●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-11.V.3:1 ~ T-11.V.4:6

3. Let us begin this lesson in "ego dynamics" by understanding that the term itself does not mean anything. 
  • begin [bigín] : 「〜を始める、〜に着手する」
  • dynamics [dainǽmiks] : 「力学、動力学」
  • term [tə́ːrm] : 「語、言葉、用語」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
❖ "Let us begin ~ "「『エゴの力学』という言葉自体が何の意味ももたないことを理解することで、『エゴの力学』のレッスンを始めることにしよう」。夜見る夢の中に法則性がないように、幻想世界を支配するエゴの力学に意味は無い。そのことを理解する必要がある。



It contains the very contradiction in terms that makes it meaningless. 
  • contain [kəntéin] : 「〜を含む、包含する」
  • contradiction [kὰntrədíkʃən] : 「矛盾、不両立」
  • meaningless [míːniŋlis] : 「意味のない、価値のない」
❖ "It contains the ~ "「『エゴの力学』という言葉は、言葉の中に、それを無意味とする大きな矛盾を含んでいる」。次の文に説明がある。



"Dynamics" implies the power to do something, and the whole separation fallacy lies in the belief that the ego has the power to do anything. 
  • imply [implái] : 「暗に伝える、暗示する」
  • power [páuər] : 「力、能力」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、離脱」
  • fallacy [fǽləsi] : 「誤った考え、誤謬」
  • lie [lái] : 「ある、横たわる」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰」
❖ ""Dynamics" implies ~ "「『力学』とは、何かをなすパワーを暗示しており、」"and the whole ~ "「分離という誤った考えの全体は、エゴが何かをなすパワーをもっているという信仰の中にあるだけだ」。エゴは幻想の産物であり、実相に対して何の影響力も持たない。実相の世界では、エゴは何かを変化させるパワーなどもっていない。力をもたないエゴの『力学』は、言葉自体が矛盾している。それにもかかわらず、エゴが変化をもたらす力を有しているように感じるのは、神から分離したと思った後で、勝手にでっち上げたこの世界が実在していると勘違いしているからだ。



The ego is fearful to you because you believe this. Yet the truth is very simple:

        All power is of God.
        What is not of him has no power to do anything.
  • fearful [fíərfl] : 「恐ろしい、怖い」
  • truth [trúːθ] : 「現実、真相、真理」
  • simple [símpl] : 「簡単な、単純な、容易な」
❖ "The ego is ~ "「あなたはこんなことを信じているから、エゴが怖いのだ」。こんなこととは、エゴが何かをなすパワーをもっているということ。"Yet the truth ~ "「しかし、真実は極めて単純である」。"All power is ~ "「すべてのパワーは神のものである」。実在するパワーは実相世界のものである。"What is not ~ "「神のものでないものは、何かをなすパワーをもってはいない」。幻想世界のエゴは本当のパワーをもっていない。



4. When we look at the ego, then, we are not considering dynamics but delusions. 
  • consider [kənsídər] : 「〜を考える、〜を熟考する」
  • delusion [dilúːʒən] : 「妄想、錯覚」
❖ "When we look ~ "「そこで、私たちがエゴを見る時、」" we are not ~ "「私たちは力学を考えているのではなく、妄想を考えていることになる」。『エゴの力学』ではなく、『エゴの妄想』を熟考していることになる。なぜなら、エゴには力がなく、本当の意味での力学をもたないからだ。エゴは単なる妄想に過ぎない。



You can surely regard a delusional system without fear, for it cannot have any effects if its source is not real. 
  • surely [ʃúərli] : 「疑いなく、確かに、確実に」
  • regard [rigɑ́ːrd] : 「考慮する、凝視する」
  • delusional [dilúːʒənəl] : 「妄想の、惑わしの」
  • effect [ifékt] : 「効果、効力、結果、影響」
  • source [sɔ́ːrs] : 「もと、源、原因」
❖ "You can surely ~ "「あなたは確実に、恐れを抱かずに妄想のシステムを凝視できる」。"for it cannot ~ "「もし、妄想のシステムの源が実在のものでなかったら、それは何の影響も与えることが出来ないからだ」。だから、恐れを抱く必要はない。あたかも映画のスクリーンを見るように、安心してエゴの思考システムを観察すればいい。



Fear becomes more obviously inappropriate if you recognize the ego's goal, which is so clearly senseless that any effort on its behalf is necessarily expended on nothing. 
  • obviously [ɑ́bviəsli] : 「明らかに、明瞭に」
  • inappropriate [ìnəpróupriət] : 「不適切な、不適当な」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる」
  • goal [góul] : 「目標、目的」
  • clearly [klíə(r)li] : 「はっきりと、明瞭に」
  • senseless [sénslis] : 「無分別な、愚かな、無意味な」
  • effort [éfərt] : 「努力、試み」
  • necessarily [nèsəsérəli] : 「必ず、必然的に」
  • expend [ikspénd] : 「〜を費やす、使い果たす」
  • expend on : 「〜に費やす」
❖ "Fear becomes more ~ "「もしあなたがエゴの目的を認識するなら、恐れはますます、明らかに不適切なものとなる」。エゴの目的を知れば、恐れはまったく必要ないと分かる。"which is so ~ "ここは、"so ~ that ~ "の構文、「そして、エゴの目的はあまりにも明瞭に無意味であるから、その信念に基づいたいかなる努力も、必然的に徒労に終わる」。エゴの目的とは自己保身である。あなたが実相に目覚め、幻想を捨てるのをエゴは一番に恐れている。なぜなら、あなたが幻想から目覚めればエゴは消滅するからだ。したがって、エゴは、何としてでもあなたが実相に目覚めるのを阻止しようとする。そのために、エゴはあなたを独裁的に支配し、あなたにとって神のごとく振る舞う必要があるわけだ。それがエゴの最大の目的である。しかし、いったい、あなたにとって幻想にとどまることに何の意味があるだろう? あなたにとって、エゴの目的など意味はない。だから、エゴの目的に基づいた努力(any effort on its behalf)は、これまた幻想であって、すべては徒労に終わる(expended on nothing)。



The ego's goal is quite explicitly ego autonomy. From the beginning, then, its purpose is to be separate, sufficient unto itself and independent of any power except its own. 
  • quite [kwáit] : 「すっかり、全く、完全に」
  • explicitly [iksplísitli] : 「はっきりと、明確に、明白に」
  • autonomy [ɔːtɑ́nəmi] : 「自治、自律、自主」
  • from the beginning : 「もともと、最初から」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、意図、意向」
  • separate [sépərèit] : 「分かれた、離れた、個々の」
  • sufficient [səfí∫nt] : 「十分な、満足な、足りる」
  • independent [ìndipéndənt] : 「独立した、自主性のある」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
❖ "The ego's goal ~ "「エゴの目的が自律性にあることは、まったく明瞭だ」。エゴの目的は、神から自律し、神の子を独裁することだ。"From the beginning ~ "「したがって、最初から、エゴの目的は、分離していること、自己に満足すること、そして、自分のパワー以外のいかなるパワーからも独立していることである」。エゴは神のようなパワーをもって、あなたを独裁し、支配したいのだ。そのために、あなたが実相に目覚めないこと、とりわけ、神への回帰を阻止しようとする。したがってエゴは、あなたを神から分離したままにし、同胞との分裂を維持したいと望んでいる。



This is why it is the symbol of separation.
  • symbol [símbl] : 「象徴、シンボル、表象」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、区別、離脱」
❖ "This is why ~ "「これが、エゴが分離のシンボルだという所以(ゆえん)である」。神の子が神から分離した後、神の子は恐れに耐えきれなくなって自己を乖離し、別人格のエゴをでっち上げた。神からの分離の責任をすべてエゴになすりつけ、恐れから逃れようとしたのである。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp