●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-10.II.2:1 ~ T-10.II.3:7

2. Yet to give up the dissociation of reality brings more than merely lack of fear. In this decision lie joy and peace and the glory of creation. 
  • give up : 「諦める、降参する」
  • dissociation [disòusiéiʃən] : 「解離、分離」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、事実、実相」
  • bring [bríŋ] : 「〜をもたらす、〜を持って来る」
  • more than : 「〜だけではない、単に〜にとどまらない」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • lack [lǽk] : 「不足、欠乏、欠如」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
  • decision [disíʒən] : 「決定、決意、決心」
  • lie [lái] : 「ある、横たわる」
  • glory [glɔ́ːri] : 「栄光、名誉、誇り」
❖ "Yet to give up ~ "「しかし、実相からの乖離(かいり)を諦めることは、単に恐れをなくすだけ以上のものをもたらす」。"In this decision ~ "「この決定の中にこそ、喜びと平和、そして創造の栄光がある」。"the dissociation of reality(実相からの乖離)" を説明しておこう。神からの分離、これ自体も実相からの乖離である。が、さらに、神を裏切って神から分離したことに対する罪の意識と神の報復への恐れが生じ、自己を分裂させて別人格の自分を作り出してその架空の自分に責任を負わせようとする。実相的な自己からの乖離である。どちらも幻想だ。したがって、「実相からの乖離を諦めること」とは、分離分裂という幻想に生きることを放棄して、本当の自分に戻ること、実相の一なる自分に回帰すること、究極、神の下(もと)に回帰することである。そうすることによって幻想の恐れは消え、喜びと平和と創造の栄光がよみがえる。創造の栄光とは、自分が神によって創造された神の子であり、神の属性のすべてを継承しているという栄光。つまり、神の創造と同じレベルの創造が神の子にも可能なのだ。簡単に言えば、神と創造を分かち合い、創造する神の栄光と同じ栄光を共有するのである。



Offer the Holy Spirit only your willingness to remember, for he retains the knowledge of God and of yourself for you, waiting for your acceptance. 
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、〜を提供する」
  • offer A B : 「AにBを差し出す、提供する」
  • willingness [wíliŋnis] : 「 意欲、いとわずにすること」
  • retain [ritéin] : 「〜を保有する、保つ、保持する」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵」
  • wait for : 「〜を待つ」
  • acceptance [əkséptəns] : 「受け入れること、承認」
❖ "Offer the Holy Spirit ~ "「あなたの、思い出したいという気持ちだけを、ホーリー・スピリットに差し出しなさい」。"for he retains ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットはあなたのために、神の叡知とあなたの叡知を共に保持しているからだ」。ホーリー・スピリットは神と神の子の媒介役であり、神の叡智と、あなたが継承し忘れてしまった叡智とを結び付けてくれる。"the knowledge of God(神の叡知)" とは、すなわち『神智』。"waiting for your ~ "分詞構文、単純接続、「そして、あなたが受け入れてくれることをホーリー・スピリットは待っている」。



Give up gladly everything that would stand in the way of your remembering, for God is in your memory. 
  • gladly [ɡlǽdli] : 「喜んで」
  • stand in the way : 「途中に立ちはだかる」
❖ "Give up gladly ~ "「あなたが思い出すことを邪魔するようなことはすべて、喜んで諦めなさい」。"for God is ~ "「なぜなら、神はあなたの記憶の中にいるのだから」。神の記憶を思い出すことが最優先されるべきだ、ということ。それは神の記憶、神の叡知、神の実相を取り戻すこと。乖離を解消して、実相の自分自身に戻る旅である。その道の途中であなたの旅を邪魔するものが立ちはだかったら、喜んで払いのけなくてはいけない。



His voice will tell you that you are part of him when you are willing to remember him and know your own reality again. 
  • part of : 「〜の不可欠な要素である」
  • be willing to : 「〜する意思がある、進んで〜する」
❖ "His voice will ~ "「神の声があなたにthat以下を告げるだろう」。"that you are ~ "「あなたは神の必須な一部である」と告げるだろう。"when you are willing ~ "「あなたが、喜んで神を思い出し、再びあなた自身の実相を知るとき、」神の声があなたに告げるであろう。神の子であるあなたは、三位一体の必須な一部である。神は、神の子であるあなた無しでは、その完全性、全体性を完結することが出来ないのだ。



Let nothing in this world delay your remembering of him, for in this remembering is the knowledge of yourself.
  • delay [diléi] : 「〜を遅らせる、延期する」
❖ "Let nothing in ~ "「この世界の何ものにも、あなたが神を思い出すことを遅らせるようなことがないようにしなさい」。"for in this ~ "「なぜなら、神を思い出す中に、あなた自身の叡知があるからだ」。神を思い出すことで、あなたはあなた自身の叡知を思い出す。叡知のみならず、創造性も拡張性も、喜びも平和も、すべての真実を思い出すのだ。



3. To remember is merely to restore to your mind what is already there. 
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • restore [ristɔ́ːr] : 「元に戻す、回復させる、修復する」
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
❖ "To remember is ~ "「思い出すとは、あなたの心にとって、すでにそこにあるものを単に修復することである」。あなたの心の中で忘れ去られ、荒廃した思い出を修復する作業が思い出すということ。容易なことではなく、かなりの努力が必要だろう。



You do not make what you remember; you merely accept again what is already there, but was rejected. 
  • accept [əksépt] : 「認める、容認する、受け入れる」
  • reject [ridʒékt] : 「拒絶する、拒否する、拒む」
❖ "You do not make ~ "「あなたは、覚えるべきものを作り出すのではない」。"you merely accept ~ "「あなたは、すでにそこにあり、拒絶されたものを再び受け入れるだけなのだ」。



The ability to accept truth in this world is the perceptual counterpart of creating in the Kingdom. 
  • ability [əbíləti] : 「能力、才能、できること、手腕」
  • perceptual [pərséptʃuəl] : 「知覚の、知覚による」
  • counterpart [káuntərpɑ̀ːrt] : 「対をなすものの片方、対応するもの」
❖ "The ability to ~ "「この世界で真実を受け入れる能力は、神の王国における知覚的な創造と対照をなすものである」。この幻想世界で真実を受け入れる能力は、実相世界(天の王国)では創造と見なしてよい、という意味合い。なぜ "perceptua(知覚的)" なのか。この知覚的な世界での創造は、しかし、純粋な創造ではない。幻想世界における真実の受容は、実相世界における叡知の創造と同等だとまでは言いない。レベル的には知覚レベルの創造だという意味だ。幻想世界の知覚レベルの創造から、どうやって実相世界の叡知レベルの創造へと昇華させるか。レベルをまたいで越える変化は私達が単独で行い得る仕事ではない。明らかにホーリー・スピリットの助力が必要だ。




God will do his part if you will do yours, and his return in exchange for yours is the exchange of knowledge for perception. 
  • part [pɑ́ːrt] : 「分担、役目、役割」
  • return [ritə́ːrn] : 「返すこと、元に戻すこと、返還」
  • exchange [ikstʃéindʒ] : 「換えること、交換」
  • in exchange for : 「〜と交換に、〜の代わりに」
  • knowledge [nɑ́lidʒ] : 「知識、知恵」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、見識、感じ方」
❖ "God will do ~ "「あなたがあなたの役割を果たすなら、神も神の役割を果たすだろう」。"and his return ~ "「神が、あなたが役割を果たす見返りに返してくれるものは、知覚を叡知に変換してくれるというものだ」。知覚レベルの創造を叡知レベルの創造へと昇華させてくれるのは神である。もっとも、実際にあなたと接触するのはホーリー・スピリット。



Nothing is beyond his will for you. But signify your will to remember him, and behold! He will give you everything but for the asking.
  • beyond [bijɑ́nd] : 「〜の向こうに、〜を越えて」
  • signify [sígnəfài] : 「〜を示す、知らせる」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
❖ "Nothing is beyond ~ "「あなたを思う神の意思を超えるものは何もない」。"But signify your ~ "「しかし、神を思い出そうとするあなたの意思を示しなさい」。"and behold!"「そして、それをはっきり見つめなさい」。"He will give ~ "「神は、あなたが求めることなら何でも、あなたに与えてくれるだろう」。神への回帰には、まず初めに神を思い出すこと、神を思い出す意思を示すこと。それがすべての出発点になる。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp