●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-19.I.7:1 ~ T-19.I.8:3

7. Truth and illusion have no connection. This will remain forever true, however much you seek to connect them.

  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • illusion [ilúːʒ(ə)n] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • connection [kənék∫n] : 「つながり、連結、結合、関係、関連」
  • have no connection : 「無関係である」
  • remain [riméin] [SVC] : 「依然として〜のままである
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の、実際どおりの」
  • however [hauévə(r)] : 「けれども、しかしながら、また一方」
  • however much : 「〜だけれども」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • seek to : 「〜しようとする」
  • connect [kənékt] : 「〜をつなぐ、接続する、〜を関係させる」
❖ "Truth and illusion ~ "「真実と幻想は、まったく関係を持たない」。"This will remain forever ~ "「これは、永遠に本当である」。"however much you ~ "「たとえ、あなたが真実と幻想を繋(つな)げようとしても」。真実は実相的な実在であり、幻想は非実在である。結合させようにもレベルが全く異なるのだ。



But illusions are always connected, as is truth. Each is united, a complete thought system, but totally disconnected to each other.
  • always [ɔ́ː(l)weiz] : 「いつも、常に」
  • unite [junáit] : 「〜を結合させる、一つにする、結び付ける」
  • complete [kəmplíːt] : 「全部そろった、完全な、全部の、完結した」
  • thought system : 「思考システム」
  • totally [tóut(ə)li] : 「全体的に、全体として、すっかり、全く、完全に」
  • disconnect [dìskənékt] : 「〜との接続を切る、〜の電源を切る、連絡を断つ」
  • each other : 「お互いに」
❖ "But illusions are ~ "「しかし、幻想同士は常に結ばれており、真実同士も常に結ばれている」。"Each is united ~ "「(幻想は幻想同士で、真実は真実同士で) 互いに結ばれており、完璧な思考システム形作っている」。エゴの思考システム(幻想)とホーリー・スピリットの思考システム(真実)を思い浮かべればいいだろう。"but totally disconnected ~ "「しかし、(幻想と真実同士は)互いに、完全に関係が絶たれている」。



And to perceive this is to recognize where separation is, and where it must be healed.
  • perceive [pə(r)síːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、〜を認証する、認める、受け入れる」
  • separation [sèpəréi∫n] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • heal [híːl] : 「治す、治癒する、治療する、癒やす、救う」
❖ "And to perceive this ~ "「そして、このことを知覚することは、分離がどこにあるか、そして、どこがヒーリングされねばならないのか、認識することにつながる」。幻想と真実をきちんと峻別して知ることによって、肉体が幻想であり、心が真実であると認識出来るようになる。そして、その肉体が心を分離させていること、そして、分離した心をヒーリングしなければならないことが分かってくるのである。



The result of an idea is never separate from its source.
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き、効果、成果、成績」
  • separate [sépərèit] from : 「〜から離れる、〜から分離する、〜と別れる」
  • source [sɔ́ː(r)s] : 「もと、源、起点、原因、出所、出典」
❖ "The result of an idea ~ "「思考したことによる結果は、その思考の源から切り離せるものではない」。幻想的思考は幻想を生み、真実の思考は真実を生む。エゴの思考システムはエゴ的な幻想を結果として生み、ホーリー・スピリットの思考システムは実相的な真実の結果を生む。



The idea of separation produced the body and remains connected to it, making it sick because of the mind's identification with it.
  • produce [prəd(j)úːs] : 「〜を作り出す、生産する、産生する、引き起こす、〜を出現させる」
  • remain [riméin] [SVC] : 「依然として〜のままである」
  • make [SVOC] : 「〜の状態を作り出す、〜にする」
  • sick [sík] : 「病気で、病気の、不健全な、調子が悪い」
  • because of : 「〜のために、〜のせいで」
  • identification [aidèntəfikéi∫n] : 「同一化、同定、同一であることの確認」
❖ "The idea of separation ~ "「分離という思考は肉体を生み出し、」つまり、分離という幻想の思考は肉体という幻想を生んだのだ。"and remains connected ~ "「分離という考えは、肉体に結びついたままなのだ」。つまり、肉体は分離の象徴として幻想的世界に存在している。"making it sick ~ "分詞構文、単純接続、「そして、分離という考えは、心は肉体と同一だと思うことで、肉体を病気にするのである」。心は、本当は分離すべきものではない。心は、本来単一の存在であった。神の子が神から分離した後、心は散り散りに分裂したのである。そして、その分裂した心を個々の肉体の中に閉じこめたのだ。したがって、肉体と同居して、あたかも肉体と同一体と見なされる分離した心は、それだけの理由によっても歪んでいるのである。この心の歪みが病を生み出し、肉体を病ませる。



You think you are protecting the body by hiding this connection, for this concealment seems to keep your identification safe from the "attack" of truth.
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
  • hide [háid] : 「隠す、隠蔽する、秘密にする」
  • connection [kənék∫n] : 「関係、関連、交際、つながり、連結」
  • concealment [kənsíːlmənt] : 「隠すこと、隠匿」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "You think you are ~ "「あなたは、この分離と肉体の繋がりを隠すことで、肉体を守っていると思っている」。肉体は決して分離の象徴などではなく、存在の独立性を象徴しているのだと、あなたは考えている。肉体の存在を養護し、守っているのである。しかし、それによって心は極度に歪み、悲痛な叫びとして肉体に病を発症させるのだ。"for this concealment ~ "「なぜならば、この分離と肉体の繋がりは、あなたが自分を肉体だと思っていることを、真実の『攻撃』から安全に守っているのであるから」。真実はあなたに、あなたの実在は肉体ではなくその心だと主張する(攻撃する)。しかし、あなたは頑(かたく)なに、その真実の主張に反論して、独立した存在の肉体こそが自分であると守りに入る。その守りの基盤は、肉体が分離の象徴として、心をも分離させているという事実である。つまり、肉体は分離ではなく独立だといくら主張しても、肉体と分離は一体であり、肉体を真実であると考える以上は分離の存在も事実であると認めたことになるのだ。結局、肉体の幻想性を見抜くことがなければ、肉体や心の分離は解消しないのであって、心のヒーリングは肉体の幻想性の認識にかかっている。しかし、あなたはどうしても肉体を手放そうとはしない。自分は肉体をもった実在であると言う。それは、自分が分離した存在であることを受け入れたことなのだと理解出来ないのだ。



8. If you but understood how much this strange concealment has hurt your mind, and how confused your own identification has become because of it!
  • understood [ʌ̀ndə(r)stúd] : 「understand の過去・過去分詞形」
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
  • strange [stréin(d)ʒ] : 「奇妙な、変わった、変な」
  • concealment [kənsíːlmənt] : 「隠すこと、隠匿」
  • hurt [hə́ː(r)t] : 「〜を傷つける、〜に苦痛を与える」
  • confuse [kənfjúːz] : 「混同する、混乱させる、困惑させる」
  • confused : 「困惑した、混乱した、頭が混乱した」
  • identification [aidèntəfikéi∫n] : 「同一化、同定、同一であることの確認」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
❖ "If you but understood ~ "仮定法過去、「もし、あなたが、この奇妙な隠蔽がどんなにあなたの心を傷つけているか、理解出来たとしたら、」"and how confused your ~ "「そして、あなた自身の同一化が、そのせいで、どんなに混乱しているか、理解出来たとしたら、」どんなにあなたは楽になることだろう。肉体と分離が関連し合っていることを隠さずに認め、そのために、あなたが肉体と自分を同一化していることで、心に混乱を来していることが理解出来たなら、あなたは肉体の幻想性を見極めて、心の実在性を認識することが出来るのだが・・・。しかし、現実は、あなたは、まだその地平に達していない。



You do not see how great the devastation wrought by your faithlessness, for faithlessness is an attack that seems to be justified by its results.
  • great [gréit] : 「大きい、大きな、巨大な」
  • devastation [dèvəstéiʃən] : 「徹底的な破壊、荒らすこと、荒廃、廃墟」
  • wrought [rɔ́ːt] : 「work の過去・過去分詞形」
  • faithlessness [féiθlisnis] : 「不実さ、不誠実さ、信仰心のなさ」
  • justify [dʒʌ́stəfài] : 「弁明する、正当化する、正当だと証明する」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き、効果、成果、成績」
❖ "You do not see how ~ "「あなたは、あなたの信じる気持ちの欠如によって引き起こされた(心の)荒廃が、いかに大きいか、分かっていない」。幻想の肉体に目を奪われるあまり、心の実在性を信じきれないことが、あなたの心を荒廃させている。心が病んでいるのだ。"for faithlessness is ~ "「なぜなら、信じる気持ちの欠如は、攻撃の結果によって正当化されたかに見える、その攻撃なのだから」。ここの攻撃は、真実に対する攻撃だと見ていいだろう。肉体が幻想であり、心が実在であると信じられない気持ちは、つまり、真実を信じられない気持ちは、次のように言うだろう。肉体が痛みを感じ、傷つくのは肉体であり、病に侵されるのも肉体である。だから、肉体が実在なのであって、心はその肉体の頭脳が作り出す幻想に過ぎないのだ。肉体が抱え込む結果がすべてを証明しているではないか。信じる気持ちの欠如は、こう言って、真実を攻撃するだろう。この批判(攻撃)は、批判自体を正当化しているだけであって、批判が真実であることを証明しているのではない。たとえば、赤いリンゴを見て、青ではなく赤く見えるからリンゴは赤いのだ、と主張しているようなものなのだ。なぜ赤く見えるのか、赤を認識している知覚は正当なのか、その議論は一切なされていなのである。



For by withholding faith you see what is unworthy of it, and cannot look beyond the barrier to what is joined with you.
  • withhold [wiðhóuld] : 「〜を抑える、差し控える、保留する、引き留める」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信条」
  • unworthy [ʌnwə́ː(r)ði] : 「〜に値しない、値打ちのない、〜に合わない、〜にふさわしくない」
  • beyond [bi(j)ɑ́nd] : 「〜の向こうに、〜を越えて、〜を過ぎて」
  • barrier [bǽriə(r)] : 「障害物、障壁、バリア、柵、垣根、フェンス」
  • join [dʒɔ́in] : 「結合する、連結する、合わせる、つなぐ」
❖ "For by withholding faith ~ "「なぜなら、信じる気持ちを抑え込むことで、あなたは信じるに値しないものを見ているのだから」。心の実在性を信じる気持ちを抑圧することで、心の存在から目をそらし、信じるに値しない幻想の肉体しか目にしないのだ。"and cannot look beyond ~ "「その結果、あなたは、あなたと結合しているものとへのバリアーを越えて、ものを見ることが出来ないのである」。肉体は分離し孤立しているが、実在の心は実相世界につながって、そこに存在する心と強く結びついている。肉体はその世界との境界に築かれた障害物(バリアー)である。あなたは、信じる気持ちの欠如ゆえに、そのバリアーを越えた向こうの、実相世界が見えないのである。天の王国が見えないのだ。次のような議論を、あなたはどう思われるだろう? この宇宙は確かに存在している。その宇宙の果ての向こうは何か? 何かが存在しているなら、それは宇宙の続きだから、この宇宙に含めてしまえばいい。したがって、宇宙の果ての向こうには何も存在していない。よって、この宇宙は唯一の宇宙である。一見、正しそうな議論であるが、真実ではない。この議論は何も証明してはいないのだ。案の定、現代物理学は、こんな議論を一蹴する。平行宇宙論、双子の宇宙、母宇宙、子宇宙、孫宇宙、等々のアイディアが続出してきて、我々の住む宇宙が唯一ではないことが常識になりつつあるのだ。あるいは、真空。真空とは何もない空間である。何もないから真空という。だから、真空は絶対的に静的な世界だ。この議論も誤りだ。不確定性原理によって、非常に短時間であれは、エネルギーは膨大なものとなる。真空は、物質が生まれては消えるという、いわば粒子がふつふつと沸き立っては消える、動的な世界なのである。肉体は実在すると考えるあなたは、もう一度心を静めて、心の声を聞いてみるべきではないだろうか。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp