●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-1.VI.4:1 ~ T-1.VI.5:10

4. The real purpose of this world is to use it to correct your unbelief. 
  • real [ríːəl] : 「本物の、真実の、本当の、現実の」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、意図、狙い、意向」
  • use [juːz] : 「使う、利用する、生かす、働かせる」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する、正す」
  • unbelief [ʌnbilíːf] : 「不信仰、不信心、懐疑」
❖ "The real purpose of ~ "「この世界の真の目的は、あなたの不信心を是正するために世界を使うことである」。あなたは、この幻想世界が実在するリアルな世界だと信じ、神の住む実相世界を空想上の世界だと思って、その存在を信じてはいないが、それを是正するために、この世界がある。この世界の幻想世界を認識し、受け入れ受け流して赦し、この世界の幻想性を消滅させるのである。この幻想世界は、学びのための補助装置なのだ。補助装置である以上、それが不必要になれば、すなわち消滅する。



You can never control the effects of fear yourself, because you made fear, and you believe in what you made.
  • control [kəntróul] : 「操作する、制御する、支配する、統制する」
  • effect [ifékt] : 「結果、影響」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖 」
  • believe in : 「〜の存在を信じる、〜を信頼する」
❖ "You can never control ~ "「あなたは、恐れの影響を自分ではコントロール出来ない」。"because you ~ "「なぜなら、あなたが恐れを作ったのであるし、作ったものの存在を信じてしまうからだ」。神の子が神から分離した後、神の子は神の愛を裏切ったに違いないと思い、罪の意識を抱く。そして、神の子の裏切りに対して、必ず神が罰を与えるに違いないと恐れを抱いたのだ。これが、我々の心の奥深くに存在する罪と罰の原型である。ところが、ACIMの神は純粋一元論世界の神であり、愛のみを知る神であって、怒りを抱くことも罰を与えることもない。神の子の抱く罪と罰に対して、神は一切の関わりを持たないのだ。つまり、罪と罰は神の子の自作自演であり、それゆえ、自分ではコントロール出来ない。なぜかと言うと、たとえば、夜見る夢の中に恐ろしいモンスターが登場し、あなたを脅かしたとしよう。夢の中のあなたは、そのモンスターを制御することは出来ない。あなたの無意識が作り出したモンスターだからだ。そのコントロール出来ないモンスターを退治するには、あなたが夢から目覚めなくてはならないのだ。同様に、あなたがこの幻想世界で感じる恐れを退治するには、幻想から目覚める以外にない。なぜなら、その恐れは、あなたがでっち上げた恐れだからだ。夢の中のモンスターと同じなのである。



In attitude, then, though not in content, you resemble your Creator, Who has perfect faith in his creations because he created them. 
  • attitude [ǽtitjùːd] : 「態度、考え方、姿勢、構え」
  • though [ðóu] : 「〜だけれども、〜だけど、そうは言うものの、しかし」
  • content [kɑ́ntent] : 「入っているもの、内容、中身」
  • resemble [rizémbl] : 「〜のようである、〜と似ている」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「申し分がない、完全な、完璧な」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信念、確信、信仰、信条」
  • creation [kriéiʃən]: 「創造、創作、創作物、作品」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
❖ "In attitude, then, though ~ "「その中身ではなく、態度において、あなたは、あなたを創造した神に似ている」。"Who has perfect ~ "「その神は、神の創造したものを完璧に信じている」。"because he ~ "「神がそれを創造したからだ」。神は神の子を創造し、創造したがゆえに神の子を完璧に信じている。あなたは幻想世界をでっち上げ、でっち上げたがゆえに幻想世界を信じている。その中身は真実と虚偽とでまったく異るが、創造したもの、でっち上げたものに対する態度は共に同じであり、信じるのだ。だから、あなたは神と似ている、というわけだ。



Belief produces the acceptance of existence. That is why you can believe what no one else thinks is true. It is true for you because it was made by you.
  • produce [prədjúːs] : 「〜を作り出す、生産する、製造する」
  • acceptance [əkséptəns] : 「受け入れること、承諾、承認」
  • existence [igzístns] : 「存在、現存、実存、実在」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、確信する、信頼する」
  • think [θíŋk] : 「〜を考える、〜を思う」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
❖ "Belief produces ~ "「信じる心は、その存在を許容する気持ちを生み出す」。あなたは幻想世界を偽創造し、偽創造したがゆえに幻想世界を信じ、信じたがゆえに幻想世界の存在を心に許す。あなたは恐れを作り出し、作り出したがゆえに恐れを信じ、信じたがゆえに恐れの存在を心に許す。罪もまた、以下同様、となる。"That is why you ~ "「それが、あなたが、他の誰も本当だと思っていないことを信じれる理由である」。"It is true for you ~ "「誰一人信じられないものでも、それはあなたによって作られたので、あなたにとっては真実なのだ」。あなたが作ったものが真実であるなら、これは神とまったく同様であるから問題は生じない。問題なのは、あなたが作ったものが虚偽であり幻想であるときだ。たとえそれが幻想であり虚偽であるとしても、あなた自身が作ったものである以上、あなたはそれを信じてしまうのである。その存在も心に許してしまうのだ。



5. All aspects of fear are untrue because they do not exist at the creative level, and therefore do not exist at all.
  • aspect [ǽspekt] : 「様子、外見、側面」
  • untrue : 「虚偽の、不誠実な、不正確な」
  • exist [iɡzíst] : 「存在する、生きている、生存する」
  • creative [kriéitiv] : 「創造力のある、創造的な、独創的な」
  • level [lévəl] : 「地位、階級、段階、レベル、高さ、高度、深さ」
  • therefore [ðέərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために、従って、だから」
❖ "All aspects of ~ "「恐れは、すべての側面において真実ではない」。恐れはどこから見ても真実ではない。"because they do ~ "「なぜなら、恐れは、あらゆる創造レベルにおいても存在しないし、したがって、(あらゆる存在レベルにおいても)まったく存在しないからだ」。"creative level"「創造レベル」とは、実相的な真実を創造するというレベルのこと。その最高峰が、神の創造である。恐れは、そのような実相レベルの創造によって作られたものではないから真実ではなく、真実ではないから実在しない。要するに、恐れは、あなたがでっち上げた単なる幻想だ、ということ。罪ある自分が神に罰せられはしないかと、我々が勝手に妄想した結果が恐れの原型である。



To whatever extent you are willing to submit your beliefs to this test, to that extent are your perceptions corrected.
  • whatever [hwʌtévər] : 「どんな〜が〜でも、どんな〜を〜しても」
  • extent [ikstént] : 「広さ、 範囲、程度、限界、限度 」
  • be willing to : 「〜する意思がある、進んで〜する」
  • submit [səbmít] : 「〜を服従させる、〜を提出する、提示する 」
  • to that extent : 「あれほど、そこまで、その程度まで」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見、見識」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する、正す」
❖ "To whatever extent ~ "「あなたが自分の信じるものをこのテストにかけてみたいと思う気持ちがどの程度あるのか、」"to that extent are ~ "「その程度に応じて、あなたの知覚が修正される」。"this test"「このテスト」とは、自分が作り出したがゆえに、その存在を信じているのではないか、と疑問を呈してみること。たとえば、あなたが恐れを信じているなら、その恐れはあなたがでっち上げたもので、本当は存在していないのではないか、と吟味してみるのだ。あなたが信じているものをこのテストにかけてみようと思う気持ちが強ければ強いほど、その程度に応じて、あなたは知覚を修正出来る。気持ちが小さければ、修正も小さい。たとえば、今あなたは、目前の圧倒的にリアルに見える世界を実在だと信じているが、ひょっとしてこの世界は自分が幻想として作り出したものに過ぎないのではないかと、勇気をもって強く疑念すれば、その程度に応じて、あなたの誤った知覚は修正されて、真実を目撃出来るヴィジョンへと知覚を昇華させることが出来る。ACIMの"Work Book"を見ればわかるように、奇跡のレッスンは知覚の修正から始まる。



In sorting out the false from the true, the miracle proceeds along these lines:

        Perfect love casts out fear.
 
        If fear exists,
        Then there is not perfect love.
                           But:
        Only perfect love exists.
        If there is fear,
        It produces a state that does not exist.
  • sort [sɔ́ːrt] out A form B : 「BからAを選り分ける」
  • false [fɔ́ːls] : 「本物でない、偽りの、偽の」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • proceed [prəsíːd] : 「続ける、発する、進む、進行する」
  • line [láin] : 「行、詩の1行」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「申し分がない、完全な、完璧な」
  • cast [kǽst] out : 「 捨てる、見捨てる、追い出す、追い払う」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念、心配、不安」
  • exist [iɡzíst] : 「存在する、生きている、生存する」
  • produce [prədjúːs] : 「〜を作り出す、生産する、産む」
  • state [stéit] : 「状態、形勢、情勢、状況」
❖ "In sorting out ~ "「真実なるものから虚偽なるものを見分ける中で、奇跡は、次の詩を実行する」。奇跡は、次のような問い掛けを行いながら、真実なるものの中から虚偽なるものを選り分けていく。"Perfect love ~ "「完全な愛は恐れを追い払う」。"If fear exists ~ "「もし恐れが存在するなら、その時は、完全な愛は存在しない」。"But: Only perfect ~ "「しかし、完全な愛だけが存在し得る」。"If there is fear ~ "「もし恐れが存在するなら、恐れは、存在さえしない状態を作り出しているのだ」。"perfect love"「完全な愛」とは、ここでは、「完全な真実」という意味に捉えていい。あるいは、実相、さらに神そのもの、と解釈してもいい。恐れが存在しているように思えたら、それは真実の存在と相容れないものであるから、あなたは存在しない幻想の状態の中にいることになる。



Believe this and you will be free. Only God can establish this solution, and this faith is his gift.
  • free [fríː] : 「〜を自由にする、解放する」
  • free [fríː] : 「自由な、捕われていない、独立した」
  • establish [istǽbliʃ] : 「確立する、制定する、成立させる」
  • solution [səlúːʃən] : 「 解、解答 、解決法、解決策」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信仰、信条」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント、神からの贈り物、天賦の才」
❖ "Believe this and ~ "「この言葉を信じなさい。そうすれば、あなたは(恐れから)自由になれるだろう」。"Only God can ~ "「神のみが、この解決策を確立することが出来る」。"and this faith ~ "「そして、それを信じること(心)は、神からの贈り物なのだ」。あなたをこの幻想世界に留め置こうとして、エゴはあなたに幻想の恐れを抱かせる。あなたが、その幻想の恐れから解放されたいと本当に願うなら、エゴの支配から解放されなくてはならない。それを達成するには、あなたはまだまだ力不足である。あなた一人では、願いは達成出来ない。そこで、神、あるいはホーリー・スピリットの力にすがるのである。ACIMの絶対他力性である。したがって、ホーリー・スピリットは、神があなたに贈った贈り物なのだ。それを信じきれるかどうか、そこがあなたの最大の勝負どころ、というわけである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp