fear in place of love, and only the insane could believe that love can be gained by attack. 
  • accept [əksépt] : 「承認する、受け入れる」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • in place of : 「〜の代わりに」
  • gain [géin] : 「得る、獲得する」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
❖ "Let him but ~ "「神の子にそのことを認識させなさい」。そのこととは、エゴの主張に従えば恐れだけが生じるということ。"and he will ~ "「そうすれば、神の子はそれを受け入れることはないだろう」。それとは、エゴの主張。" For only the ~ "「なぜなら、気が狂った者だけが、愛に代えて恐れを選択しようとし、」"and only the ~ "「気が狂った者だけが、愛は攻撃によって得られると信じるだろうからだ」。恐れによる支配によって愛を勝ち得ようとする狂気。



But the sane realize that only attack could produce fear, from which the Love of God completely protects them.
  • sane [séin] : 「正気の、分別ある」
  • produce [prədjúːs] : 「〜を作り出す、引き起こす」
  • completely [kəmplíːtli] : 「完全に、全面的に」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • protect A from B : 「AをBから守る」
❖ "But the sane ~ "「しかし、正気な者は、攻撃だけが恐れを生み出すとわかっている」。"from which the ~ "「そして、神の愛は、正気な者を恐れから完全に守ってくれる」。分離という幻想から攻撃という幻想が生まれ、そして恐れという幻想が生み出される。しかし、神の愛はそのすべてが幻想に過ぎないのだと教えてくれる。夜見る悪夢から目覚めさせてくれるのだ。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp