●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-14.IV.7:1 ~ T-14.IV.8:7

7. Unless you are guiltless you cannot know God, Whose Will is that you know him. Therefore, you must be guiltless.

  • Unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜である場合を除いて」
  • guiltless [ɡíltlis] : 「罪のない、潔白な」
❖ "Unless you are ~ "「あなたに罪の意識がある限り、あなたは神を知ることは出来ない」。"Whose Will is ~ "「神の意志は、あなたに神を知って欲しいというものである」。"Therefore, you must ~ "「したがって、あなたは罪の意識をもってはいけないのである」。



Yet if you do not accept the necessary conditions for knowing him, you have denied him and do not recognize him, though he is all around you.
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • necessary [nésəsèri] : 「必要な、必須の、欠くことのできない」
  • condition [kəndí∫n] : 「事情、条件、状態、状況、様子」
  • necessary condition : 「必要条件」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜を認識する、〜を認証する、認める、受け入れる」
  • though [ðóu] : 「〜にもかかわらず、たとえ〜でも、〜とはいえ」
  • all around : 「辺り一帯に、至る所に、四方八方に」
❖ "Yet if you do not accept ~ "「しかし、もしあなたが、神を知るための必要条件を受け入れないならば、」神を知るための必要条件とは、罪の意識をもたないこと。"you have denied him ~ "「あなたは神を拒絶したことになり、神を認識することもなくなってしまう」。"though he ~ "「たとえ神が、あなたの周りにいたとしても」。



He cannot be known without his Son, whose guiltlessness is the condition for knowing him.
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たないで、〜なしに」
  • guiltlessness [ɡíltlisnis] : 「無辜、潔白、罪のないこと」
❖ "He cannot be known ~ "「神は、神の子なしでは、知られることは不可能だ」。"whose guiltlessness is ~ "「その神の子の無辜性こそ、神を知るための条件なのである」。短い文章であるが非常に難解な部分である。なぜ、神を知るには無辜性が必要か? 理性的な思考ではその理由が把握できないかもしれない。しかし、次のように考えてみてはどうだろうか。神を知るとは、もちろん理性的理解のことを言っているのではない。そうではなく、神との心的共鳴を意味しているととらえるべきだろう。神は完全に純粋であり、一元論的に完璧な善、つまり、純粋に無辜である。さて、そういう神と共鳴するには、神の子もまた、純粋に無辜である必要があるわけだ。なぜなら、共鳴とは、同じ性質をもったもの同士の心の交換なのだから。



Accepting his Son as guilty is denial of the Father so complete, that knowledge is swept away from recognition in the very mind where God himself has placed it.
  • guilty [gílti] : 「有罪の、犯罪的な、罪を犯した」
  • denial [dinái(ə)l] : 「否定、拒否、拒絶、否認」
  • complete [kəmplíːt] : 「完全な、全くの、徹底的な、全面的な」
  • knowledge [nálidʒ] : 「知識、心得、認識、知恵、知見」
  • swept [swépt] : 「sweep の過去・過去分詞形」
  • sweep [swíːp] : 「〜を掃く、一掃する、掃除する」
  • sweep away : 「一掃する吹き飛ばす、押し流す、洗い流す、払拭する」
  • recognition [rèkəgní∫n] : 「認識、認証、正当性の認識 」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する、取り付ける」
❖ "Accepting his Son ~ "ここは、"~ so ~ that ~ "の構文、「神の子を罪ありと認めることは、父なる神をあまりにも完全に否定することなので、」"that knowledge is swept ~ "「叡智は、神自身が叡智をおいた、まさにその心の中の認識から払拭されてしまうのである」。「その心の中の認識から払拭されてしまう」とは、心の中に叡智が認識できなくなってしまうということ。本来、神が叡智をあなたの心の中に置いてくれたものなのに、あなたが神を完全に否定してしまえば、その叡智はあなたの心から払拭されてしまうのである。かくして、叡智の光はあなたの心を去り、あなたの心は闇に閉ざされてしまうわけだ。



If you would but listen, and learn how impossible this is! Do not endow him with attributes you understand. You made him not, and anything you understand is not of him.
  • If : 「〜であればなあ」
  • listen [lísn] : 「耳を傾ける、傾聴する、聴く、聞く」
  • learn [learn] : 「〜を学ぶ、〜を知る、分かる、悟る」
  • impossible [impásəbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない」
  • endow [endáu] : 「授ける、与える」
  • attribute [ətríbjuːt] : 「特質、特性、性格、属性」
❖ "If you would but ~ "「あなたが(このことを)よく聞いて、こんなことがいかに不可能か、知って欲しいのだが」。"Do not endow him ~ "「あなたが理解する属性を、神に与えてはいけない」。神は人知を超えたものであるから、人知によって理解できるような性質だけを神が持っているだろうと考えてはいけない。簡単に言えば、神を人間のレベルに下げて理解してはいけない、ということ。逆は正しい。つまり、人間は神の子として、神のレベルに引き上げて理解すべきだ。"You made him ~ "「あなたが神を作ったのではない」。"and anything you ~ "「そして、あなたが理解するものは何であれ、神のものではない」。神はあなたの理解を超えているのだ。ところで、「あなたが神を作ったのではない」ということは簡単な事実のように聞こえるが、さほど普遍化した考え方ではない。なぜなら、現代人の多くは、人間の理性の敗北が、神という超越的概念をでっち上げたのだという考え方をしているからだ。この考え方は、一見、正鵠を得た思考に見えるかもしれないが、これがまさに人間のレベルで神を考えたときの結論である。そこで、この幻想世界で生きている限りは、人間レベルで神を考えたとしてもある程度は通用するだろうが、あなたが幻想世界を捨て実相世界に入って行こうとするのなら、思考それ自体もレベルアップして実相世界に適応させなくてはなるまい。



8. Your task is not to make reality. It is here without your making, but not without you.
  • task [tǽsk] : 「任務、職務、仕事」
  • reality [ri(ː)ǽləti] : 「現実、真実、事実、実態、実相」
❖ "Your task is ~ "「あなたの仕事は実在を作ることではない」。"It is here without ~ "「実在は、あなたが作らなくても、ここにある」。"but not ~ "「しかも、あなた抜きの実在はないのである」。前文からの流れで考えれば、ここの"reality"を"God"に置き換えてみれば、意味が鮮明になる。「あなたの仕事は神を作ることではない。神は、あなたが作らなくても、ここにある。しかも、あなた抜きの神はないのである」。



You who have tried to throw yourself away and valued God so little, hear me speak for him and for yourself.
  • try [trái] : 「試す、やってみる、試みる、企てる」
  • throw [θróu] : 「〜を投げる、投じる、投入する」
  • throw away : 「〜を投げ捨てる」
  • value [vǽljuː] : 「〜を評価する、重視する、大事にする」
  • speak for : 「〜の代弁をする、〜を物語る、〜を示す」
❖ "You who have tried ~ "「あなた自身を投げ捨てたり、神をあまりにも過小評価してきたあなたよ、」"hear me speak for ~ "「神の代わりに、そしてあなたの代わりに話す私(イエス)の話を聞きなさい」。



You cannot understand how much your Father loves you, for there is no parallel in your experience of the world to help you understand it.
  • parallel [pǽrəlèl] : 「類似、類似点、平行線、平行面」
  • experience [ikspí(ə)riəns] : 「経験、体験、見聞」
❖ "You cannot understand ~ "「あなたの父なる神がどんなにあなたを愛しているか、あなたには理解できまい」。"for there is no parallel ~ "「なぜなら、あなたにそれを理解させるような、この世界における類似した経験がないからである」。神の愛に匹敵するような事象は、この幻想の世界にはない。



There is nothing on earth with which it can compare, and nothing you have ever felt apart from him resembles it ever so faintly.
  • earth [ə́ː(r)θ] : 「地球、地上、全世界」
  • compare [kəmpéə(r)] : 「比べる、比較する、対比する」
  • felt [félt] : 「feel の過去形」
  • apart [əpáː(r)t] from : 「〜から離れて、〜は別として、〜はさておき」
  • resemble [rizémbl] : 「〜のようである、〜に似ている、〜と共通点がある」
  • faintly [féintli] : 「かすかに、ぼんやりと、ほのかに」
❖ "There is nothing ~ "「神の愛と比べることが出来るものなど、この地上にはない」。" and nothing you have ~ "「そして、神から離れてあなたが今まで感じたことで、神の愛にかすかでも似ているものなど何もない」。「神から離れてあなたが今まで感じたこと」とは、神と関係ないところであなたが感じたこと、という意味。



You cannot even give a blessing in perfect gentleness. Would you know of One Who gives forever, and Who knows of nothing except giving?
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恵み、恩恵、幸運」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完ぺきな、完全な」
  • gentleness [dʒéntlnis] : 「優しさ、穏やかさ」
  • forever [fərévər] : 「永遠に、永久に」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
❖ "You cannot even ~ "「あなたは、完璧な喜びのうちに、祝福を与えることさえ出来ない」。心のどこかに嫉妬心やねたみの片鱗が隠れたりしている。"Would you know of ~ "「永遠に与え、しかも与えること以外に何もしらない唯一のものについて、あなたは知りたいと思わないだろうか」。唯一の神はもちろん、「完璧な喜びのうちに、祝福を与えることが出来る」のである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp