●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-15.I.13:1 ~ T-15.I.15:11

13. How long is an instant? It is as short for your brother as it is for you.

  • how long : 「〜の時間はどれくらいか」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • short [∫ɔ́ː(r)t] : 「短い、短期間の」
❖ "How long is ~ "「瞬間とはどれほどの長さだろうか」。"It is as short for your ~ "「それは、あなたにとって短いように、あなたの同胞にとっても短いのである」。



Practice giving this blessed instant of freedom to all who are enslaved by time, and thus make time their friend for them. The Holy Spirit gives their blessed instant to you through your giving it.
  • practice [prǽktis] : 「〜を実行する、順守する、実践する、実施する」
  • blessed [blésid] : 「祝福された、神聖な、聖なる」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
  • enslave [ensléiv] : 「〜をとりこにする、奴隷にする」
  • make [SVOC] : 「〜の状態を作り出す、〜にする、〜になる」
❖ "Practice giving this ~ "「時間の奴隷になっている者たちすべてに、神聖なるこの自由の瞬間を与えることを実践しなさい」。"and thus make time ~ "「そうすることで、彼らにとって、時間が彼らの友人になるようにしなさい」。幻想の時間は、神の子を奴隷のように縛りつけるのだが、その利用の仕方によっては、自由への解放を手に入れるための補助道具になり得るのだ。その方法はホーリー・スピリットが知っている。"Holy Spirit gives ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたが聖なる瞬間を彼らに与えたことを通して、あなたに彼らの聖なる瞬間を与えるのである」。聖なる瞬間を分かち合うことが述べられているのだが、まず始めにあなたが同胞に聖なる瞬間を与え、その後、聖なる瞬間を与えられた同胞があなたに聖なる瞬間を与えてくれるわけだ。得るためにはまず与えよ、これはACIMの鉄則である。ちなみに、エゴの思考システムでは、得るためには奪え、である。



As you give it, He offers it to you. Be not unwilling to give what you would receive of Him, for you join with Him in giving.
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • unwilling [ʌnwíliŋ] : 「気が進まない、不本意の、嫌がる」
  • be unwilling to : 「〜することに気が進まない、〜することを嫌がる」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する、入手する」
  • join [dʒɔ́in] : 「加わる、加入する、参加する、交わる、一緒になる」
❖ "As you give ~ "「あなたが聖なる瞬間を(同胞に)与えるとき、ホーリー・スピリットはあなたに、聖なる瞬間を差し出してくれる」。"Be not unwilling to ~ "「あなたがホーリー・スピリットから受けたいと思うものを、(同胞に)与えたくないなどと思ってはいけない」。"for you join with ~ "「なぜなら、あなたは、ホーリー・スピリットと一緒になって、与えることに参加しているのだから」。聖なる瞬間を与えたり受け取ったりする、いわゆる聖なる瞬間の分かち合いは、神の子とホーリー・スピリットの共同作業なのだ。どちらが欠けても作業は成り立たない。



In the crystal cleanness of the release you give is your instantaneous escape from guilt. You must be holy if you offer holiness.
  • crystal [krístl] : 「結晶、クリスタル、水晶」
  • cleanness : 「清浄、清浄度、清潔、純粋」
  • release [rilíːs] : 「解放、解き放すこと、解除」
  • instantaneous [ìnst(ə)ntéiniəs] : 「瞬間的な、即座の、瞬間の、瞬時の」
  • escape [iskéip] : 「逃避、回避、逃亡、脱出、避難」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、あやまち、有罪、罪」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
❖ "In the crystal ~ "「あなたが与える、水晶のように純粋な瞬間は、あなたにとっても、罪の意識からの脱出の瞬間でもある」。"You must be holy ~ "「もし、あなたが神聖さを差し出すことが出来なら、あなたは神聖であるに違いないのだ」。



14. How long is an instant? As long as it takes to re-establish perfect sanity, perfect peace and perfect love for everyone, for God and for yourself.
  • as long as : 「長さが〜と同じくらいで」
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、達成する、樹立する」
  • re-establish : 「〜を再建する、回復する、復旧する、復興する」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完璧な、完全な」
  • sanity [sǽnəti] : 「正気、健全さ」
❖ "How long is ~ "「瞬間とはどれほどの長さだろうか」。"As long as it takes ~ "「それは、すべての同胞のため、神のため、あなた自身のために、完璧な正気さ、完璧な平和、完璧な愛を取り戻すのに必要な時間に十分な長さである」。



As long as it takes to remember immortality, and your immortal creations who share it with you.
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • immortality [ìmɔːrtǽləti] : 「不死性、不死、不朽、不滅、永遠」
  • immortal [imɔ́ː(r)tl] : 「死なない、不死身の、不死の」
  • creation [kriéi∫n] : 「創作物、作品、創造、創作」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
❖ そして、瞬間の長さは、"As long as it takes ~ "「それは、不死性を思い出し、あなたと共にその不死性を分かち合う、あなたの創造した不死なるものたちを思い出すのに十分な長さである」。不死性とは永遠性のことだ。永遠の命のことである。したがって、それを思い出す聖なる瞬間は、永遠性に直結するのである。何度も言っているように、無時間の実相世界では、一瞬が永遠に続くのである。



As long as it takes to exchange hell for Heaven. Long enough to transcend all of the ego's making, and ascend unto your Father.
  • exchange [ikst∫éin(d)ʒ] : 「〜を交換する、〜を両替する」
  • hell [hél] : 「地獄、修羅場、生き地獄」
  • enough [inʌ́f] : 「十分な、足りる」
  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する、しのぐ」
  • ascend [əsénd] : 「上がる、登る、上る」
❖ "As long as it ~ "「聖なる瞬間は、天の王国のために地獄を交換するするのに十分な長さである」。そして、"Long enough to transcend ~ "「エゴが疑似創造したすべてのものを超越して、父なる神の元へアセンションするのに十分な長さである」。"all of the ego's making"「エゴが疑似創造したすべてのもの」とは、この幻想世界、幻想の宇宙全体と考えていい。もちろん、エゴの思考システムなどの無形のものも含む。"ascend"や"ascension"は、ACIMのキーワード。神の住む実相世界、天の王国に昇ることをアセンションという。仏教で言う解脱(げだつ)に近い。ちなみに、般若心経では『彼岸に渡る』という言い方をしていて興味深い。彼岸(ひがん)が実相世界であり、此岸(しがん)がこの幻想世界である。



15. Time is your friend, if you leave it to the Holy Spirit to use.
  • leave [líːv] : 「〜を任せる、頼む、委ねる」
❖ "Time is your ~ "「もしあなたが、ホーリー・スピリットに時間の使い方を委ねたなら、時間はあなたの友達になる」。ホーリー・スピリットは時間の使い方を知っているからだ。錯覚の時間を利用して、あなたを実相世界へと目覚めさせることが出来るのである。



He needs but very little to restore God's whole power to you. He Who transcends time for you understands what time is for.
  • restore [ristɔ́ː(r)] : 「元に戻す、回復させる、修復する、復活させる」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
  • transcend [trænsénd] : 「超える、〜を超越する、しのぐ」
❖ "He needs but very ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたにとって神のパワーをすべて取り戻すために、ほんの少しのものが必要なだけである」。あなたがそうしたいと望む意欲と、そのための少々の時間。"He Who transcends time ~ "「あなたのために時間を超越するホーリー・スピリットは、時間が何のためにあるのか理解しているのだ」。一言で言えば、時間は学びのためにある。目覚めのため、と言ってもいい。



Holiness lies not in time, but in eternity. There never was an instant in which God's Son could lose his purity.
  • Holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • lie [lái] : 「ある、横たわる、寝る、横たわっている」
  • eternity [itə́ː(r)nəti] : 「永遠、無限」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • purity [pjú(ə)rəti] : 「らかさ、純正、清浄、純粋、純度、清潔」
❖ "Holiness lies not ~ "「神聖さは時間という枠組みの中にあるのではなく、永遠性の中にあるのだ」。つまり、神聖さは、時間の存在する幻想世界にあるのではなく、無時間であり永遠不変の実相世界にこそ存在するのである。"There never was ~ "「神の子が純粋性をなくした可能性のある瞬間など決してなかった」。したがって、神の子は実相世界を一歩も離れてはいない。神の子が、神から分離し天の王国から下野したと勝手に思い込んでいるだけのことで、神の子が深い眠りの中で夢を見ているだけだ。



His changeless state is beyond time, for his purity remains forever beyond attack and without variability.
  • changeless [tʃéindʒlis] : 「変化のない、不変の」
  • state [stéit] : 「状態、形勢、情勢、状況」
  • beyond [bi(j)ánd] : 「〜の域を越えて、〜を超越して」
  • remain [riméin] : 「残る、残存する」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • variability : 「変わりやすいこと、変動性、可変、ばらつき」
❖ "His changeless state ~ "「神の子の不変な状態は時間を超越している」。神の子の純粋性は変化せず、したがって、時間を超越している。"for his purity remains ~ "「なぜなら、神の子の純粋性は、攻撃されることもなく、変化することもなく、永遠にそのままであり続けるからだ」。



Time stands still in his holiness, and changes not. And so it is no longer time at all.
  • stand [stǽnd] [SVC] : 「〜の状態である、〜である」
  • still [stíl] : 「静止した、じっとした、動かない」
  • no longer : 「もはや〜でない」
  • at all : 「全く〜ない、全然〜ない、少しも〜ない」
❖ "Time stands still ~ "「神の子の神聖さの中で、時間は止まり、変化しない」。"And so it is no ~ "「だから、もはやそれは、まったく時間ではないのだ」。



For caught in the single instant of the eternal sanctity of God's creation, it is transformed into forever.
  • caught [kɔ́ːt] : 「catch の過去・過去分詞形」
  • single [síŋgl] : 「ただ一つの、たった一つの、たった一人の、単独の」
  • sanctity [sǽŋ(k)təti] : 「神聖さ、高潔、神聖、神聖な義務、尊厳」
  • creation [kriéi∫n] : 「創作物、作品、創造、創作」
  • transform [trænsfɔ́ː(r)m] : 「〜を変形する、〜を変換する」
❖ "For caught in the single ~ "分詞構文、理由、「(時間は、) 神が創造したもののもっている永遠の神聖さの、その瞬間瞬間にとらえられるので、」"it is transformed ~ "「時間は永遠へと形を変えるのである」。幻想世界の錯覚に過ぎない時間が、無時間の実相世界の創造物に出会うと、あたかも時間がその実体に吸収されて、時間が永遠性に形を変えるように見える。つまり、錯覚が実在に出会うことで消滅するのである。



Give the eternal instant, that eternity may be remembered for you, in that shining instant of perfect release.
  • that = so that : 「〜するために、その結果」
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を思い出す、〜を覚えている」
  • shining [ʃáiniŋ] : 「光る、輝く、きらめく、明るい」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完全な、完璧な」
  • release [rilíːs] : 「解放、解き放すこと、解除」
❖ "Give the eternal ~ "「あなたが永遠性を思い出せるように、完璧な解放の輝く瞬間に、永遠の瞬間を(同胞に)与えなさい」。あなたが完全に開放される瞬間、それは輝く瞬間であり、永遠の瞬間と言えるのだが、その瞬間を独り占めにするのではなく、同胞と分かち合いなさい。その結果、あなたは実相世界の真の永遠性に覚醒するだろう。



Offer the miracle of the holy instant through the Holy Spirit, and leave His giving it to you to Him.
  • offer [ɔ́(ː)fə(r)] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して、〜を経由して」
  • leave [líːv] : 「〜を任せる、頼む、委ねる」
❖ "Offer the miracle of ~ "「神聖な瞬間という奇跡を、ホーリー・スピリットの手を経て、(同胞に)差し出しなさい」。"and leave His giving ~ "「そして、ホーリー・スピリットが奇跡をあなたに与えてくれることを、ホーリー・スピリットに委ねなさい」。ACIMの絶対他力性が見えるカ所である。奇跡はあなた一人が起こすものではない。ホーリー・スピリットの導きを経て、あなたがホーリー・スピリットと一体になって奇跡は起きるのである。あなたが同胞に差し出す奇跡は、与えることは得ることであるという原則に従って、あなたに返ってくるものであるが、それさえもホーリー・スピリットに委ねてしまっていいのだ。むしろ、委ねるべきだと言っている。ホーリー・スピリットは神と神の子の間の媒介役であったが、ホーリー・スピリットは奇跡を介して、神の子と神の子の媒介役にもなっているわけである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp