●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-30.VI.8:1 ~ T-30.VI.9:6

8. Look on your brother with the willingness to see him as he is.
  • look on : 「〜を見る」
  • willingness [willingness] : 「意欲、いとわずにすること、やる気」
❖ "Look on your brother ~ "「ありのままの同胞を見たいという思いを抱いて、あなたの同胞を見なさい」。"see him as he is"「ありのままの同胞として見る」とは、彼が、あなたから分離した他人などではなく、あなたと自他一如の神の子である、と見ること。簡単に言えば、幻想としてではなく、実相として同胞を見る、ということ。そうすることで、本当のあなた自身が見えてくる。



And do not keep a part of him outside your willingness that he be healed. To heal is to make whole.
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
  • outside [áutsáid] : 「外側に、外部に」
  • heal [híːl] : 「治す、治癒する、治療する、癒やす、救う」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の、丸ごとの」
❖ "And do not keep ~ "「同胞をヒーリングしたいと望むあなたの思いの外側に、同胞の一部を保持してはいけない」。たとえば、同胞のちょっとしたミスは赦せるが、彼の根本的な罪は赦せしない、などというように、同胞を全体的に赦せないようではいけない、ということ。赦しというヒーリングを、同胞の幻想的存在すべてに適応せよ、ということ。赦せる幻想と、赦せない幻想を区別するようでは赦しの奇跡は成立しない。"To heal is to ~ "「ヒーリングとは、完全な全体にすることなのだ」。ヒーリングとは、赦しを通じて、同胞のすべての幻想を払拭し、同胞を神の子として完全な実相的姿に生まれ変わられることである。



And what is whole can have no missing parts that have been kept outside.
  • miss [mís] : 「逃す、見逃す、見損ねる、〜を抜かす」
  • kept [képt] : 「keep の過去・過去分詞形」
❖ "And what is whole ~ "「そして、完全に全体である者は、外側に除外して保持しておくような、欠落した部分を持ち得ない」。実相的に完全である神の子は、その存在の外側に、幻想的な一部分を保持するようではいけない。幻想のすべてを排除した状態が、完全な全体性(whole)を保っている状態なのだ。



Forgiveness rests on recognizing this, and being glad there cannot be some forms of sickness which the miracle must lack the power to heal.
  • forgiveness [fərɡívnis] : 「許すこと、許し、容赦、寛容」
  • rest [rést] : 「ある、置かれている」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、認める、受け入れる」
  • glad [ɡlǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造」
  • sickness [síknəs] : 「病気」
  • lack [lǽk] : 「〜を欠く、〜が欠けている、十分にない、足りない」
  • power [páuər] : 「力、能力、勢力」
❖ "Forgiveness rests on ~ "「こうしたことを認識した上に、赦しが存在する」。つまり、一部を赦しから除外するのではなく、すべての幻想を赦すことが実相的な本当の赦しである。つまり、同胞を実相的に完全な者にすることが、赦しなのだ。それが、ACIMの言うヒーリングである。"and being glad there ~ "「そして、奇跡がヒーリングのパワーを発揮出来ないいかなる形の病も存在し得ないということを喜ぶことが、赦しなのだ」。赦しとは、どんな形の病でも、つまり心の病でも体の病でも、それが幻想に過ぎない病である限り、すべての病をヒーリング出来るという状態でなければならない。除外も例外もない。それを喜びとして受け入れることが、赦しの本質である。それを、喜びをもって認識出来るところに、赦しは存在出来るのだ。



9. God's Son is perfect, or he cannot be God's Son.
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「完璧な、完全な」
❖ "God's Son is ~ "「神の子は完璧である」。実相的に完全であり、全体である(whole)ということ。"or he cannot ~ "「さもなければ、彼は神の子になり得ない」。神の子は、完全に完璧である神が創造したものであるから、神の子は、生来、完全で完璧なのだ。もし、あなたが、自分は不完全であると感じたなら(たとえば、自分には罪があると感じたなら)、その不完全な部分は明らかに幻想である。その不完全な部分が存在するという幻想を払拭することが、ヒーリングであり、赦しであり、奇跡である。だから、ヒーリングや赦しや奇跡は、ないものを新たに作り出すのではない。そこに既にあるものを、ただ単に、目の前に現すだけなのだ。



Nor will you know him, if you think he does not merit the escape from guilt in all its consequences and its forms.
  • merit [mérit] : 「〜に値する」
  • escape [iskéip] : 「逃亡、脱出、避難、逃避、回避」
  • guilt [ɡílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • consequence [kάnsəkwèns] : 「結果、結論、結末、成り行き、帰結」
❖ "Nor will you know ~ "「もしあなたが、罪がどんな結果をとろうとも、どんな形をとろうとも、同胞がその罪から逃れるに値しないと考えるなら、あなたはその同胞を知ることはないだろう」。同胞がどんな形の罪を犯しても、またその罪がどんな結果をもたらしても、その同胞は、赦しによって罪から逃れることが出来るのだと信じられない限り、あなたは、同胞の本当の姿、つまり、完全な神の子という姿を知ることは出来ない。それは同時に、あなた自身が、完全な神の子であると知ることが出来ないことを意味する。



There is no way to think of him but this, if you would know the truth about yourself.
  • way [wéi] : 「方法、やり方、手段、方途、様式」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "There is no way to think ~ "「もしあなたが、あなた自身についての真実を知りたいと願うなら、同胞を、次のように考える以外に、その方法はない」。あなたが、完全、完璧な神の子であると知るには、同胞を次に言うように考えなさい。では、次を読もう。



I thank You, Father, for Your perfect Son,

and in his glory will I see my own.
  • glory [ɡlɔ́ːri] : 「栄光、称賛、名誉、誇り、壮観、荘厳」
❖ "I thank You, Father ~ "「父なる神よ、(同胞が)あなたの完璧な子であることを、あなたに感謝します」。"and in his glory ~ "「そして、同胞の栄光の中に、私は私自身を見つけることが出来るのです」。同胞が、神によって創造された栄光の神の子であると理解出来たとき、あなたは、あなた自身もまた、栄光の神の子であると理解出来るのだ。



Here is the joyful statement that there are no forms of evil that can overcome the Will of God; the glad acknowledgment that guilt has not succeeded by your wish to make illusions real.
  • joyful [dʒɔ́ifəl] : 「うれしい、うれしそうな、楽しい、喜んでいる」
  • statement [stéitmənt] : 「声明、陳述、述べたこと、発言、供述」
  • evil [íːvəl] : 「害悪、悪、弊害、災害、不運」
  • overcome [òuvərkʌ́m] : 「克服する、乗り越える、圧倒する」
  • will [wíl] : 「意志、意欲、願望」
  • glad [ɡlǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • acknowledgment [æknάlidʒmənt] : 「認めること、承認、認識」
  • succeed [səksíːd] : 「成功する」
  • wish [wíʃ] : 「願い、望みの物、願望、希望」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
❖ "Here is the joyful statement ~ "「これこそ、〜という喜びの宣言である」。"that there are no forms ~ "「神の意思に打ち勝つことが出来るような悪しき形など存在しないのだ」という喜びの宣言である。神の意思という実相的な真実に打ち勝つような、悪しき幻想など存在し得ない。"the glad acknowledgment ~ "「それは、〜という喜びの認識である」。"that guilt has not ~ "「幻想を実相に変えたいと望むあなたによってさえ、罪の意識は(現実化することに)成功することはない」という喜びの認識である。あなたが、幻想に過ぎない罪の意識を、どんなに実相化、現実化したいと思っても、それは絶対に成功しない。幻想を実相に変身させることは、原理的に不可能なのだ。その事実を、喜びをもって認識し、受け入れよ。



And what is this except a simple statement of the truth?
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
  • simple [símpl] : 「簡単な、簡素な、単純な、容易な」
  • statement [stéitmənt] : 「声明、陳述、述べたこと、発言、供述」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "And what is this except ~ "「そして、これこそ、真実の簡素な宣言以外の何ものだろうか」。罪に代表される幻想を、現実化して実相に持ち込むことなど出来ないという真実。これほど単純明解な真実が外にあろうか。その真実を知ることは喜びであり、神の意思もそれを強く望んでいるのだ。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp