●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-5.II.9:1 ~ T-5.II.10:10

9. My mind will always be like yours, because we were created as equals. It was only my decision that gave me all power in heaven and earth. 
  • equal [íːkwəl] : 「同等のもの、匹敵するもの」
  • decision [disíʒən] : 「決定、決意、決心」
  • power [páuər] : 「力、能力、勢力」
❖ "My mind will ~ "「私の心は、常に、あなたの心とかわらない」。"because we were ~ "「なぜなら、私たちは同等のものとして創造されたからだ」。"It was only ~ "「私の決意だけが、天上と地上におけるすべてのパワーを私に与えた」。イエスが天の王国にアセンドし、スピリットとして再生されて、それでイエスの役割が終わってしまったわけではない。生前イエスは神の救いの計画に参画したのだから、スピリットとなって昇天した後も、神の救いの計画の重要な役割を担っている。イエスは、神の意志を自らの意志とし、救いのためのすべてのパワーを神から引き継いだ。



My only gift to you is to help you make the same decision. This decision is the choice to share it, because the decision itself is the decision to share. 
  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • share [ʃέər] : 「〜を分ける、分かち合う」
❖ "My only gift ~ "「あなたへの唯一の贈り物は、あなたが同じ決定を出来るように助けることである」。あなたがイエスと同様に、神の計画におけるあなたの役割を受け入れることが出来るように、イエスはあなたにパワーを与えてくれる。"This decision is ~ "「この決定はそれを分かち合うことを選ぶことである」。神の救いの計画を、神の子全体が担って分かち合うのだ。"because the decision ~ "「なぜならば、決定自体が分かち合う決定だからだ」。真実は、それを分かち合うことで拡張増大する。幻想から実相へ目覚めるという救いは真実であって、救いは分かち合われて初めて機能し始める。役割を受け入れるという決定は、したがって、救いという真実の分かち合いを受け入れたことになる。その勇気を与えてくれるのがイエスである。イエスのパワーがあなたに注がれるのだ。



It is made by giving, and is therefore the one choice that resembles true creation. 
  • resemble [rizémbl] : 「〜のようである、〜と似ている」
❖ "It is made ~ "「分かち合う決心は与えることでなされる」。前文で、イエスは"My only gift"と表現していたが、与えることと得ることは同一である。分かち合うことは他者に与えることであり、同時に得ることでもある。"and is therefore ~ "「それゆえ、分かち合う決心は真の創造に似た一つの選択である」。実相的な創造とは、真実の拡張である。新しい何かを作り出すことではない。分かち合いは拡張増大させるものだから、まさに創造と似ている。むしろ、真実の分かち合いは創造そのものだと言った方がいいだろう。



I am your model for decision. By deciding for God I showed you that this decision can be made, and that you can make it.
  • model [mɑ́dl] : 「手本、見本、模範」
❖ "I am your ~ "「私はあなたにとっての、決定の模範である」。イエスにならって、分かち合う決定をしなさい、ということ。"By deciding for ~ "「神に組する決定によって、私はあなたにthat以下を示した」。"that this decision ~ "「この決定はなされる可能性があり、あなたはその決定をなすことが出来ると」あなたに示した。まわりくどい言い方をしているが、要するに、イエスがやって見せたのだから、その決定は不可能ではないし、潜在的に同じ力をもっているあなたにも出来るのだ、ということ。あなたとイエスは同一の神の子だから。



10. I have assured you that the Mind that decided for me is also in you, and that you can let it change you just as it changed me. 
  • assure [əʃúər] : 「保証する、断言する」
  • decide [disáid] : 「決定する、決心する」
❖ "I have assured ~ "「私はあなたにthat以下を保証し続けている」。" that the Mind ~ "直訳すると、「私のために決定をした一なる心は、あなたの中にもちゃんとある」。つまり、イエスの意志決定をしてくれる心、あるいは、いつもイエスのためを思ってくれる心、分裂以前の一なる心はあなたの中にもある、ということ。"and that you ~ "「そして、一なる心が私を変えたように、あなたはその一なる心にあなたを変えさせることが出来るのだと」私はあなたに保証した。イエスと同様にあなたの心の中にはホーリー・スピリットが宿っていて、あなたが選択しさえすれば、いつでもあなたの心はホーリー・スピリットの心と一つに出来る。



This Mind is unequivocal, because it hears only one voice and answers in only one way. You are the light of the world with me. 
  • unequivocal [ʌnikwívəkl] : 「絶対的な、無条件の、明確な」
  • in only one way : 「たった一つの仕方で」
❖ "This Mind is ~ "「この一なる心は絶対的である」。ここの絶対的とは、命令的という意味ではなく、ぐらぐら揺らぐことはない、という意味合い。"because it hears ~ "「なぜならば、一なる心はたった一つの声しか聞かないし、たった一つの仕方でしか答えないからだ」。たった一つの声とは、ホーリー・スピリットの声、あるいは神の声。たった一つの仕方の答えとは、前文で"the Mind that decided for me"とあったように、あなたにとって意味のある、あるいはあなたのためを思ってくれる答え。"You are the ~ "「あなたは私と共に、この世界の光なのである」。ホーリー・スピリットは真実のみを語る。真実は光を放ち、ホーリー・スピリットの心と同化したあなたも真実の光を放つ。神の子は、したがって、光の子なのだ。



Rest does not come from sleeping but from waking. The Holy Spirit is the Call to awaken and be glad. 
  • rest [rést] : 「休息、休養、静養」
  • come from : 「〜から来る、〜に由来する」
  • waking [wéikiŋ] : 「覚醒、目覚めていること」
  • awaken [əwéikn] : 「目を覚まさせる、呼び起こす」
  • glad [glǽd] : 「満足して、うれしく思う」
❖ "Rest does not ~ "「安らぎは、眠りからではなく、覚醒からやって来る」。幻想から実相へ目覚めることが、心の平安を得るための唯一の方法である。"The Holy Spirit is ~ "「ホーリー・スピリットは、目覚めて喜びを覚えよという呼びかけである」。



The world is very tired, because it is the idea of weariness. Our task is the joyous one of waking it to the Call for God. 
  • tired [táiərd] : 「疲れた、飽きた」
  • weariness [wíərinəs] : 「疲労、退屈」
  • task [tǽsk] : 「任務、職務、仕事」
  • joyous [dʒɔ́iəs] : 「うれしい、喜びに満ちた、楽しい」
  • wake [wéik] : 「〜の目を覚まさせる、〜に思い出させる」
❖ "The world is ~ "「この世界はとても疲れ切っている」。"because it is ~ "「なぜならば、この世界は疲労の思いだからだ」。この世界は幻想の世界であり、具象の世界である。つまり、眠りに陥った心が夢の中で諸々の具象を造り出している。具象が織りなす現象は空間と時間に縛られており、現象は時間と空間の中でエネルギーを絶えず変化させている。現象はエネルギーの変化そのものだ。したがって、無常の世界である。しかも、その無常は常に崩壊へと向かう。エントロピー増大の法則を持ち出すまでもなく、形あるものは必ず崩壊するのである。その辺の事情を"the idea of weariness"と表現している。つまり、疲弊することが必然である思考体系、という意味合い。"Our task is ~ "「私たちの仕事は、〜するという喜びに満ちた仕事である」。"waking it to ~ "「疲れ切った世界を、神への呼びかけに目覚めさせるという」喜びに満ちた仕事である。神の世界は観念、想念の世界であり、具象を作り出す時空間エネルギーの世界ではない。そこは無常ではなく、永遠不変の世界である。崩壊はなく、創造があるだけだ。したがって、疲弊はなく、喜びが満ちている世界である。



Everyone will answer the Call of the Holy Spirit, or the Sonship cannot be as One. 
  • answer [ǽnsər] : 「〜に答える、〜に応じる」
  • or : 「そうしなければ、さもなければ」
❖ "Everyone will answer ~ "「誰もがホーリー・スピリットの呼びかけに答えるであろう」。"or the Sonship ~ "「さもなければ、神の子は一つとして存在できなくなる」。一なる心"Mind"として存在することが出来なくなる。分裂した神の子の再統一が不可能になってしまう。



What better vocation could there be for any part of the Kingdom than to restore it to the perfect integration that can make it whole? 
  • vocation [voukéiʃən] : 「天職、職業、使命」
  • part [pάːrt] : 「役割、責任、義務」
  • restore [ristɔ́ːr] : 「〜を元の状態に戻す、修復する」
  • integration [ìntəɡréiʃən] : 「統合、一体化、統一」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
❖ "What better vocation ~ "「天の王国のどこを見回しても、〜すること以上により優れた天職だと言えるものがあるだろうか?」。"than to restore ~ "「王国を修復し、王国を完璧なものとする完全な統合を果たすこと」以上の天職があるだろうか。今の天の王国が完全ではないのは、神の子が神から分離したからだ。神の子が天の王国に回帰し、神と神の子と、そしてホーリー・スピリットの三位が融合して一体となったとき、天の王国は初めて完璧なものとなる。



Hear only this through the Holy Spirit within you, and teach your brothers to listen as I am teaching you.
  • through [θruː] : 「経て、〜を介して」
  • within [wiðín] : 「〜の中で、〜の内に」
❖ "Hear only this ~ "「あなたの心の中に宿るホーリー・スピリットを通して、このことだけに耳を傾けなさい」。このこととは、前文の天職、あなたの役割のこと。"and teach your ~ "「そして、私があなたに教えているように、あなたの同胞にも聞くようにと教えなさい」。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp