●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-1.III.7:1 ~T-1.III.8:5

7. Miracles arise from a mind that is ready for them. By being united this mind goes out to everyone, even without the awareness of the miracle worker himself.
  • arise [əráiz] from : 「〜から生じる、〜に起因する」
  • be ready [rédi] for : 「いつでも〜する状態になって、準備が整って」
  • unite [junáit] : 「〜を結合させる、一体化させる」
  • go out : 「伝えられる、伝達される」
  • even [íːvn] : 「たとえ〜でも」
  • without [wiðáut] : 「〜がなくて、〜を持たないで」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性 」
❖ "Miracles arise from ~ "「奇跡は、奇跡に対して準備が出来た心に立ち上がる」。真実を具現化する奇跡を求める心に、奇跡は起きる。奇跡は、棚からぼたもちが落ちるように、転がり込んで来るものではない。"By being united ~ "「心は結合しているので、奇跡の準備が出来た心はみんなに波及する」。"even without ~ "「たとえ、奇跡を起こした本人が自覚出来なくとも」。あなたと他者は自他一如である。心は繋がっているのだ。奇跡を求めるあなたの心は他者の心でもある。あなたが気付かなくても、奇跡を求める心はみんなに伝達され、つまり、奇跡を求める心は分かち合われ、拡張増大していく。分かち合われた真実が拡張増大してくのは、実相世界の法則である。



The impersonal nature of miracles is because the Atonement itself is one, uniting all creations with their Creator. 
  • impersonal [impə́ːrsənl] : 「個人に関係ない、人間味のない、人格を持たない」
  • nature [néitʃər] : 「本質、特質、本性、気質、気性、性分」
  • atonement [ətóunmənt] : 「償い、贖罪」
  • creation [kriéiʃən]: 「創造、創作、創作物、作品」
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
❖ "The impersonal nature ~ "「奇跡が人格をもたないとは、贖罪自体も人格をもたず、すべての創造物は創造主と結合しているからなのだ」。神、神の子、ホーリー・スピリット、キリスト、等々は人格をもっているが、奇跡やその一つである贖罪は人格をもたない。奇跡や贖罪は、真実を表す方法であって、いわば、表現手段なのだ。たとえば、画家と画家が描いた絵を考えよう。画家は人格をもっているが、絵は人格をもたない。ならば、絵は画家から離れた単なる物体に過ぎないのか? そうではない。画家は、絵という表現手段を使って自己の心を表したのだから、画家と絵は完全に結びついてるのだ。創造する者と創造されたものとは結合しているのである。ちょうど、神の子を創造した創造主の神が神の子と一体であることと同一である。しかたがって、人格をもつあなたが奇跡や贖罪を創造したとき、表現された奇跡や贖罪はあなたと一体である。奇跡は人格をもたないが、表現手段として、あなたと一体なのだ。



As an expression of what you truly are, the miracle places the mind in a state of grace.
  • expression [ikspréʃən] : 「 表現、表現すること、表示」
  • truly [trúːli] : 「全く、本当に、真に、正確に」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する」
  • in a state of : 「〜の状態に」
  • grace [gréis] : 「優雅、優美、恩寵、神の愛」
❖ "As an expression ~ "「あなた自身の本当の姿の表現として、奇跡は心を神の恩寵の状態に置く」。奇跡が真実を表し、あなたの本当の姿が明らかにされると、あなたは自分が神の創造した神聖な神の子であると気付く。あなたは神の愛する、つまり、神の恩寵を受けた神の子なのだ。奇跡は、あなたの心を神の恩寵の下へ連れ戻してくれるのである。



The mind then naturally welcomes the host within and the stranger without. When you bring in the stranger, he becomes your brother.
  • naturally [nǽtʃərəli] : 「当然ながら、もちろん、必然的に、自然に」
  • welcome [wélkəm] : 「歓迎する、喜んで受け入れる」
  • host [hóust] : 「主人、ホスト」
  • within : 「 〜の中に、〜のうちに」
  • stranger [stréindʒər] : 「見知らぬ人、よそから来た人、よそ者、他人」
  • without [wiðáut] : 「外に、外側に」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらす」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
❖ "The mind then naturally ~ "「そこで、心は自然に、内なるホストと外なる他者を歓迎する」。"When you bring ~ "「あなたが他者を迎い入れるとき、他者はあなたの同胞となる」。自分が神に愛される神の子であると知ったあなたは、心の中に住むホーリー・スピリットの存在を喜びをもって迎い入れ、それまで攻撃の対象であった他者をも快く迎い入れる。その時初めて、他者もまた神の愛する神の子であると知り、他者はあなたの同胞なのだと気付くのである。あなたと他者は神の子として自他一如なのだ。
"host"「ホスト」を、ホーリー・スピリットと解釈したが、あなたの心には、神が送り込んでくれたホーリー・スピリットと、あなたが偶像としてでっち上げたエゴとが住んでおり、あなたはホーリー・スピリットをホストとして選択しなくてはならない。なぜなら、ホーリー・スピリットは実在であり、エゴは幻想に過ぎないからだ。ホーリー・スピリットは真実で、エゴは虚偽である。



8. That the miracle may have effects on your brothers that you may not recognize is not your concern. 
  • effect [ifékt] : 「結果、影響、効果、効き目、効力」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認める、認識する」
  • concern [kənsə́ːrn] : 「関心事、懸案、心配、不安」
❖ この文章は、"It is not your concern that the miracle may have effects on your brothers that you may not recognize."と書き換えると理解しやすい。つまり、「奇跡があなたの同胞に、あなたが認識出来ない影響を与えるかも知れないが、それはあなたが関心を寄せる問題とはならない」。奇跡がいつ誰に何をもたらすのか、あなたが関与することではない。あなたの心のホストであるホーリー・スピリットに任せておけばいいのだ。あなたは、真実を表す奇跡に専念すればよい。



The miracle will always bless you. Miracles you are not asked to perform have not lost their value.
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、以前からずっと、常にいつでも」
  • bless [blés] : 「〜を祝福する、〜を神聖にする、清める、〜を賛美する」
  • ask [ǽsk] : 「求める、要求をする」
  • perform [pərfɔ́ːrm] : 「〜を行う、実行する、遂行する」
  • lost [lɔ́st] : 「loseの過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち、真価」
❖ "The miracle will ~ "「奇跡は常に、あなたを祝福してくれる」。奇跡がどんな結果をもたらすかわからなくても、それは常にいい結果をもたらしてくれる。奇跡はあなたを祝福してくれるのだ。"Miracles you are not ~ "「あなたが成すように求めていない奇跡でも、その価値は失われてはいない」。結果を知らないままに、つまり、結果を求めないままに、あなたが成した奇跡であっても、奇跡は常にあなたを祝福してくれるのだから、必ずいい結果を出してくれるのであって、したがって、奇跡の価値は失われることはない。



They are still expressions of your own state of grace, but the action aspect of the miracle should be controlled by me because of my complete awareness of the whole plan.
  • still [stíl] : 「いまだに、今もなお」
  • expression [ikspréʃən] : 「 表現、表現すること、表示」
  • state [stéit] : 「状態、状況」
  • grace [gréis] : 「恩寵、神の愛」
  • action [ǽkʃən] : 「活動、行動、活力、動き、動作」
  • aspect [ǽspekt] : 「局面、状況、側面」
  • control [kəntróul] : 「操作する、制御する、支配する、統制する」
  • complete [kəmplíːt] : 「全部そろった、完全な」
  • awareness [əwéərnəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性 」
  • whole [hóul] : 「すべてを含んだ、欠けたものがない」
  • plan [plǽn] : 「計画、企画、予定、意向、つもり、考え」
❖ あなたのあずかり知らない結果をもたらす奇跡でも、"They are still expressions ~ "「奇跡は、なおも、あなたが神の恩寵の下にあることを表している」。奇跡は、あなたが神の愛する神の子であるという事実を表現する。つまり、奇跡は常に、神の子にとっていい結果を結実するのだ。"but the action aspect ~ "「しかし、奇跡の行動面に関しては、私(イエス)は計画全体を完全に把握しているから、私によってコントロールされるべきである」。奇跡をいつどこでどのように起こすか、そういうことに関しては、ホーリー・スピリットと同一であるイエスに任せておけばいい。
"plan"「計画」とは、神の子が幻想から実相に目覚めて、神の住む実相世界に回帰するという計画。その段取りは、イエスの意識の中にすべて取り込まれている。だから、あなたは計画の全体像を知る必要はない。イエスに任せておけばいいのだ。
蛇足になるが、これがACIMの説く『絶対他力性』である。幻想の中に埋没しているあなたが、自力で自分を救い出すことは不可能だ。だから、すべてをホーリー・スピリットに他力して、任せてしまうべきなのだ。



The impersonal nature of miracle-mindedness ensures your grace, but only I am in a position to know where they can be bestowed.
  • impersonal [impə́ːrsənl] : 「個人に関係ない、人間味のない、人格を持たない」
  • ensure [inʃúər] : 「〜を確かにする、確実にする、保証する」
  • position [pəzíʃən] : 「立場、位置、地位、身分」
  • bestow [bistóu] : 「〜を授ける、与える、贈る」
❖ "The impersonal nature ~ "「奇跡を願う心の非人格的性質は、あなたが神の恩寵の下にあることを確かなものにしてくれる」。非常に難解である。まず、"miracle-mindedness"であるが、「奇跡を願う心」、「奇跡に根ざした心」、「奇跡を志向する心」、等々の意味合いと考えていい。その心は"impersonal nature"「非人格的性質」をもっている、と言っている。前に述べられているように、奇跡は非人格であるから、非人格の奇跡を求める心も非人格だと解釈すると、的を射損じる。心が非人格なら、その心をもったあなた自身も非人格になってしまうではないか。ここでは、そうではなく、奇跡をいつどこで、どういう結果を望んで行うかという、あなたの個人的な価値判断や結果予想を排除して、非個性化させる、とい意味合いだろう。つまり、それをホーリー・スピリットに一任して、奇跡を求める心を非人格化させてしまう、という意味。こうして、ホーリー・スピリットに一任された奇跡の結果は、間違いなく神の愛に溢れたいい結果をもたらしてくれる、という本文の意味である。したがって、次の文が生きてくる。"but only I am ~ "「しかし、私(イエス)だけが、奇跡がどこに与えられるか知る立場にある」。あなたの奇跡を求める心は非人格化されたが、ホーリー・スピリットであるイエスは、奇跡の価値判断や結果予想を司る人格として、奇跡をいつどこで行い、どういう結果をもたらすかを知る立場にある。だから、あなたは心を無にして、ホーリー・スピリット(イエス)に絶対他力すればいいのだ。必ず、結果良好となる。
 
  
  


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp