●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-29.VII.5:1 ~ T-29.VII.6:6

5. Idols must fall because they have no life, and what is lifeless is a sign of death.
  • idol [áidl] : 「アイドル、偶像、崇拝される人、神像」
  • fall [fɔ́ːl] : 「落ちる、落下する、倒れる、滅びる、壊れる、崩壊する」
  • life [láif] : 「人命、生命、寿命」
  • lifeless [láiflis] : 「生命を持たない、活気のない、死んでいる」
  • sign [sáin] : 「標示、サイン、表れ、兆し、兆候、印」
  • death [déθ] : 「死、消滅、死亡、破滅、終わり、終焉」
❖ "Idols must fall ~ "「偶像は、命がないがゆえに、崩壊する」。"idol"「偶像」とは、神の子が幻想世界で崇拝するために作り上げた虚偽なる真実のこと。幻想を具現化させたものであり、たとえば、金や地位や権力や愛欲、等々である。それを統轄する親玉がエゴである。偶像は、仏教で言う『欲』に近い。偶像は、もちろん、幻想であるから実相的な永遠不変の命をもってはおらず、変化流動しながら、最後は崩壊する。"and what is lifeless ~ "「そして、命がないものは、死の表れなのだ」。幻想世界のあらゆるものは崩壊へと向かう。死に向かうのである。したがって、実相的な命のないものは、死の運命を背負っており、死の表れだと言える。



You came to die, and what would you expect but to perceive the signs of death you seek?
  • die [dái] : 「死ぬ、死亡する」
  • expect [ikspékt] : 「予期する、期待する、要求する、求める」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
❖ "You came to die"「あなたは、死ぬためにやって来た」。あなたは、死という運命を背負って、この幻想世界へ生まれ出たのだ。もちろん、死それ自体も幻想であって、実相的な命は、肉体の死をもって終わるわけではない。"and what would you ~ "「あなたが探している死の印を知覚する以外に、あなたは何を期待したいのだろうか」。この幻想世界で見つかるものは、もちろん、幻想だけであって、それは死の烙印を押されたものばかりだ。実相的な命のあるものは、この幻想世界には存在しない。あなたの心の外部には存在しないのだ。



No sadness and no suffering proclaim a message other than an idol found that represents a parody of life which, in its lifelessness, is really death, conceived as real and given living form.
  • sadness [sǽdnəs] : 「悲しさ、悲しみ、不幸」
  • suffering [sʌ́fəriŋ] : 「苦しむこと、苦しみ、苦痛、苦難、苦悩」
  • proclaim [proukléim] : 「公表する、宣言する、〜を明白に示す」
  • message [mésidʒ] : 「伝言、メッセージ、通報、伝達内容、声明文」
  • other than : 「〜以外の」
  • found [fáund] : 「find の過去・過去分詞形」¥
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす、検出する」
  • represent [rèprizént] : 「〜を表す、描く、描写する、意味する、象徴する、示す」
  • parody [pǽrədi] : 「パロディー、もじり、こっけいな物まね」
  • lifelessness [láiflisnis] : 「生命のないこと、死んでいること」
  • really [ríəli] : 「実際には、ほんとうは、確かに、本当に」
  • conceive [kənsíːv] : 「心に描く、思い付く、着想する」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • living [líviŋ] : 「生きている、現存する、活気のある、生命のある」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、姿」
❖ "No sadness and ~ "「悲しみも苦しみも、〜以上のメッセージを明白に伝えるものではない」。"other than an idol ~ "「命のパロディーを表しているに過ぎない偶像が見つかったというメッセージ以上の」メッセージを、悲しみも苦しみも明白に伝えるものではない。あなたがこの幻想世界で見つけることが出来るものは、命があるかに見える偶像だけであって、見せかけの命は、いわばエゴが画策した命の物まねである(a parody of life)。命のない偶像は、崩壊を逃れることは出来ず、あなたが手に入れた偶像は塵のように崩れてしまう。あなたは悲しみ、苦しむであろうが、それは偶像を信じた結果を明白に示すメッセージに過ぎないのだ(proclaim a message other than ~ )。"which, in its lifelessness, is ~ "「その、命のパロディーを表しているに過ぎない偶像は、本当は命などもたないので、実際は死んでいる」。"conceived as real and ~ "「あたかも実在するかのように、命あるものの形だけを与えられているのだ」。偶像は実相的な命がなく、いわば死んでいるのだが、あなたは、その偶像があたかも生きているかのように錯覚して、命のまね事を信じているのだ。命の形だけを真似ている偶像は、当然、崩壊する運命にあり、文字通りに死んでいく。あなたは手に入れたものがはかなく消えていくことを嘆き悲しみ、苦痛を覚えるだろうが、そもそも、あなたがそんな偶像などを追いかけた当然の結果なのだ。



Yet each must fail and crumble and decay, because a form of death cannot be life, and what is sacrificed cannot be whole.
  • each [íːtʃ] : 「各々、それぞれ、めいめい」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる、破産する」
  • crumble [krʌ́mbl] : 「粉々に崩れる、粉々に砕ける、崩れ落ちる」
  • decay [dikéi] : 「腐る、朽ちる、腐食する、崩壊する」
  • sacrifice [sǽkrəfàis] : 「〜を犠牲にする、〜をいけにえにする」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の、丸ごとの」
❖ "Yet each must fail and ~ "「しかし、偶像の一つ一つは、確実に失敗し、崩壊し、腐れ去る」。"because a form of ~ "「なぜなら、死をまとった形は、命であるはずがないからだ」。死を孕(はら)む幻想が命のまね事をしても、本当の命にはなれないからだ。"and what is sacrificed ~ "「そして、犠牲にされるものが完全であることは不可能であるからだ」。"what is sacrificed"「犠牲にされるもの」とは、ここでは、崩壊と死をもって存在を終えるもの、といった意味合い。それは、実相的な永遠不変の命を持たないものなのだから、当然、実相的な視点から見れば、不完全であり、不完璧であり、全体性を欠いている。



6. All idols of this world were made to keep the truth within from being known to you, and to maintain allegiance to the dream that you must find what is outside yourself to be complete and happy.
  • keep A from doing : 「Aに〜させない」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • within [wiðín] : 「〜の中の、〜の内側の」
  • known [nóun] : 「know の過去分詞形」
  • maintain [meintéin] : 「を保持する、維持する、保つ」
  • allegiance [əlíːdʒəns] : 「忠誠、忠実」
  • outside [áutsáid] : 「〜の外に、〜の外側に」
  • complete [kəmplíːt] : 「完結した、完成した、完全な、全部の」
  • happy [hǽpi] : 「幸福な、満足な、幸せな」
❖ "All idols of this world ~ "「この世界のあらゆる偶像は、心の内なる真実があなたに知られないようにするために作られた」。"and to maintain allegiance ~ "「そして、あなたの外にあるものを見つけ出し、完全で幸せになれるに違いないという夢に対して忠実さを守るために、あらゆる偶像は作られたのだ」。幸せになるために必要なものが、あなたの外にあるはずだと信じさせ、夢を見させ、それを保証する偶像に忠実であれと、エゴは命ずる。あなたの目が心の内部へ向かわないようにするためだ。なぜなら、あなたの心の内側には、実相的な真実が眠っており、それに気付けば、偶像の虚偽性が暴れてしまうからだ。どうしても、あなたを騙し続けねばならない。エゴは、自らの存亡を賭けて、あなたに甘い夢を見させ続けるのだ。そして、あなたは、まんまと騙される。



It is vain to worship idols in the hope of peace. God dwells within, and your completion lies in Him.
  • vain [véin] : 「無駄な、無益な、無価値な、空虚な、はかない」
  • worship [wə́ːrʃip] : 「崇拝する、礼拝する、賛美する」
  • in the hope of : 「〜を望んで、〜を期待して、〜を願って、〜への希望を抱いて」
  • dwell [dwél] : 「住む、居住する」
  • within [wiðín] : 「内部で、内側に」
  • completion [kəmplíːʃən] : 「完成、完了、終了」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
❖ "It is vain to worship ~ "「平和を期待して、偶像を崇拝することは無益なことである」。実相的な真実の平和は、幻想世界を探しても、手に入れることは出来ない。平和を得られると主張する偶像を崇拝しても、本当の平和は得られないのだ。偶像崇拝は無益である。"God dwells within ~ "「神は、あなたの心の内側に住んでいる」。"and your completion ~ "「そして、あなたの完成は、神の内にあるのだ」。外部世界である幻想世界に平和を求めても、それを得ることは不可能だ。神の住む心の内側に、本当の平和を求めなくてはならないのだ。そこには、確実に実相的な平和が存在し、それを得ることで、あなたは神の子として完成されるのだ。



No idol takes His place. Look not to idols. Do not seek outside yourself.
  • take one's place : 「〜の代わりをする、〜と交代する、〜の後がまに座る」
  • look to : 「〜に目をやる、〜を当てにする、〜に頼る」
❖ "No idol takes ~ "「どんな偶像も、神の座を奪うことは出来ない」。幻想の存在の偶像が、実相の実在する神に取って代わることなど不可能である。"Look not to ~ "「偶像に頼って、目を向けてはいけない」。"Do not seek ~ "「あなた自身の外に求めてはいけないのだ」。あなたの外部世界には真実は存在しない。あなたの心の内部に真実は存在する。ならば、どっちに目を向けるべきか、おのずと決まる。それを知っていながら、外部世界についつい目がゆくのが凡夫の我々である。エゴの誘いは、非常に巧妙なのだ。ならば、一人でエゴと戦おうとせずに、ホーリー・スピリットの手助けを求めることだ。実相的な絶対他力は、ACIMの主要なテーマである。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp