●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-15.VIII.5:1 ~ T-15.VIII.6:6

5. The Holy Spirit is God's attempt to free you of what He does not understand.

  • attempt [ətém(p)t] : 「試み、企て」
  • free [fríː] : 「〜を自由にする、解放する」
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
❖ "The Holy Spirit is ~ "直訳すると、「ホーリー・スピリットは、神が理解しないものからあなたを自由にするという神の試みである」。あなたが罪の意識に苦しんでいることを神はそれで良しとはしない。神はあなたを罪の意識から救うために、ホーリー・スピリットにその使命を与えたのである。



And because of the Source of the attempt, it will succeed.
  • because of : 「〜のために、〜のせいで」
  • source [sɔ́ː(r)s] : 「もと、源、起点、原因」
  • succeed [səksíːd] : 「成功する」
❖ "And because of ~ "「(ホーリー・スピリットがあなたを罪の意識から救い出そうとする)試みの源は(神の意思)であるから、それは(必ず)成功するであろう」。神が意思したことは必ず実現するのである。それが神のパワーであるということだ。



The Holy Spirit asks you to respond as God does, for He would teach you what you do not understand.
  • ask [ǽsk] : 「〜を求める、〜してほしいと頼む、〜を頼む」
  • respond [rispɑ́nd] : 「反応する、応答する、答える、返答する、応じる」
❖ "The Holy Spirit asks you ~ "「ホーリー・スピリットはあなたに、神が意思したように反応するよう求めている」。"for He would teach you ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットは、あなたが理解出来ないことはあなたに教えてくれるのだから」。神はあなたが罪の意識から解放されることを意思し願っている。あなたはその神の願いに応えるように、罪の意識から解放されるように努力すべきだ。もちろん、未知のことも多いだろうが、その度にホーリー・スピリットがあなたに教えを授けて助けてくれるだろう。それがホーリー・スピリットの使命であるからだ。



God would respond to every need, whatever form it takes.
  • need [níːd] : 「必要性、必要なもの、必要物」
  • form [fɔ́ː(r)m] : 「現れ、形、外形、構造、姿、体つき」
❖ "God would respond ~ "「神は あらゆる(あなたの)必要性に応えてようとしている」。"whatever form ~ "「たとえ(あなたの要求が)どんな形をとろうとも」。たとえば、あなたは社会的な地位が欲しいと望む。神はそれを叶えてやる。とは言っても、神はあなたに、目に見える形の社会的な地位を与えるのではない。なぜあなたが社会的な地位を望むのか、その本当の原因を知った上で、その原因に叶う形で、あなたの望みを叶えてくれるのである。したがって、あなたは神に願っても、具体的に社会的な地位を与えられないかもしれない。しかし、神があなたの願いを叶えたとき、あなたがふと気づけば、あなたはもはや社会的地位を必要としていないだろう。つまり、神はあなたに社会的な地位を与える代わりに、あなたにもっと必要なもの、あなたの心を満たしてくれる何かを与えてくれたわけだ。



And so He keeps this channel open to receive His communication to you, and yours to Him.
  • keep [SVOC] : 「〜の状態にしておく」
  • channel [t∫ǽnl] : 「チャネル、通信路、通路、水路」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る」
  • communication [kəmjùːnikéi∫n] : 「伝達、通信、連絡、交信」
❖ "And so He keeps ~ "「そこで神は、神からあなたへの、またあなたから神へのコミュニケーションを受け取るため、このチャンネルを開いたままにしておいてくれる」。あなたが神に望み、神が望みに応えるというコミュニケーションのチャンネルを、神はいつも開いておいて、あなたの声を感受しているのである。あなたが神から分離独立しようとしたとき、神とのコミュニケーションのチャンネルは、あなたの方から一方的に遮断してしまった。しかし、神は自らチャンネルを閉ざすことはしなかった。あなたがその気にさえなれば、神とのチャンネルはいつでも復旧出来るのである。



God does not understand your problem in communication, for He does not share it with you.
  • problem [prɑ́bləm] : 「問題、課題、疑問、難問、難題」
  • share [∫éə(r)] : 「〜を分ける、分かち合う、共有する、共用する」
❖ "God does not understand ~ "「コミュニケーションはしているものの、神はあなたの抱えている問題を理解してはいない」。"for He does not ~ "「なぜなら、神はあなたとその問題を分かち合ってはいないからだ」。神には罪の意識など一欠片(ひとかけら)もない。一元論の実相世界には、罪という概念がないからだ。慈悲はあるが罪は存在しない。それが神なのである。したがって、神はあなたと罪の意識に関する問題を分かち合ってはいないのだ。神はあなたの抱えている問題を理解してはいないとは、そういう意味である。神の能力不足を言っているのではない。そこで、神は、あなたの罪の意識が理解出来るホーリー・スピリットを、その媒介役に指名するわけだ。



It is only you who believe that it is understandable. The Holy Spirit knows that it is not understandable, and yet He understands it because you made it.
  • understandable [ʌ̀ndərstǽndəbl] : 「理解出来る、理解可能な」
❖ "It is only you who ~ "強調構文、「罪の意識の問題が理解可能なものだと信じているのはあなただけなのだ」。あなたが抱えている罪の意識の問題は、いわば、子供が夢に見るモンスターのようなもので、完全な幻想、妄想、錯覚に過ぎない。その子供の母親がいかに子供を愛していようが、夢に見たモンスターの恐ろしさを母親が理解出来るはずはない。あなたの罪の意識の問題と神との関係は、この子供のモンスターと母親の関係と同じである。"The Holy Spirit knows that ~ "「ホーリー・スピリットは、あなたの問題が理解出来ないものだと知っている」。"nd yet He understands it ~ "「しかし、ホーリー・スピリットは、その問題はあなたが作り出したことなので、理解を示しているのである」。ここは非常に微妙なのだが、あなたの抱いている罪の意識の問題は、あなたが勝手に作り出した幻想であると、ホーリー・スピリットは理解している。したがって、そこからあなたを救い出す方法もちゃんと理解している。あなたの苦しみが理解できるからこそ、救うことが出来るのである。そんな意味合いが込められているように思う。



6. In the Holy Spirit alone lies the awareness of what God cannot know, and what you do not understand.
  • alone [əlóun] : 「独りで、単に」
  • lie [lái] : 「ある、存在する」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
  • understand [ʌ̀ndə(r)stǽnd] : 「理解する、了解する、納得する、分かる」
❖ "In the Holy Spirit alone ~ "「ホーリー・スピリットの中だけに、神の知り得ないこと、そしてあなたの理解しえないことの認識が存在する」。難しい言い回しをしているが、要するに、ホーリー・スピリットは神の知らないこともあなたの知らないことも両方知っているということ。なぜ神は、あなたを罪の意識から解放するために、ホーリー・スピリットにその使命を与えたかの理由がここにある。ホーリー・スピリットは、神と神の子の媒介役であることを思い出していただきたい。ホーリー・スピリットは、幻想世界にも実相世界にも、その両方に精通しているからだ。



It is His holy function to accept them both, and by removing every element of disagreement, to join them into one. He will do this because it is His function.
  • function [fʌ́ŋ(k)∫n] : 「職務、役割、機能、作用、働き」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • both [bóuθ] : 「両方とも、双方とも」
  • remove [rimúːv] : 「」取り除く、取り去る、取り外す、除去する
  • element [éləmənt] : 「成分、要素」
  • disagreement [dìsəɡríːmənt] : 「意見の相違、不一致、不調和、食い違い、ずれ、隔たり」
  • join [dʒɔ́in] : 「つなぎ合わせる、結び付ける、結合する、連結する、合わせる」
❖ "It is His holy function ~ "ここは"It ~ to ~ "の構文、「両者を共に受け入れることがホーリー・スピリットの役割である」。"and by removing every element ~ "「両者を一つに結びつけるために、かみ合わないすべての要素を取り除くことで、」両者を受け入れることがホーリー・スピリットの役割だ。実相世界に住む神と、幻想世界に住むあなたの間には、理解しえない壁がある。その壁を構成している要素をホーリー・スピリットは除去するのである。壁が取り除かれると、神とあなたは結合することが出来るのだ。もちろん、その時、あなたが住んでいると思っていた幻想世界は消滅している。"He will do this because ~ "「それがホーリー・スピリットの役割であるからこそ、ホーリー・スピリットは両者を受け入れて結合させるのである」。



Leave, then, what seems to you to be impossible, because it is the will of God, and let him whose teaching is only of God teach you the only meaning of relationships.
  • leave [líːv] : 「〜を任せる、頼む、委ねる」
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できない、無理な」
  • will [wíl] : 「意志、意志力、意欲」
  • meaning [míːniŋ] : 「意味、意義」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い、関連」
❖ "Leave, then, what seems ~ "「そこで、あなたにとって不可能と思われることは(ホーリー・スピリットに)任せてしまいなさい」。"because it is the will ~ "「なぜなら、それが神の意思だからである」。神は、あなたに不可能なことを強いたりしない。不可能なことはホーリー・スピリットに任せるように意思しているのだ。これが、ACIMの絶対他力である。"and let him whose teaching ~ "「そして、唯一神から授かった教えをもっているホーリー・スピリットに、あなたに関係性の唯一の意味を教えるようにさせなさい」。つまり、ホーリー・スピリットの教えは神の教えであるので、その教えにしたがって、関係性の真の意味を教えてもらいなさい、ということ。



For God created the only relationship that has meaning, and that is His relationship with you.
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
❖ "For God created the only ~ "「なぜなら、神は意味のある関係だけを創造したのであり、」"and that is His relationship ~ "「それは、あなたと神との関係であるからだ」。本当に意味のある真の関係性は、神と神の子とホーリー・スピリットの、この三位の関係性だけである。なぜなら、それが実在のすべてであるからだ。他の実在は、すべて三者の心の中にある。さらに、神と神の子とホーリー・スピリットは、究極的に一体となり、"God is"「神あり」という一元に収斂する。一元論の必然であり、そういう関係性が真実の関係なのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp