●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-29.VII9:1 ~ T-29.VII.10:7

9. Yet where are dreams but in a mind asleep? And can a dream succeed in making real the picture it projects outside itself?
  • asleep [əslíːp] : 「眠っている状態の、就寝中の」
  • succeed [səksíːd] : 「成功する」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • picture [píktʃər] : 「絵、像、絵画、光景、見物」
  • project [prədʒékt] : 「〜を投影する、発射する、投げ出す」
  • outside [áutsáid] : 「〜の外に、〜の外側に」
❖ "Yet where are dreams ~ "「眠っている心の中以外に、どこに夢はあるだろうか」。眠っている心が夢を見るのだ。実相に対して眠っている(目を閉じている)心が、幻想を見るのである。"And can a dream ~ "「心が、心の外側に投射した絵(光景)を、夢が現実のもの(実在するもの)とすることに成功出来るだろうか」。心が外部に投射した幻想が、現実的な実在となることはない。夢は、あくまでも夢に過ぎない。



Save time, my brother; learn what time is for. And speed the end of idols in a world made sad and sick by seeing idols there.
  • save [séiv] time : 「時間を節約する」
  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、 〜を知る、分かる」
  • speed [spíːd] : 「〜を促す、促進させる、〜を急がせる、せかす」
  • end [énd] : 「終わり、端、最後、終局、終焉、終点、終了」
  • idol [áidl] : 「アイドル、偶像、崇拝される人、神像」
  • sad [sǽd] : 「悲しい、悲しげな、悲しむべき、無念な、残念な」
  • sick [sík] : 「病気で、病気の、不健全な、調子が悪い」
❖ "Save time, my ~ "「我が兄弟よ、時間を節約しなさい」。"learn what time ~ "「時間が何のためにあるのか学びなさい」。"And speed the end ~ "「そして、この世界に偶像を見ることで、悲しく病的にされた世界の中の偶像の終焉を速めなさい」。あなたはこの幻想世界で、幸せと富を約束してくれそうな偶像を探し求め、その偶像を崇拝するのだが、偶像はことごとくあなたを裏切り、あなたは絶望し悲しむ結果になる。この世界は、あなたの目に、病み衰えて映るのだ。しかしそれは、世界が悪いのではなく、ありもしない偶像を追い求めたあなたに原因がある。だから、あなたは、そんな偶像を追い求めることなど、早々に止めなければならない。



Your holy mind is altar unto God, and where He is no idols can abide.
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • altar [ɔ́ːltər] : 「祭壇、聖餐台」
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
❖ "Your holy mind ~ "「あなたの神聖な心は、神への祭壇である」。"and where He is ~ "「神のいる所に、どんな偶像も存在し得ない」。エゴに大きく支配された心ではあるが、しかし、あなたの心の中の最も神聖で純粋な部分に神の祭壇があり、そこが、天の王国へのチャンネルになっている。そこにはホーリー・スピリットが住まい、いわば、実相世界の出先機関のようなものなのだ。規模が小さくても実相には変わりないから、幻想の偶像がそこに住むことは出来ない。



The fear of God is but the fear of loss of idols. It is not the fear of loss of your reality.
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
  • loss [lɔ́s] : 「失うこと、紛失、損失、喪失」
  • reality [riǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
❖ "The fear of God is ~ "「神への恐れは、偶像を失うことへの恐れにほかならない」。"It is not the fear ~ "「神への恐れは、あなたの実相が失われることへの恐れではないのだ」。神を恐れるとは、実相を恐れる、つまり、真実を恐れることである。神を受け入れ、幻想の偶像を追い求めることを止めてしまえば、この世での幸せや富を放棄することにつながり、ますます悲しく不幸になりはしまいかと恐れるのだ。幻想の自分が、あなたの現実になっているわけで、その幻想の自分を失うことは、自分自身を失うことだと勘違いしているのである。本文は、偶像や自分の幻想性を失うことへの恐れが神を避けているという意味であり、あなたの"reality"「実相性」を失うことへの恐れではない、という意味。ところで、真実はその逆で、幻想の自分を失うことは、実相的な本当の自分を取り戻す最大のチャンスなのだ。



But you have made of your reality an idol, which you must protect against the light of truth.
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • against [əɡéinst] : 「〜に対して、〜に逆らって、〜にそむいて、反抗して」
  • light [láit] : 「光、光源、ライト、明かり」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "But you have made ~ "「しかし、あなたは、偶像をあなたの現実としてしまった」。"which you must ~ "「そしてあなたは、真実の光に対して、偶像を守らなくてはならなくなったのだ」。幻想世界で幻想の偶像を追い求め、偶像を崇拝して、幸せや富を得ようとすることが、あなたの現実、あなたの現実的な目的になってしまった。したがって、あなたは現実を失いたくないがために、幻想の偶像を必死に守ろうとするのである。



And all the world becomes the means by which this idol can be saved. Salvation thus appears to threaten life and offer death.
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • save [séiv] : 「確保しておく、取っておく、残しておく、救う、助ける」
  • salvation [sælvéiʃən] : 「救出、救済、救い、救世」
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • appear [əpíər] : 「〜のように見える、〜と思われる、〜らしい」
  • threaten [θrétn] : 「〜を脅す、脅迫する、 〜の恐れがある」
  • life [láif] : 「人命、生命、寿命」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • death [déθ] : 「死、消滅、死亡、破滅、終わり、終焉」
❖ "And all the world ~ "「そして、この世界のあらゆるものが、この偶像を保持するための手段になってしまったのだ」。偶像の親玉がエゴであり、エゴはあなたの心の大半を支配し、さらに、この世界の大半を支配している。あなたはエゴの奴隷として、この世界のあらゆるものを、エゴを保持するための道具として利用しているのだ。金儲けに走り、社会的地位を得るために奔走し、他者を支配するための権力を求め回る。愛さえも、パートナーを支配するための道具に利用する。"Salvation thus appears ~ "「救いは、こうして、命に対する脅威に見え、死を差し出しているかに見えてしまう」。幻想の偶像、幻想のエゴから解放させる救いは、この世界で生きている命を否定するもののように見え、幻想に終止符を打つ救いは、この世での死を意味しているかに見えるのだ。確かに、救いは幻想の終わりを意味する。しかし、それは、幻想の死をもって、実相に再生すること、命の復活を意味するのだ。したがって、救いを拒否することこそ、命の否定であり、それ自体が死なのである。



10. It is not so. Salvation seeks to prove there is no death, and only life exists. The sacrifice of death is nothing lost.
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • prove [prúːv] : 「証明する、立証する、〜であると分かる」
  • exist [igzíst] : 「存在する、生きている、生存する」
  • sacrifice [sǽkrəfàis] : 「犠牲、いけにえ」
  • lost [lɔ́st] : 「失った、浪費され」
❖ "It is not ~ "「救いとは、そういうものではない」。救いは、命への恐れでもなければ、死を意味するものでもない。"Salvation seeks to ~ "「救いは、死など存在しないこと、命だけが存在することを証明しようとしている」。"The sacrifice of death ~ "「死を犠牲にすることで、何も失われるものはない」。



An idol cannot take the place of God. Let Him remind you of His Love for you, and do not seek to drown His Voice in chants of deep despair to idols of yourself.
  • take the place of : 「〜の代わりをする、〜に取って代わる」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
  • drown [dráun] : 「〜をおぼれさせる、〜を…で紛らわす」
  • chant [tʃǽnt] : 「詠唱」
  • deep [díːp] : 「深い、深さがある、強度の、極端な」
  • despair [dispέər] : 「絶望、失望、落胆」
❖ "An idol cannot take ~ "「偶像は、神に取って代われるものではない」。偶像は幻想であり、神は実相である。幻想が実相に取って代われる道理はない。"Let Him remind you of ~ "「神をして、あなたに思い出させよう」、つまり、「あなたに対する神の愛を思い出す手助けをしてもらおう」。"and do not seek ~ "「そして、あなた自身の偶像に対する深い絶望を嘆く声に神の声がかき消されるようなことを探し求めないようにしなさい」。神の声とは、すなわちホーリー・スピリットの声である。あなたの心の中の声だ。偶像がもたらした絶望に嘆いてばかりいずに、あなたの心の中のホーリー・スピリットの声を聞きなさい。必ず、解決策を教えてくれるはずだ。ホーリー・スピリットは、あなたが耳を傾けてくれるのをじっと待っているからだ。



Seek not outside your Father for your hope. For hope of happiness is not despair.
  • hope [hóup] : 「希望、望み」
  • happiness [hǽpinəs] : 「幸福、喜び、幸せ」
❖ "Seek not outside ~ "「あなたの希望を求めて、あなたの父なる神の外に探してはいけない」。"For hope of ~ "「なぜなら、幸せへの希望は、絶望ではないからだ」。あなたが、あなたの心の外に幸せを求めるなら、あなたは幻想の偶像を追い求めることになり、それは確実に失敗して、あなたは絶望する。あなたが、あなたの心の内に幸せを求めるなら、あなたは実相の神の声を聞くことが出来、それは確実に成功して、あなたは真実の幸せを得ることが出来る。一言で言えば、あなたの心の外には偶像がいて、心の内側には神がいるのだ。そのどちらを信じ、選択するかは、あなたの自由意思に委ねられている。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp