●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-29.V.3:1 ~ T-29.V.4:3

3. Here is the role the Holy Spirit gives to you who wait upon the Son of God, and would behold him waken and be glad.
  • role [role] : 「役、役目、役割、任務、職務」
  • wait [wéit] upon : 「〜に仕える」
  • behold [bihóuld] : 「見守る、注視する」
  • waken [wéikn] : 「目覚める」
  • glad [glǽd] : 「喜んで、満足して、うれしく思う」
❖ "Here is the role ~ "「ここに、神の子に仕えて、神の子が目覚め、喜ぶ姿を見ることになるあなたに対して、ホーリー・スピリットが与えた役割がある」。ホーリー・スピリットがあなたに与えた役割とは、まず第一に、あなたがあなた自身の心の中の最も神聖で純粋な部分の存在に気付き、幻想から目覚めて実相に開眼し、さらに、あなたと同様の神の子である同胞の目覚めを助けて、その喜ぶ姿を見ることである(wait upon the Son of God, and would behold him waken and be glad)。



He is a part of you and you of him, because he is his Father's Son, and not for any purpose you may see in him.
  • part [pάːrt] : 「一部、部分」
  • purpose [pə́ːrpəs] : 「目的、意図、狙い、意向、趣旨、意味」
❖ "He is a part of ~ "「同胞はあなたの一部であり、あなたは同胞の一部である」。単一の神の子として、あなたと同胞は自他一如である。"because he is his Father's ~ "「なぜなら、同胞は父なる神の(創造した)神の子であるからだ」。"and not for any purpose ~ "「しかし、あなたが同胞の中に見るかも知れない何らかの目的のせいではない」。あなたが、この幻想世界において、同胞を何かに利用できるから、あなたと同胞が互いに互いの一部となっている、ということではない。たとえば、あなたが同胞の支配者となり、同胞があなたの服従者となって、あなたの目的に叶うから、あなたと同胞が一体だということではない。実相的な存在として、つまり、神の子として、あなたと同胞は同一であり、互いが互いの一部になっているのだ。



Nothing is asked of you but to accept the changeless and eternal that abide in him, for your Identity is there. The peace in you can but be found in him.
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • changeless [tʃéindʒlis] : 「変化のない、不変の」
  • eternal [itə́ːrnl] : 「永遠の、不変の、永久の、不滅の、無限の」
  • abide [əbáid] : 「居住する、とどまる」
  • identity [aidéntəti] : 「正体、身元、自我同一性」
  • peace [píːs] : 「平和、安らぎ、平穏、安心、安定」
  • found [fáund] : 「find の過去・過去分詞形」
❖ "Nothing is asked of ~ "「同胞の心の中にある無変化性と永遠性を受け入れる以外に、あなたが求められるものは何もない」。同胞の心の中の最も純粋で神聖な部分は実相であり、永遠不変性を有している。それを、あなたは受け入れるだけでいい。それは、同時に、あなたの永遠不変性を受け入れることと等しいからである。"for your Identity ~ "「なぜなら、あなたのアイデンティティは、そこにあるからだ」。あなたのアイデンティティは、永遠不変の神の子なのだ。"The peace in you ~ "「あなたの心の中の平和は、同胞の心の中にのみ発見出来るのである」。あなたと同胞は自他一如であるから、あなたの平和は同胞の平和であり、同胞の平和はあなたの平和である。平和も喜びも、愛も慈しみも、あなたと同胞が分かち合うべきものであって、単独で独占するようなものではない。



And every thought of love you offer him but brings you nearer to your wakening to peace eternal and to endless joy.
  • thought [θɔ́ːt] : 「思想、考え、思考、思索、熟考」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、提供する」
  • bring [bríŋ] : 「〜を持って来る、〜を連れて行く、〜をもたらす」
  • near [níər] : 「近い、近くにある、接近した、近接した」
  • wakening [wéikəniŋ] : 「目覚めること」
  • endless [éndləs] : 「終わりのない、永遠の、絶え間のない」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
❖ "And every thought ~ "「あなたが同胞に差し出す、あらゆる愛に溢れた思いは、あなたを、永遠の平和と終わりのない喜びの目覚めに近づけていくのである」。あなたが同胞に愛を差し出せば、あなたは同胞から愛を受けとるのである。実相世界では、与えることと受け取ることは同一である。したがって、あなたが同胞を愛せば愛すほど、あなたはどんどん永遠の平和と喜びに近づいていくのである。



4. This sacred Son of God is like yourself; the mirror of his Father's Love for you, the soft reminder of his Father's Love by which he was created and which still abides in him as it abides in you.
  • sacred [séikrid] : 「神聖な、宗教的な」
  • mirror [mírər] : 「鏡、反射鏡、反映するもの」
  • soft [sɔ́ft] : 「柔らかい、しなやかな、しとやかな」
  • reminder [rimáindər] : 「思い出させるもの」
  • create [kriéit] : 「〜を創造する、創り出す」
  • abide [əbáid] : 「居住する、とどまる」
❖ "This sacred Son of God ~ "「この神聖な神の子は、あなたによく似ている」。似ているどころか、あなたそのものなのだ。"the mirror of his ~ "「つまり、神の子は、あなたに対する父なる神の愛を映し出す鏡であり、」"the soft reminder of ~ "「父なる神の愛を優しく思い出させてくれる」。"by which he was ~ "「その神の愛によって、神の子は創造されたのであり、神の愛があなたの心の中にあるように、神の子の心の中には今なお、神の愛は住んでいるのである」。理屈を追わず、情景をイメージすること。それで充分。



Be very still and hear God's Voice in him, and let It tell you what his function is.
  • still [stíl] : 「穏やかな、平穏な、静かな、じっとした、動かない」
  • hear [híər] : 「〜を聞く、聴く、〜が聞こえる」
  • tell [tél] : 「〜に話す、言う、告げる、教える、伝える」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「職務、役割、機能、作用、働き、効用」
❖ "Be very still and hear ~ "「静かな気持ちになって、同胞(神の子)の心の中の神の声に耳を澄ましなさい」。"and let It tell you ~ "「そうして、その声に、神の子の役割とは何なのか、あなたに語らしめなさい」。同胞(神の子)の心の中の神の声と書かれてあるが、もちろん、あなたの心の中の神の声と思っていい。もっとも、神の声を直接聞くとは出来ないかも知れないが、神のメッセンジャーであるホーリー・スピリットの声は確実に聞こえてくる。そして、ホーリー・スピリットがあなたに、神の子としての役割を教えてくれるのだ。つまり、あなたと同胞を幻想世界から救うという役割である。天の王国へ回帰するという役割である。



He was created that you might be whole, for only the complete can be a part of God's completion, which created you.
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の、丸ごとの」0
  • complete [kəmplíːt] : 「完結した、完成した、全部そろった、完全な」
  • completion [kəmplíːʃən] : 「完成、完了、終了」
❖ "He was created that ~ "「神の子である同胞は、あなたが完全であるようにと創造されたのだ」。"for only the complete ~ "「なぜなら、完全であるものだけが、あなたを創造した神の完全性の一部になり得るからだ」。あなたと同胞は、この幻想世界にあっては、まだまだ不完全である。しかし、あなたと同胞が、神の子であることに目覚めることで、あなたと同胞は神の子として完全となる。一方が目覚めただけでは完全とはならないのだ。一方、天の王国に住まう神もまた、神の子なしでは完全になり得ない。実相に目覚めたあなたと同胞が天の王国へ回帰し、その天の王国で、神と神の子とホーリー・スピリットの三位(さんみ)が融合し、一体となったとき、始めて神は完成され、神の子も完成される。そのとき、もはや神と神の子とホーリー・スピリットの区別は意味をなくし、すべてが、神という一点に収斂する。"Go is"「神あり」の純粋一元論世界が完成されるのだ。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp