●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-6.II.12:1 ~ T-6.II.13:5

12. The difference between the ego's projection and the Holy Spirit's extension is very simple. 
  • difference [dífərəns] : 「違い、差異、相違」
  • between A and B : 「AとBの間の」
  • projection [prədʒékʃən] : 「投射、投影、射影」
  • extension [iksténʃən] : 「拡張、伸長、延長」
  • simple [símpl] : 「簡単な、簡素な、単純な」
❖ "The difference between ~ "「エゴの投影とホーリー・スピリットの拡張の間の違いは実に単純である」。



The ego projects to exclude, and therefore to deceive. The Holy Spirit extends by recognizing Himself in every mind, and thus perceives them as one. 
  • project [prədʒékt] : 「〜を投影する、発射する」
  • exclude [iksklúːd] : 「〜を排除する、締め出す」
  • therefore [ðéərfɔ̀ːr] : 「それ故に、そのために」
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます、裏切る」
  • extend [iksténd] : 「広げる、拡張する、拡大する」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、〜を認識する」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
❖ "The ego projects ~ "「エゴは(他者を)排他するために投影する」。"and therefore to ~ "「したがって、欺くために投影するのである」。"The Holy Spirit extends ~ "「ホーリー・スピリットは、すべての心の中にホーリー・スピリット自身を認識するために拡張する」。ホーリー・スピリット自身を認識するとは、真実だけを知覚するということ。"and thus perceives ~ "「そうして、すべての心が一つであることを知覚するのである」。真実は分かち合われ、拡張増大していく。分かち合いは融和、融合を意味し、神の子の分裂した心は再統一されていく。



Nothing conflicts in this perception, because what the Holy Spirit perceives is all the same. 
  • conflict [kənflíkt] : 「衝突する、対立する、矛盾する」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、知見、感じ方」
  • all the same : 「全く同じで」
❖ "Nothing conflicts in ~ "「この知覚には一切のコンフリクトは起きない」。"because what the ~ "「なぜならば、ホーリー・スピリットが知覚するものはすべて同じだからである」。真実は二項対立を起こさない。真実は純粋な一元論世界の要素だからだ。愛も喜びも平和も静寂も、突き詰めればすべて同一である。



Wherever He looks He sees Himself, and because He is united He offers the whole Kingdom always. 
  • unite [junáit] : 「一つにする、結び付ける」
  • offer [ɔ́fər] : 「示す、表す、提供する」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
  • Kingdom [kíŋdəm] : 「王国、王領 」
❖ "Wherever He looks ~ "「ホーリー・スピリットが見る所すべてに、ホーリー・スピリット自身を見い出す」。"and because He ~ "「そして、ホーリー・スピリットは結びついているので、」"He offers the ~ "「ホーリー・スピリットはいつでも完全な王国を提供する」。ACIMの"Kingdom(天の王国)"は、星空の彼方にあるものではなく、また、あの世の果てにあるものでもない。神の住む実相世界は純粋な抽象の世界、想念の世界であり、心の世界である。つまり、王国はあなたの心の中にある。
 神の子は、神から分離する以前は神と共にその王国に住まっていた。そこは純粋な喜びの世界であり、愛と平和と至福の世界であった。真実が拡張する創造世界であった。しかし、神の子が神から分離したとき、神の子はその王王国を捨ててしまった。神の子は、神なしで、神と同様の王国を作ろうとしたのである。そして、深い眠りの中で、独自の幻想世界を打ち立て、神に代わるエゴを神の座に据え、神の住まう天の王国を忘れ去ってしまった。
 しかし、神の子を待ち受けていたものは苦と痛みの経験であった。恐れと憎しみと悲しみの世界であった。愛はもろく、喜びは長続きしない。神は、神を捨てた神の子を罰することはない。逆に、神の子を苦と痛みの世界から救い出そうと計画した。そこに、神の代理人となるホーリー・スピリットが登場する。ホーリー・スピリットは、神の子の心に王国を思い出させ、その王国に心が回帰できるように導いてくれる。そのホーリー・スピリットは本来は単一の存在なのだが、分裂した神の子の心の一つ一つに住まって、心の再統一、すなわち神の子の再統一を試みる。それが王国回帰のための条件である。



This is the one message God gave to Him and for which He must speak, because that is what He is. 
  • message [mésidʒ] : 「伝言、メッセージ、通報」
❖ "This is the one ~ "「これこそが、神がホーリー・スピリットに与えた唯一のメッセージである」。つまり、神の子がその心を王国を差し出すように神の子を導くために、神はホーリー・スピリットにメッセージを与えた。"and for which ~ "「したがって、ホーリー・スピリットはそのために私達に語りかけなければならない」。"because that is ~ "「なぜならば、そうすることがホーリー・スピリット本来の姿だからだ」。ホーリー・スピリットは私達の心と神を結ぶメッセンジャーである。神は、私達の心が神の王国に帰ってくるようにと、メッセージをホーリー・スピリットに託した。その神のメッセージを伝え、私達の心を神の王国に回帰させることがホーリー・スピリットの使命であり、ホーリー・スピリットの存在意義はそこにある。



The peace of God lies in that message, and so the peace of God lies in you. 
  • lie [lie] : 「横たわる、 位置する」
  • lie in : 「〜にある」
❖ "The peace of ~ "「神の平和はそのメッセージの中にある」。"and so the peace ~ "「したがって、神の平和はあなたの中にある」。すなわち、天の王国はあなたの心の中にある。



The great peace of the Kingdom shines in your mind forever, but it must shine outward to make you aware of it.
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る 」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に 」
  • outward [áutwərd] : 「外側へ、外へ」
  • aware of : 「〜を承知している、〜を知っている」
❖ "The great peace ~ "「王国の大いなる平和は、あなたの心の中で永遠に光り輝く」。"but it must ~ "「しかし、あなたがそれに気付くためには、大いなる平和は外へと輝き出さなくてはいけない」。心の外にある意識へ真実の光が到達し、正しい知覚をもってそれを感受しなくてはならない。



13. The Holy Spirit was given you with perfect impartiality, and only by recognizing Him impartially can you recognize Him at all. 
  • impartiality [impɑ̀ːrʃiǽləti] : 「偏らないこと、公平」
  • with impartiality : 「無差別に」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる」
  • impartially : 「無差別に、公平に」
  • at all : 「とにかく」
❖ "The Holy Spirit was ~ "「ホーリー・スピリットは完全公平にあなた方(全員)に与えられたのだ」。"and only by ~ "「そして、ホーリー・スピリットを公平に認識することによってのみ、」"can you recognize ~ "「とにもかくにも、あなたはホーリー・スピリットを認識することが出来る」。



The ego is legion, but the Holy Spirit is One. No darkness abides anywhere in the Kingdom, but your part is only to allow no darkness to abide in your own mind. 
  • legion [líːdʒən] : 「多数の、大群の」
  • darkness [dɑ́ːrknəs] : 「暗さ、暗がり、暗闇」
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
  • part [pɑ́ːrt] : 「分担、役、役目、役割」
  • allow [əláu] : 「〜を許す、許可する、許容する」
❖ "The ego is legion ~ "「エゴは大群であるが、ホーリー・スピリットはただ一つだ」。神の子が分裂した数だけエゴはある。それは、統一されることなく大群だ。"No darkness abides ~ "「王国のどこにも、暗闇は存在できない」。天の王国には、幻想の闇は存在しない。"but your part ~ "「しかし、あなたの役割は、ただ、暗闇があなた自身の心の中に住み着くことを許さないことである」。王国は光り輝く真実のみが充満し、闇はない。それに倣って、心の中に闇が忍び込むのを許さないことがあなたの役目である。そうすることで、心は光を取り戻し、光を保てるのだ。
 なお、"legion(大群)"に関してであるが、マルコによる福音書の中では、"Legion(レギオン)"という名前の男が登場する。悪霊に取り憑かれた男である。長い話しなので、その一部だけを参考までに載せておく。

[Mark 5:6~5:10 from King James Bible]
But when he saw Jesus afar off, he ran and worshipped him, 7And cried with a loud voice, and said, What have I to do with thee, Jesus, thou Son of the most high God? I adjure thee by God, that thou torment me not. 8For he said unto him, Come out of the man, thou unclean spirit. 9And he asked him, What is thy name? And he answered, saying, My name is Legion: for we are many. 10And he besought him much that he would not send them away out of the country.
イエスを遠くから見ると、走り寄ってひれ伏し、大声で叫んだ。「いと高き神の子イエス、かまわないでくれ。後生だから、苦しめないでほしい。」イエスが、「汚れた霊、この人から出て行け」と言われたからである。そこで、イエスが、「名は何というのか」とお尋ねになると、「名はレギオン。大勢だから」と言った。 そして、自分たちをこの地方から追い出さないようにと、イエスにしきりに願った。(新共同訳)



This alignment with light is unlimited, because it is in alignment with the light of the world. 
  • alignment [əláinmənt] : 「整列、配置、配列、整合」
  • unlimited : 「制限のない、無制限の、自由な、無条件の、限りない」
  • in alignment with : 「〜と一直線になって、一直線上に」
❖ "This alignment with light ~ "「このような光の整列化は無制限である」。王国の光と心の光が整列化すると、心は無限のパワーをもつ、という意味合いであろう。"because it is in alignment ~ "「なぜならば、それはこの世界の光と整列しているからだ」。心の中に住まうホーリー・スピリットが真実の光を外部に放射し、あなたの意識を光で満たす。あなたの心と意識は光を介して合体し、自らも光を放つ。意識の放つ光は、いわばこの世界の光(the light of the world)であり、心の放つ光は実相世界光であるが、その両者が波動を同調させる。二つの光の波動が整列化したとき、あたかもレーザー光のように、そこに無限のパワーが生まれる。なお、"the light of the world"は、聖書の中の何カ所かに登場する言葉であるが、ここではヨハネによる福音書から8:12を載せておく。



[John 8:12~8:14 from King James Bible]
Then spake Jesus again unto them, saying, I am the light of the world: he that followeth me shall not walk in darkness, but shall have the light of life. The Pharisees therefore said unto him, Thou bearest record of thyself; thy record is not true. Jesus answered and said unto them, Though I bear record of myself, yet my record is true: for I know whence I came, and whither I go; but ye cannot tell whence I come, and whither I go. 
イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」 それで、ファリサイ派の人々が言った。「あなたは自分について証しをしている。その証しは真実ではない。」イエスは答えて言われた。「たとえわたしが自分について証しをするとしても、その証しは真実である。自分がどこから来たのか、そしてどこへ行くのか、わたしは知っているからだ。しかし、あなたたちは、わたしがどこから来てどこへ行くのか、知らない。(新共同訳)



Each of us is the light of the world, and by joining our minds in this light we proclaim the Kingdom of God together and as one.
  • each of : 「〜のそれぞれ、〜の各自 」
  • join [dʒɔ́in] : 「つなぎ合わせる、結び付ける、結合する」
  • proclaim [proukléim] : 「宣言する、〜をほめる、〜をたたえる」
❖ "Each of us is ~ "「私たち一人一人がこの世界の光である」。"and by joining ~ "「この光の中で私たちの心を結びつけることで、」"we proclaim the Kingdom ~ "「私たちは共に、また一つとなって、神の王国を宣言するのだ」。前文では、ヨハネによる福音書から8:12を参照として載せたが、ここではマタイよる福音書から5:14を載せておく。

[Matthew 5:14~5:16 from King James Bible]
Ye are the light of the world. A city that is set on an hill cannot be hid. Neither do men light a candle, and put it under a bushel, but on a candlestick; and it giveth light unto all that are in the house. Let your light so shine before men, that they may see your good works, and glorify your Father which is in heaven.
あなたがたは世の光である。山の上にある町は、隠れることができない。また、ともし火をともして升の下に置く者はいない。燭台の上に置く。そうすれば、家の中のものすべてを照らすのである。そのように、あなたがたの光を人々の前に輝かしなさい。人々が、あなたがたの立派な行いを見て、あなたがたの天の父をあがめるようになるためである。(新共同訳)






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp