●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-29.IV.5:1 ~ T-29.IV.6:7

5. How happy would your dreams become if you were not the one who gave the "proper" role to every figure which the dream contains.
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • gave [géiv] : 「give の過去形」
  • proper [prάpər] : 「適した、適切な、妥当な、適当な」
  • role [róul] : 「役、役目、役割、任務、職務」
  • figure [fíɡjər] : 「人物、大人物、大立者、姿、人影」
  • contain [kəntéin] : 「〜を含む、包含する、〜が入っている」
❖ "How happy would ~ "「もしあなたが、夢に登場するあらゆる人物に、『適当な』役を割り当ているような者でなかったなら、あなたの夢はどんなに幸せだろう」。あなたが、夢の中に登場する人物に、あなたに都合がいいような『適当な』役割を割り振らなかったら、夢に破れて悲嘆することもなければ、それを理由に攻撃に転じることもないはずだ。あなたはもっと幸せな夢を見れるはずなのだ。



No one can fail but your idea of him, and there is no betrayal but of this.
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • betrayal [bitréiəl] : 「裏切り、密告、背信、内通」
❖ "No one can fail ~ "「誰一人しくじることはないが、あなたが割り振った登場人物へのあなたの考え方だけがしくじるのである」。たとえば、あなたは夢の登場人物の他者に対して、彼があなたの服従者になるような役割を設定したとしても、その設定自体、つまり、他者を服従者にするという考え自体が破綻(はたん)を来すのである。簡単にいえば、あなたが思い描いた身勝手な理想としての夢自体が破綻するのであって、夢の登場人物達が破綻するわけではない。"and there is no ~ "「あなたを裏切るものがあるとすれば、これだけである」。裏切るという言葉を使うなら、あなたは夢に裏切られるのだ。もちろん、その原因は、あなたが割り振った役割の不当性にある。



The core of dreams the Holy Spirit gives is never one of fear.
  • core [kɔ́ːr] : 「核心、中核、中心」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖」
❖ "The core of dreams ~ "「ホーリー・スピリットの与える夢の核心には、恐れの一かけらもない」。ホーリー・スピリットが与える夢とは、幻想のことではなく、もちろん、真実であり、実相である。あなたがこの世界で見ている夢と比較させるために、あえて『夢』と言ったまでのことであって、本当は、夢からの覚醒のことである。したがって、ホーリー・スピリットの与える夢(夢からの覚醒という夢)には、どこを探しても恐れはない。実相には、恐れという概念自体が存在しないのだ。



The coverings may not appear to change, but what they mean has changed because they cover something else.
  • covering [kʌ́vəriŋ] : 「覆い、被膜、被覆」
  • appear [əpíər] : 「〜のように見える、〜と思われる」
  • change [tʃéindʒ] : 「変わる、変化する、変遷する」
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • cover [kʌ́vər] : 「〜を覆う、〜に覆いを付ける」
  • something else : 「何か他のもの」
❖ "The coverings may ~ "「ホーリー・スピリットの夢を覆うカバーは、変わりないかも知れない」。ホーリー・スピリットが与える夢も、あなたが描く夢も、その表面は、つまり、夢のカバーは、まったく同じものに見えるかも知れない。"but what they mean ~ "「しかし、カバーはまったく別なものを覆っているので、カバーが意味していることは変わっているのだ」。あなたの夢のカバーは虚偽(幻想)を覆い、ホーリー・スピリットの夢のカバーは真実(実相)を覆っている。見かけは変わりないが、内容はまったく異なるのだ。



Perceptions are determined by their purpose, in that they seem to be what they are for.
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、認知、知見、見識、感じ方」
  • determine [ditə́ːrmin] : 「決定する、確定する」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
❖ "Perceptions are ~ "「知覚は、その目的によって決定される」。"in that they seem ~ "「知覚の中にこそ、知覚が何を目的にしているかが見て取れる」。たとえば、あなたが他者を支配したいと夢見ているなら、あなたは他者を服従者として知覚するだろう。逆に、他者が自分の服従者に見えたなら、あなたは彼を支配したいと思っているのだ。また、たとえば、あなたが愛を支配の道具に使いたいと夢見ているなら、愛は愛として知覚されることはなく、むしろ、歪んだ憎悪として知覚されるだろう。



A shadow figure who attacks becomes a brother giving you a chance to help, if this becomes the function of the dream.
  • shadow [ʃǽdou] : 「影、暗がり、人影、陰」
  • attack [ətǽk] : 「〜を襲う、〜を攻撃する、〜を非難する」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • chance [tʃǽns] : 「チャンス、好機、機会」
  • help [hélp] : 「助力、助け、援助、支援、力添え」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「職務、役割、機能、作用」
❖ "A shadow figure who ~ "「もし〜なら、(あなたを)攻撃していた影の人物は、」つまり、あなたの夢に登場していた人物は、「あなたに、助けの機会を与えてくれる同胞になるだろう」。"if this becomes ~ "「もしこれが、夢の役割になったなら、」助けの機会を与えてくれる同胞になるだろう。"this"「これ」とは、救い(助け)を与えること。あなたが、自分の都合に合わせて不当な役割を割り振った夢を見るのではなく、ホーリー・スピリットの夢に自分の夢を委ねてしまえば、その夢の核心には恐れなどないので、結果として、絶望も攻撃も存在しない。ホーリー・スピリットの夢の目的は、神の子を幻想から救い出すことなので、その目的に添って知覚が変化し、攻撃者に見えていた同胞が、あなたの救い主に見えてくるのである。



And dreams of sadness thus are turned to joy.
  • sadness [sǽdnəs] : 「悲しさ、悲しみ、不幸」
  • thus [ðʌ́s] : 「それ故に、従って、このようにして」
  • turn to : 「〜に変わる、〜に変化する」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
❖ "And dreams of sadness ~ "「こうして、悲しみの夢は、喜びの夢に変わるのだ」。つまり、夢は、幻想的夢から、実相的夢に変化するのである。幻想世界の苦しみや悲しみの夢、苦と痛みの夢は、実相世界の光に打ち消されて、喜びと平和と慈しみの夢に変わるのだ。



6. What is your brother for? You do not know, because your function is obscure to you.
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「職務、役割、機能、作用」
  • obscure [əbskjúər] : 「ぼんやりした、はっきりとしない」
❖ "What is your ~ "「あなたの同胞は、何のために存在するのか」。あなたの服従者となるためか。あなたの救い主になるためか。"You do not ~ "「あなたの役割が、あなたにとって不明瞭であるために、あなたはそれを知らないのだ」。あなた自身が、この幻想世界におけるあなた自身の役割、つまり、同胞の救い主となって、同胞とあなた共々、実相世界に目覚めるという役割を、あなたは知らないから、同胞の役割をあなたの服従者などに設定しまうのだ。



Do not ascribe a role to him that you imagine would bring happiness to you.
  • ascribe [əskráib] : 「〜のものとみなす、帰する、属するものとみなす」
  • role [róul] : 「役、役目、役割、任務、職務」
  • imagine [imǽdʒin] : 「想像する、思う、心に描く、推測する」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜をもたらすs」
  • happiness [hǽpinəs] : 「幸福、喜び、幸せ」
❖ "Do not ascribe ~ "「あなたに幸福感をもたらしてくれそうだと、あなたが想像する役割を、同胞に割り振ってはいけない」。あなたが、この幻想世界で自分の利益にかないそうだと思う役割を他者に割り振って、夢を見るようではいけない。



And do not try to hurt him when he fails to take the part that you assigned to him, in what you dream your life was meant to be.
  • try [trái] : 「試す、やってみる、試みる、企てる」
  • hurt [hə́ːrt] : 「〜を傷つける、〜に苦痛を与える」
  • fail [féil] : 「失敗する、しくじる」
  • take the part : 「味方する、役を演じる」
  • assign [əsáin] : 「〜を割り当てる、指定する、任命する」
  • meant [mént] : 「mean の過去・過去分詞形」
  • mean to : 「〜するつもりである、故意に〜する」
❖ "And do not try ~ "「また、あなたが、あなたの人生を幸福なものにしようと夢見て、あなたが同胞に割り振った役割を、彼がやり損ねたからといって、その同胞を傷つけようとしてはいけない」。同胞が、あなたの意図した役割を果たさなかったからといって、その同胞を非難し攻撃してはいけない。あなたの自業自得なのだから。ところで、"you dream your life was meant to be"この部分であるが、「あなたが、あなたの人生を幸福なものにしようと夢見て」と訳してみたのだが、「あなたの人生が、そうあると意図されているものとして夢見て」、つまり、「あなたの人生が意味あるものにしようと夢見て」といった意味合いである。



He asks for help in every dream he has, and you have help to give him if you see the function of the dream as He perceives its function, Who can utilize all dreams as means to serve the function given Him.
  • ask for help : 「助けを求める」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜を理解する、〜を把握する」
  • utilize [júːtəlàiz] : 「利用する、活用する、役立たせる」
  • means [míːnz] : 「手段、方法、資力」
  • serve [sə́ːrv] : 「〜に仕える、〜に役立つ」
  • given [gívn] : 「give の過去分詞形」
❖ "He asks for help ~ "「同胞は、彼が見るすべての夢の中で、助けを求めている」。"and you have help ~ "「そしてあなたは、もし〜出来たなら、彼に助けを与える手助けが出来るのだ」。"if you see the function ~ "「もしあなたが、夢の役割を、ホーリー・スピリットが知覚するように見ることが出来たなら、」あなたは、彼に助けを与える手助けが出来るのだ。ホーリー・スピリットの知覚する夢の役割、夢の目的とは、神の子を幻想から救い出すことである。それに同調して、あなたも同じ夢を見るなら、あなたは同胞の救い主になれるのだ。"Who can utilize all ~ "「そのホーリー・スピリットは、ホーリー・スピリットに与えられた役割に役立つための道具として、あらゆる夢を利用出来るのである」。ホーリー・スピリットに与えられた役割とは、神の子を幻想から救い出すことである。そのために、ホーリー・スピリットは幻想を利用することがある。もちろん、幻想に過ぎない肉体を利用することもあるのだ。



Because He loves the dreamer, not the dream, each dream becomes an offering of love.
  • dreamer [dríːmər] : 「夢を見る人、夢想家」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、提供する」
❖ "Because He loves ~ "「なぜなら、ホーリー・スピリットは、夢ではなく、夢見る者を愛しているからであり、」"each dream becomes ~ "「一つ一つの夢は、愛を差し出してくれるものになるからだ」。ホーリー・スピリットは夢を見る神の子を愛している。その神の子は、誤った夢を見ているだけであって、正しい夢を見るなら、その夢は愛を運んで来てくれるはずだ。



For at its center is His Love for you, which lights whatever form it takes with love.
  • center [séntər] : 「中心、核心」
  • light [láit] : 「輝く、光を発する」
  • whatever [hwʌtévər] : 「どんなものが〜でも」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造」
❖ "For at its center ~ "「なぜなら、夢の中心には、あなたへのホーリー・スピリットの愛があるらだ」。"which lights whatever ~ "「夢がどんな形をとろうとも、その中心は、ホーリー・スピリットの愛で光輝いているのである」。ここは解釈不要であろう。夢の中にホーリー・スピリットの愛を感じれば十分である。また、逆に、ホーリー・スピリットの愛が感じられないような夢は、偽りの夢なのだ。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp