●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-4.VII.3:1 ~ T-4.VII.3:12

3. In contrast, spirit reacts in the same way to everything it knows is true, and does not respond at all to anything else. 
  • in contrast [kάntræst] : 「対照的に、その一方」
  • react [riǽkt] : 「反応する、反応を示す」
  • react to : 「〜に反応する」
  • respond [rispɑ́nd] : 「反応する、答える」
  • respond to : 「〜に対応する、〜と付き合う」
❖ "In contrast~ "「対照的にスピリットは、スピリットが真実だと思うことすべてに、同様な方法で反応する」。対照的にとは、前文のエゴが関連性のあるものに反応してそれを崩壊させていることと対照的に、ということ。"in the same way"は"in certain specific ways"のことで、エゴと同じように具体的な方法をとる、ということ。"and does not ~ "「スピリットは、その他のこと(真実以外のこと)にまったく反応しない」。



Nor does it make any attempt to establish what is true. It knows that what is true is everything that God created. 
  • nor : 「そしてまた〜ない」
  • attempt [ətémpt] : 「試み、企て」
  • establish [istǽbliʃ] : 「成立させる、確立する」
❖ "Nor does it ~ "「また、スピリットは、何が真実かということを確立しようと試みることはない」。"It knows that ~ "「スピリットは、真実なるものは神の創造したものすべてであることを知っている」。真実は、永遠不変にそこにある。今ある真実を定義し直して、新たな真実を創り出すことなど必要ないし、不可能だ。



It is in complete and direct communication with every aspect of creation, because it is in complete and direct communication with its Creator. 
  • complete [kəmplíːt] : 「完全な、全くの、全面的な」
  • direct [dáirekt] : 「直接の、率直な、遠慮のない」
  • in communication with : 「〜と連絡を取って」
  • every aspect of : 「〜のすべての局面」
❖ "It is in complete ~ "「スピリットは、創造されたものすべての局面と完全で直接的なコミュニケーションをとっている」。スピリットは、創造された真実のあらゆる面に、直接的に接触できる。つまり、真実の総体である『叡智』に常にアクセス出来るのだ。"because it is ~ "「なぜならば、スピリットはその創造主である神と完全で直接的なコミュニケーションをとっているからだ」。



This communication is the will of God. Creation and communication are synonymous. 
  • synonymous [sinɑ́nəməs] : 「同意語の、同義の」
❖ "This communication ~ "「このコミュニケーションは、神の意思である」。"Creation and ~ "「創造とコミュニケーションは同義語である」。この世界では創造とコミュニケーションは全く別物のように知覚されるが、神の住む真実の世界では創造もコミュニケーションも同じこと。創造はコミュニケーションに直接つながる。実相世界における創造とは、真実の拡張のことである。神が神の愛の延長上に神の子を創造したことを念頭に置けばいい。真実の延長とは、真実をバラバラに拡張するのではなく、強い絆を保ったままに真実を増大させることだ。その絆を確保してくれるのが、実相的なコミュニケーションである。神の子が神から分離した後、神はこのコミュニケーションを保つために、神と神の子の仲介役としてホーリー・スピリットを神の子の下(もと)に遣わした。



God created every mind by communicating his mind to it, thus establishing it forever as a channel for the reception of his mind and will. 
  • establish [istǽbliʃ] : 「確立する、成立させる」
  • reception [risépʃən] : 「受理、受信」
❖ "God created ~ "「神は、神の心を心にコミュニケートすることで、すべての心を創造した」。"establishing it ~ "分詞構文、結果、「このようにして、神は、すべての心が神の心とその意思を受信できるチャネルとなるように、心を永遠に確立した」。神の子が神から分離した後、神は、神の子の心の最も純粋で神聖な場所に神の祭壇を設けた。ここが、神の意志と交信できる唯一のチャンネルである。そこにホーリー・スピリットが宿っている。



Since only beings of a like order can truly communicate, his creations naturally communicate with him and like him. 
  • since [síns] : 「〜なので、〜だから 」
  • being [bíːiŋ] : 「存在、実在、生存」
  • order [ɔ́ːrdər] : 「順、順序、順位、序列」
  • naturally [nǽtʃərəli] : 「自然に、ありのままに」
❖ "Since only ~ "「同じ序列にある存在だけが真にコミュニケーションが出来ので、」つまり、同じレベルのもの同士が自然なコミュニケーションをとることが出来るので、"his creations~ "「神が創造したものは神と、神のように自然なコミュニケーションができる」。神と神の子は、同じ序列にあるので、自然なコミュニケーションがとれる。



This communication is perfectly abstract, since its quality is universal in application and not subject to any judgment, any exception or any alteration. 
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に」
  • abstract [ǽbstrækt] : 「抽象的な、概念上の」
  • quality [kwɑ́ləti] : 「性質、質、特性」
  • universal [jùːnəvə́ːrsl] : 「普遍的な、全宇宙の」
  • application [æ̀pləkéiʃən] : 「適用、応用、活用」
  • subject [səbdʒékt] : 「支配下にある、〜に従属している」
  • subject to : 「〜の影響を受けやすい」
  • judgment [dʒʌ́dʒmənt] : 「判断、審判」
  • exception [iksépʃən] : 「例外、除外、異論」
  • alteration [ɔ̀ːltəréiʃən] : 「変更、改変、改ざん」
❖ "This communication ~ "「このコミュニケーションは完全に抽象的である」。"since its quality  ~ "「なぜなら、このコミュニケーションの特性は、普遍的に適用できるものであり、いかなる判断にも、例外にも改ざんにもさらされることのないものだからである」。神、あるいはホーリー・スピリットとのコミュニケーションは、単なる言葉によるコミュニケーションではない。想念と想念の直接的なふれ合いであって、言葉を超越し、具象的な現象を越える。



God created you by this and for this. The mind can distort its function, but it cannot endow itself with functions it was not given. 
  • distort [distɔ́ːrt] : 「〜をゆがめる歪曲する」
  • endow [endáu] : 「授ける、与える」
❖ "God created ~ "「神はこれによって、またこのためにあなたを創造した」。"this"は"communication"。"Creation and communication are synonymous"という文章を思い出せばいい。"The mind can ~ "「心はその機能を歪めることは出来るが、」"but it cannot ~ "「心は、与えられていない機能をそれ自身に授けることは出来ない」。つまり、心は神が創造した通りの機能で十分なのだから、外から機能を付け加える必要はないし、そんなことは出来もしない、ということ。



That is why the mind cannot totally lose the ability to communicate, even though it may refuse to utilize it on behalf of being.
  • totally [tóutəli] : 「全体的に、全体として」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、喪失する」
  • ability [əbíləti] : 「能力、才能」
  • even though : 「〜であるけれども、〜にもかかわらず」
  • refuse [rifjúːz] : 「拒む、拒絶する」
  • utilize [júːtəlàiz] : 「利用する、役立たせる 」
  • on behalf of : 「〜のために、〜の利益になるように」
  • being : 「存在、実在、生存、生命」
❖ "That is why ~ "「それは、心は完全にはコミュニケーションの能力を失うことは出来ないからである」。コミュニケーションは、神が創造し神の子に授けた機能であるから、歪めることは出来てもそれを失うことは出来ない。"even though it ~ "「たとえ、心がその存在のために機能を使うことを拒んだとしても」。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp