●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-16.II.6:1 ~ T-16.II.7:8

6. No evidence will convince you of the truth of what you do not want. Yet your relationship with Him is real.

  • evidence [évid(e)ns] : 「証拠、証言」
  • convince [kənvíns] : 「確信させる、納得させる、説得する」
  • convince someone of : 「〜に〜を確信させる」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • relationship [riléi∫n∫ìp] : 「関係、結び付き、かかわり合い」
  • real [ríː(ə)l] : 「実在的な、実質的な、現実の、実際の」
❖ "No evidence will convince ~ "「どんな証拠も、あなたに〜の真実を確信させることは出来ないであろう」。どんな真実かというと、"the truth of what you ~ "「あなたが望んでいないことの真実」をあなたに確信されることは、どんな証拠も出来ない。"Yet your relationship ~ "「しかし、ホーリー・スピリットとあなたの関係は実在しているのだ」。あなたが実相に目覚めたいと自ら望んでいない限り、実相世界の存在の証拠をどんなにあなたに示しても、実相世界の存在という真実をあなたに確信させることは出来ない。しかし、そういうあなたの心の中にも、確実にホーリー・スピリットが住んでいて、あなたには気付かれないかもしれないが、あなたの心の正しい部分と密接な関係を結んでいる。そのホーリー・スピリットとの関係は実在であり、真実である。



Regard this not with fear, but with rejoicing. The One you called upon is with you.
  • regard [rigɑ́ː(r)d] : 「尊重する、考慮する、考える、凝視する」
  • fear [fíə(r)] : 「恐れ、恐怖」
  • rejoicing [ridʒɔ́isiŋ] : 「喜び、歓喜、歓呼」
  • call upon : 「求める、要求する、〜に頼む」
❖ "Regard this not ~ "「この事実を、恐れではなく、喜びをもって凝視しなさい」。あなたとホーリー・スピリットの関係性が実在する事実を、喜びをもって受け入れなさい。"The One you called ~ "「あなたが(願いを叶えるために)頼んだ単一なる存在者は、あなたと共にいるのだ」。あなたは、何かの願いを叶えてほしいと、誰かに頼んだことがあるだろう。あなたはホーリー・スピリットの存在に気付いていないとしても、あなたの願いはちゃんとホーリー・スピリットに届いている。そのホーリー・スピリットは、あなたの心の最も神聖な部分に住んでいるのである。



Bid Him welcome, and honor the witnesses who bring you the glad tidings He has come.
  • bid [bid] : 「述べる、告げる、命じる、命令する」
  • welcome [wélkəm] : 「歓迎、歓待」
  • honor [ɑ́nə(r)] : 「〜に敬意を払う、尊敬する、称える、支持する」
  • witness [wítnəs] : 「目撃者、証人、証拠、証言」
  • bring[bríŋ] : 「 〜を持って来る、〜を連れて来る」
  • glad [glǽd] : 「満足して、うれしく思う」
  • tidings [táidiŋz] : 「便り、通知」
❖ "Bid Him welcome ~ "「ホーリー・スピリットに歓迎の言葉を述べ、」"and honor the witnesses ~ "「そして、〜する証言者に敬意を表しなさい」。"who bring you ~ "「ホーリー・スピリットがやって来たという嬉しい知らせをあなたにもって来てくれる」証言者に敬意を表しなさい。たとえば、仕事に疲れたあなたがとぼとぼと歩いているとき、ふと道端に小さな花を見つける。あなたは腰を下ろしてしばし、その花を見つめる。その清楚な花の名がワスレナグサであると知らなくても、あなたは、小さな花の美の中に宇宙のすべての美を感じ取り、鳥肌が立つほどに、驚きと喜びが全身に走る。このとき、あなたは、ホーリー・スピリットがやって来たという喜びの便りを持ってきてくれた証言者、その小さな花に敬意を表し、ホーリー・スピリットを喜びのうちに歓迎するのである。



It is true, just as you fear, that to acknowledge Him is to deny all that you think you know.
  • just as : 「〜と同時に、ちょうど〜であろうとおり」
  • fear [fíə(r)] : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • acknowledge [əknɑ́lidʒ] : 「認める、承認する、認識する、受け入れる」
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
❖ "It is true, just as ~ "ここは"It ~ that ~ "の構文、「ホーリー・スピリットを受け入れることは、(それまで)あなたが知っていると思っていたことのすべてを否定することだというのは正しい」。"just as you ~ "「と同時に、あなたは恐れを感じるだろう」。幻想世界に生き、その中でいろいろ知ったあなたであるが、ホーリー・スピリットに出会ったことで実相世界の存在を知る。その実相世界は、幻想世界の事象をことごとく否定する世界である。あなたの幻想世界における知性も知識も否定されるだろう。当然、あなたは戸惑いと恐れを感じるのだ。



But what you think you know was never true. What gain is there to you in clinging to it, and denying the evidence for truth?
  • gain [géin] : 「利益、得ること、獲得、利得」
  • cling [klíŋ] : 「執着する、しがみつく、かじりつく」
  • evidence [évid(e)ns] : 「証拠、証言」
❖ "But what you think ~ "「しかし、あなたが知っていると思っているものは、決して真実ではない」。幻想世界における知性も、幻想世界に対する知識も、ともに真実ではない。なぜなら、幻想世界は単なる夢の世界なのだから。"What gain is there ~ "「あなたにとって、(真実ではない)知識にしがみつき、真実の証拠を否定するところに、いったいどんな益があるだろうか」。実相世界を否定し、幻想世界に執着することに、いったいどんな利益が生じるか。



For you have come too near to truth to renounce it now, and you will yield to its compelling attraction.
  • near [níə(r)] : 「近い、近くにある、接近した、近接した」
  • renounce [rináuns] : 「放棄する、捨てる、破棄する」
  • yield [jíːld] : 「譲る、譲歩する、屈する、放棄する」
  • compelling [kəmpéliŋ] : 「強制的な、従わざるを得ない、抵抗し難い、抑えきれない」
  • attraction [ətrǽk∫n] : 「引き付けるもの、魅力、誘引」
❖ "For you have come ~ "ここは"~ too ~ to ~ "の構文、「あまりに〜なので、〜できない」の意、「なぜなら、あなたは真実にあまりにも近づきすぎたので、もはや、真実を放棄することは出来ないからだ」。"and you will yield ~ "「そして、あなたは、(真実のもつ)抗しがたい魅力に身をまかすことになろう」。幻想世界から実相世界へと、あなたの心はどんどん引かれていく。もはや旅は始まった。真実への道を進む以外に進路はない。



You can delay this now, but only a little while. The Host of God has called to you, and you have heard. Never again will you be wholly willing not to listen.
  • delay [diléi] : 「〜を遅らせる、延期する、滞らせる」
  • while [(h)wái] : 「少しの時間、時間、期間」
  • heard [hə́ː(r)d] : 「hear の過去・過去分詞形」
  • again [əgén] : 「再び、かさねて、さらに」
  • wholly [hóu(l)li] : 「完全に、全く、全体として、全体的に」
  • willing [wíliŋ] : 「〜をいとわない、〜する気がある」
  • be willing to : 「〜する意思がある、進んで〜する」
❖ "You can delay ~ "「今なら、遅らせることは出来ようが、それとても、ちょっとの間だけだ」。"The Host of God ~ "「神のホスト役であるホーリー・スピリットがあなたを呼んだのであり、あなたはその声を聞いたのだ」。"Never again will ~ "「二度と再び、あなたはホーリー・スピリットの声を絶対聞きたくないなどと思うことはあるまい」。



7. This is a year of joy, in which your listening will increase and peace will grow with its increase.
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
  • listening : 「傾聴、リスニング、聞き取り、しっかりと聞くこと」
  • increase [inkríːs] : 「増える、増大する、大きくなる」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • grow [gróu] : 「増える、増大する、成長する、育つ、大きくなる」
  • increase : 「(アクセントは前) 増加、増大、増進、増殖」
❖ "This is a year ~ "「今年は喜びの年である」。"in which your listening ~ "「今年こそ、ホーリー・スピリットの声がどんどん聞こえるようになり、」"and peace will ~ "「それに伴って、平和もぐんぐん育つのだ」。



The power of holiness and the weakness of attack are both being brought into your awareness.
  • power [páuə(r)] : 「力、能力、勢力」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • weakness [wíːknəs] : 「弱さ、弱いこと、虚弱、脆弱性、衰弱」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • both [bóuθ] : 「両方とも、双方とも」
  • brought [brɔ́ːt] : 「bring の過去・過去分詞形」
  • bring [bríŋ] : 「 〜を持って来る、〜を連れて来る」
  • awareness [əwéə(r)nəs] : 「認識、自覚、気付いていること、意識性」
❖ "The power of holiness ~ "「神聖さのもつパワーも、攻撃性のもつ弱さも、共に、あなたの意識の中に持ち込まれる」。社会的にも個人的にも、改革の時には必ず抵抗勢力が台頭するのだ。今まさに、神聖さのパワーをもつホーリー・スピリットと、攻撃性の弱さをもつエゴの、両者による小競り合いが始まろうとしている。さて、あなたはどちらに加担するつもりであろうか。



And this has been accomplished in a mind firmly convinced that holiness is weakness and attack is power.
  • accomplish [əkɑ́mpli∫] : 「成し遂げる、成就する、達成する」
  • firmly [fə́ː(r)mli] : 「堅固に、きっぱりと、断固として、確固として」
  • convinced [kənvínst] : 「確信して、固く信じて」
❖ あなたの心の中の意識が直面するコンフリクトは、"And this has been ~ "「これは、神聖さが弱さであり、攻撃こそパワーであると固く信じて疑わない(あなたの)心の中に形成されたのである」。それまでの価値観が180度ひっくり返るのだ。だから、自己変革なのであり、抵抗勢力の勢いも相当なものとなる。つまり、エゴの抵抗は激烈を極めるだろう。なにしろ、エゴにとってはその生存が掛かっているのだから。



Should not this be a sufficient miracle to teach you that your Teacher is not of you?
  • sufficient [səfí∫nt] : 「十分な、満足な、足りる、間に合う」
❖ "Should not this be ~ "「これは、あなたの師があなた自体ではないとあなたに教えるのに十分な奇跡ではないだろうか」。エゴの攻撃性が力であり、ホーリー・スピリットの神聖さが弱さだと信じていたあなたが、実はその逆であって、攻撃が弱さで神聖さは強さだと教えられたのはまさに奇跡である。それを教えたのは、あなたがあなた自身に教えたのではなく、あなたの心の中に住むホーリー・スピリットが教えたのだ。これこそ、奇跡として十分である。



But remember also that whenever you listened to His interpretation the results have brought you joy.
  • remember [rimémbə(r)] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • also [ɔ́ːlsou] : 「〜もまた、同様に、また」
  • whenever [(h)wenévə(r)] : 「〜するときはいつでも、〜したときはすぐ」
  • listen [lísn] : 「聴く、聞く、耳を傾ける」
  • interpretation [intə̀ː(r)prətéi∫n] : 「解釈、説明、解説」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き、効果、成果」
  • brought [brɔ́ːt] : 「bring の過去・過去分詞形」
  • bring [bríŋ] : 「 〜を持って来る、〜を連れて来る」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
❖ "But remember also that ~ "「また、that以下も覚えておきなさい」。"that whenever you ~ "「あなたが、ホーリー・スピリットの解釈に耳を傾けるときはいつでも、」"the results have ~ "「結果は、あなたに喜びをもたらすのだ」と覚えておきなさい。"His interpretation"「ホーリー・スピリットの解釈」とは、奇跡の解釈や実相世界の解説だと思っていいだろう。つまり、あなたには理解不能なことを、あなたに理解できる範囲で解釈、解説してくれるわけだ。それに耳を傾けるとき、あなたは喜びを覚える。なぜなら、あなたに真実が見えてくるからだ。



Would you prefer the results of your interpretation, considering honestly what they have been? God wills you better.
  • prefer [prifə́ː(r)] : 「〜を好む、むしろ〜の方を好む、〜の方を選ぶ」
  • consider [kənsídə(r)] : 「〜と考える、〜を考慮する」
  • honestly [ɑ́nəstli] : 「正直に、誠実に、本当に、正当に」
  • will [wíl] : 「〜を望む、意図する、命ずる、決意する」
❖ "Would you prefer ~ "「あなたの解釈が何であったか、正直に考えた結果、あなたはあなたの解釈を(ホーリー・スピリットの解釈より)より好むであろうか」。実相も奇跡も理解できないあなたが解釈したものに、はたして信用が置けるかどうかよく考えてみよ。その上で、ホーリー・スピリットの解釈と比較してみなさい、ということ。"God wills you ~ "直訳すると、「神はあなたをより良く意思する」。どういう意味か? 単純に考えて、神はあなたにより良くなって欲しいと意思している、と解釈しておこう。だから、あなたにホーリー・スピリットの解釈を採用して欲しいのだ。その方が、あなたのためになるからだ。



Could you not look with greater charity on whom God loves with perfect Love?
  • great [gréit] : 「大きい、大きな、巨大な」
  • charity [t∫ǽrəti] : 「慈悲、寛容、思いやり、寛容、愛」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完璧な、完全な」
❖ "Could you not look ~ "「神が完璧な愛をもって愛しているホーリー・スピリットを、あなたは、より大きな思いやりの気持ちをもって見ることは出来ないものだろうか」。「より大きな思いやりの気持ちをもって」とは、より大きな信頼感と愛をもって、という意味合いだろう。ホーリー・スピリットを信頼し、愛情をもってホーリー・スピリットの解釈を採用しなさい、ということだ。なぜなら、ホーリー・スピリット自体があなたを大きな信頼と愛情をもって見ているからだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp