●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-14.V.7:1 ~ T-14.V.8:7

7. Join your own efforts to the power that cannot fail and must result in peace.

  • Join [dʒɔ́in] : 「〜に参加する、結合する、連結する、合わせる」
  • effort [éfə(r)t] : 「努力、尽力、骨折り、試み、取り組み」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • result [rizʌ́lt] : 「終わる、帰着する、〜の結果となる」
  • result in : 「〜をもたらす、〜に終わる」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
❖ "Join your own efforts ~ "「あなた自身の努力を、失敗することはなく、必ず平和に結実する、そのパワーに結びつけなさい」。神とホーリー・スピリットのパワーに、あなたのパワーを結びつけて、一つの目的に向かって努力しなさい、ということ。一つの目的とは、もちろん、贖罪を果たし、神の元、天の王国に回帰すること。



No one can be untouched by teaching such as this. You will not see yourself beyond the power of God if you teach only this.
  • untouched : 「感動しない、影響されない」
  • beyond [bi(j)ánd] : 「〜の向こうに、〜を越えて、〜を過ぎて」
❖ "No one can be ~ "「このような教えに影響されないものなど誰もいない」。"You will not see yourself ~ "直訳すると、「もしあなたが、このことだけを教えるなら、神のパワーを超えてあなた自身を見るようなことはあるまい」。さて、どういう意味であろうか? このことだけを教えるとは、あなたのパワーを神やホーリー・スピリットのパワーに結びつけなさい、という教えのこと。つまり、贖罪を果たし、神の元、天の王国に回帰するという目的を果たすには、あなた一人の力では無理なのである。もしあなたが、あなたの理性のパワーだけでこの目的が果たせると考えるなら、それは尊大さであって、決して偉大さではない。あなたには神のパワーを超えるようなパワーはないのである。それを率直に認め、神とホーリー・スピリットのパワーに依存することこそ、あなたに絶対必要な条件である。簡単に言うと、神に絶対他力せよ、自力の限界を知れ、ということ。幻想世界の夢に迷った神の子には、その迷いから抜け出すためには実相世界の他力が必要なのだ。



You will not be exempt from the effects of this most holy lesson, which seeks but to restore what is the right of God's creation.
  • exempt [igzém(p)t] : 「免除されている、免疫の」
  • be exempt from : 「〜を免除される」
  • effect [ifékt] : 「結果、影響、作用、効果、効力」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • seek [síːk] : 「捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • restore [ristɔ́ː(r)] : 「回復させる、修復する、復元する、再構築する」
  • right [ráit] : 「正しい要求、正当な要求、当然の権利」
❖ "You will not be ~ "「あなたは、この最も神聖なレッスンの影響を受けずにはいられまい」。"which seeks but ~ "「そのレッスンは、神が創造したものの当然の権利なるものを修復することを追求しているのである」。神は神の子を創造し、神の属性のすべてを神の子に継承した。その属性は神の子のものであり、当然の権利である。しかし、神の子はその権利を忘れ去り、荒廃するままに捨て置いた。それを今、ホーリー・スピリットの導きを得て修復するのである。



From everyone whom you accord release from guilt you will inevitably learn your innocence. The circle of Atonement has no end.
  • accord [əkɔ́ː(r)d] : 「与える、認める、許容する」
  • accord A B : 「AにBを与える、AにBを許す」
  • release [rilíːs] : 「解放、解き放すこと、解除、免除」
  • inevitably [inévətəbli] : 「不可避的に、必然的に、必ず、必至で」
  • innocence [ínəs(ə)ns] : 「無罪、潔白、無邪気、無垢、純潔、純真」
  • circle [sə́ː(r)kl] : 「円、円周、輪、循環」
  • Atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い、補償」
❖ "From everyone whom ~ "「あなたが罪からの解放を与えたすべての人から、あなたは必然的に潔白性を学ぶことになろう」。自他一如によって、あなたが他者を罪の意識から解放してやれば、あなた自身が罪の意識から解放されることとなる。必然的に、あなたの潔白性が現れるのである。"The circle of Atonement ~ "「贖罪の輪は終わりがない」。贖罪が分かち合われ、拡張拡大していくのである。贖罪の連鎖はすべての神の子に及ぶ。もちろん、言うまでもなく、潔白性は神の属性であり、神の子はそれを継承した。潔白性は神の子の権利である。



And you will find ever-increasing confidence in your safe inclusion in the circle with everyone you bring within its safety and its perfect peace.
  • increasing [inkríːsiŋ] : 「増えている、増加の、さらなる」
  • ever-increasing : 「かつてないほど多い、高まる、増え続ける、増加の一途をたどる」
  • confidence [kánfid(ə)ns] : 「信頼、信用、信任、確信、自信」
  • safe [séif] : 「安全な、無事な、安泰で、別状がない」
  • inclusion [inklúːʒ(ə)n] : 「含めること、包含、含有、包括」
  • bring [bríŋ] : 「〜をもたらす、〜を連れて来る、〜を持って来る」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜のうちに、〜の範囲内で」
  • safety [séifti] : 「安全、無事、無難なもの」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完ぺきな、完全な」
❖ "And you will find ~ "「そしてあなたは、あなたがその輪の中に安全に含まれているという、未だかつてないほどの確信を見い出すだろう」。"with everyone you bring ~ "「あなたが、その輪の中の安心と完全な平和の内に連れてきたすべての人たちと一緒になって、」あなたもその輪の中に安全に含まれているという、未だかつてないほどの確信を見い出すだろう。あなたも、あなたの同胞も、共に贖罪を果たし、神の子という輪の中でみんなが安全に平和に暮らすわけだ。



8. Peace, then, be unto everyone who becomes a teacher of peace.
  • unto [ʌ́ntu] : 「〜の方へ」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
❖ "Peace, then, be ~ "「そこで、平和が、平和の師になるすべての人たちに訪れるように」。贖罪を果たし、かつ、同胞の贖罪を手助けする者たちに平和が訪れますように、ということ。



For peace is the acknowledgment of perfect purity, from which no one is excluded. Within its holy circle is everyone whom God created as his Son.
  • acknowledgment [æknάlidʒmənt] : 「認めること、承認、認識、感謝」
  • purity [pjú(ə)rəti] : 「清らかさ、純正、純粋、汚れのないこと、清浄」
  • exclude [iksklúːd] : 「〜を除く、除外する、抜かす」
  • be excluded from : 「〜から排除される、〜から除外される」
❖ "For peace is ~ "「なぜなら、平和とは、完璧な純粋性の認識であるからであり、」"rom which no one ~ "「その純粋性から、誰も除外されないからだ」。心に罪の意識がないこと、つまり、心が純粋に保たれていることが平和である。それを得る権利はすべての同胞に与えられている。なぜなら、それは神が神の子に継承したものであるからだ。"Within its holy circle ~ "「その神聖な輪の中に、神が神の子として創造したすべての人たちが存在している」。贖罪を果たし、平和を勝ち取った者たちの輪の中に、除外されることなく、すべての神の子が存在している。実相世界の完全平等性である。



Joy is its unifying attribute, with no one left outside to suffer guilt alone.
  • unify [júːnəfài] : 「統一する、一体化する、単一化する」
  • attribute [ǽtribjùːt] : 「属性、特質、特性、性格」
  • left [léft] : 「leave の過去・過去分詞形」
  • leave [líːv] : 「〜を見捨てる、〜を残す、置きっぱなしにする」
  • outside [áutsáid] : 「外側に、外部に」
  • suffer [sʌ́fə(r)] : 「苦しむ、苦痛を感じる、不快な経験をする」
  • alone [əlóun] : 「独りで」
❖ "Joy is its unifying ~ "「喜びとは、統一することの属性である」。神の子がみんな一緒になって平和を謳歌するところに喜びが生まれる、という意味。みんなが一緒であることの属性が喜びである。"with no one left outside ~ "「誰一人として、罪の意識を独りで感じるように取り残されることはない」。ここまで来れば、神の子みんなとは、実は一なる心、単一の神の子であることが浮かび上がってくる。一元論世界である実相世界では、あらゆる種類の分離分裂は解消し、神の子の心は一なる心(Mind)に統一されるのである。



The power of God draws everyone to its safe embrace of love and union.
  • draw [drɔ́ː] : 「〜を引く、引き込む、〜を引き出す、取り出す」
  • embrace [embréis] : 「抱擁、承認、容認」
  • union [júːnjən] : 「結合、合併、融合、団結」
❖ "The power of God ~ "直訳すると、「神のパワーは、すべての者を、愛と団結の安全な抱擁へと引き寄せる」。これでは何の意味かわからない。まず、神のパワーが神の子たちを引き寄せるのである。どこへ引き寄せるかというと、神の胸の中である。つまり、神は神の子をその胸に抱き寄せるのだ。そこは神の愛で満たされており、愛の満ちた神の胸の中で、神の子たちは団結し一つになるのである。もう少し現実的な言い方をすれば、神の子たちは故郷である実相世界に心惹かれ、実相世界に回帰する。その実相世界は平和であり、神の愛にあふれている。その実相世界で、本来そうであったように、神の子たちの心は再統合され、一なる心となる。



Stand quietly within this circle, and attract all tortured minds to join with you in the safety of its peace and holiness.
  • quietly [kwáiətli] : 「静かに、音もなく、黙って」
  • attract [ətrǽkt] : 「引く、引き込む、引き付ける」
  • torture [tɔ́ː(r)t∫ə(r)] : 「〜をひどく苦しめる、〜をねじる、ねじ曲げる」
  • tortured : 「苦しんでいる、悩んでいる」
  • join [dʒɔ́in] : 「〜に加わる、〜に加入する、〜に参加する」
  • safety [séifti] : 「安全、無事、無難なもの」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
❖ "Stand quietly within ~ "「この輪の中に立ちなさい」。同胞たちの集(つど)う輪の真ん中に立ちなさい。"and attract all tortured ~ "「そして、(同胞の)苦しむ心を引き寄せなさい」"and attract all tortured minds ~ "不定詞の副詞的用法、「平和と神聖さが生み出す安全性の中にいるあなたに(同胞を)加えるために、」(同胞の)苦しむ心を引き寄せなさい。神の子すべてが、一なる心を構成するのである。そこに欠けたものがあってはならない。もし、苦しむ同胞がいたら、あなたはその同胞を引き寄せなくてはならない。そこに慈しむ心、仏教で言う慈悲の心が生まれる。



Abide with me within it, as a teacher of Atonement, not of guilt.
  • Abide [əbáid] : 「居住する、とどまる」
  • abide with : 「〜と一緒にいる、〜の下にとどまる」
❖ "Abide with me ~ "「その輪の中に、私(イエス)と共にとどまりなさい」。"as a teacher of ~ "「贖罪の師として、罪の師ではなく」。イエスは誰も裁かない。だから罪の師ではない。イエスは誰をも愛す。だから贖罪の師である。贖罪の師とは、神の子を罪の意識から解放していくれる救い主のことである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp