●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-30.III.6:1 ~ T-30.III.7:8

6. Nothing that God knows not exists. And what He knows exists forever, changelessly.
  • exist [igzíst] : 「存在する、生きている、生存する」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • changelessly [tʃéindʒlisli] : 「変わることなく、変化なく」
❖ "Nothing that God ~ "「神の知らないものなど、何も存在しない」。"And what He knows ~ "「神の知っているものは、変化することなく永遠に存在する」。神は幻想を知らない。したがって、幻想は存在しない。神はすべての真実を知っている。したがって、真実は永遠不変に存在する。



For thoughts endure as long as does the mind that thought of them.
  • thought [θɔ́ːt] : 「考え、思考、思索、熟考」
  • endure [indjúər] : 「耐える、持ちこたえる、持続する」
  • as long as : 「長さが〜と同じくらい」
  • thought [θɔ́ːt] : 「think の過去・過去分詞形」
  • think of : 「〜のことを考える」
❖ "For thoughts endure ~ "「なぜなら、思いというものは、それを思考した心が存続する限り、存続するからである」。想念を生み出す心が存在する限り、想念もまた存続する。



And in the Mind of God there is no ending, nor a time in which His Thoughts were absent or could suffer change.
  • ending [éndiŋ] : 「終わり、終了、終点、末尾、末期、死」
  • absent [ǽbsənt] : 「いない、不在の、留守の、ない、欠けて」
  • suffer [sʌ́fər] : 「苦しむ、経験する、被る」
  • change [tʃéindʒ] : 「変化、変更、移行、交換」
❖ "And in the Mind of God ~ "「そして、神の心の中では、終わりというものはないし、神の思いが不在となったり、変化を被ったりする時間など存在しない」。神は実相世界の実在であり、実相世界が無時間無空間の世界であるから、神の心自体も時間を持たない。永遠不変とは、時間がだらだらと続くことを意味するのではなく、時間それ自体が存在しないことを意味する。したがって、神の心は永遠不変なのだ。



Thoughts are not born and cannot die. They share the attributes of their creator, nor have they a separate life apart from his.
  • born [bɔ́ːrn] : 「生まれた、生じた」
  • die [dái] : 「死ぬ、死亡する」
  • share [ʃέər] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
  • attribute [ǽtribjùːt] : 「特質、特性、性格、属性」
  • creator [kriéitər] : 「創造者、創作者、創設者」
  • separate [sépərət] : 「 分かれた、離れた、個々の、別個の、別の」
  • life [láif] : 「人命、生命、寿命」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として」
❖ "Thoughts are not born ~ "「思いというものは、(一人で)生まれることもなければ、死ぬこともない」。思いは自然発生的に一人で生まれたり、自然消滅的に勝手に消えたりするものではない。思いは、心と一体になって、心が生み出し、あるいは心が忘れたりするものなのだ。"They share the attributes ~ "「思いは、それを生み出すものの属性を分かち合う」。つまり、思いはそれを生み出す心と同じ性質をもっている。"nor have they ~ "「また、思いは、それを生み出したものの命から離れた命をもっているわけではない」。思いの命は、心の命である。心が真実であれば、思いも真実である。心が愛と喜びに満たされれば、思いも愛と喜びに満たされる。



The thoughts you think are in your mind, as you are in the Mind which thought of you. And so there are no separate parts in what exists within God's Mind. It is forever One, eternally united and at peace.
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
  • eternally [itə́ːrnəli] : 「永久に、絶えず、変わることなく、永遠に、いつも」
  • unite [junáit] : 「を結合させる、一つにする、結び付ける」
  • at peace : 「平和に、安らかに、安らかな気持ちで、心穏やかで」
❖ "The thoughts you ~ "「あなたが思考する、その思いは、あなたの心の中にある」。"as you are in ~ "「それはちょうど、あなたが、あなたを思う(神の)心の中に存在するのと同じである」。あなたが、あたなを思う神の心の中に存在しているように、思いは、あなたの心の中に存在する。"And so there are ~ "「そうだから、神の心の中に存在するものの中に、分離した部分などというものはない」。神の心の中の存在は、すべてが共鳴調和しているのであって、ただ一つだけが分離し孤立しているなどというものはない。"within God's Mind"「神の心の中」とあるが、これは、神が実相世界の実在のすべてを包摂(ほうせつ)していることを考えれば、実相世界の中、天の王国の中、という意味に捉えていい。したがって、実相世界には、分離して存在するような部分などない、という意味合いになる。"It is forever One ~ "「神の心の中の実在は、永遠に単一であり、永遠に結ばれ、平和である」。純粋一元論世界である。実相世界の実在は、すべて神という一点に収斂し、単一となる。永遠に結ばれ、永遠に愛と喜びに包まれて平和である。



7. Thoughts seem to come and go. Yet all this means is that you are sometimes aware of them, and sometimes not.
  • come and go : 「行ったり来たりする、行き来する、現れては消える」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • sometimes [sʌ́mtàimz] : 「時々、たまに」
  • be aware of : 「〜を承知している、〜に気付いている、〜を知っている」
❖ "Thoughts seem ~ "「思いは、やって来ては去って行くように見える」。"Yet all this means is ~ "「しかし、これが意味するすべては、あなたは時々その思いを意識し、時々その思いを忘れる、ということである」。思い出したり忘れたりするだけで、思い自体が消滅することはない。



An unremembered thought is born again to you when it returns to your awareness.
  • unremembered [ʌnrimémbərd] : 「記憶されていない、想起不能の」
  • again [əɡéin] : 「再び、かさねて、さらに」
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」
  • awareness [əwέərnis] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
❖ "An unremembered thought ~ "「どうしても思い出せない思いでも、それがあなたの意識に帰ってくれば、あなたの心の中で再び生まれる」。思いというものは、完全に忘れ去られることはなく、思い出すのに時間がかかるかも知れないが、思い出そうと意識すれば、必ず記憶は蘇(よみがえ)るものだ。神の子であるあなたは、神の存在も天の王国も、すべて忘れて思い出せないかも知れないが、思い出そうと意識すれば、神と天の王国の記憶は必ず蘇るのである。



Yet it did not die when you forgot it. It was always there, but you were unaware of it.
  • forgot [fərɡάt] : 「forget の過去・過去分詞形」
  • forget [fərɡét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、常に」
  • be unaware of : 「〜に気付いていない」
❖ "Yet it did not die ~ "「あなたが思いを忘れたとしても、思いが死んだわけではない」。"It was always ~ "「思いは常にそこにある」。"but you were ~ "「ただ、あなたがそれを意識しないだけなのだ」。想念は消滅しない。想念は永遠にそこにあり、不変である。あなたが眠れる想念を意識の上に浮かび上がらせることが出来れば、想念は再び活動し始めるのだ。



The Thought God holds of you is perfectly unchanged by your forgetting.
  • hold [hóuld] : 「心に抱く、〜であると考える、保持する」
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に、申し分なく」
  • unchanged [ʌntʃéindʒd] : 「変化していない、不変の、変わらない」
  • forgetting [fərɡétiŋ] : 「忘却」
❖ "The Thought God holds ~ "「神があなたに抱く思いは、あなたがそれを忘れたとしても、完璧に不変である」。あなたは神の愛を忘れたかも知れないが、神はあなたを忘れるはずもなく、永遠不変にあなたを愛し続けている。



It will always be exactly as it was before the time when you forgot, and will be just the same when you remember. And it is the same within the interval when you forgot.
  • exactly [iɡzǽktli] : 「正確に、厳密に、ぴったり」
  • before [bifɔ́ːr] : 「以前に、前に、早く、先に」
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側で」
  • interval [íntərvəl] : 「隔たり、間隔、合間」
❖ "It will always be ~ "「神があなたに抱く思いは、常に、あなたがそれを忘れた時よりも以前の思いと全く同じである」。"and will be just ~ "「そして、あなたがそれを思い出す時も、神があなたに抱く思いはまったく同じである」。"And it is the same within ~ "「もちろん、あなたがそれを忘れていた期間においても、神の思いはまったく同じである」。神が神の子に対して抱く思い、愛、思いやり、等々は、永遠に不変であり、あなたが忘れても、あるいは思い出しても、そしてどんなに時間が経っても、まったく変わりない。神は時間という幻想をもってはいないのだ。変化という幻想ももってはない。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp