●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-19.I.3:1 ~ T-19.I.4:6

3. The body cannot heal, because it cannot make itself sick. It needs no healing.

  • heal [híːl] : 「治す、治癒する、治療する、癒やす、救う」
  • sick [sík] : 「病気で、病気の、不健全な、調子が悪い」
  • healing [híːliŋ] : 「治療、回復、治癒、癒やし」
❖ "The body ~ "「肉体がヒーリングすることは不可能だ」。"because it cannot ~ "「なぜなら、肉体が自らを病にすることは出来ないからだ」。"It needs ~ "「肉体はヒーリングの必要がないのである」。おや? と思うかも知れない。しかし、病を引き起こすのは心の歪みであり、ヒーリングが必要なのは心である。そして、ヒーリングが出来るのは、まさに心なのだ。肉体は、心の歪みが現象として現れる、いわば「場」のようなものであって、病の直接原因ではない。



Its health or sickness depends entirely on how the mind perceives it, and the purpose that the mind would use it for.
  • health [hélθ] : 「健康、健康状態、調子」
  • sickness [síknəs] : 「病気」
  • depend [dipénd] on : 「〜によって決まる、〜次第である、〜に頼る」
  • entirely [entáiə] : 「全く、完全に、全体に、ひたすら」
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜を理解する、〜を把握する」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
❖ "Its health or sickness ~ "「肉体が健康であるか病気であるかは、もっぱら、心が肉体をどう知覚しているかによって決まり、心が肉体を利用する目的に依存しているのだ」。心が肉体を現実のものと知覚し、その病をも現実のものと考えているうちは、肉体も病もあたかも本物であるかのように現象化してしまうだろう。しかし、肉体も病も幻想に過ぎないのだと見破れば、そして、心の歪みがそれを幻覚化しているのだと認識出来れば、錯覚の肉体からも幻覚の病からも解放されるだろう。



It is obvious that a segment of the mind can see itself as separated from the Universal Purpose.
  • obvious [ɑ́bviəs] : 「明らかな、明白な、分かりきった」
  • segment [ségmənt] : 「部分、区分、断片、切片」
  • separate [sépərèit] : 「分ける、分離する、隔てる、引き離す、切り離す」
  • separated : 「分離した、別々になって、離ればなれの」
  • universal [jùːnəvə́ː(r)sl] : 「普遍的な、全体の、全宇宙の、全世界の」
  • purpose [pə́ː(r)pəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
❖ "It is obvious that ~ "ここは"It ~ that ~ "の構文、「心の断片が自らを、普遍的な目的から切り離されたものと見る可能性があることは、明白である」。"Universal Purpose"「普遍的な目的、宇宙的な目的」とは、実相世界の目的、つまり、神の意思、神の法、神の心といった意味合いであろう。実相世界全体が向かう方向性を持った心的ベクトル。心が全体なるものから分離してしまえば(断片化してしまえば)、心は自らをはぐれ鳥のように感じて、世界の向かうベクトルとは異なる方向を目指してしまうだろう。その可能性のあることは、明白である。世界の向かう方向とは、真実であり、実相である。はぐれ鳥の心が向かう方向は、虚偽であり、幻想である。



When this occurs the body becomes its weapon, used against this Purpose, to demonstrate the "fact" that separation has occurred.
  • occur [əkə́ː(r)] : 「起こる、発生する、生じる、現れる」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • weapon [wépn] : 「武器、兵器、凶器、対抗手段」
  • against [əgénst] : 「対抗して、〜に逆らって、〜にそむいて、反抗して」
  • demonstrate [démənstrèit] : 「実証する、立証する、実際にやってみせる、実演する」
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
❖ "When this occurs ~ "「このことが起きるとき、肉体は武器となってしまう」。"used against ~ "「(大いなる)目的に対抗して使われるからだ」。"to demonstrate ~ "「それは、分離が起きたという『事実』を実証するために使われるのである」。神の意思である、大いなる目的から逸脱した心は、虚偽と幻想に向かう。そのとき、心は、幻想の肉体を利用して、肉体が分離して独立しているから、心も分離しているに違いないのだと宣言する。肉体は分離の証拠だと言うわけである。



The body thus becomes the instrument of illusion, acting accordingly; seeing what is not there, hearing what truth has never said and behaving insanely, being imprisoned by insanity.
  • instrument [ínstrəmənt] : 「道具、器具、機器、計器」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • act [ǽkt] : 「行動する、振る舞う」
  • accordingly [əkɔ́ː(r)diŋli] : 「それに応じて、それ相応に、それ故に、従って」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • behave [bihéiv] : 「振る舞う、行動をする」
  • insanely [inséinli] : 「正気とは思えないほど、発狂して、気違いじみて、非常識に」
  • imprison [imprízn] : 「監禁する、拘置する、投獄する」
  • insanity [insǽnəti] : 「狂気、精神病、精神異常」
❖ "The body thus becomes ~ "「このように、肉体は、幻想の道具になってしまう」。肉体が分離の象徴であると言われる所以(ゆえん)である。"acting accordingly ~ "「したがって、肉体は次のように行動するのだ」。 "seeing what is ~ "「ありもしないものを見たり、」"hearing what ~ "「真実が決して語らないことを聞いたり、」"and behaving ~ "「狂気の振る舞いをしたりする」。"being imprisoned by ~ "「つまり、狂気によって投獄されたようなものなのだ」。狂気によって心ががんじがらめになっている、ということ。
幻想を信じているのだから、嘘を本当と思い込んでいるのだ。それを、狂気というのである。



4. Do not overlook our earlier statement that faithlessness leads straight to illusions.
  • overlook [òuvə(r)lúk] : 「見落とす、見過ごす、大目に見る」
  • earlier : 「前の」
  • statement [stéitmənt] : 「陳述、述べたこと、発言、供述、記述」
  • faithlessness [féiθlisnis] : 「不実さ、不誠実さ、信仰心のなさ」
  • lead [li':d] : 「導く、案内する、通じている、ある結果に至る」
  • straight [stréit] : 「一直線に、真っすぐに」
❖ "Do not overlook ~ "「以前、〜と言ったことを見落としてはいけない」。"that faithlessness ~ "「信じる気持ちがないことは、真っすぐに幻想に通じている」と言ったことを見落としてはいけない。



For faithlessness is the perception of a brother as a body, and the body cannot be used for purposes of union.
  • perception [pə(r)sép∫n] : 「知覚、認知、知見、見識、感じ方」
  • union [júːnjən] : 「結合、合併、融合、団結」
❖ "For faithlessness is ~ "「なぜなら、信じる気持ちがないことは、同胞を肉体として知覚することなのだからだ」。"and the body cannot ~ "「そして、肉体は、結合の目的に利用することは不可能であるからだ」。あなたは同胞を見て、肉体があるから存在していると認識している。肉体は幻想に過ぎず、本当に存在しているのは心であると信じられないのだ。心の実在を信じられないから、肉体の存在を受け入れてしまうのである。同時に、心と心の結合は、肉体を通しては達成出来ない。肉体の結合は、心の結合の疑似体験に過ぎず、やはり、幻想に過ぎないのだ。



If, then, you see your brother as a body, you have established a condition in which uniting with him becomes impossible.
  • establish [istǽbli∫] : 「確立する、設立する、達成する」
  • condition [kəndí∫n] : 「事情、条件、状態、状況、様子、様相」
  • unite [junáit] : 「結合する、一体となる、一体化する、合体する」
  • unite with : 「〜と一緒になる、〜と結合する、〜と合体する」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない、無理な」
❖ "If, then, you see ~ "「そこで、もしあなたが、同胞を肉体であると見るならば、」"you have established ~ "「あなたは、同胞との(心の)結合を不可能にしてしまう条件を満たしてしまったことになるのだ」。肉体の結合を通した疑似結合を求める余り、心と心の、真の結合は不可能な状況に陥ってしまう。



Your faithlessness to him has separated you from him, and kept you both apart from being healed.
  • separate [sépərèit] : 「分ける、分離する、隔てる、引き離す」
  • kept [képt] : 「keep の過去・過去分詞形」
  • keep A from doing : 「Aが〜できないようにする」
  • both [bóuθ] : 「両方、双方」
❖ "Your faithlessness ~ "「あなたが同胞を信じることが出来ない気持ちは、あなたを同胞から切り離してしまった」。"and kept you both ~ "「そして、あなたも同胞もヒーリングされ得ない状態にしてしまったのである」。ヒーリングは、心の歪みの矯正である。正しい心のあり方を回復させることである。正しい心のあり方とは、心が散り散りバラバラに存在するのではなく、結合して一体の心となって存在することである。あなたが同胞の心の存在を信じられないなら、どうして心の結合が達成出来るだろうか? ましてや、そんなことでは、ヒーリングが可能な状態ではない。



Your faithlessness has thus opposed the Holy Spirit's purpose, and brought illusions, centered on the body, to stand between you.
  • oppose [əpóuz] : 「反対する、反抗する、対抗する、敵対する、妨害する」
  • brought [brɔ́ːt] : 「bring の過去・過去分詞形」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れて来る」
  • center [séntə(r)] on : 「〜に集中する、〜に重点を置く、〜を軸とする」
  • between [bitwíːn] : 「〜の間で、〜の合間に」
❖ "Your faithlessness ~ "「このように、あなたに信じる気持ちのないことは、ホーリー・スピリットの目的に反することだ」。ホーリー・スピリットは、神の子がその心を再統一してくれることを目的としている。そのためには、あなたが同胞の心を信じる必要があるのだ。"and brought ~ "「そして、あなたに信じる気持ちのないことは、幻想を持ち込み、肉体に集中し、あなたと同胞の間に立ちはだかってしまったのである」。心を信じることが出来ないということは、実相的実在を信じられずに、幻想を信じてしまうことを意味する。かくして、心を信じず、肉体を信じたのだ。肉体は分離の象徴であり、あなたは分離を信じたことになる。そんな状況下で、心の再統一が実現出来るはずはない。



And the body will seem to be sick, for you have made of it an "enemy" of healing and the opposite of truth.
  • sick [sík] : 「病気で、病気の、不健全な、調子が悪い」
  • enemy [énəmi] : 「敵、敵国」
  • opposite [ɑ́pəzit] : 「反対、正反対のもの、逆の物」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "And the body will ~ "「そして、肉体は病気を患っているように見えてくるのだ」。"for you have made ~ "「なぜなら、あなたは、肉体から、ヒーリングの『敵』と、真実に反対するものを作り出してしまったからだ」。真実ではないもの、幻想であるもの、それは時間と空間に支配された世界のものであるから、必ず変化流動し、崩壊と破壊へ向かう。肉体も例外ではなく、肉体の病と死は必然である。もっとも、幻想世界では必然である、という意味である。肉体が幻想であると見抜くことが出来たら、病も死も幻想であるから、病と死を超越した存在となることが出来よう。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp