●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-15.IV.3:1 ~ T-15.IV.4:7

3. Be humble before Him, and yet great in Him. And value no plan of the ego before the plan of God.

  • humble [hʌ́mbl] : 「謙虚な、つつましい、つつましやかな、腰が低い」
  • great [gréit] : 「偉大な、卓越した、、大きな」
  • value [vǽljuː] : 「〜を高く評価する、重視する、重んじる、大切にする、尊ぶ」
❖ "Be humble ~ "「神の前では謙虚でありなさい」。"and yet great ~ "「そして、神の中にあっては、偉大でありなさい」。もちろん、神の中でも前でも、あなたは偉大なのだが、その偉大さが尊大にならないように、謙虚でいるべきだ、という意味であろう。偉大な人間ほど謙虚であるのはこの世の常でもある。"And value no plan ~ "「神の計画を前にして、エゴの計画を高く評価することのないように」。エゴの計画を高く評価するところに、尊大さが現れてくる。オレは一人で何でも出来る、という思い込みである。ところで、神のプラントは、あなたを罪の意識から解放し、神の元に回帰させる計画のことである。そのための贖罪の瞬間や、解放の聖なる瞬間も神の計画の一部である。



For you leave empty your place in His plan, which you must fill if you would join with me, by your decision to join in any plan but His.
  • leave [líːv] [SVOC] : 「〜を〜の状態にしておく、〜を〜のままにしておく」
  • empty [ém(p)ti] : 「中身のない、空の、空いている、空っぽの」
  • place [pléis] : 「場所、個所、住所、席、地域、土地、広場」
  • fill [fíl] : 「注入する、満たす、〜を…でいっぱいにする」
  • join [dʒɔ́in] : 「加わる、加入する、参加する、交わる」
  • decision [disíʒ(ə)n] : 「解決、決定、決意、決心」
❖ "For you leave empty ~ "「なぜなら、あなたは神の計画の中に、あなたの場所を空の状態にしているからであり、」神の計画の中にはあなたが果たすべき役割が組み込まれているが、今は、あなたはその役割を果たしておらず、あなたの居場所が空になっているのだ。"which you must ~ "「その空の場所を、あなたは満たさねばならないからだ」。つまり、あなたの役割を果たさなくてはならない。"if you would ~ "「他ならぬ神の計画に参加する決定をあなたが下すことで、もし、あなたが私と共にその計画に参画したいと望むならならば」。神の計画に参画するのはあなた一人でなくていい。キリストが、あるいはホーリー・スピリットが、あなたと共にその計画に参加し、あなたを導いてくれるのである。



I call you to fulfill your holy part in the plan that He has given to the world for its release from littleness.
  • call : 「〜に命じる、〜を召し出す」
  • fulfill [fulfíl] : 「果たす、全うする、実行する、遂行する」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • part [pɑ́ː(r)t] : 「分担、役、役目、役割」
  • release [rilíːs] : 「解放、解き放すこと、解除」
  • littleness [lítlnis] : 「小さいこと、小ささ、卑小さ」
❖ "I call you to fulfill ~ "「私はあなたに、〜のような計画におけるあなたの聖なる役割を果たすようにと呼びかける」。"that He has given ~ "「卑小さからの世界の解放のため、神が世界に与えた」計画におけるあなたの役割を果たすようにと呼びかける。もちろん、ここの世界は、幻想のこの世界のこと。



God would have His host abide in perfect freedom.
  • have [SVO do] : 「〜に〜させる、〜に〜してもらう」
  • abide [əbáid] : 「とどまる、居住する」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完璧な、完全な」
  • freedom [fríːdəm] : 「自由、解放、自主、独立」
❖ "God would have ~ "「神は完璧な平和の中で、神のホスト役を神の側に置きたいと思っているのである」。つまり、簡単に言うと、神の子を神の側に置いて、完璧な平和の内に暮らしたいと願っている、ということ。ACIMでいう"host"には、隷属的な意味合いはまったくない。もちろん、もてなす、という意味合いでもない。



Every allegiance to a plan of salvation apart from Him diminishes the value of His Will for you in your own mind. And yet it is your mind that is the host to Him.
  • allegiance [əlíːdʒ(ə)ns] : 「忠誠、忠実」
  • salvation [sælvéi∫n] : 「救出、救済、救い、救世」
  • apart from : 「〜から離れて、〜は別として、〜はさておき」
  • diminish [dimíni∫] : 「〜を少なくする、減らす、減少させる、弱める、軽減する」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち、真価」
❖ "Every allegiance to ~ "「神の計画とは違う救済の計画に忠実であることはすべて、あなたの心の中において、あなたのためを思う神の意思の価値を貶(おとし)めるのだ」。エゴの計画に忠実になるようでは、せっかくの神の愛ある思いを台無しにしてしまう。それどころか、エゴの計画に参画しても、あなたは真に救済されることは決してない。"And yet it is ~ "「しかし、それでもなお、神のホストであるのは、あなたの心なのである」。たとえ、あなたが、エゴに忠実になったとしても、また、神の意思の価値を貶めたとしても、なお、神にとっての一番のホスト役はあなたであり、あなたの心なのである。神はどんなことがあっても、神の子を見捨てることはない。たとえあなたが神に唾(つば)しても、神を呪(のろ)っても、神はあなたの回帰を待ち望んでいるのである。それが真の神であって、嫉み恨み、罰し復讐するような神は真の神ではない。グノーシスでは、そんな神をデミウルゴスとう名の低級な神として扱っている。



4. Would you learn how perfect and immaculate is the holy altar on which your Father has placed Himself?
  • learn [lə́ː(r)n] : 「〜を学ぶ、〜を知る、分かる、悟る」
  • perfect [pə́ː(r)fikt] : 「完璧な、完全な」
  • immaculate [imǽkjələt] : 「汚れのない、無傷の、清潔な、純潔な」
  • holy [hóuli] : 「神聖な」
  • altar [ɔ́ːltə(r)] : 「祭壇、聖餐台」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する、取り付ける」
❖ "Would you learn ~ "「父なる神が自らを置いた聖なる祭壇がいかに完璧で汚れがないか、学んでみたらどうだろう」。あなたの心の最も神聖な部分、最も純粋な部分に神の祭壇がある。祭壇は実相世界の真実、実在であり、したがって、完全で汚れがない。それは、幻想世界と実相世界の接点になっており、幻想世界に神が手を伸ばすとすれば、その祭壇においてである。



This you will recognize in the holy instant, in which you willingly and gladly give over every plan but His.
  • recognize [rékəgnàiz] : 「〜だと分かる、〜を認識する、〜を認証する」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、一瞬」
  • willingly [wíliŋli] : 「喜んで、進んで、積極的に、快く」
  • gladly [ɡlǽdli] : 「喜んで」
  • give over : 「明け渡す、引き渡す、譲る、あきらめる、やめる」
❖ "This you will recognize ~ "「あなたは、聖なる瞬間において、このことを認識するだろう」。罪の意識から解放され、実相世界に目覚める聖なる瞬間に、あなたは、神の祭壇の完全性とその汚れのなさを認識するのである。"in which you willingly ~ "「そして、その聖なる瞬間において、あなたは快く、喜んで、神の計画以外の計画を捨て去るのである」。神の救済計画以外、つまり、エゴの計画を放棄するのである。



For there lies peace, perfectly clear because you have been willing to meet its conditions.
  • lie [lái] : 「ある、横たわる、寝る、横たわっている」
  • perfectly [pə́ː(r)fik(t)li] : 「完璧に、完全に」
  • clear [klíə(r)] : 「明らかな、明瞭な、はっきりした」
  • be willing to : 「〜する意思がある、進んで〜する」
  • meet [míːt] : 「〜に会う、〜と会合する、〜と接触する」
  • condition [kəndí∫n] : 「状態、状況、様子、様相」
❖ "For there lies ~ "「なぜなら、そこに平和があり、完全に明瞭であるからだ」。"because you have ~ "「それは、あなたがそういう平和の状態に出会いたいと望んできたからである」。心の真の平和は、ただ待っていれば与えられるというものではない。あなたが平和を心から希求しなくてはならないのだ。その望みをホーリー・スピリットが聞き、それをあなたに与えてくれるのである。



You can claim the holy instant any time and anywhere you want it.
  • claim [kléim] : 「〜を要求する、〜を求める」
  • any time : 「いつでも」
  • anywhere [éni(h)wèə(r)] : 「どこでも、どこかに、どこへでも、どこにも」
❖ "You can claim ~ "「あなたが平和をいつ、どこで望んでも、聖なる瞬間を要求することが出来るのである」。



In your practice, try to give over every plan you have accepted for finding magnitude in littleness. It is not there.
  • practice [prǽktis] : 「練習、訓練、演習、実践、実行、履行」
  • give over : 「明け渡す、引き渡す、譲る、任せる、あきらめる、やめる」
  • accept [əksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
  • find [fáind] : 「見つける、発見する、見いだす」
  • magnitude [mǽgnət(j)ùːd] : 「偉大さ、重要さ、重要性」
  • littleness [lítlnis] : 「小さいこと、小ささ、卑小さ」
❖ "In your practice, try ~ "「(聖なる瞬間を手に入れようと、あなたが)実践する中で、卑小さの中に偉大さを見つけるためにあなたが受け入れた計画のすべてを放棄するように務めなさい」。"It is not ~ "「卑小さの中に、偉大さはないのだ」。卑小さの中に偉大さを見いだそうとする計画が、エゴの救済計画である。つまり、幻想の中に実相を見いだそうとする行為であるから、必ず、失敗する。仮に、卑小さの中に偉大さを見つけたと錯覚したとしても、それは偉大さではなく単なる尊大さである。



Use the holy instant only to recognize that you alone cannot know where it is, and can only deceive yourself.
  • use [júːz] : 「使う、利用する、生かす、働かせる」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「認める、受け入れる、〜を認識する、〜を認証する」
  • alone [əlóun] : 「独りで、単独で、単に」
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます、裏切る」
❖ "Use the holy instant only ~ "「that以下を認識するためだけに、聖なる瞬間を利用しなさい」。"that you alone cannot ~ "「あなたは単独では、偉大さがどこにあるか知ることは出来ないし、(それを知っていると思うことは)、あなた自身を欺(あざむ)いてしまうだけなのだ」。ここにも、ACIMの絶対他力性がうかがえる。自分自身の力を信じて自力で解決を試みることは、一見正しいことのように思えるであろうが、幻想世界で深い眠りに陥っているあなたには、それは無理なのである。結局、自分と思っている自己は、エゴに乖離した自分に過ぎない。つまり、幻想の自分なのだ。極言すれば、絶対自力は、エゴとの自己同一化に過ぎないのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp