●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-22.I.7:1 ~ T-22.I.8:7

7. So in each holy relationship is the ability to communicate instead of separate reborn.

  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
  • ability [əbíləti] : 「能力、才能、できること、手腕」
  • communicate [kəmjúːnikèit] : 「連絡する、通信する、交信する」
  • instead [instéd] of : 「〜の代わりに」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の、別の」
  • reborn : 「再生した、生き返った、よみがえった、生まれ変わった」
❖ "So in each holy relationship ~ "「そこで、神聖な関係性の一つ一つの中に、分離の代わりに、コミュニケーションが出来る能力が再生されるのである」。神の子同士の、あるいは神の子とホーリー・スピリットとの間の神聖な関係性が結ばれれば、もはや神の子同士も、神の子とホーリー・スピリットも分離断絶したりせず、心は結合し、したがって、心と心のコミュニケーションが復活するのである。



Yet a holy relationship, so recently reborn itself from an unholy relationship, and yet more ancient than the old illusion it has replaced, is like a baby now in its rebirth.
  • recently [ríːsntli] : 「最近、このごろ、近ごろ」
  • unholy : 「不信心な、不敬な、不道徳な」
  • ancient [éinʃənt] : 「古代の、古くからの、古い、古びた」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • replace [ripléis] : 「〜を取り換える、交換する、差し替える」
  • rebirth : 「再生、蘇生、更生、新生、復活、復興、回復」
❖ "Yet a holy relationship ~ "ここは最後の"is like a baby ~ "に繋がる、「しかし、神聖な関係性は、生まれ変わったばかりの赤ちゃんに似ている」。"so recently reborn ~ "「その神聖な関係性は、神聖ならざる関係性からつい最近生まれ変わったばかりであり、」"and yet more ancient ~ "「神聖な関係性が置き換わった古い幻想よりもっと昔からあったのだが、」神聖な関係性は生まれ変わった赤ちゃんに似ている。幻想世界で暮らす二人が結ぶ特別な関係性が、いわゆる神聖ならざる関係性である。その関係性に、ホーリー・スピリットの神聖な目的、つまり、実相世界への目覚めという目的を引き入れることで、神聖ならざる関係性は神聖な関係性に生まれ変わるのだ。ところで、その昔、幻想世界で特別な関係性を持つ以前は、神の子は天の王国に暮らし、神やホーリー・スピリットと神聖な関係性を保ってきたのだ(yet more ancient than the old illusion it has replaced)。だから、神聖な関係性は、生まれ変わったと言えるのである。



Still in this infant is your vision returned to you, and he will speak the language you can understand.
  • infant [ínfənt] : 「幼児期、0歳児、赤子」
  • vision [víʒən] : 「視覚、視力、洞察力、想像力、考え方、展望、構想」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」
  • language [lǽŋgwidʒ] : 「言語、言葉」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
❖ "Still in this infant ~ "「まだ幼児期のような状態であるが、あなたのヴィジョンがあなたの元に戻って来る」。あなたの心の目が開いて、真実を捉えるヴィジョンが復活する。"and he will speak ~ "「その赤ちゃんは、あなたの理解出来る言葉を語り始めるだろう」。方や一方に、幻想世界に生きる大人のあなたがいて、他方、あなたの心の最も純粋で神聖な部分が復活して、それが、ここで言う『赤ちゃん』である。



He is not nurtured by the "something else" you thought was you.
  • nurture [nə́ːrtʃər] : 「育てる、養育する、養成する、仕込む」
  • thought [θɔ́ːt] : 「think の過去・過去分詞形」
❖ "He is not nurtured ~ "「この赤ちゃんは、あなたがあなただと思っていた『他の何か』によって育てられるのではない」。あなたが幻想世界にあって、肉体をもった自分と思っている、本当の自分ではない自分、つまり『他の何か』によって、再生したばかりの心の純粋で神聖な部分は育てられるのではない。



He was not given there, nor was received by anything except yourself.
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る、受領する、入手する」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
❖ "He was not ~ "「赤ちゃんは、そこで与えられたのではないし、」"nor was received by ~ "「あなた自身以外の誰かによって、赤ちゃんが受け取られたのでもない」。"there"は、"something else"「他の何か」そのもの、あるいは、「他の何か」が住む幻想世界と考えていいだろう。つまり、心の純粋で神聖な部分は、幻想世界に住む肉体をもった、真のあなたではない『他の何か』に与えられたものではない、ということ。したがって、"anything except yourself"「あなた自身以外の誰か」とは、真のあなた自身ではなく、肉体をもった『他の何か』のことである。その『他の何か』が、純粋で神聖な心を受け取ったのではない。簡単に言えば、純粋で神聖な心、生まれ変わったばかりの赤ちゃんは、実相的なあなたに与えられ、実相的なあなたが受け取ったのであり、決して、幻想的なあなたに与えられ、幻想的なあなたが受け取ったのではない、ということ。



For no two brothers can unite except through Christ, Whose vision sees them one.
  • unite [junáit] : 「結合する、一体となる、一体化する、合体する」
  • through [θruː] : 「〜を介して、〜に頼んで、〜を通じて、〜の手を経て」
❖ "For no two brothers ~ "「なぜなら、二人の同胞は誰でも、キリストを介す以外に、結ばれることはないからだ」。"Whose vision ~ "「そのキリストのヴィジョンは、同胞達を単一の者と見るのである」。同胞二人が結ばれるとは、肉体をもって結ばれるという意味ではない。心と心が融合して一体となる、という意味である。その心こそ、純粋で神聖な心の部分であり、その部分が融合するのである。ところで我々は、心の純粋で神聖な部分には、キリストが住んでいることを学んできた。ならば、ここで言われている純粋で神聖な心の復活とは、まさに、キリストの復活そのものである。あなたの心の中でキリストが復活したのである。したがって、本文は、同胞二人の心の最も純粋で神聖な部分に、それぞれのキリストが復活すること以外に、二人の心が融合することは出来ないのだ、という意味合いになる。心が融合し一体となったキリストの目には、神の子も、当然、単一の存在として見えるのである。



8. Think what is given you, my holy brother. This child will teach you what you do not understand, and make it plain.
  • think [θíŋk] : 「〜を考える、〜を思う」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • teach [tíːtʃ] : 「〜を教える、指導する、学ばせる、悟らせる」
  • understand [ʌ̀ndərstǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
  • make [méik] [SVOC] : 「〜の状態を作り出す、〜にする」
  • plain [pléin] : 「明白な、平易な、明らかな、質素な、簡素な」
❖ "Think what is ~ "「我が神聖なる同胞よ、あなたに与えられたものに思いを巡らせなさい」。あなたに与えられた赤ちゃん、生まれ変わった心の純粋で神聖な部分、幼きキリストそのものに思いを馳せなさい。"This child will teach ~ "「この子があなたに、あなたの理解出来なかったことを教えてくれるだどうし、明らかにしてくれるだろう」。この子、つまり、純粋で神聖な心、幼きキリストが、その心の目を開いて、ヴィジョンをあなたの眼前に展開してくれる。幻想世界にあって、盲目同然であったあなたに真実を見せ、教えてくれるのだ。それがあなたの救いであり、キリストが救い主だと言われる所以である。キリストを、罪を贖うために世に使わされた『子ロバに乗ったユダヤの王』と見立てるのは誤りである。



For his will be no alien tongue. He will need no interpreter to you, for it was you who taught him what he knows because you knew it.
  • alien [éiliən] : 「性質の異なる、異質な、縁もゆかりもない」
  • tongue [tʌ́ŋ] : 「言葉、言語、方言、話し方、話しぶり」
  • need [níːd] : 「〜する必要がある、〜を必要とする」
  • interpreter [intə́ːrpritər] : 「通訳者、解釈者、解説者、通訳、通訳官」
  • taught [tɔ́ːt] : 「teach の過去・過去分詞形」
  • knew [njúː] : 「know の過去形」
❖ "For his will be ~ "「なぜなら、その子は、異質な言葉を話したりしないからだ」。真実を平易に語ってくれるのだ。異質な言葉で語り、あなたを煙に巻くのがエゴである。"He will need no ~ "「あなたにとって、その子の言葉を通訳してくれる者などいらない」。"for it was you who ~ "強調構文、文字通り訳せば、「なぜなら、あなたが知っていたのでその子も知っている、そのことを、その子に教えたのはあなただからだ」となる。このままでは意味が判然としないはずだ。解釈しよう。今でこそ、あなたとその赤ちゃん(キリスト)は別の存在であるかのように語られているが、そもそも、神の子が天の王国で暮らしているときは、神の子の心は、そのすべてが純粋で神聖であったのだ。つまり、あなたと幼子(キリスト)は一心同体、まったく単一であったのだ。しかも、神の属性のすべてを継承した神の子は、叡智(knowledge)を持って、すべてを知っていたのだ。したがって、その昔あなたがヴィジョンでとらえて心(幼子)に教えたものが、今、逆に、心(幼子)があなたにそのヴィジョンを教えてくれるのである。まあ、理屈で言えばそうなるが、ここはあまり深入りせずに、あなたも幼子(赤ちゃん:キリスト)も、本当は、昔から真実のすべてを知っていたのだ、という意味に捉えておけばいいだろう。



He could not come to anyone but you, never to "something else."
  • come to : 「〜に達する、〜に着く、〜に来る、〜へ来る」
  • anyone [éniwʌ̀n] : 「誰か」
  • else [éls] : 「そのほかの」
❖ "He could not ~ "「その子は、あなた以外の誰かの元に来たのではないし、決して『他の誰か』の元に来たのではない」。純粋で神聖な心が宿るのは、神の子であるあなたの心の中であって、肉体をもった幻想のあなたに宿るのではない。



Where Christ has entered no one is alone, for never could he find a home in separate ones.
  • enter [éntər] : 「〜に入る、〜に参加する、〜に立ち入る」
  • alone [əlóun] : 「独りで、ただ〜だけで、唯一の、離れて」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
  • separate [sépərət] : 「分かれた、離れた、個々の、別個の、別の」
❖ "Where Christ has ~ "意訳する、「キリストが心に入ってくれば、誰一人、独りぼっちではいられない」。"for never could ~ "「なぜなら、分離した心の中に、キリストは住家を見つけることは決してないからだ」。幻想世界の特別な関係性の中で、心をバラバラに分離した状態の神の子の心には、キリストは住まわない。神聖な関係性の中で、心を融合し、一体となった神の子に、キリストは宿るのだ。したがって、キリストが宿る心が、孤独であることは不可能なのだ。



Yet must he be reborn into his ancient home, so seeming new and yet as old as he, a tiny newcomer, dependent on the holiness of your relationship to let him live.
  • reborn : 「再生した、生き返った、よみがえった、生まれ変わった」
  • ancient [éinʃənt] : 「古代の、古くからの、古い、古びた」
  • seeming [síːmiŋ] : 「外観上の、外見だけの、見せかけの、うわべの」
  • tiny [táini] : 「とても小さい、ちっぽけな、極めて小さな」
  • newcomer : 「新来者、初心者、新参者、新人、新顔」
  • dependent [dipéndənt] : 「頼っている、依存している、依存性の」
  • dependent on : 「〜によって決まる、〜に頼っている、〜に依存している、〜次第である」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
❖ "Yet must he be reborn ~ "「しかし、キリストは、昔の住み慣れた我が家に、再生されなくてはならないのだ」。神の子が神から分離する以前の心の状態、その住み慣れた家とも言える心の中に、キリストは復活するのである。"so seeming new ~ "「その家は、見かけは新しそうだが、キリストと同じくらい古い家であり、」神の子の心は、キリストと同じくらい昔に、神が創造したものなのだ。"a tiny newcomer ~ "「この小さな幼子であるキリストは、キリストを生かしてくれるところのあなたの関係性の神聖さに依存しているのである」。せっかく生まれたキリストであるが、もし、あなたの関係性が昔の特別な関係性、神聖ならざる関係性に戻ってしまったなら、新生児のキリストは育つことなく、あなたの心の中で死んでいくだろう。だから、幼子のキリストを生かし育てるためにも、あなたは神聖な関係性を維持しなくてはならないのだ。それを、自分の使命と感じなくてはならない。なぜなら、もしあなたが、その使命を放棄したなら、それこそ、再びキリストを十字架上にはりつけたことにならないだろうか。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp