●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-7.V.10:1 ~ T-7.V.11:8

10. You cannot forget the Father because I am with you, and I cannot forget him. 
  • forget [fərgét] : 「〜を忘れる、見落とす」
❖ "You cannot forget ~ "「あなたは父なる神を忘れることは出来ない」。"because I am ~ "「なぜなら、私はあなたと共にいるし、私は父なる神を忘れることが出来ないのだから」。ホーリー・スピリットとしてのイエスは、あなたの心の最も純粋で神聖な部分に常に宿っている。ホーリー・スピリットは神の祭壇を通して神と意思を疎通し合っているから、結果的に、あなたは神と常に結びついている。忘れようにも忘れられない。



To forget me is to forget yourself and him who created you. Our brothers are forgetful. That is why they need your remembrance of me and of him Who created me. 
  • forgetful [fərɡétfəl] : 「忘れっぽい、無頓着な」
  • remembrance [rimémbrəns] : 「記憶、思い出、回想」
❖ "To forget me ~ "「私を忘れることは、あなた自身を、あなたを創造した神を忘れることである」。"Our brothers ~ "「私たちの同胞は忘れっぽい」。"That is why ~ "「だから、彼らは、あなたが私を忘れず、私を創造した神を忘れずにいることが必要なのだ」。あなたが神を忘れずにいることを同胞と分かち合うことで、同胞も神を忘れないでいることが出来る。心と心のコミュニケーションを通して、それが可能となる。



Through this remembrance, you can change their minds about themselves, as I can change yours. 
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜を介して」
❖ "Through this ~ "「このように忘れずにいることで、あなたは、同胞自身の心を変えることが出来る」。"as I can ~ "「私があなたの心を変えることが出来るように」。神から離れがちな心を、いつも神と共にいる心に変えるのである。



Your mind is so powerful a light that you can look into theirs and enlighten them, as I can enlighten yours. 
  • powerful [páuərfl] : 「強い、強力な、力強い」
  • look into : 「〜の中を見る、〜を詳しく調べる」
  • enlighten [enláitn] : 「〜を啓発する、教え導く」
❖ "Your mind is ~ " ここは"so ~ that ~ "の構文、「あなたの心は非常に強烈な光を放つから、」"that you can look into ~ "「同胞の心の中を調べて、」"and enlighten them"「彼らを啓発することが出来る」。"as I can enlighten ~ "「ちょうど、私があなたの心を啓発したように」。あなたの心は強烈な真実の光を発し、同胞の心の中までその光を差し込ませることが出来るので、彼らの心は真実の光に包まれて啓発される。



I do want to share my mind with you because we are of one Mind, and that Mind is ours. See only this Mind everywhere, because only this is everywhere and in everything. 
  • share [ʃέər] : 「分かち合う、共有する」
  • everywhere [évrihwèər] : 「どこでも、どこにも」
❖ "I do want to ~ "「私は、私の心をあなたと分かち合いたいと思う」。"because we are ~ "「なぜならば、私たちは一つの心であるし、その一つの心を私たちの心としたいと思うからだ」。ここの"and that Mind is ours"の"that"は"so that"と考えて訳してみた。"See only this ~ "「どこを見ても、この一つの心だけを見るようにしなさい」。" because only this ~ "「なぜならば、この一つの心はどこにでもあり、すべての中にあるからだ」。この幻想世界においてのみ、心は分裂しているかに見える。しかし、神の子の心は単一である。その単一の心はホーリー・スピリットの心と一体であり、つまるところ、すべてを包み込む神の心と一体なのだ。



It is everything because it encompasses all things within itself. Blessed are you who perceive only this, because you perceive only what is true.
  • encompass [enkʌ́mpəs] : 「〜を包み込む、取り囲む」
  • bless [blés] : 「〜を賛美する、祝福する」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
❖ "It is everything"「その一つの心こそすべてである」。"because it encompasses ~ "「なぜならば、その一つの心はその中にすべてを包み込んでいるからだ」。"Blessed are you ~ "「この一つの心だけを知覚するあなたは祝福されている」。"because you perceive ~ "「なぜならば、あなたは真実なるものだけを知覚するからだ」。神の心と一体だと感じることの出来るあなたの心は、その神から祝福されている。なぜなら、あなたが知覚する真実を神は祝福するのだから。祝福するという言葉がピンと来なかったら、愛するという言葉に置き換えてみればいい。



11. Come therefore unto me, and learn of the truth in you. The mind we share is shared by all our brothers, and as we see them truly they will be healed. 
  • unto [ʌ́ntu] : 「〜の方へ」
  • learn [lə́ːrn] : 「学ぶ、知る、分かる」
  • learn of : 「〜を知る」
❖ "Come therefore ~ "「それゆえ、私の下(もと)へ来なさい」。"and learn of ~ "「そして、あなたの中の真実を知りなさい」。"The mind we ~ "「私たちが分かち合う心は、私たちのすべての同胞によって分かち合われる」。"and as we see ~ "「そして、私たちが同胞を正しく見るとき、彼らは癒されるだろう」。



Let your mind shine with mine upon their minds, and by our gratitude to them make them aware of the light in them. 
  • shine [ʃáin] : 「輝く、光る」
  • mine [máin] : 「私のもの」
  • gratitude [grǽtətjùːd] : 「感謝、感謝の気持ち」
  • aware of : 「〜に気付いている、〜を知っている」
❖ "Let your mind ~ "「彼らの心の上に、私の心とともにあなたの心を輝かせよう」。"and by our ~ "「そして、彼らに対する私たちの感謝の気持ちによって、彼らの中の光に気付いてもらおう」。



This light will shine back upon you and on the whole Sonship, because this is your proper gift to God. 
  • proper [prɑ́pər] : 「適した、適切な」
❖ "This light will ~ "「この光は、あなたの上に、そして、神の子全体の上にその輝きを返すだろう」。"because this is ~ "「なぜならば、これは、あなたの、神への適切な贈り物であるからだ」。真実であるものを拡張増大させることが神への贈り物となる。あなたの光が同胞を照らし、照らされることで輝きを返してくれる。このようにして、真実の光が共鳴し合い、拡張増大されて行くのである。それが神への贈り物となる。この前後の文章は非常に詩的である。できれば声に出して英文を読んでみるといい。朗読もACIMの楽しみ方の一つである。



He will accept it and give it to the Sonship, because it is acceptable to him and therefore to his sons. 
  • accept [əksépt] : 「認める、受け入れる」
  • acceptable [əkséptəbl] : 「受諾できる、満足な」
❖ "He will accept ~ "「神はその光を受け入れるだろう」。" and give it ~ "「そして、その光を神の子(全体)に与えるだろう」。"because it is ~ "「なぜなら、この光は神にとって満足のいくものであり、したがって、神の子にも満足がいくものだからだ」。お気づきのように、ここで言う光は真実と同義であり、愛と同義だ。



This is true communion with the Holy Spirit, Who sees the altar of God in everyone, and by bringing it to your appreciation, he calls upon you to love God and his creation.
  • communion [kəmjúːniən] : 「霊的交流、霊的な交わり」
  • altar [ɔ́ːltər] : 「祭壇、聖餐台」
  • appreciation [əprìːʃiéiʃən] : 「正しい評価、正しい認識」
  • call on : 「求める、要求する」
❖ "This is true communion ~ "「この光(の交換)はホーリー・スピリットとの真の霊的交わりである」。"Who sees the ~ "「そして、ホーリー・スピリットは神の祭壇をすべての者の中に見ている」。神への贈り物をささげる場所が心の中の祭壇。それはすべての者の中にある。あなたの心の最も神聖で純粋な部分に神の祭壇はある。"and by bringing ~ "「その神の祭壇を、あなたに正しく認識させることで、」あなたの心の中に神の祭壇が存在することをあなたに気付かせることで、"he calls upon ~ "「ホーリー・スピリットはあなたに、神を愛し、神が創造したものを愛するように求めるのだ」。



You can appreciate the Sonship only as one. This is part of the law of creation, and therefore governs all thought.
  • appreciate [əpríːʃièit] : 「〜を正しく認識する」
  • govern [gʌ́vərn] : 「支配する、統治する」
  • thought [θɔ́ːt] : 「考え、思考」
❖ "You can appreciate ~ "「あなたは、神の子はただ一つだと正しく認識できる」。ACIMの自他一如である。心(Mind)が一つであるように、神の子も一つ。Mindが分裂して多数のmindができたが、それは心が分裂したと夢の中で思い込んでいるだけ。"This is part of ~ "「これは、創造の法則の一部であり、」"and therefore ~ "「したがって、すべての思考を支配している」。神が神の子を創造するとき、たった一つのMindを創造した。したがって、私達が他者を考えるとき、たった一つのMind、すなわち自他一如を優先的に考えなくてはならない。たとえば、他者に腹を立てたなら、それは自分に腹を立てたのだと了解すべきだ。なぜなら、他者は自分の心の投影であり、自分に腹を立てる代わりに、その投影に腹を立てているに過ぎないのだから。あなたの心の中に罪の意識がある限り、あなたはそれを他者に投影する。他者に罪を着せてしまうのだ。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp