●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-10.III.2:1 ~ T-10.III.3:7

2. What comforter can there be for the sick children of God except his power through you? 
  • comforter [kʌ́mfərtər] : 「慰める人、聖霊」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
❖ "What comforter ~ "「あなたを通して神のパワーが救うという以外に、神の子の病を癒すために、いったいどんな慰め人がそこにいるだろうか」。神から受け継いだパワーをもつあなた以外に"comforter"はいない。"comforter"には「聖霊」という意味もあるので、あなたのパワーはホーリー・スピリットのパワーである。



Remember that it does not matter where in the sonship he is accepted. 
  • remember [rimémbər] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • matter [mǽtər] : 「重要である、問題である」
  • sonship : 「息子であること」
  • accept [əksépt] : 「認める、受け入れる」
❖ "Remember that it ~ "「神の子である者たちの中のどこに神が受け入れられるか、それは重要でないと覚えておきなさい」。"where in the sonship"この部分の意味がはっきりしないが、神の子にもピンからキリまでいろんな神の子がいるわけで、つまり、天使のような神の子もいれば極悪人の神の子もいるわけだが、その中のどの部分の神の子に神が受け入れられるか、そんなことは重要ではない、という意味合いだろう。つまり、神の子であるなら誰でも、みんなに、となって次の文への続きがよくなる。



He is always accepted for all, and when your mind receives him the remembrance of him awakens throughout the Sonship. 
  • receive [risíːv] : 「〜を受け入れる、〜を受ける」
  • remembrance [rimémbrəns] : 「記憶、思い出、回想」
  • awaken [əwéikn] : 「目を覚まさせる、目覚める」
  • throughout [θruːáut] : 「〜の至るところに、〜の間中」
❖ "He is always ~ "「神は、神の子全員のために常に受け入れられる」。"and when your ~ "「そして、あなたの心が神を受け入れる時、」"the remembrance of ~ "「神の思い出が、神の子全体にわたって、目覚めるのだ」。あなたの心が神を受け入れることで、神の子全員が神を思い出し始める。なぜなら、あなたと同胞は自他一如であって、あなたが神を受け入れる気持ちになれば、あなたの同胞も神を受け入れる準備が出来たことになるからだ。あたかもあなたの心の中のホーリー・スピリットと同胞の心の中のホーリー・スピリットが共鳴し合っているようなものだ。事実、そうである。



Heal your brothers simply by accepting God for them. Your minds are not separate, and God has only one channel for healing because he has but one Son. 
  • simply [símpli] : 「単に、ただ」
  • separate [sépərèit] : 「分かれた、離れた、別個の」
  • channel [tʃǽnl] : 「チャネル、通信路、通路」
❖ "Heal your brothers ~ "「同胞のために単に神を受け入れることで、あなたの同胞をヒーリングしなさい」。"Your minds are ~ "「あなた方の心は分離してはいない」。"and God has ~ "「そして、神はヒーリングのためのチャンネルをたった一つしかもっていない」。"because he has ~ "「なぜなら、神には神の子がたった一人しかいないからだ」。あなたと同胞は分離され得るものではなく、心はたった一つである。自他一如、不二一元である。したがって、神がヒーリングのためにパワーを送ってくるチャンネルもただ一つだ。
 ところで、身体が個別に見えるのは、分裂した(と思い込んだ)無数の心が幻想の世界に身体を投影した結果である。身体は幻想であり、その本体は実相の心。その心が実相の世界で深い眠りに陥り、神から分離し、さらに心を無数に分裂させた夢を見ているのである。その幻想としてのイメージが身体というわけだ。では、なぜ身体を投影しなくてはならなかったのか? 心が神と一体であった時はまさに純粋な一元論の世界であった。しかし、神の子の心が、ひょっとして神なしで神のように存在することはできまいかと思った瞬間、純粋一元論は崩壊する。心は神から分離し、二つを同時に夢見る二元論の世界へと崩壊するのである。やがて、神を裏切った罪悪感と神からの報復の恐れが心の限界を越えた時、一元である心は二元性、つまり対極を作り出す。乖離という手段を使って幻想の身体をでっち上げ、罪と罰の重圧をそれに委ねるのだ。そこに、身体を重視するエゴが生れる。心に宿るホーリー・スピリットと身体に宿るエゴとの二極性が発生するのである。まさに二元論の世界に退化してしまったのだ。これがACIMの身体論。二元論とは分離分裂の象徴なのだ。



God's remaining Communication Link with all his children joins them together, and them to him. 
  • remain [riméin] : 「残る、残存する、とどまる」
  • communication [kəmjùːnəkéiʃən] : 「通信、やりとり、連絡」
  • link [líŋk] : 「結び付けるもの、関連性、相互関係」
  • join [dʒɔ́in] : 「つなぎ合わせる、結び付ける」
  • together [təgéðər] : 「一緒に、同時に」
❖ "God's remaining ~ "「神の子すべてと結ばれた、神の残したコミュニケーション・リンクは、神の子を一つに結びつけ、また、神の子を神と結びつける」。神との連絡網は断たれていない。神によって神の子の下(もと)に遣わされらホーリー・スピリットは神の子同士の心の連絡を保持し、心の再統一を促している。神の子の心の奥にはホーリー・スピリットが住まう神の祭壇があり、そこが神とのコミュケーションをとることが出来る唯一のチャンネルになっている。



To be aware of this is to heal them because it is the awareness that no one is separate, and so no one is sick.
  • be aware of : 「〜に気付いている、〜を知っている」
  • awareness [əwéərnəs] : 「自覚、意識性」
  • separate [sépərèit] : 「離れた、別個の」
❖ "To be aware ~ "「このことを知るとは、神の子をヒーリングすることである」。"because it is ~ "「なぜなら、それはthat以下を認識していることだからだ」。"that no one ~ "「誰も分離しておらず、したがって、誰も病ではない」と認識していることだからだ。神から分離し、同胞からも分離し、心の無意識領域に罪の意識と報復の恐れを抱いているところに病が発生する。したがって、神からも分離しておらず、同胞からも分離しておらず、罪と罰は夢に過ぎないのだと悟ること、あるいは悟らせること、それがヒーリングである。



3. To believe that a Son of God can be sick is to believe that part of God can suffer. 
  • believe [bilíːv] : 「信じる、確信する」
  • suffer [sʌ́fər] : 「苦しむ、苦痛を感じる」
❖ "To believe that ~ "「神の子が病になり得ると信じることは、神の一部が苦しみ得ると信じることである」。神は完全であり、たとえその一部でも苦しむことはない。



Love cannot suffer, because it cannot attack. The remembrance of love therefore brings invulnerability with it. 
  • remembrance [rimémbrəns] : 「記憶、思い出」
  • invulnerability [invʌ̀lnərəbíləti] : 「傷つかないこと、弱くないこと」
❖ "Love cannot ~ "「愛は苦しみ得ない」。"because it cannot ~ "「なぜなら、愛は攻撃し得ないからだ」。"The remembrance ~ "「したがって、愛を思い出すことは、愛と一緒に、傷つかないことをもたらしてくれる」。愛に関してさんざん苦しめられた経験をお持ちの方も多いと思う。したがって、"Love cannot suffer"という言葉はにわかには信じがたいはずだ。しかし、『苦しみ得る愛』は、それは愛と憎悪を合わせ持つ二元論的な愛であって、『苦しみ得ぬ愛』は憎悪という対極をもたない一元論的愛である。いわば、神の愛、イエスの愛であって、俗に言う『至上の愛』と考えていい。私達の身体的レベルの愛とは異なる。しかし、一元論的な愛の存在を知ることなくして、ACIMを学ぶ意味はない。時間はかかるだろうが、ACIMをしっかり学んで『苦しみ得ぬ愛』に近づくことは意味がある。少なくとも、病を癒やすヒーリングはこの純粋な愛の力にかかっている。



Do not side with sickness in the presence of a Son of God even if he believes in it, for your acceptance of God in him acknowledges the Love of God he has forgotten. 
  • in the presence of : 「〜の面前で、〜のいるところで」
  • side [sáid] : 「〜の側につく」
  • side with : 「〜側につく、〜に味方する」
  • presence [prézns] : 「存在すること、存在」
  • even if : 「たとえ〜でも」
  • acceptance [əkséptəns] : 「受け入れること、容認」
  • acknowledge [əknɑ́lidʒ] : 「認める、、認識する」
  • forgotten [fərgɑ́tn] : 「forget の過去分詞形」
  • forget [fərgét] : 「〜を忘れる」
❖ "Do not side ~ "「神の子の目の前で、たとえ彼が病を信じていたとしても、あなたは病に味方してはならない」。病の実在性を信じてはいけない。"for your acceptance ~ "「なぜなら、彼の中に神を認めることは、彼が忘れてしまっている神の愛を認識することだからだ」。病という幻想に覆い隠されて、神の愛を忘れているだけだ。『苦しみ得ぬ愛』は獲得するものではなく、私達の心の中に初めからあって、しかも、その存在を忘れていた、そういう愛である。



Your recognition of him as part of God reminds him of the truth about himself, which he is denying. 
  • recognition [rèkəɡníʃən] : 「認識、真価を認めること」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • remind A of B : 「AにBを思い出させる」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、拒む」
❖ "Your recognition of ~ "「あなたが彼を神の一部として認識することが、彼に彼の真実を思い起こさせる」。"which he is ~ "「その彼の真実は、彼が否定していたものである」。"the truth about himself"「彼についての真実」とは、もちろん、彼が神の一部であること、神の子であること、彼が神の属性のすべてをもっていること。あなたが彼の中にそれを認識することで、彼は自分が神の創造した神の子であることを思い出すのである。



Would you strengthen his denial of God and thus lose sight of yourself? 
  • strengthen [stréŋkθən] : 「〜を強くする、強化する」
  • denial [dináiəl] : 「否定、拒否、拒絶」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、喪失する、なくす」
  • sight [sáit] : 「視界、景色、視覚、視力」
  • lose sight of : 「〜を見失う」
❖ "Would you strengthen ~ "「あなたは、彼が神を否定することを強化して、あなた自身を見失いたいと思うだろうか」。自他一如であって、彼が神を否定すれば、その否定を強化したあなたは自分自身を失う。あなたが彼の中に神性を認めれば、それを促したあなたは自分の神性を見出す。彼とあなたは分離しているのではなく、強く連動している。調和、共鳴と呼んでもいい。もっとも、心が本来一つであることを考えれば、これは極く自然な、当たり前のことだ。



Or would you remind him of his wholeness and remember your Creator with him?
  • wholeness [hóulnis] : 「全体、全体性」
❖ "Or would you ~ "「または、彼に彼の全体性を思い出してもらい、彼と共に、あなた達の創造主を思い出したいだろうか」。もちろん、あなたが選択すべきなのはこっちの方だ。"wholeness"は「全体性、完全性」のことで、欠けたものがない状態、つまり、神性である。あなたは神の属性のすべてを継承し、完全完璧である。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp