●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-6.VIII.5:1 ~ T-6.VIII.6:5

5. Choosing through the Holy Spirit will lead you to the Kingdom. You create by your true being, but what you are you must learn to remember. 
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、〜を連れていく」
  • being [bíːiŋ] : 「存在、実在、生命」
  • remember [rimémbər] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
❖ "Choosing through ~ "「ホーリー・スピリットを通して選択することは、あなたを王国へと導いてくれるだろう」。"You create by ~ "「あなたは、あなたの真の実在によって創造するが、」"but what you ~ "「しかし、あなたは真の自分を思い出すことを学ばなくてはならない」。"what you are"は「あなたであるところのもの」という意味で、「本当のあなた」ということ。現状では、神の子の心は神から分離し、深い眠りの中でその心は分裂し、幻想の世界を心の外側に投影して夢を見ている状態である。そして、幻想した肉体を真の自分の実在だと信じきっている。しかし、ホーリー・スピリットの教えを通じて、自分の真の実在は心であって、肉体ではないと思い出すことが出来る。天の王国に戻ったその心は神の属性のすべてを継承していることを思い出し、創造、すなわち真実の拡張を始動する。



The way to remember it is inherent in the third step, which brings together the lessons implied in the others, and goes beyond them towards real integration. 
  • inherent [inhíərənt] : 「生得の、生来の、固有の」
  • bring together : 「くっつける、一緒にする、一つにする」
  • imply [implái] : 「暗に伝える、暗示する」
  • beyond [bijɑ́nd] : 「〜の向こう側に、〜を越えて」
  • towards [tɔ́ːrdz] : 「〜の方へ、〜に向かって」
  • integration [ìntəɡréiʃən] : 「統合、一体化、統一」
❖ "The way to ~ "「それ(真の自分)を思い出す方法は、第三のステップにもともと備わっている」。"which brings ~ "「そして、第三のステップは、他の(二つの)ステップの中で示されたレッスンを一つに結合する」。"and goes beyond ~ "「そして、それらのレッスンを越えて、真の統合へ向けて進んでいく」。ここで3つのレッスンを確認しておこう。第一のレッスンは"To have, give all to all"。第二のレッスンは"To have peace, teach peace to learn it"。第三のレッスンは"Be vigilant only for God and His Kingdom"。第三のレッスンは他のレッスンの教えを含んでおり、さらにそれらを超えて、3つのレッスンを統合する方向を目指している。第三のレッスンは、神の意志を自分の意志として認識することなのだから、すべてを統合するのである。



If you allow yourself to have in your mind only what God put there, you are acknowledging your mind as God created it. 
  • allow [əláu] : 「〜を許す、許可する、可能にする」
  • allow oneself to : 「あえて〜する、思い切って〜する」
  • acknowledge [əknɑ́lidʒ] : 「認める、認識する、受け入れる」
❖ "If you allow ~ "「もし、あなたが、あなたの心の中に、神がそこに置いたものだけをあえて保持しようとするならば、」"you are acknowledging ~ "「あなたは、神が心を創造したものとして、あなたの心を認識していることになる」。神があなたの心に与えてくれたものだけを受け入れるなら、その心自体も神が創造してくれたものであると認識できるようになる。



Therefore, you are accepting it as it is. Since it is whole, you are teaching peace because you believe in it. 
  • accept [əksépt] : 「受け入れる、承認する、認める」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
❖ "Therefore, you are ~ "「それゆえ、あなたはあなたの心をあるがままに受け入れる」。"Since it is whole ~ "「心は完全であるから、あなたは平和を教えていることになる」。"because you believe ~ "「あなたは平和を信じているからだ」。少々、内容がばらけているように感じるかも知れないが、要するに、あなたの心が神に創造されたことを認めれば、それはあなたの心をあるがままに受け入れたとことなり、心はこの上ない平和に満たされる。なぜなら、神の創造した心には欠けるものがないので、平和だけを知覚できるからだ。その平和をあなたは信じることになるので、平和は外部へ拡張し、その結果、平和を周りの他者に教えることになる。



The final step will still be taken for you by God, but by the third step the Holy Spirit has prepared you for God. 
  • final [fáinl] : 「最後の、最終の」
  • for : 「〜の代わりに」
  • prepare A for B : 「AにBのための準備をさせる」
❖ "The final step ~ "「最後のステップは、あなたに代わって神がとってくれるだろう」。"but by the third ~ "「しかし、第三のステップによって、ホーリー・スピリットはあなたに神を受け入れる準備をさせる」。第三のステップの次に最後のステップが待っている。最後の仕上げは神によってなされる。それは単なる神頼みではなく、完全な神への委譲である。仏教的な言葉で言えば、絶対他力である。したがって、そのための素地は必要なわけであり、第三のステップによって、ホーリー・スピリットがあなたにその素地を与えてくれる。すなわち神を受け入れる準備が整うのである。



He is getting you ready for the translation of having into being by the very nature of the steps you must take with Him.
  • ready [rédi] : 「用意ができている、支度が整った」
  • translation [trænsléiʃən] : 「翻訳、言い換え」
  • nature [néitʃər] : 「性分、本性、性質」
❖ "He is getting ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたが翻訳するための準備をさせる」。"of having into ~ "「持つことを存在へと」翻訳するための準備をさせる。"by the very ~ "「ホーリー・スピリットと共にあなたがとらねばならいステップの本来の性質によって」。つまり、ホーリー・スピリットの助けによってステップを上がっていくのだが、それに伴って自然に翻訳の準備が整っていく、ということ。その翻訳とは、『持つということ』の『存在すること』への変換である。神は神の子を創造し、神の属性のすべてを神の子に与えた。神の子がすべてをもっていることは、とりもなおさず神の子の存在のすべてなのだ。神の属性をもっていることが、神の子の実存である。



6. You learn first that having rests on giving, and not on getting. Next you learn that you learn what you teach, and that you want to learn peace. 
  • rest on : 「〜にある、〜に存在する」
❖ "You learn first ~ "「あなたはまず始めにthat以下を学ぶ」。"that having rests ~ "「持つことは、得ることの上にあるのではなく、与えることの上にある」と学ぶ。"Next you learn ~ "「次に、あなたはthat以下を学ぶ」。"that you learn ~ "「あなたは教える内容を学ぶ」ということを学ぶ。さらに"and that you ~ "「あなたは平和を学びたいと欲している」ことも学ぶ。



This is the condition for identifying with the Kingdom, since it is the condition of the Kingdom. 
  • condition [kəndíʃən] : 「状態、状況、様子、事情」
  • identify [aidéntəfài] : 「〜を同一に扱う、同一視する」
❖ "This is the condition ~ "「こういったことは、王国と(自己を)同一視できるコンディションである」。"since it is ~ "「なぜならば、それこそが王国のコンディションそのものだからだ」。一つ一つのステップを学ぶことによって、王国と自己を同一視できる条件が整っていくのだが、それは、条件そのものが王国の属性であるからだ。



You have believed that you are without the Kingdom, and have therefore excluded yourself from it in your belief. 
  • exclude [iksklúːd] : 「〜を排除する、締め出す」
❖ "You have believed ~ "「あなたはthat以下を信じてきた」。"that you are ~ "「あなたは王国なしで存在している」と信じてきた。"and have therefore ~ "「そして、それゆえ、あなたの信念によって、あなた自身を王国から排除してきたのである」。



It is therefore essential to teach you that you must be included, and that the belief that you are not is the only thing that you must exclude.
  • essential [isénʃəl] : 「絶対必要な、絶対不可欠な、必須の」
  • include [inklúːd] : 「〜を含める、〜を含有する、包含する」
❖ "It is therefore ~ " ここは"It ~ to ~ "の構文、「したがって、あなたが王国に含まれていなければならないとあなたに教えることは必須である」。さらに、"and that the belief ~ "「あなたが王国に含まれたくないという信念は、」" is the only ~ "「あなたが排除しなくてはならない唯一のものである」。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp