●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-10.V.7:1 ~ T-10.V.8:5

7. Your Father has not denied you. He does not retaliate, but he does call to you to return. 
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、拒絶する」
  • retaliate [ritǽlièit] : 「仕返しする、報復する」
  • call to : 「〜に声をかける」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る」
❖ "Your Father has ~ "「あなたの父なる神は、あなたを否定したことなどない」。"He does not ~ "「神は報復しない」。"but he does ~ "「それどころか、神はあなたに、帰ってくるようにと声を掛けている」。報復する神は聖書の神であって、ACIMの神ではない。本当の神は、神の子であるあなたに向かって、神の下(もと)へ帰って来るようにと声を掛けている。



When you think he has not answered your call, you have not answered his. 
  • answer [ǽnsər] : 「〜に答える、答えて言う」
  • call [kɔ́ːl] : 「要求、需要、呼び声」
❖ "When you think ~ "「あなたが、神はあなたの要求に応えてくれないと思ったときは、」"you have not ~ "「あなたが神の要求に応えていないのだ」。



He calls to you from every part of the Sonship, because of his love for his son. 
  • part [pɑ́ːrt] : 「一部、部分」
  • because of : 「〜のために、〜のせいで」
❖ "He calls to ~ "「神は、神の子のあらゆる部分から、あなたに声を掛けている」。"because of his ~ "「神が神の子を愛しているからである」。"from every part of the Sonship"「神の子のあらゆる部分から」という箇所について少し説明してみよう。実相の世界においては心が一つ(Mind)であるように、神の子も一人である(単一存在)。神から分離した後、一なる心は分裂し、あたかも多くの神の子がこの世に出現してしまったかのように見える。したがって、「神の子のあらゆる部分から」とは、「すべての神の子から」と言い換えていいだろう。つまり、あなたのすべての同胞を通して、神はあなたに語りかけるわけだ。あなたと同胞は自他一如であるから、当然と言えば当然である。



If you hear his message he has answered you, and you will learn of him if you hear aright. 
  • message [mésidʒ] : 「伝言、メッセージ、」
  • learn of : 「〜を知る」
  • aright [əráit] : 「正しく、適切に」
❖ "If you hear ~ "「もし、あなたが神のメッセージを聞いたなら、それは、」"he has answered ~ "「神はあなたに答えたのだ」。"and you will ~ "「そして、あなたが正しく聞くなら、あなたは神を知ることになる」。神のメッセージは空の上から聞えて来るものではなく、あなたの同胞のさりげない一言かもしれない。それを聞き逃さないようにすることが肝心だ。あるいは、何気なく読んだ本の何気ない一文かもしれない。それを見逃さないようにしなくてはいけない。



The love of God is in everything he created, for his son is everywhere. 
  • everything [évriθiŋ] : 「すべてのもの」
  • everywhere [évrihwèər] : 「どこでも、どこにも」
❖ "The love of God ~ "「神の愛は、神が創造したすべての中にある」。"for his son ~ "「なぜなら、神の子はどこにもいるのだから」。



Look with peace upon your brothers, and God will come rushing into your heart in gratitude for your gift to him.
  • look upon : 「〜を見る」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏」
  • rush [rʌ́ʃ] : 「急に起こる、急に現れる」
  • come rushing : 「大急ぎでやって来る」
  • heart [hɑ́ːrt] : 「心臓、胸、心、胸の内」
  • gratitude [grǽtətjùːd] : 「感謝、感謝の気持ち」
  • in gratitude for : 「〜に感謝して」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント」
❖ "Look with peace ~ "「平和な心をもって、あなたの同胞に目を注ぎなさい」。"and God will ~ "「そうすれば、神は急いであなたの胸の中に飛び込んで来るだろう」。"in gratitude for ~ "「神へのあなたの贈り物に感謝して」。あなたが同胞を穏やかな目で見ることが、神への贈り物となる。なぜなら、神の愛する神の子に、あなたは平和の眼差しを向けてくれたのだから。



8. Do not look to the god of sickness for healing but only to the God of love, for healing is the acknowledgment of him. 
  • look to : 「〜に目を向ける」
  • sickness [síknəs] : 「病気」
  • acknowledgment [æknάlidʒmənt] : 「認めること、承認」
❖ "Do not look ~ "「ヒーリングを求めて、病の神に目を向けてはいけない」。"but only to ~ "「愛の神だけに目を向けるようにしなさい」。"for healing is ~ "「なぜなら、ヒーリングとは、神を認識することだからだ」。つまり、幻想に目を向けるのではなく、実相(真実)に目を向けよ、ということ。それが、ヒーリングである。言い換えるなら、病んだエゴの思考システムに目を向けるのではなく、ホーリー・スピリットの思考システムに目を向けよ、ということ。真実に目覚めることが奇跡であり、ヒーリングである。



When you acknowledge him you will know that he has never ceased to acknowledge you, and that in his acknowledgment of you lies your being. 
  • acknowledge [əknɑ́lidʒ] : 「認める、認識する」
  • cease [síːs] : 「〜をやめる、中止する」
  • lie [lái] : 「ある、横たわる」
  • being [bíːiŋ] : 「存在、実在、生命」
❖ "When you acknowledge ~ "「あなたが神を認識するとき、」"you will know ~ "「あなたはthat以下を知ることになる」。"that he has ~ "「神は、あなたを認識することを決して止めなかったし、」"and that in ~ "「神があなたを認識する中に、あなたの存在がある」と知ることになるだろう。"in his acknowledgment of you lies your being" この箇所が、哲学の認識論じみていて難しい。ここは、素直に解釈して、神があなたを実相の中で認識することが、あなたが実相の中に存在している証明となる、と考えておこう。あなたの実存はこの世の幻想に存在するのではなく、あなたが帰還するはずの神の世界にこそあなたの実存はある。



You are not sick and you cannot die. But you can confuse yourself with things that do. 
  • die [dái] : 「死ぬ、死亡する」
  • confuse [kənfjúːz] : 「混同する、混乱させる」
  • confuse A with B : 「AをBと混同する」
❖ "You are not ~ "「あなたは病んでもいないし、死ぬことも不可能だ」。"But you can ~ "「しかしあなたは、本当のあなた自身と、病んだり死んだりする自分とを混同している可能性がある」。この世に生きる肉体をもった自分を本当の自分だと勘違いしている。



Remember, though, that to do this is blasphemy, for it means that you are looking without love on God and his creation, from which he cannot be separated.
  • remember [rimémbər] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • though [ðóu] : 「だけれども」
  • blasphemy [blǽsfəmi] : 「神への冒涜、冒涜的な言動」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • look on : 「〜を見る」
  • creation [creation] : 「創作物、作品、創造、創作」
  • separate [sépərèit] : 「分ける、分離する」
❖ "Remember, though ~ "「しかし、that以下を覚えておきなさい」。"that to do ~ "「こんな混同をすることは神への冒涜なのだ」と覚えておきなさい。"for it means ~ "「なぜなら、それは、あなたが愛をもたずに神や神の創造したものを見ていることであり、神はその創造したものから分離させられることはないからだ」。あなたは、本当の自分と、病になったり死んだりする自分を混同しているが、あなたを創造したのは神であるから、あなたの混同は、神がそんな不完全なものを創造したのだと非難し、神を冒涜しているようなものなのだ。同時に、それは自分自身を卑しめていることになり、愛をもって神や神の子である自分を見ていることにはならない。神はあなたの心から離れていないから、あなたを愛なしで見ることは出来ないのに、それに反して、あなたは神を愛なしで見ているようなものだ。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp