●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-10.II.4:1 ~ T-10.II.5:6

4. When you attack, you are denying yourself. You are specifically teaching yourself that you are not what you are. 
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、拒絶する」
  • specifically [spəsífikəli] : 「はっきりと、具体的に」
❖ "When you attack ~ "「あなたが攻撃する時、あなたはあなた自身を否定していることになる」。"You are specifically ~ "「あなたは、あなたが本当のあなたではないことを具体的に教えているのだ」。あなたが誰かを攻撃をするとき、それはあなたの心がエゴに支配されていることを示している。攻撃性はエゴの思考システムの根幹だ。それが作動したとき、あなたはエゴの言いなりになって攻撃する。エゴは幻想であるから、あなたは幻想に支配され、実相の、つまり、本当のあなた自身を否定したことになる。嘘のあなたをあなた自分自身に教え込んでいることになる。



Your denial of reality precludes the acceptance of God's gift, because you have accepted something else in its place. 
  • denial [dináiəl] : 「否定、拒否、拒絶」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、実相 」
  • preclude [priklúːd] : 「排除する、妨ぐ、邪魔する」
  • acceptance [əksépt(ə)ns] : 「受け入れること、承認」
  • in one's place : 「〜の代わりに」
❖ "Your denial of ~ "「あなたが実相を否定することは、神の贈り物の受け取りを排除したことになる」。"because you have ~ "「なぜなら、あなたは神の贈り物の代わりに、何か別のものを受け入れてしまったからだ」。神の贈り物とは、神の子として神から受け継いだもの。つまり、創造性や拡張性、愛、喜び、平和、慈しみ、静寂、等々の真実、あらゆる神の属性のことだ。それがあなたの実相であり、あなたはそれを拒絶して、幻想のエゴの申し出である攻撃性や憎悪を受け入れたことになる。



If you understand that this is always an attack on truth, and truth is God, you will realize why it is always fearful. 
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、納得する」
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、常に」
  • truth [trúːθ] : 「現実、真相、真理」
  • realize [ríːəlàiz] : 「悟る、自覚する」
  • fearful [fíə(r)fl] : 「恐ろしい、怖い」
❖ "If you understand ~ "「もしあなたが、神の贈り物を拒否することが真実への攻撃であり、そして、真実とは神なのだと理解しているなら、」"you will realize ~ "「あなたは、なぜそれが常に恐ろしいのか分かるであろう」。真実を拒絶することは神を拒絶することであり、いわば、光を拒絶し闇を選択したことになる。闇は恐怖を誘発する。闇から何が出てくるか分からないからだ。ひょっとすると神の報復かもしれないとエゴは考える。恐れもまた幻想なのだ。



If you further recognize that you are part of God, you will understand why it is that you always attack yourself first.
  • further [fə́ːrðər] : 「さらにまた、さらになお」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる」
❖ "If you further ~ "「さらに、もしあなたが、あなたは神の必須の一部だと認識するなら、」"you will understand ~ "「あなたは、なぜいつも、あなた自身を最初に攻撃するかも理解できるだろう」。神の拒絶も神への攻撃も、詰まる所は自分自身への拒絶と攻撃になる。なぜなら、あなたは神の一部だからだ。



5. All attack is Self attack. It cannot be anything else. Arising from your own decision not to be what you are, it is an attack on your identification. 
  • arise [əráiz] : 「起こる、生じる、発生する」
  • arise from : 「〜から生じる、〜に起因する」
  • decision [disíʒən] : 「解決、決定、決心」
  • identification [aidèntifəkéiʃən] : 「同一化、同定」
❖ "All attack is ~ "「すべての攻撃は、自己への攻撃である」。"It cannot be ~ "「その他のものではあり得ない」。"Arising from ~ "分詞構文、理由、「本当のあなたでいないことをあなた自身が決定したことから攻撃が生まれたので、」"it is an attack ~ "「それは、あなたのアイデンティティへの攻撃となる」。本当のあなたのアイデンティティはホーリー・スピリットの思考システムを選択した神の子であるにもかかわらず、エゴの思考システムに乗り換え、攻撃を優先させたのだから、自分のアイデンティティを攻撃したことになる。



Attack is thus the way in which your identification is lost, because when you attack, you must have forgotten what you are. And if your reality is God's, when you attack you are not remembering Him. 
  • lost [lɔ́st] : 「lose の過去・過去分詞形」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、喪失する、なくす」
  • forgotten [fərgɑ́tn] : 「forget の過去分詞形」
❖ "Attack is thus ~ "「このように、攻撃は、あなたのアイデンティティを失う行為なのだ」。"because when you ~ "「なぜなら、あなたが攻撃する時、」"you must have ~ "「あなたは、本当のあなたを忘れてしまっているに違いないからだ」。"And if your ~ "「そして、もしあなたの実相が神の実相であるなら、」"when you attack ~ "「あなたが攻撃する時、あなたは神を思い出すことがないだろう」。あなたは神の子として、神と同一の実相に存在している。それはエゴの住む幻想の世界ではなく、実在の世界である。実在の世界である実相には攻撃というものはない。したがって、あなたが攻撃する時は、あなたは幻想のエゴの世界で活動していることになり、実相の神の存在を完全に忘れている。



This is not because He is gone, but because you are actively choosing not to remember Him.
  • gone [gɔ́ːn] : 「go の過去分詞形」
  • actively [ǽktivli] : 「活発に、積極的に」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
❖ "This is not ~ "「これは、神が去ってしまったからではなく、」" but because you ~ "「あなたが積極的に神を思い出さないことを選択したからだ」。これとは、あなたが攻撃するとき神を思い出さないこと。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp