●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-21.III.4:1 ~ T-21.III.5:6

4. Faith and belief and vision are the means by which the goal of holiness is reached.

  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信条」
  • belief [bilíːf] : 「信じること、信念、意見、信仰、信条」
  • vision [víʒən] : 「視覚、視力、洞察力、想像力、展望、構想」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • goal [góul] : 「目標、目的地、目的、目指すもの」
  • holiness [hóulinəs] : 「神聖、高潔」
  • reach [ríːtʃ] : 「〜に達する、〜に至る、〜に届く」
❖ "Faith and belief and ~ "「信じる心や信じる気持ち、ヴィジョンは、神聖な目的に達するための手段である」。真実なる目的、つまり、神聖な目的に到達するには、実相世界の真実なる手段が必要だ。それが、理性を超越した信じる心であり、知覚を超越したヴィジョンである。逆に言えば、神聖な目的を達成するために、この幻想世界の手段は役に立たないということだ。たとえば、金で神聖さは買えないし、名声や地位や肩書きでは神聖さに到達出来ないのである。



Through them the Holy Spirit leads you to the real world, and away from all illusions where your faith was laid.
  • through [θruː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する」
  • real [ríːəl] : 「実在的な、実質的な、実在する、本物の」
  • away from : 「〜から離れて」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • laid [léid] : 「lay の過去・過去分詞形」
  • lay [léi] : 「〜を横たえる、〜を置く」
❖ "Through them the Holy Spirit ~ "「信じる気持ちやヴィジョンを通して、ホーリー・スピリットはあなたを、実相世界へと導いてくれる」。"and away from all illusions ~ "「そして、あなたが信頼を置いていた幻想のすべてから遠く離れて行くのである」。実相世界へ回帰することが、神聖な目的の一つである。ホーリー・スピリットが導いてくれるので、すべてを委ねてしまえばいい。



This is his direction; the only one he ever sees. And when you wander, he reminds you there is but one.
  • direction [dirékʃən] : 「方角、方向、道順、方位」
  • wander [wάndər] : 「さまよう、迷う、歩き回る、ぶらつく」
  • remind [rimáind] : 「〜に思い出させる、〜に気付かせる」
❖ "This is his direction"「これが、ホーリー・スピリットの向かう方向である」。"the only one he ~ "「ホーリー・スピリットはその方向だけを見ているのだ」。"And when you wander ~ "「そして、あなたが(幻想世界を)彷徨(さまよ)っている時、ホーリー・スピリットはあなたに、行くべき方向は一つしかないのだと思い出させてくれるのだ」。そして、ホーリー・スピリットの導きに従って、あなたは実相世界へと回帰していくのである。もちろん、その前に、あなたはホーリー・スピリットの神聖な目的を受け入れなくてはならない。だが、これに時間がかかるのだ。しかし、神もホーリー・スピリットも、あなたの『気付きの時』を、じっと待っていてくれる。



His faith and his belief and vision are all for you. And when you have accepted them completely instead of yours, you will have need of them no longer.
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • completely [kəmplíːtli] : 「完全に、十分に、全面的に、全く、徹底的に」
  • instead of : 「〜の代わりに」
  • have need of : 「〜を必要とする、〜が入り用である」
  • no longer : 「もはや〜でない」
❖ "His faith and his belief ~ "「ホーリー・スピリットの信じる心、信じる気持ち、そしてヴィジョンは、すべてあなたのためにある」。"And when you have accepted them ~ "「そして、あなたの(幻想を)信じる気持ちに代えて、あなたが完全にホーリー・スピリットの信じる心やヴィジョンを受けれたとき、」"you will have need of ~ "「もはやあなたは、信じる心もヴィジョンも必要としなくなるだろう」。実相世界へ目覚めてしまえば、何かを信じる必要はなくなるし、ヴィジョンはさらに進化して叡智へと生まれ変わるのだ。したがって、お分かりのように、"you will have need of them no longer"「もはやあなたは、信じる心もヴィジョンも必要としなくなる」とは、決して信じる心やヴィジョンを否定して述べられているのではない。手段というものは、ひとたび目的が成就されれば必要なくなるという意味合いである。



For faith and vision and belief are meaningful only before the state of certainty is reached.
  • meaningful [míːniŋfəl] : 「意味のある、意味深長な、重要な」
  • before [bifɔ́ːr] : 「〜する前に、〜より前に、〜より先に」
  • state [stéit] : 「状態、形勢、情勢、状況」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確信、確実なこと、必然」
  • reach [ríːtʃ] : 「〜に達する、〜に至る、〜に届く」
❖ "For faith and vision ~ "「なぜなら、信じる心やヴィジョン、信じる気持ちは、確信を抱ける状態が達成される前だけに意味があるからだ」。確信を抱ける状態に達することが目的であって、その目的が達成されれば、手段である信じる心やヴィジョンの存在意義は消滅してしまう。もちろん、あえて捨てる必要はない。必要なものは質転換してレベルを上げ、不必要なものはただ消滅するだけである。



In Heaven they are unknown. Yet Heaven is reached through them.
  • heaven [hévn] : 「天国、天」
  • unknown [ʌnnóun] : 「知られていない、未知の、不明の」
❖ "In Heaven they ~ "「天の王国では、それらは知られていない」。つまり、実相世界である天の王国では、信じる心やヴィジョンは存在しないということ。天の王国は、すべての目的が達成された、絶対確信の世界であるから、手段が必要とされないのだ。したがって、何かを信じる必要はないし、何かの真実を見抜くヴィジョンも必要ないのだ。すべてが満たされ、欠けるものはない。



5. It is impossible that the Son of God lack faith, but he can choose where he would have it be.
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、とてもあり得ない、できないS」
  • lack [lǽk] : 「〜を欠く、〜が欠けている、十分にない、足りない」
  • faith [féiθ] : 「信頼、信用、信じること、信仰、信条」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • have : 「〜に〜させる」
❖ "It is impossible that ~ "「神の子が、信じる気持ちを欠くことは不可能であるが、」"but he can choose ~ "「信じる気持ちをどこに向けるかは、神の子は選択出来るのだ」。幻想世界に信じる心を向けるか、実相世界に向けるか。エゴに信じる心を向けるか、神に向けるか。あなたは、そのどちらかを選択出来る。神もホーリー・スピリットも、一番大切にしているものは、神の子の自由意思である。神の子が、自由に自分の意思で選択しない限り、神もホーリー・スピリットも手出しすら出来ない。あくまでも、あなたは、自由意思でドアをノックしなくてはならないのだ。そうすれば、ドアは開けられるのである。



Faithlessness is not a lack of faith, but faith in nothing. Faith given to illusions does not lack power, for by it does the Son of God believe that he is powerless.
  • faithlessness [féiθlisnis] : 「不実さ、不誠実さ、信仰心のなさ」
  • lack [lǽk] : 「〜を欠く、〜が欠けている、十分にない、足りない」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、真に受ける、確信する、信頼する」
  • powerless [páuərlis] : 「力がない、無能な、無力の」
❖ "Faithlessness is ~ "「正しく信じていないとは、信じる気持ちが欠けているということではない」。"but faith in ~ "「意味のないものを信じているということだ」。"Faith given to illusions ~ "「幻想に向けられた信じる気持ちも、パワーを欠いているわけではない」。"for by it does ~ "「なぜなら、信じるパワーによって、神の子は、自分にはパワーがないと信じているからだ」。信じる心には、それを現実化するパワーがある。自分には信じるパワーがないと信じてしまえば、それが現実化し、結果的に信じるパワーがない状態が出来上がってしまうのだ。だから、この幻想世界にあって、あなたは、信じるパワーが起こす奇跡を実現することが出来ないのだ。



Thus is he faithless to himself, but strong in faith in his illusions about himself.
  • faithless [féiθlis] :「信仰心のない、信義のない、不誠実な、不忠実な」
  • strong in : 「〜に強い」
❖ "Thus is he faithless ~ "「このように、神の子は自分自身を信じられないことになる」。自分は、奇跡を起こすことの出来るパワーをもった神の子であると信じられないのだ。"but strong in faith ~ "「しかし、神の子は、自分自身に対する幻想を強く信じているのだ」。つまり、自分は神を裏切って神から分離した、罪深い存在であると信じたり、自分は猿から進化した単なる生き物の一つに過ぎないと信じたりしている。結局、この幻想世界の夢から一歩も外に出れない状態に自分を追い込んでいるのだ。



For faith, perception and belief you made, as means for losing certainty and finding sin.
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見、見識、感じ方」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、見失う、喪失する、なくす」
  • certainty [sə́ːrtnti] : 「確信、確実なこと、必然」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
  • sin [sín] : 「罪、罪悪、ばかげたこと、過失、罪業」
❖ "For faith, perception and ~ "「なぜなら、確信を失うための、そして、罪の意識を発見するための手段として、あなたは、信じる心やヴィジョンや信じる気持ちを作ったのである」。"you made"「あなたが作った」とあるが、信じる心やヴィジョンを創造したという意味ではなく、それを誤って利用している、という意味合いであろう。あるいは、信じる心やヴィジョン『もどき』を偽創造したととらえてもいいか・・・。いわば、違法コピーである。本物ではないから、すぐ、化けの皮が剥がれる。



This mad direction was your choice, and by your faith in what you chose, you made what you desired.
  • mad [mǽd] : 「気が狂って、怒って、頭にきて、発狂して」
  • direction [dirékʃən] : 「方角、方向、道順、方位」
  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • chose [tʃóuz] : 「choose の過去形」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • desire [dizáiər] : 「〜を望む、希望する、欲する」
❖ "This mad direction ~ "「この狂った方向を、あなたは選択したのである」。信じる気持ちやヴィジョンを向かわせる方向をあなたは誤ったのだ。確信ではなく確信の欠如を、無辜(むこ)ではなく罪の意識を、あなたは目的に選んでしまった。"and by your faith ~ "「そして、あなたが選択したものを信じることで、あなたは望みのものを作ったのだ」。つまり、確信に欠け、罪に満ちたこの幻想世界を、あなたは思い通りに疑似創造したのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp