●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.I.9:1 ~ T-11.I.10:6

9. The projection of the ego makes it appear as if God's Will is outside yourself, and therefore not yours.
  • projection [prədʒékʃən] : 「投影、射影、投射」
  • appear [əpíər] : 「〜のように見える」
  • outside [áutsáid] : 「〜の外に、〜の外側に」
❖ "The projection of ~ "「エゴがなす投影は、あたかも神の意志があなた自身の外側にあり、したがって、あなたの意志でないように見せかける」。ここの"it"は"as if God's Will ~ "全体を指す。エゴがなす投影とは、あなたが夢の中で映像化したこの幻想世界だと思えばいいだろう。神と神の子が完全に分離している夢を見ているわけだ。



In this interpretation it seems possible for God's Will and yours to conflict.
  • interpretation [intə̀ːrprətéiʃən] : 「解釈、説明」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、あり得る」
  • conflict [kənflíkt] : 「衝突する、対立する、矛盾する」
❖ "In this interpretation ~ "「このようは解釈では、」神の意志があなたの心の外にある、という解釈では、"it seems possible ~ " ここは"it ~ to ~ "の構文、「神の意志とあなたの意志にとって、コンフリクトを起こすことは可能なように見えるだろう」。神の意志があなたの心の外にあるので、あなたの意志と神の意志が衝突を起こす可能性があるように見える、ということ。しかし、それはエゴの解釈であって、本当は、神の意志はあなたの心の中にあり、神の意志とあなたの意志は同一であるから、コンフリクトを起こすことは実相的には不可能だ。



God, then, may seem to demand of you what you do not want to give, and thus deprive you of what you want.
  • demand [dimǽnd] : 「求める、要求する」
  • demand of : 「〜に要求する、〜に尋ねる」
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、剥奪する」
  • deprive A of B : 「AからBを奪う、AにBを与えない 」
❖ "God, then, may ~ "「したがって、神は、あなたが与えたいと望まないものをあなたに要求するかのように見えるかもしれないし、」"and thus deprive ~ "「そして、あなたからあなたの欲するものを奪うかのように見えるかもしれない」。エゴの解釈では、神の意志とあなたの意志は調和していないので、あなたの要求自体も神の要求とコンフリクトを起こしているように見えるかもしれない。



Would God, Who wants only your will, be capable of this? Your will is his life, which he has given to you.
  • be capable [kéipəbl] of : 「〜ができる」
❖ "Would God, Who ~ "「あなたの意志だけを望んでいる神が、こんなことを出来るだろうか」。こんなこととは、あなたの意志に反して、あなたの望むことを奪うこと。"Your will is ~ "「あなたの意志は神の命である」。"which he has ~ "「そして、命は、神があなたに与えたのだ」。ここまで読み進むと、あなたの意志や神の意志は、あなたの愛や神の愛と意味的にほとんど重なって来るのが分かる。つまり、"will"という語を"love"に置き換えても意味が通じる。



Even in time you cannot live apart from him. Sleep is not death. What he created can sleep, but cannot die.
  • apart from : 「〜から離れて」
  • death [déθ] : 「死、死亡」
  • die [dái] : 「死ぬ、死亡する」
❖ "Even in time ~ "「時間という枠内にあってさえ、あなたは神から離れて生きてはいけない」。"Sleep is not ~ "「眠りは死ではない」。"What he created ~ "「神が創造したものは眠ることは出来ても、死ぬことは出来ない」。あなたは深い眠りに陥り、幻想の世界を夢の中で見ている。しかし、その心は決して死んではいない。神から分離しているように感じても、それは現実ではない。



Immortality is his will for his Son, and his Son's will for himself. God's Son cannot will death for himself because his Father is life, and his Son is like him. Creation is your will because it is his.
  • immortality [ìmɔːrtǽləti] : 「不死性、不滅」
❖ "Immortality is his ~ "「不死性は、神の子に対する神の意志である」。"and his Son's ~ "「そして、自分自身に対する神の子の意志でもある」。実相は一元論の世界であり、生命という概念はあっても、その対極である死という概念はない。実相に実在するものはすべて不死性を有しており、それは神の意志である。また、神の意志はあなたの意志でもあるから、不死性はあなたの意志である。もちろん、意志と愛が重なるように、不死性は愛と重なって来る。"God's Son cannot ~ "「神の子は自分自身のために死ぬことなど出来いない」。"because his Father ~ "「なぜなら、父なる神は生命であり、神の子は神と似ているからだ」。神と同じように、あなたも命そのものだ。不死性が愛と重なるように、愛と命が重なって来る。"Creation is your ~ "「創造とはあなたの意志である」。"because it is ~ "「なぜなら、創造は神の意志であるからだ」。そして、創造と愛が重なって来る。意志、不死性、命、創造、等々が愛を軸にして渾然一体となって調和して行く。そこが実相であり、それが実相だ。分かち合い、拡張し、そして、この上ない喜びは永遠に続く。



10. You cannot be happy unless you do what you will truly, and you cannot change this because it is immutable.
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • truly [trúːli] : 「全く、本当に、真に」
  • change [tʃéindʒ] : 「〜を変える、〜を変更する」
  • immutable [imjúːtəbl] : 「不変の、変わらない」
❖ "You cannot be ~ "「あなたが本当に望むことを実行しない限り、あなたは幸せになれない」。"and you cannot ~ "「それは不変なことなので、あなたはこのことを変えることは出来ない」。あなたは本当に、神からの分離を永続させたいのか。それとも、真実の世界である神の世界、実相に回帰したいのか。



It is immutable by God's Will and yours, for otherwise his will would not be extended.
  • otherwise [ʌ́ðərwàiz] : 「さもなければ」
  • extend [iksténd] : 「広げる、拡張する、拡大する」
❖ "It is immutable ~ "「それは、神の意志によってもあなたの意志によっても、変えることは出来ない」。それとは、本当に望むことを実行しない限り幸せにはなれないということ。"for otherwise his ~ "「さもなければ、神の意志は拡張しないだろう」。神の意志は、喜び、平和、愛、恵、等々を拡張する方向に向かわせるのであって、逆方向に向かわせる意志はない。あなたが不幸になるようなことを神は決して意志しないし、ましてや不幸を拡張増大させることなど決してない。神には幸せの対極概念はない。



You are afraid to know God's Will, because you believe it is not yours. This belief is your whole sickness and your whole fear.
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、怖がって」
  • be afraid to : 「〜するのを怖がる」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
  • sickness [síknəs] : 「病気」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
❖ "You are afraid ~ "「あなたは神の意志を知ることを恐れている」。"because you believe ~ "「なぜなら、あなたは、神の意志があなたの意志ではないと信じているからだ」。"This belief is ~ "「こう信じることが、あなたの病の全体であり、あなたの恐れの全体である」。逆に言えば、神の意志があなたの意志と同じだと気が付けば、あなたの病も恐れも消える。それが、本当のヒーリングである。



Every symptom of sickness and fear arises here, because this is the belief that makes you want not to know.
  • symptom [símptəm] : 「兆候、しるし、症状」
  • arise [əráiz] : 「起こる、生じる、生まれる」
❖ "Every symptom of ~ "「病や恐れのすべての症状はここから生れる」。ここからとは、あなたの意志と神の意志は違うと信じることから。"because this is ~ "「なぜなら、これは、知りたいとあなたに思わせない信念だからだ」。自分の意志は神の意志ではなく、自分だけの意志であると信じ込むことで、真実を知ることから遠ざかることになる。真実から遠ざかることが、病となり恐れとなる。言い換えれば、病と恐れは真実からの乖離(かいり)である。



Believing this you hide in darkness, denying that the light is in you.
  • hide [háid] : 「隠れる、潜伏する」
  • darkness [dɑ́ːrknəs] : 「暗がり、暗闇」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、拒む」
❖ "Believing this you ~ "「こう信じることで、あなたは闇に隠れ、」"denying that the ~ "分詞構文、単純接続、「そして、光があなたの中にあることを否定する」。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp