●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-7.IV.5:1 ~ T-7.IV.6:11

5. The ego's goal is as unified as the Holy Spirit's, and it is because of this that their goals can never be reconciled in any way or to any extent. 
  • unify [júːnəfài] : 「統一する、一体化する」
  • goal [góul] : 「目標、目的」
  • reconcile [rékənsàil] : 「調和させる、調整する」
  • extent [ikstént] : 「範囲、程度、限界」
❖ "The ego's goal ~ "「エゴの目的も、ホーリー・スピリットの目的同様、統一されている」。正当ではないが、一貫性はある。"and it is ~ "「そして、that以下はこのせいである」。"that their goals ~ "「エゴとホーリー・スピリットの目的は、どんな方法でも、また、いかなる程度までも、決して調和させられ得ない」のはこのせいである。エゴは無目的に活動しているのではない。私達の心が神に回帰し幻想の世界から抜けてしまうと、必然的に幻想の世界もエゴも消滅してしまうので、エゴは必至で神からの分離を保持しようとする。そのために私達の心を分裂したままに保ち、攻撃をあおって分離分裂を強化しようとする。ホーリー・スピリットの目的は全くその逆であるから、二つの目的が調和、一致することはない。



The ego always seeks to divide and separate. The Holy Spirit always seeks to unify and heal. 
  • seek [síːk] : 「捜し求める、追求する」
  • divide [diváid] : 「〜を分裂させる、〜を分割する」
  • separate [sépərèit] : 「分ける、分離する、切り離す」
❖ "The ego always ~ "「エゴは常に分裂と分離を追求する」。心の分裂と神からの分離。"The Holy Spirit always ~ "「ホーリー・スピリットは常に統一とヒーリングを追求する」。



As you heal you are healed, because the Holy Spirit sees no order of difficulty in healing. 
  • order [ɔ́ːrdər] : 「順序、順位、序列」
  • difficulty [dífikʌ̀lti] : 「困難、難事」
❖ "As you heal you ~ "「あなたがヒーリングを行うにつれ、あなたは癒されていく」。得るためには与えよ、という言葉を思い出そう。ヒーリングされるにはヒーリングせよ、となるわけだ。" because the Holy Spirit ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットは、ヒーリングにおいて難易の序列はないと見ているからだ」。奇跡に難易の序列がないように、ヒーリングにも難易の序列はない。つまり、ヒーリングは極く自然なことであり、したがって、ヒーリングは誰でも分かち合うことが出来る。ヒーリングすることでヒーリングされ、ヒーリングされることでヒーリングする。



Healing is the way to undo the belief in differences, being the only way of perceiving the Sonship as one. 
  • undo [ʌndú] : 「〜を元どおりにする、取り消す」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、信仰」
  • difference [dífərəns] : 「違い、差異、相違」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
❖ "Healing is the way ~ "「ヒーリングは、違いを信じている心を取り消す方法である」。"being the only ~ " 分詞構文、単純接続、「そして、ヒーリングは、神の子を単一だと知覚する唯一の方法である」。一つの心(Mind)は、神からの分離後、散り散りに分裂したが、それは分裂したかのように知覚されているだけだ。そこに違いというものが知覚されるようになったのが、違いは幻想である。ヒーリングはその誤った知覚を取り消し、私達の心は本来一つであることを思い出させてくれる。



This perception is therefore in accord with the laws of God, even in a state of mind that is out of accord with his. 
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、感じ方」
  • in accord with : 「〜と一致して、〜と調和して」
  • even [íːvn] : 「〜でさえ、たとえ〜でも 」
  • state [stéit] : 「状態、形勢、状況」
  • out of accord with : 「〜と不調和で、〜と調和しない」
❖ "This perception is ~ "「したがって、この(神の子は一つという)感覚は、神の法と調和する」。" even in a state ~ "「たとえ、神の心と調和していない心の状態であったとしても」。神は神の延長上に単一の神の子を創造した。神の子は一つだという感覚は、したがって正当であり、神の法と調和する。ただし、神の子は神から分離し、心は神と調和していない。



The strength of right perception is so great that it brings the mind into accord with his, because it serves his Voice, which is in all of you.
  • strength [stréŋkθ] : 「力、強さ」
  • right [ráit] : 「正しい、正当な」
  • great [gréit] : 「大きい、大きな」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って行く、〜を連れて行く」
  • serve [sə́ːrv] : 「〜に仕える、〜のために働く」
❖ "The strength of ~ " ここは"so ~ that ~ "の構文、「正しい知覚の力はあまりに大きいので、その力は心を神の心と調和する状態にもっていく」。"because it serves ~ "「なぜなら、その力は神の声に仕えており、神の声は、あなた方みんなの中にあるのだから」。神の声に仕えるとは、神の法に従っている、という意味合い。神の意志、神の計画を実行する、ということ。そのパワーを誰もが持っているのだが、それに気付いていない。



6. To think you can oppose the Will of God is a real delusion. The ego believes that it can, and that it can offer you its own "will" as a gift. 
  • oppose [əpóuz] : 「反対する、反抗する、対抗する」
  • delusion [dilúːʒən] : 「妄想、誤った信念」
  • offer [ɔ́fər] : 「申し出る、提供する、〜を貸し出す」
  • as a gift : 「ただで」
❖ "To think you ~ "「あなたが神の意思に反することが出来ると考えることは、まったくの妄想である」。" The ego believes ~ "「エゴは神の意思に反することが出来ると信じているし、エゴの自身の『意思』をあなたにただで提供できると信じている」。"as a gift"は「贈り物として」と解釈してもいい。エゴの意志とは、エゴの思考システムのこと。得るためには奪え、殺される前に殺せという論理である。この論理を神の子にただで提供する代わりに、エゴを信奉せよ、というわけである。エゴの奴隷になれば、この世の富を与えてやろうと、エゴは誘惑するのだ。



You do not want it. It is not a gift. It is nothing at all. God has given you a gift that you both have and are. 
  • gift [gíft] : 「贈り物」
  • at all : 「全く〜ない、全然〜ない」
  • both A and B : 「AもBも、AB いずれも」
❖ "You do not ~ "「あなたはそんなものを欲しいとは思わない」。"It is not ~ "「それは贈り物ではない」。"It is nothing ~ "「それは、まったく何物でもない」。"God has given ~ "「神はあなたに、あなたが持っており、あなたであるところの贈り物を与えたのだ」。神の子は神の属性のすべてを継承した。あなたがもっている神からの贈り物とは、正しい心であり、慈しむ心であり、愛、喜び、静寂、美、創造性、等々の真実である。また、あなたであるところの贈り物とは、本当のあなた自身、無辜(むこ)なる神の子ということ。



When you do not use it, you forget that you have it. By not remembering it, you do not know what you are. 
  • forget [fərgét] : 「〜を忘れる」
  • remember [rimémbər] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
❖ "When you do ~ "「神からの贈り物を使わないでいると、」"you forget that ~ "「あなたは、あなたがそれを持っていることを忘れてしまう」。"By not remembering ~ "「神からの贈り物を忘れてしまうと、」"you do not know ~ "「あなたは、本当のあなた自身を知らないことになる」。



Healing, then, is a way of approaching knowledge by thinking in accordance with the laws of God, and recognizing their universality. 
  • approach [əpróutʃ] : 「〜に近づく、〜に取り組む」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、知恵、知見」
  • in accordance [əkɔ́ːrdns] with : 「〜に従って、〜に一致して」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、〜を認識する」
  • universality [jùːnəvəːrsǽləti] : 「普遍性、一般性」
❖ "Healing, then ~ "「そこで、ヒーリングは叡知へ近づくための方法である」。"by thinking in ~ "「神の法に従って考え、神の法の普遍性を認識することで」叡知へ近づいていく方法である。叡智とは、真実の総体である。ヒーリングによって幻想を払拭することが出来れば、真実は自ずから姿を現し、あなたは実相的な叡智にぐっく近づくことが出来る。また、神の法に従って考えるとは、簡単に言えば、ホーリー・スピリットの思考システムに則って考えるということ。神の法の普遍性とは、簡単に言えば、神の意志がすべての人々の心の中に息づいている、ということ。真実のすべては、すでにあなたの心の中にある。それに気付きさえすればいいのだ。また、その気付きがヒーリングである。



Without this recognition, you have made the laws meaningless to you. 
  • recognition [rèkəɡníʃən] : 「認識、認証」
  • meaningless [míːniŋlis] : 「意味のない、無意味な」
❖ "Without this ~ "「この認識を持たないことで、あなたは神の法をあなたにとって意味のないものにしてしまった」。



Yet the laws are not meaningless, since all meaning is contained by them and in them.
  • contain [kəntéin] : 「〜を含む、包含する」
❖ "Yet the laws ~ "「しかし、神の法が意味がないのではない」。"since all meaning ~ "「なぜなら、すべての意味はその法によって包含され、その法の内にあるのだからだ」。意味という言葉を真実に置き換えてみればいい。真実はすべて神の法の内にあるから、神の法が真実でないわけがない。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp