●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-5.II.2:1 ~ T-5.II.3:11

2. The Holy Spirit is the spirit of joy. He is the Call to return with which God blessed the minds of his separated Sons. This is the vocation of the mind. 
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」
  • bless [blés] : 「祝福する、〜を神聖にする、清める」
  • separated [sépərèitid] : 「分離した、別々になって」
  • vocation [voukéiʃən] : 「天職、適性、使命、神のお召し」
❖ "The Holy Spirit ~ "「ホーリー・スピリットは喜びのスピリットである」。"He is the Call ~ "「ホーリー・スピリットは、回帰せよとの呼びかけであり、」"with which God ~ "「その呼びかけによって、神は分離した神の子の心を祝福する」。"blessed"と過去形になっているが、神には時間がないので、これはあなたから見ての過去、実際は今も神は祝福している。"This is the ~ "「これは心の使命である」。



The mind had no calling until the separation, because before that it had only being, and would not have understood the Call to right thinking. 
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、別離、離脱」
❖ "The mind had ~ "「(心が神から)分離する以前は、心は呼びかけられることはなかった」。"because before ~ "「なぜならば、分離以前は、心は存在しているだけであったし、」"and would not ~ "「そして、正しく考えることへの呼びかけを理解することもなかったであろうからだ」。ここは仮定法過去完了で、「たとえ正しい考え方への呼びかけがあったとしても(本当はなかったが)」という意味合いが含まれている。心は存在しているだけとは、完全完璧な状態で神とともに存在しているだけ、という意味。分離以前の、神の子の心の状態である。



The Holy Spirit is God's Answer to the separation; the means by which the Atonement heals until the whole mind returns to creating.
  • answer [ǽnsər] : 「答え、回答、返事」
  • atonement [ətóunmənt] : 「償い、贖罪」
  • whole [hóul] : 「すべてを含んだ、欠けたものがない」
❖ "The Holy Spirit is ~ "「ホーリー・スピリットは、分離に対する神の答えである」。すなわち、ホーリー・スピリットは、"the means by ~ "「完全な心が創造へ回帰するまで、贖罪がヒーリングするために使う手段である」。贖罪が心をヒーリングし、ホーリー・スピリットの助けを借りて、その心は創造へと、神の下(もと)へと回帰するのである。罪の意識に代表されるような幻想を赦し(贖罪し)、完全完璧な状態の心に正し(ヒーリングし)、神の王国へ回帰して真実を拡張するという創造を行えるように、ホーリー・スピリットがあなたを導いてくれるのだ。



3. The principle of Atonement and the separation began at the same time. When the ego was made, God placed in the mind the Call to joy. 
  • principle [prínsəpl] : 「原理、公理、法則」
  • at the same time : 「同時に、一緒に」
❖ "The principle of ~ "「贖罪の原理と分離は同時に始まった」。"When the ego ~ "「エゴが作られたとき、神は(神の子の)心の中に、喜びへの呼びかけを置いた」。神の子が神から分離したとき、神の子は、その分離を象徴する偶像エゴを幻想の中に作り出した。時を同じくして、その幻想から神の子を目覚めさせるために、神はホーリー・スピリットを神の子に遣わし、幻想を赦しで消滅させるという贖罪の原理を神の子に教えるようにと指示した。したがって、ホーリー・スピリットの呼びかけは神の愛の証であって、喜びへの呼びかけである。



This Call is so strong that the ego always dissolves at Its sound. That is why you must choose to hear one of two voices within you. 
  • dissolve [dizɑ́lv] : 「溶ける、消滅する」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
❖ "This Call is ~ "ここは"so ~ that ~ "の構文、「その呼びかけはとても強いので、エゴはいつもその声にかき消される」。"That is why ~ "「あなたがあなたの心の内にある二つの声のうちの一つを聞く選択をしなくてはならないのは、そのためである」。大きな声で呼びかけているホーリー・スピリットに応える選択をしなさい、ということ。



One you made yourself, and that one is not of God. But the other is given you by God, Who asks you only to listen to it. 
  • the other : 「もう一方のもの」
  • listen to : 「耳を傾ける、聞く 」
❖ "One you made ~ "「一方の声はあなたが自分で作ったものであり、それは神の声ではない」。エゴの声は、あなたが作った声である。"But the other ~ "「しかし、もう一方の声は神によってあなたに与えられたものである」。"Who asks you ~ "「そして、神はあなたに、ただそれを聞くようにと求めているのだ」。



The Holy Spirit is in you in a very literal sense. His is the voice that calls you back to where you were before and will be again. 
  • literal [lítərəl] : 「文字どおりの、文字の」
  • in a literal sense : 「文字どおりの意味で」
❖ "The Holy Spirit is ~ "「ホーリー・スピリットは、まったく文字通りに、あなたの心の中に存在している」。"His is the voice ~ "「ホーリー・スピリットの声は、あなたが以前いた所であり、再びいる所となる場所へ戻るようにと呼びかける声である」。もちろん、その場所とは、神の世界であり、天の王国であり、実相世界である。



It is possible even in this world to hear only that voice and no other. It takes effort and great willingness to learn. 
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、あり得る」
  • effort [éfərt] : 「努力、尽力、骨折り、試み」
  • take effort : 「努力を要する」
  • willingness [wíliŋnis] : 「意欲、やる気」
❖ "It is possible ~ " ここは "It ~ to ~ "の構文、「ホーリー・スピリットの声だけに耳を傾け、他の声(エゴの声)は聞かないようにすることは、この世でも可能である」。"It takes effort ~ "「それには、努力と学ぼうとする強い意欲が必要である」。当然ながら、このACIMを読み通すにも、努力と学ぼうとする強い意欲が必要である。苦しいときは、きっとイエスがあなたを励ましてくれる。



It is the final lesson that I learned, and God's Sons are as equal as learners as they are as sons.
  • final [fáinl] : 「最後の、最終の」
  • equal [íːkwəl] : 「〜と等しい、同等の」
  • learner [lə́ːrnər] : 「学習者、初学者」
❖ "It is the final~ "「それは、私が学んだ最後のレッスンである」。イエス自身も努力と学ぼうとする強い意欲をもってレッスンに立ち向かい、そして成就した。そして、これを最後のレッスンとして、天の王国へ昇った。"and God's Sons ~ "「そして、神の子たちは、学ぶ者としても、(神の)子であることに関しても、平等である」。ACIMを語るイエスは、自身も含めて、すべての神の子は平等だと説く。ACIMの完全平等主義。イエスは、自分も出来たのだから、同じ神の子であるあなたも出来るのはずだと言いたいのである。あなたへのイエスの励ましである。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp