●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-7.I.6:1 ~ T-7.I.7:15

6. To think like God is to share his certainty of what you are, and to create like him is to share the perfect love he shares with you. 
  • share [ʃέər] : 「〜を分かち合う、共有する」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確信、確実なこと」
  • create [kriéit] : 「〜を創造する、作り出す」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「完璧な、完全な」
❖ "To think like ~ "「神のように考えるとは、本当のあなたに関して神が抱いている確信を分かち合うことである」。"what you are"は「あなたが何であるかというところのもの」つまり「本当のあなた自身」ということ。本当の自分自身に確信を持って考えることが、神のように考えること。" and to create ~ "「そして、神のように創造するとは、神があなたと共有している完璧な愛を分かち合うことである」。少々入り組んでいるのだが、あなたが神を愛し、神があなたを愛するという完璧な愛が存在するとき、その愛を他者に拡張し、他者を含めてその愛を分かち合うことが創造だ、ということ。ACIMでは、愛と創造と拡張がまるで同一体のように絡み合う。真実が見せる諸側面は多彩であるが、つまるところ、神という一点に収束する。



To this the Holy Spirit leads you, that your joy may be complete because the Kingdom of God is whole. 
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
  • complete [kəmplíːt] : 「〜を完了する、完成する」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
❖ "To this the Holy Spirit ~ "「これに向けて、ホーリー・スピリットはあなたを導いていく」。" that your joy ~ "「その結果、あなたの喜びは完成するだろう」。ここの"that"は"so that"。"because the Kingdom ~ "「なぜならば、神の王国は完全となるからだ」。神のように考え、神のように愛することが出来るとは、明らかにあなたの心が神の元に回帰した状態である。そのとき、天の王国では、神とホーリー・スピリットと神の子の三位(さんみ)がそろい、三位一体となって王国は完全な姿となって完成する。その結果、神の子の喜びは頂点に達する。



I have said that the last step in the reawakening of knowledge is taken by God. 
  • reawaken = reawake [riəwéik] : 「再び目覚めさせる」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、知恵、知見」
❖ "I have said ~ "「私はthat以下を言ったことがある」。"that the last step ~ "「叡知に再び目覚める最後のステップは神によってなされる」と言ったことがある。



This is true, but it is hard to explain in words because words are symbols, and nothing that is true need be explained. 
  • hard [hɑ́ːrd] : 「難しい、困難な」
  • in words : 「口に出して」
  • explain [ikspléin] : 「〜を説明する、明らかにする」
❖ "This is true ~ "「これは真実であるが、言葉で説明するのは難しい」。"because words are ~ "「なぜなら、言葉はシンボルに過ぎず、さらに、真実なるものは何も説明する必要はないからだ」。



However, the Holy Spirit has the task of translating the useless into the useful, the meaningless into the meaningful, and the temporary into the timeless. 
  • have the task of : 「〜の役目をこなす」
  • translate [trænsléit] : 「〜を翻訳する、訳す」
  • useless [júːsləs] : 「役に立たない、無用な、無駄な」
  • useful [júːsfl] : 「 役立つ、実用的な、有用な」
  • meaningless [míːniŋlis] : 「意味のない、無意味な」
  • meaningful [míːniŋfəl] : 「意味のある、重要な」
  • temporary[témpərèri] : 「一時の、一時的な」
  • timeless [táimlis] : 「永久の、永遠の」
❖ "However, the Holy Spirit ~ "「しかし、ホーリー・スピリットは、役に立たないものを役に立つものに、意味のないものを意味のあるものに、一時的なものを永遠のものに翻訳する役目を担っている」。ホーリー・スピリットは、単なるシンボルに過ぎない言葉を、真実を伝える意味あるものに変えてくれる。また、たとえば、本当は存在しない時間や空間を、ホーリー・スピリットは学びの補助装置として、実相への覚醒のために利用する。幻想世界から実相世界への橋渡しをしてくれるのがホーリー・スピリットである。



He can therefore tell you something about this last step.
  • therefore [ðéərfɔ̀ːr] : 「それ故に、従って」
❖ "He can therefore ~ "「したがって、ホーリー・スピリットは、最後のステップについて、何かをあなたに語ることが出来る」。本当は言葉で説明できない神の業をあなたに教えてくれる。だから、あなたの心の奥底に宿っているホーリー・スピリットの声に耳を傾けよ、ということになる。



7. God does not take steps, because his accomplishments are not gradual. he does not teach, because his creations are changeless. 
  • accomplishment [əkɑ́mpliʃmənt] : 「成就、達成、完成」
  • gradual [grǽdʒuəl] : 「漸進的な、段階的な、徐々の」
  • changeless [tʃéindʒlis] : 「変化のない、不変の」
❖ "God does not ~ "「神は段階を踏むようなことはしない」。"because his accomplishments ~ "「なぜならば、神の業は徐々になされるものではないからだ」。神の業は、まさに時間を超越して、一気になされる、あるいは、なされてしまっている。"he does not ~ "「神は教えることもしない」。"because his creations ~ "「なぜならば、神の創造したものは不変であるからだ」。



He does nothing last, because he created first and for always. It must be understood that the word "first" as applied to him is not a time concept. 
  • last [lǽst] : 「最後に、一番終わりに」
  • for always : 「いつも、永久に」
  • apply [əplái] : 「適用する、応用する」
  • concept [kɑ́nsept] : 「概念、観念、考え方」
❖ "He does nothing ~ "「神は最後に何かをなすことはない」。"because he created ~ "「なぜなら、神は最初に創造し、そして永遠に続く」。"It must bet ~ "「that以下は理解されねばならない」。"that the word ~ "「神に当てはめて使われる『最初』という言葉は、時間概念ではない」。神の世界は時間も空間もない世界である。時空が欠けているという意味ではなく、時空を超越した世界なのだ。したがって、時空依存の私達が、神の世界を言葉や概念を使って理解しようとすることはそもそも不可能である。しかし、ホーリー・スピリットは私達が理解不可能なものを翻訳してくれるのだから、それをイメージ的にとらえることは可能であろう。神は時空超越の世界で創造し拡張を続けるのだが、私達の目から見れば、それはあたかも神は一瞬のうちにすべてを創造し、その状態が永遠に続いていくように見える。永遠とは時間の果てしない経過という意味ではなく、無時間の存在なのだ。
 ところで、「神は最後に何かをなすことはない」という記述は、「最後のステップは神によってなされる」という記述と矛盾していると思われるかもしれない。ACIMによれば、ホーリー・スピリットは神の子を天の王国のゲートまでは連れて行くが、ホーリー・スピリットの役割はそこまでである。ゲートの前には天の王国に続く橋があり、神は神の子を出迎え、その橋を一緒に渡って、神の子を天の王国に招き入れるという。神が最後に何か特別なことをなすわけではない。ただ、あなたを天の王国に招き入れるだけなのだ。これが最後のステップである。



He is first in the sense that he is the first in the Holy Trinity Itself. 
  • in the sense : 「〜という意味で」
  • Holy Trinity : 「三位一体」
❖ "He is first in ~ "「神は、三位一体の第一番目であるという意味で、第一番である」。神の子が天の王国に回帰した後、神とホーリー・スピリットと神の子の三位は、神を中心に融合する。純粋一元論世界の必然として、すべてが神という一点に収斂するのである。これが"God is"の世界である。そういう意味で、神が一番だということ。
 余談になるが、"God is"という言葉は、ヘレンの夢に出てきた巻物に書かれていた言葉である。巻物を前に戻れば過去が書かれており、先に進めば未来が書かれていると言われるのだが、ヘレンはそのどちらも断り、"God is"という記述だけで止めることにした。時間を拒絶し、純粋一元論を受け入れた瞬間である。もっとも、夢の中の話しなので、それ以上の意味はない。



He is the Prime Creator, because he created his co-creators. Because he did, time applies neither to him nor to what he created. 
  • prime [práim] : 「最も重要な、第一の、根本的な」
  • co- : 「共同の、共通の、相互の」
  • neither A nor B : 「AとBのどちらも〜ない」
❖ "He is the Prime Creator"「神は根源的創造者である」。"because he created ~ "「なぜなら、神は神の共同創造者を創造したのだからだ」。神の共同創造者とは、神の子のこと。"Because he did ~ "「神がそうしたので、時間は、神にも、また神が創造したものにも適用されない」。神が創造したものとは神の子のこと。本来、私達にも時間はないはずなのだが、幻想の世界において、私達の心は錯覚の時間を作ってしまった。



The "last step" that God will take was therefore true in the beginning, is true now, and will be true forever. 
  • in the beginning : 「初めに、まず最初は」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
❖ "The "last step" that ~ "「神がなすであろう『最後のステップ』は、したがって、初めは真実であったし、今も真実であるし、永遠に真実であり続けるだろう」。神がなす最後のステップとは、神の子を天の王国に招き入れて(受け入れて)、三位一体を完成させること。私達の時間感覚から見れば、神がなしてくれる最後のステップは未来事象であるが、神はすでに一瞬にしてすべてを完了している。したがって、最後のステップも、もはやなされた完了事象あり、永遠にそれは続き、私達はそれを追体験することになる。
 ACIMの時間記述に対して、厳密に時間経過をたどろうとすると混乱するので、むしろ、あまり深入りせずにイメージとしてとらえた方がいいかもしれない。つまり、起こり得る事象のすべては既に無数のビデオに収録されており、私達は自由意志による選択によって見るべきビデオを選び、それを再生して追体験するのである。あるいは、すべての事象が既にホログラムにたたみ込まれており、私達は、そのホログラムから自由選択によって一部をたたき出し、時間と空間をもった事象を追体験している、とイメージしてもいいだろう。いずれにせよ、この世で生きている限り、イメージはイメージに過ぎず、イメージを越えることは出来ない。それを越えるにはこの世(時間と空間のある幻想世界)から目覚める必要があるのだ。



What is timeless is always there, because its being is eternally changeless. 
  • eternally [itə́ːrnəli] : 「永久に、永遠に」
❖ "What is timeless ~ "「時間を超越したものは常にそこにある」。"because its being ~ "「なぜなら、そういう存在は永遠に変化しないからだ」。時間を超越した実相世界はすぐそこにある。夢を見ていて気付かないだけだ。



It does not change by increase, because it was forever created to increase. 
  • increase [inkríːs] : 「増加、増大、増殖」
  • increase : 「増える、増大する、増加する」
❖ "It does not ~ "「時間を超越したものは、増加によって変化することはない」。"because it was ~ "「なぜならば、それは永遠に増加するように創造されたからである」。真実なるものは時間を超越し、分かち合われることで拡大拡張していく。しかし、拡大拡張してもその本質は変化しない。真実は永遠に不変の真実であり、したがって時間を超越する。



If you perceive it as not increasing you do not know what it is. You also do not know Who created it. 
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
❖ "If you perceive ~ "「もし、あなたが、それ(時間を超越したもの)を増加しないと知覚したなら、あなたはそれが何たるかを知らないのだ」。"You also do ~ "「さらに、あなたは誰がそれを創造したのかも知らないことになる」。



God does not reveal this to you because it was never hidden. His light was never obscured, because it is his will to share it. 
  • reveal [rivíːl] : 「明らかにする、暴露する」
  • hidden [hídn] : 「隠された、秘密の」
  • obscure [əbskjúər] : 「〜を暗くする、見えなくする」
❖ "God does not ~ "「神はこのことを明らかにすることはない」。"because it was ~ "「なぜなら、それは決して秘密ではないからだ」。"this"も"it"も、真実なるものは時間を超越して拡大するということ。神は真実を秘密にすることはない。したがって、神には秘密を暴露するという行為もしない。"His light was never ~ " 「神の光は輝きを奪われることはない」。 "because it is his ~ "「なぜなら、光を分かち合うことが神の意思であるからだ」。光は分かち合われることで増大する。したがって、輝きは奪われるどころか、ますます輝きを増す。



How can what is fully shared be withheld and then revealed?
  • fully [fúli] : 「十分に、完全に、全く」
  • withheld : 「withholdの過去分詞」
  • withhold [wiðhóuld] : 「〜を抑える、差し控える」
❖ "How can what ~ "「十分に分かち合っているものを抑制した上で、その後明らかにするなどといったことが、どうして出来るだろうか」。十分に分かち合っているもの(真実)は秘密にして抑制できるものではないし、隠し立てすべきものでもない。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp