●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-22.I.5:1 ~ T-22.I.6:7

5. Your sight was given you, along with everything that you can understand.

  • sight [sáit] : 「視界、景色、光景、視覚、視力」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • along with : 「〜と一緒に、〜とともに、〜に加えて、〜のほかに」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
❖ "Your sight was ~ "「あなたの視野は、あなたが理解出来るすべてのものと共に、あなたに与えられたのだ」。あなたが心の目で見るヴィジョンは、あなたが心で理解出来る愛や喜びや平和と共に、神の属性としてあなたに与えられたものである。"sight"を「視野」と訳したが、「視力」と考えてもいい。真実を見る力であり、真実の光景である。



You will perceive no difficulty in understanding what this vision tells you, for everyone sees only what he thinks he is.
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く、〜を見抜く」
  • difficulty [dífikʌ̀lti] : 「困難、難事、難儀、面倒なこと、問題」
  • vision [víʒən] : 「視覚、視力、洞察力、想像力、展望、構想」
  • tell [tél] : 「〜に話す、言う、告げる、教える、伝える」
❖ "You will perceive ~ "「このヴィジョンがあなたに告げることを理解するのに、難しさなど、あなたは感じることはないであろう」。真実は、決して理解しがたいものではなく、逆に、理解などしなくても自然にわかるものが真実である。"for everyone sees only ~ "「なぜなら、誰もが、本当の自分だと思えるものだけを見ているからだ」。あなたを含め誰もがエゴを捨て、心の中の最も純粋で神聖な部分に住む正気さを自分自身だと同定した(sees only what he thinks he is)のだから、その正気さの見るヴィジョンを真実だと受け止めるのである。真実を理解するのに難しさはない。



And what your sight would show you, you will understand because it is the truth.
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "And what your sight ~ "意訳する、「そして、あなたの見るヴィジョンが、あなたに真実を示してくれるだろう」。"you will understand ~ "「それが真実であるがゆえに、あなたはそれを理解するのだ」。エゴがあなたに示した、この幻想世界の不条理(悲惨さ)を、あなたは理解することは出来なかった。それは、この世界の不条理が真実ではないからだ。しかし、エゴを捨てた今、ホーリー・スピリット(正気さ)のヴィジョンが見せてくれる光景は、真実であるがゆえに、あなたの理解にどんどん入ってくるのである。



Only your vision can convey to you what you can see. It reaches you directly, without a need to be interpreted to you.
  • convey [kənvéi] : 「伝達する、伝える、告げる」
  • reach [ríːtʃ] : 「〜に手を差し出す、〜に達する、〜に至る」
  • directly [dəréktli] : 「直接に、真っすぐに、そのまま」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • need [níːd] : 「必要性、必要なもの、必要物」
  • interpret [intə́ːrprit] : 「解釈する、解明する、説明する」
❖ "Only your vision ~ "「あなたのヴィジョンだけが、あなたが見ることの出来るものを、あなたに伝えることが出来るのである」。ヴィジョンだけが、あなたが見て信じることの出来る真実を、あなたに伝えることが出来るのだ。"It reaches you ~ "「それは、直接あなたに届くのである」。真実が、何も介することなく、直接あなたの心に届く。"without a need ~ "「あなた理解のために、解釈する必要など、まったくないのだ」。



What needs interpretation must be alien. Nor will it ever be made understandable by an interpreter you cannot understand.
  • interpretation [intə̀ːrprətéiʃən] : 「解釈、説明、解説」
  • alien [éiliən] : 「性質の異なる、異質な、縁もゆかりもない」
  • understandable [ʌ̀ndərstǽndəbl] : 「理解できる、分かる、無理からぬ」
  • interpreter [intə́ːrpritər] : 「通訳者、解釈者、解説者、通訳、通訳官」
❖ "What needs interpretation ~ "「解釈の必要なものとは、(あなたにとって)異質なものに違いない」。つまり、真実ではないもののことだ。"Nor will it ever ~ "「そして、それは、あなたの理解出来ない解釈者によって、理解可能とされることはないだろう」。あなたが理解出来ないエゴによって、どんな解釈をされても、あなたには、それが真実であるとは思えない。あなたの正気さが、それは真実ではないと気付いているからだ。真実かどうかは、解釈以前に決まっているのだ。



6. Of all the messages you have received and failed to understand, this course alone is open to your understanding and can be understood.
  • message [mésidʒ] : 「伝言、メッセージ、通報、連絡事項、通信」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する、入手する」
  • fail [féil] to : 「〜しない、〜しそこなう、〜できない」
  • course [kɔ́ːrs] : 「課程、講座、科目、コース」
  • alone [əlóun] : 「独りで、単に」
  • be open to : 「受けやすい」
❖ "Of all the messages you ~ 「あなたが受け取り、理解出来なかったすべてのメッセージのうち、」"this course alone is ~ "「このACIMだけは、あなたの理解力の射程距離に入っているし、現に理解可能である」。ACIMは真実だけを語っているから、あなたは苦もなく理解出来るだろう、ということ。とは言え、凡人にとっては、なかなか難解であることは、事実である。



This is your language. You do not understand it yet only because your whole communication is like a baby's.
  • language [lǽŋgwidʒ] : 「言語、言葉」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の、丸ごとの」
  • communication [kəmjùːnəkéiʃən] : 「伝達、通信、連絡、交信」
❖ "This is your ~ "「これは、あなたの言語である」。ACIMは、あなたにとって、母国語のようなものだ。"You do not understand it ~ "「あなたがACIMを理解出来ないと言うなら、それは、」"only because your whole ~ "「あなたのコミュニケーション全体は、赤ちゃんのそれと似たようなものだからである」。言語が発達していない赤ちゃんにとって、コミュニケーションがうまくとれないように、あなたのACIMに対する言語が発達不良で、結果、理解不良となる。ACIMに対する言語とは、真実に対する理解力、ということで、あなたはその発達途上にあるわけだ。ACIMが、あなたにとって、まだ完全に母国語化されていないのである。



The sounds a baby makes and what he hears are highly unreliable, meaning different things to him at different times. Neither the sounds he hears nor sights he sees are stable yet.
  • highly [háili] : 「高度に、大いに、非常に、極めて」
  • unreliable : 「信頼できない、頼みにならない、頼りない」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • different [dífərənt] : 「相違する、違っている、異なる」
  • neither [níːðər] : 「どちらの〜も〜でない」
  • neither A nor B : 「AでもなくBでもない、AとBのどちらも〜ない」
  • stable [stéibl] : 「しっかりした、安定した、断固とした、不変の」
❖ "The sounds a baby ~ "「赤ちゃんが発する声、赤ちゃんが耳にする音、それは非常に頼り気ない」。"meaning different things ~ "分詞構文、理由、「時が違えば、意味することも違ってくるからだ」。赤ちゃんは、腹が減って泣くこともあり、おしっこをして泣くこともある。泣くこと一つをとってみても、時が違えば、意味することも違ってくる。"Neither the sounds ~ "「赤ちゃんが聞く音も、見る光景も、まだまだ安定しないのだ」。あなたの、真実に対する反応も、それに類した水準である。まだまだ、発展の途上にあるわけだ。



But what he hears and does not understand will be his native tongue, through which he will communicate with those around him, and they with him.
  • native [néitiv] : 「自分の国の、故郷の、生まれつきの、生来の」
  • tongue [tʌ́ŋ] : 「言葉、言語、方言、話し方、話しぶり、言葉遣い」
  • native tongue : 「ネイティブ言語、母国語、自国語、母語」
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
  • communicate [kəmjúːnikèit] : 「連絡する、通信する、交信する」
  • around [əráund] : 「〜の周りに、〜の周囲に」
❖ "But what he hears and ~ "「しかし、赤ちゃんが聞き、そして理解出来なかったものが、やがて、赤ちゃんの母国語となるのである」。"through which he will ~ "「そして、その母国語を通じて、赤ちゃんは、周りの者達とコミュニケーションをとり始めるのである」。"and they with ~ "「そして、周りの者達は、赤ちゃんと共に過ごすのだ」。神の子として天の王国に回帰しようとしているあなたも、この赤ちゃんと同じようなものなのだ、ということである。



And the strange, shifting ones he sees about him will become to him his comforters, and he will recognize his home and see them there with him.
  • strange [stréindʒ] : 「奇妙な、変わった、変な、見知らぬ」
  • shifting [ʃíftiŋ] : 「移動する、変わりやすい」
  • comforter [kʌ́mfərtər] : 「慰める人」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、〜を認証する、認める、受け入れる」
❖ "And the strange, shifting ~ "「そして、赤ちゃんが目にする、出たり入ったりしていた見知らぬ人達が、やがて赤ちゃんの安らぎとなり、」"and he will recognize ~ "「そして、赤ちゃんは、自分の住家を知り、彼らが自分と一緒にそこに住んでいることを知るのである」。まったく同じように、あなたも天の王国という故郷に回帰し、そこに住家を定め、神やホーリー・スピリットと共に暮らすことになるのだ。今でこそ、言語が未発達で、つまり、真実の見極めが不確かで、真実か虚偽かの判断もおぼつかずに、つまずいてばかりいるが、ACIMを学ぶことでやがて、独り立ちして、天の王国へと旅立つのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp