●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-2.I.3:1 ~ T-2.I.3:10

3. The Garden of Eden, or the pre-separation condition, was a state of mind in which nothing was needed. 
  • Garden of Eden : 「エデンの園」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
  • pre-separation : 「分離前」
  • condition [kəndíʃən] : 「状態、状況、様子」
  • state [stéit] : 「状態、形勢、情勢、状況」
  • need [níːd] : 「〜を必要とする、〜する必要がある」
❖ "The Garden of Eden ~ "「(神から)分離する以前の状態、すなわちエデンの園は、何も必要としない心の状態であった」。実相世界には、不足、欠落、等々の概念はない。すべてが充足している。愛、喜び、美、慈しみ、真実、等々が充満する豊饒の海である。



When Adam listened to the "lies of the serpent," all he heard was untruth. 
  • listen [lísn] to : 「耳を傾ける、聴く、聞く」
  • lie [lái] : 「うそ、虚言」
  • serpent [sə́ːrpənt] : 「ヘビ、悪魔、悪意のある人」
  • heard [hə́ːrd] : 「hear の過去・過去分詞形」
  • untruth [ʌntrúːθ] : 「真実でないこと、虚偽」
❖ "When Adam listened ~ "「アダムが『ヘビの嘘』を聞いた時、彼の聞いたすべては本当ではなかった」。ヘビに限らずエゴも含めて、誘惑的な言葉はほとんど嘘である。嘘だから虚飾を用いて誘惑するのだ。



You do not have to continue to believe what is not true unless you choose to do so. 
  • continue [kəntínjuː] : 「 〜を続ける、依然〜のままである」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、確信する、信頼する」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り、〜でない場合を除いては」
  • choose [tʃúːz] : 「 〜を選ぶ、〜を選択する」
❖ "You do not have ~ "「あなたがそうすることを選択したのでない限り、あなたは本当でないことを信じ続ける必要はない」。あなたが、誘惑的な嘘を聞いて騙されることを自由意思で選択しない限り、嘘など信じる必要はない。つまり、嘘を信じるか信じないか、あなたの選択なのだ。騙されたいと思う気持ちが、嘘を信じてしまうのである。



All that can literally disappear in the twinkling of an eye because it is merely a misperception.
  • literally [lítərəli] : 「 文字どおり、そっくりそのまま」
  • disappear [dìsəpíər] : 「見えなくなる、姿を消す 、存在しなくなる、消滅する」
  • twinkling [twíŋkliŋ] : 「瞬間」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • misperception [mìspərsépʃən] : 「誤解、誤った知覚」
❖ "All that can literally ~ "「それらはすべて、文字通り、瞬き(まばたき)する一瞬に消え去ってしまう(可能性がある)」。"because it is ~ "「なぜなら、それは単に誤った知覚だからだ」。真実でないものは存在しない。存在しているように見えるのは誤った知覚のせいである。だから、誘惑的な嘘も、騙されたいと思う心も、ともに真実ではなく幻想である。その幻想は、幻想であると認識されたとき、一瞬にして消滅してしまう。もちろん、それもあなたの選択である。誘惑的な嘘に騙されることを選択し続ける限り、あなたは誤った知覚が生み出す幻想から抜け出すことは出来ない。



What is seen in dreams seems to be very real. Yet the Bible says that a deep sleep fell upon Adam, and nowhere is there reference to his waking up.
  • seen [síːn] : 「see の過去分詞形」
  • seem [síːm] : 「〜のように見える、〜するように思われる」
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • deep [díːp] : 「 深い」
  • fell [fél] : 「fall の過去形」
  • fall [fɔ́ːl] : 「落ちる、落下する 、倒れる」
  • fall upon : 「〜に降りかかる、〜の上にかかる」
  • nowhere [nóuhwὲər] : 「どこにも〜ない」
  • reference [réfərəns] to : 「 〜への言及」
  • wake [wéik] : 「目が覚める、眼を覚ます」
❖ "What is seen in dreams ~ "「夢の中で見られるものは非常にリアルである」。もちろん、今あななが見ている現実も圧倒的にリアルであるが、幻想である。"Yet the Bible says that ~ "「しかし、聖書はアダムが深い眠りに落ちたことは書いてあるが」" and nowhere is there ~ "「アダムが目覚めたことに言及した部分はどこにもない」。旧約聖書の創世記によれば、創造神はアダムを深い眠りに落とし、あばら骨を抜きとってエバを創った。創造神デミウルゴス物語では、そうなっている。しかし、ACIMが言わんとしていることは、神の子の夢がここから始まって、今も目覚めには至っていない、ということである。つまり、神の子が、ひょっとして、神なしで神のように存在出来ないだろうかというほんの小さな狂った考え(tiny mad idea)を抱いた瞬間、神の子は深い眠りに陥る。その夢の中で、神の子は自己を分裂させ(エバを作り出し)、さらに、神から分離し(楽園追放)、心の外部に幻想世界を作り出す。神の子は夢から目覚めることなく、今日まで眠り続けている。



The world has not yet experienced any comprehensive reawakening or rebirth. 
  • experience [ikspíəriəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • comprehensive [kɑ̀mprihénsiv] : 「理解力のある、包括的な、総合的な」
  • reawaken [riəwéikən]: 「再び目覚める、目を覚ます、、復活する」
  • rebirth [ribə́ːrθ] : 「再生、蘇生、更生、新生、復活」
❖ "The world has not ~ "「この世界はまだ、包括的な目覚め、あるいは再生を経験してはいない」。神の子はまだ夢を見続けている。"comprehensive reawakening"「包括的な目覚め」とは、分離分裂した神の子全体が幻想から目覚めること。すべての神の子が、幻想世界から実相世界へと生まれ変わらなくてはいけない。



Such a rebirth is impossible as long as you continue to project or miscreate.
  • impossible [impɑ́səbl] : 「不可能な、無理な、あり得ない」
  • as long as : 「〜する限り、〜である限りは、〜する以上は、〜であるならば」
  • continue [kəntínjuː] : 「 〜を続ける」
  • project [prάdʒekt] : 「〜を投影する、発射する、投げ出す」
  • miscreate [miskriéit] : 「 〜を誤って作る、作りそこなう」
❖ "Such a rebirth is impossible ~ "「そのような再生は、〜する限り、不可能である」。" as long as you ~ "「あなたが投影、あるいは偽創造を続ける限り、」そのような再生は、不可能である。あなたが分離世界を心の外側に投射して、この世界を偽創造している限り、幻想世界から実相世界への再生は不可能である。"miscreate"「誤創造」を、ここでは偽創造と訳した。なぜなら、創造を誤ったのではなく、創造を真似た偽物の創造だからである。夢の中で、どんなに素晴らしい傑作を絵に描いたところで、それは創造ではない。創造した気分になっているだけの偽創造である。
誤解してはいけないのは、絵に描いた餅(もち)は本物の餅ではないという事実であって、餅を描いた絵がすばらしいかどうかは別問題だということ。



It still remains within you, however, to extend as God extended his spirit to you. 
  • still [stíl] : 「いまだに、今もなお、まだ」
  • remain [riméin] : 「残る、残存する、〜のままである」
  • within [wiðín] : 「〜の中に、〜の内側に」
  • however [hauévər] : 「けれども、しかしながら、また一方」
  • extend [iksténd] : 「広げる、伸ばす、拡張する、拡大する」
  • spirit [spírit] : 「霊、魂、霊魂、精霊、精神、気分、気迫」
❖ "It still remains ~ "「しかし、あなたの中には、神があなたに対して神のスピリットを拡張したように拡張する(真の創造性)が、まだ残っている」。眠りこけている我々だが、内部には神と等しい拡張性が失われずに残っている。真実を創造するパワーは失われていない。



In reality this is your only choice, because your free will was given you for your joy in creating the perfect.
  • in reality : 「実は、実際には、ところが」
  • choice [tʃɔ́is] : 「選ぶこと、選択」
  • free will : 「自由意志」
  • given [ɡívən] : 「giveの過去分詞形」
  • joy [dʒɔ́i] : 「喜び、歓喜」
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「申し分がない、完全な、完璧な」
❖ "In reality this is ~ "「実際、これはあなたの選択しだいである」。夢(幻想)から目覚めて、真の創造という拡張性を再生させることはあなたの選択にかかっている。" because your free will ~ "「なぜならば、あなたの自由意思は、完全なるものを創造する喜びのために与えられたのだから」。非常に力強い表現である。自由意思で目覚めを選択せよ、なぜなら自由意思は創造の喜びのためにあるのだから。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp