●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-30.VI.6:1 ~ T-30.VI.7:8

6. There is no surer proof idolatry is what you wish than a belief there are some forms of sickness and of joylessness forgiveness cannot heal.
  • sure [ʃúər] : 「信頼できる、当てになる、確かな、確実な」
  • proof [prúːf] : 「証拠、立証、証明、証し」
  • idolatry [aidɑ́lətri] : 「偶像崇拝」
  • wish [wíʃ] : 「願い、望みの物、願望、希望」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰、信条、信用、信頼」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造」
  • sickness [síknis] : 「病気」
  • joylessness [dʒɔ́ilisnis] : 「喜びのないこと、惨めさ、楽しくないこと」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • heal [híːl] : 「治す、治癒する、治療する、癒やす、救う」
❖ "There is no surer proof ~ "「偶像崇拝が、〜以上にあなたが望んでいることだという、より確かな証拠はない」。"a belief there are some ~ "「赦しがヒーリング出来ないような病や惨めさの何らかの形が存在していると信じること」以上に、偶像崇拝が、あなたが望んでいることだという、より確かな証拠はない。回りくどい表現をしているのだが、心の病を含めて、体の病や、また惨めさ、苦痛、等々を、実相的に赦しても消滅させることが出来ない特別な幻想が存在しているのだと信じることは、あなたが偶像を崇拝している、確たる証拠だ、ということ。ここは、逆に考えればいいだろう。つまり、あなたが幻想に過ぎない偶像を崇拝しているうちは、病や惨めさなどの偶像を、たとえ赦そうとしても、それを消滅させることは出来ないのだ。簡単に言えば、ある夢は単なる夢と認識し、また別のある夢は、夢ではなく現実だ、などと思うようではいけない、ということ。夢はどんな形をとろうとも、ことごとく夢に過ぎないと思えるようでなくてはいけない。



This means that you prefer to keep some idols, and are not prepared, as yet, to let all idols go.
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • prefer [prifə́ːr] : 「〜を好む、むしろ〜の方を好む」
  • idol [áidl] : 「アイドル、偶像、崇拝される人、神像」
  • as yet : 「今までのところは」
  • let go : 「解雇する、手を放す」
❖ "This means that ~ "「このことは、あなたがいくつかの偶像を保持することを好み、今のところ、すべての偶像を手放す準備が出来ていないことを意味する」。たとえば、あなたはまだ、物質的な豊かさが幸せをもたらすと信じて、金という偶像を信奉しているし、理性、あるいは理性的判断こそが真実をもたらすと信じて、頭脳という偶像を崇拝しているのだ。しかし、その半面、金という偶像も頭脳という偶像も、あなたに幸せも真実ももたらすことはないと薄々気付いており、あなたは迷いの中にあるのだが、かと言って、偶像を手放す気にもなれないでいる。



And thus you think that some appearances are real and not appearances at all.
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • appearance [əpíərəns] : 「外見、見掛け、容姿、うわべだけの様子」
  • real [real] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • at all : 「全く〜ない、全然〜ない、少しも〜ない」
❖ "And thus you think ~ "「こうして、あなたは、いくつかの見掛けは現実的に実在し、単なる見掛けなのではないと思っている」。ここの"appearances"「見掛け、うわべ」とは、目に見える形のことで、つまり、感覚が捉えた幻想のこと。偶像を手放せないでいるあなたは、ある種の見掛け、つまり幻想は、現実に実在していると信じ、決して夢ではないと思っている。たとえば、権力を握って他者を支配することが、社会的な成功の証なのだと信じ、権力的支配は確実に実在すると思い込んでいるのだ。しかし、実相的には、誰も他者を支配することは出来ない。実相に、支配という概念はないからだ。自他一如の世界には、自分と他者の区別は存在し得ないからだ。



Be not deceived about the meaning of a fixed belief that some appearances are harder to look past than others are.
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます、裏切る」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義、意図、真意」
  • fixed [fíkst] : 「固定した、定着した、一定の、不変の」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、、信仰、信条、信用、信頼」
  • hard [hάːrd] : 「難しい、困難な、つらい」
  • look past : 「見て見ぬふりをする」
❖ "Be not deceived about ~ "「〜という固定観念の意味することに騙されていけない」。"that some appearances ~ "「いくつかの見掛けは、他の見掛けよりも、見過ごし難いという」固定観念の意味することに騙されていけない。ある幻想は他の幻想より手放し難い、と信じて疑わないとき、あなたは幻想に騙されているのだ。幻想は、すべて幻想として同等である。あらゆる夢は夢として等しいのだ。夢は夢に過ぎない。



It always means you think forgiveness must be limited. And you have set a goal of partial pardon and a limited escape from guilt for you.
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、常に」
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • limit [límit] : 「限定する、制限する、制限をかける」
  • goal [ɡóul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • set a goal of : 「〜の目標を掲げる」
  • partial [pάːrʃəl] : 「部分的な、一部の、一部分の」
  • pardon [pάːrdn] : 「寛容、許し、恩赦、大赦」
  • limited [límitid] : 「限られた、有限な、制限された」
  • escape [iskéip] : 「脱出、避難、逃避、回避」
  • guilt [ɡílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
❖ "It always means you ~ "「それはいつも、あなたが、赦しは制限されているに違いないと思っていることを意味する」。あなたは、ある種の幻想は実相的に赦して消滅させることは出来るが、別の幻想は赦しても消滅させることが出来ないと思っている。赦しが、幻想の種類によって制限されていると固く信じているのだ。"And you have set ~ "「そして、あなたは、部分的な赦しという目的を設定し、あなたが罪の意識から逃れることを制限する目的を設定したのだ」。赦せる幻想と赦し得ない幻想を想定し、赦し得ない幻想をいつまでも引きずって生きることになってしまう。たとえば、自分の犯した過ちや罪は、決して消すことの出来ない歴史的な事実なのだと信じ込んで、過ちや罪という幻想から逃れることが出来ないでいる。しかし、実相的には、赦し得ない幻想など存在出来ない。あなたの過ちも罪も、それは夢の中の出来事であって、真っ赤な幻想に過ぎない。だから、罪は実相的に赦すことは可能であり、消滅させることが出来るのだ。



What can this be except a false forgiveness of yourself, and everyone who seems apart from you?
  • except [iksépt] : 「ただし、〜ということを除いて」
  • false [fɔ́ːls] : 「うその、虚偽の、偽りの、偽の」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として、〜はさておき」
❖ "What can this be except ~ "「この制限された赦しは、あなた自身にとっての、そして、あなたから分離しているかように見えるあらゆる人々のとっての誤った赦し以外の何ものであり得ようか」。あなたにとっても、同胞にとっても、制限された赦しは、実相的に完全な赦しとは言い難い。完全な赦し以外の赦しは、実相の赦しではない。まやかしの許しである。



7. It must be true the miracle can heal all forms of sickness, or it cannot heal.
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • heal [híːl] : 「治す、治癒する、治療する、癒やす、救う」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、姿、体つき」
  • sickness [síknis] : 「病気」
❖ "It must be true ~ "「奇跡があらゆる形の病をヒーリング出来るということは真実である」。赦しという奇跡が、病を代表とする、あらゆる幻想を消滅させることが出来るとうのは真実である。"or it cannot ~ "意訳する、「さもなければ、奇跡はどんな病もヒーリング出来ないことになる」。



Its purpose cannot be to judge which forms are real, and which appearances are true.
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
  • judge [dʒʌ́dʒ] : 「〜を判断する、〜を裁く」
❖ "Its purpose cannot be ~ "「奇跡の目的は、どの形の幻想が現実であり、どの見掛けが真実であるか判断することであるはずがない」。奇跡の赦しは、あらゆる幻想、あらゆる見掛けを、区別や差別することなく、すべて幻想だと認識して消滅させることを目的としている。



If one appearance must remain apart from healing, one illusion must be part of truth.
  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである、残る、残存する」
  • healing [híːliŋ] : 「治療、回復、治癒、癒やし」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
❖ "If one appearance ~ "「もし、一つの見掛けがヒーリングから取り残されてしまうなら、」"one illusion must ~ "「一つの幻想は真実の一部になってしまうに違いない」。たった一つでも、幻想に過ぎない見掛けが赦しによっても消滅させることが出来ないとしたら、実相の一部となり得る幻想が存在してしまうことになる。しかし、実相に侵入出来る幻想など、皆無である。夜見る夢に出てきたモンスターが、目覚めたあなたの生活の場に出現することは決してない。あるいは、パソコン上の仮想空間が、あなたの現実の生活空間になることはないのだ。



And you could not escape all guilt, but only some of it. You must forgive God's Son entirely.
  • escape [iskéip] : 「逃げる、ずらかる、脱出する、抜ける、免れる」
  • guilt [ɡílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • forgive [fərɡív] : 「許す、容赦する、勘弁する」
  • entirely [intáiərli] : 「全く、完全に、全体に」
❖ "And you could not ~ "「そうなれば、あなたは、一部の罪を除き、他のあらゆる罪から逃れることは不可能となるだろう」。あたかも、幻想に過ぎない罪と、実相そのものである罪の2種類が存在するかのような状況が生まれ、幻想の罪は赦しによって消滅させることは出来るが、実相の罪は赦しによってさえも消滅させることが出来ないという事態になってしまう。"You must forgive ~ "「あなたは、神の子を完全に赦さなくてはならない」。同胞である神の子を全体的に、完全に赦すことが必要なのだ。一部を残してはいけない。



Or you will keep an image of yourself that is not whole, and will remain afraid to look within and find escape from every idol there.
  • keep [kíːp] : 「〜を持ち続ける、保持する」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の、丸ごとの」
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜以内で」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
❖ "Or you will keep ~ "「さもなければ、あなたは、完全ではないあなた自身のイメージを保持してしまうことになろう」。同胞に対して完全に、全体的に赦すことが出来なければ、あなた自身の実相的な存在の完全性が保てないのだ。"and will remain afraid ~ "「そして、あなたは、いつまでも、心の中を覗いて、そこにあるあらゆる偶像から逃れる道を見出すことに恐れを抱き続けることになる」。完全には実相化されていないあなたは、偶像から逃れることへの恐れを抱きつつ、幻想の中に埋没してしまうのである。



Salvation rests on faith there cannot be some forms of guilt that you cannot forgive.
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • rest [rést] : 「ある、置かれている」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信条、自信、信念」
❖ "Salvation rests on faith ~ "「あなたが赦すことの出来ないような形をした罪など存在し得ないのだと信じることの上に、救いは存在するのである」。あらゆる罪は、例外なく幻想なのだと見極め、赦すことで消滅させることが出来るのだと信じるところに、実相への救いがある。



And so there cannot be appearances that have replaced the truth about God's Son.
  • replace [ripléis] : 「〜を取り換える、交換する、置き換える、置換する」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "And so there cannot ~ "「そして、神の子に対する真実と置き換えられた見掛けなど、存在し得ないのだ」と信じることの上に、救いは存在するのである。神の子は実相として実在するのであって、その実相は見掛けなどという幻想に置き換えられるものではない。どんな夢を持ってきても、それを現実と置き換えることは不可能なのだ。そして、あなたが現実だと思っているこの世界もまた夢であり、それをあなたの実相と置き換えることは不可能なのである。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp