●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-2.III.4:1 ~ T-2.III.5:13

4. Spiritual vision literally cannot see literally, and merely looks for Atonement. All solutions the physical eye seeks dissolve.
  • spiritual [spíritʃuəl] : 「精神の、霊的な、崇高な、精神的な」
  • vision [víʒən] : 「先見の明、洞察力、想像力、視覚、視力」
  • literally [ítərəli] : 「文字どおり、本当に、まさに」
  • merely [míərli] : 「ただ単に、単に」
  • look for : 「 〜を探す、〜を期待する 」
  • solution [səlúːʃən] : 「解、解答 、解決法、解決策」
  • physical [fízikl] : 「身体の、肉体の、身体的な、物理学の」
  • seek [síːk] : 「 捜し求める、捜し出す、求める、追求する」
  • dissolve [dizɑ́lv] : 「溶ける、溶解する、分解する 」
❖ "Spiritual vision literally ~ "「スピリチュアルなヴィジョンは、文字通りの意味での見るということは出来ない」。我々が『見る』という言葉の意味では、ヴィジョンは見ているわけではない。なぜなら、スピリチュアルなヴィジョンは幻想を透過して実在を見抜くものだからだ。ヴィジョンは心の目で真実を見るのである。"and merely looks ~ "「ただただ、ヴィジョンは贖罪を求めている」。ヴィジョンは真実を見抜き、罪が幻想であるとあなたに知らせる。罪が幻想であると知ったあなたは、幻想の罪を赦し、罪を消滅させるのである。これが贖罪。"All solutions the physical ~ "「肉体的な目が追い求めている解決策は、分解してしまう」。罪と罰の恐れを解決するために、たとえば物質的豊かさで恐れと苦を忘れようとするだろうが、幻想を幻想で解決しようとしてもそれは不可能だ。しかし、ヴィジョンによって真実の解決が実現すれば、もはや幻想のごまかしなど必要なくなる。つまり、スピリチュアルなヴィジョンが機能し始めると真の実在が見え始め、それまで肉体の目が追い求めてきた解決策は雲散霧消するのである。



Spiritual vision looks within and recognizes immediately that the altar has been defiled and needs to be repaired and protected.
  • within [wiðín] : 「中、内部、内側」
  • recognize [rékəɡnàiz] : 「〜を認識する、認める、受け入れる」
  • immediately [imíːdiətli] : 「すぐに、すぐさま、早急に、即座に、即刻」
  • altar [ɔ́ːltər] : 「祭壇、聖餐台」
  • defile [difáil] : 「汚す、不潔にする、冒とくする」
  • need [níːd] : 「〜を必要とする、〜する必要がある」
  • repair [ripéər] : 「 〜を直す、〜を修理する 」
  • protect [prətékt] : 「保護する、守る、防御する」
❖ "Spiritual vision looks ~ "「スピリチュアルなヴィジョンは心の中を見、そしてすぐに、祭壇は汚されたままであり、修理し守る必要があることを認識する」。あなたの心の大半はエゴに支配され、ホーリー・スピリットの宿る心の部分、最も純粋で神聖な部分に祭られた祭壇は忘れられて荒廃している。ヴィジョンはその実態を認識し、祭壇を修理保全することをあなたに求めるのだ。



Perfectly aware of the right defense it passes over all others, looking past error to truth. 
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に、すっかり、全く」
  • be aware of : 「〜を承知している、〜に気付いている、知っている 」
  • right [ráit] : 「正しい、正当な、合っている、適切な」
  • defense [diféns] : 「防衛、防御」
  • pass over : 「無視する、黙視する、大目に見る」
  • past [pǽst] : 「過ぎて、〜を過ぎ去って、越えて」
  • error [érər] : 「誤り、間違い」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
❖ "Perfectly aware of ~ "先頭にBeingを補うと良い、分詞構文、理由、「真の防御を完全に知っているので、」"it passes over ~ "「ヴィジョンは、他のすべての防御を無視し、誤りを通り越して真実を見る」。真の防御とは、攻撃性のない防御のこと。敵という判断を下さないし、善悪の判断も下さない。ヴィジョンは、攻撃性の防御を完全に無視するのである。幻想を素通りして、ひたすら真実に向かうのだ。



Because of the strength of its vision, it brings the mind into its service.
  • because of : 「〜のために、〜のせいで」
  • strength [stréŋkθ] : 「 力、強さ、体力」
  • bring into : 「〜に至らせる、〜に持ち込む、〜に参加させる」
  • service [sə́ːrvis] : 「役に立つこと、奉仕、世話、貢献、尽力」
❖ "Because of ~ "「スピリチュアルなヴィジョンは強力なので、」"it brings ~ "意訳する、「スピリチュアルなヴィジョンは心を本来の機能が行える地点に運んでくれる」。荒廃し忘れ去られていた心の機能と力を取り戻させてくれる、ということ。"its service"「ヴィジョンのサービス」とは、したがって、真実を見せることで心を覚醒させること。



This re-establishes the power of the mind and makes it increasingly unable to tolerate delay, realizing that it only adds unnecessary pain.
  • re-establish [ri-istǽbliʃmənt] : 「〜を再建する、回復する、復旧する、復興する」
  • power [páuər] : 「力、能力、勢力、権限、権威」
  • make [méik] : 「〜の状態を作り出す、〜にする」
  • increasingly [inkríːsiŋli] : 「ますます、だんだんと、次第に、いよいよ 」
  • be unable[ʌnéibl] to : 「〜することができない」
  • tolerate [tɑ́lərèit] : 「〜を大目に見る、寛大に取り扱う、許容する」
  • delay [diléi] : 「遅延、遅滞、猶予、遅れ」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する、実感する」
  • add [ǽd] : 「 加える、足す、足し算をする、追加する」
  • unnecessary [ʌnnésəsèri] : 「不必要な、無用な、不要な」
  • pain [péin] : 「苦痛、痛み、痛覚」
❖ "This re-establishes ~ "「これは心の力を回復させ、次第に遅延を許容出来なくする」。今まであなたは、贖罪を延ばし延ばしにしてきたが、心の力が回復すると、積極的に贖罪を果たそうとするのだ。修復された祭壇に、あなたの贖罪を捧げることになる。"realizing that ~ "分詞構文、単純接続、「そして、遅延は不必要な痛みを加えるだけだと認識するようになる」。贖罪を先延ばしにして幻想に埋没することは、心の苦と痛みを助長することだと気が付く。



As a result, the mind becomes increasingly sensitive to what it would once have regarded as very minor intrusions of discomfort.
  • as a result : 「結果として 、その結果」
  • become [bikʌ́m] : 「〜になる」
  • increasingly [inkríːsiŋli] : 「ますます、だんだんと、次第に」
  • sensitive [sénsətiv] : 「 敏感な、感覚がある、感度がいい」
  • once [wʌ́ns] : 「あるとき、かつて、以前」
  • regard [riɡάːrd] : 「見なす、思う、考える」
  • minor [máinər] : 「重要でない、より小さい、軽微な」
  • intrusion [intrúːʒən] : 「侵入、不法占有、押し付け、割り込み」
  • discomfort [diskʌ́mfərt] : 「不快、不安、辛苦」
❖ "As a result ~ "「結果として、心はますます〜に敏感になる」。"to what it ~ "「かつて、心が、非常に小さな不快さの侵入と見なしていたことに」敏感になる。心が修復されるまで、心は荒廃していた。真の防御が確立していなかったので、いろんなものが侵入してきたのだ。たとえば、無神論、虚無思想、唯物主義、偶像崇拝、物質至上主義、金権主義、肉欲、金銭欲、出世欲、名誉欲、名声欲、等々。こういったものを心は防御出来なかった。心の感覚自体が鈍く、ちょっとした不快さぐらいにしか感じなかったのである。しかし、機能を回復した心は、これらの攻撃が敏感に感じ取れるようになる。もはや贖罪の遅延は許容出来ない、というわけである。



5. The children of God are entitled to the perfect comfort that comes from perfect trust.
  • entitle [entáitl] : 「〜に資格を与える、〜に権利を与える」
  • be entitled to : 「〜する資格がある、〜を得る資格がある」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「申し分がない、完全な、完璧な」
  • comfort [kʌ́mfərt] : 「快適さ、心地よさ、癒やし、安らぎ、安楽」
  • trust [trʌ́st] : 「信頼、信任、信用」
❖ "The children of ~ "「神の子は、完璧な信頼から来る完璧な安らぎを得る資格がある」。神を完璧に信頼すれば、完璧な安らぎが得られる。神が創造した神の子には、その安らぎを手に入れる資格がある。



Until they achieve this, they waste themselves and their true creative powers on useless attempts to make themselves more comfortable by inappropriate means.
  • until [əntíl] : 「〜する時まで」
  • achieve [ətʃíːv] : 「成し遂げる、達成する、成就する、やり遂げる」
  • waste [wéist] : 「〜を無駄にする、空費する、浪費する」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • creative [kriéitiv] : 「創造力がある、創造性に富んだ、独創的な」
  • power [páuər] : 「力、能力、勢力、権限、権威」
  • useless [júːsləs] : 「使い物にならない、役に立たない、無用な、無駄な」
  • attempt [ətémpt] : 「試み、企て」
  • comfortable [kʌ́mftəbl] : 「快適な、落ち着ける、気持ちの良い、心地良い」
  • inappropriate [ìnəpróupriət] : 「不適切な、不適当な、妥当でない」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
❖ "Until they achieve ~ "「神の子が完璧な安らぎを得るまでは、彼らは自分自身をすり減らし、そして無益な試みに真の創造的パワーを浪費する」。"to make themselves ~ "「不適切な方法によって自らをより快適にしようとして」。不適切な方法とは、無神論、虚無思想、唯物主義、偶像崇拝、物質至上主義、金権主義、肉欲、金銭欲、出世欲、名誉欲、名声欲、等々。幻想に捕われているうちは、神から継承した創造的パワーを浪費するだけで、しかも、心の安らぎを得ることは出来ない。



But the real means are already provided, and do not involve any effort at all on their part. 
  • real [ríəl] : 「実在する、現実の、実際の、本物の」
  • already [ɔːlrédi] : 「すでに、とっくに〜済み」
  • provide [prəváid] : 「提供する、供給する、与える、供与する」
  • involve [invɑ́lv] : 「を含む、伴う、必要とする」
  • effort [éfərt] : 「努力、尽力、骨折り」
  • at all : 「全く〜ない、全然〜ない、少しも〜ない」
  • on one's part : 「〜としては、〜の側では」
❖ "But the real means ~ "「しかし、真の方法はすでに与えられており、それは 神の子の側では全く何も努力を必要とするものではない」。真の心の安らぎを得る方法はホーリー・スピリットが教えてくれるし、既に教えている。あなたが努力して暗中模索する必要はないのだ。



The Atonement is the only gift that is worthy of being offered at the altar of God, because of the value of the altar itself.
  • atonement [ətóunmənt] : 「償い、贖罪」
  • gift [gíft] : 「贈り物、プレゼント、神からの贈り物、天賦の才」
  • be worthy of ~ : 「〜に値する」
  • offer [ɔ́fər] : 「差し出す、捧げる、〜を提供する、〜を勧める」
  • altar [ɔ́ːltər] : 「祭壇、聖餐台」
  • value [vǽljuː] : 「価値、値打ち」
❖ "The Atonement is ~ "「贖罪は、祭壇自体に価値があるので、神の祭壇にささげられる価値のある唯一の贈り物である」。たとえば、純金製の本物の祭壇に、まがい物の花など捧げられるだろうか? 純金製の祭壇にはそれに似合った捧げ物が捧げられねばならない。同様に、心の祭壇は神とのチャンネルになっていて、それ自体価値があるから、それに似合ったものを捧げるべきなのだ。その似合ったものが、真実の贖罪である。神の祭壇に虚偽やごまかしや幻想は捧げてはいけない。



It was created perfect and is entirely worthy of receiving perfection. 
  • create [kriéit] : 「創造する、創り出す」
  • perfect [pə́ːrfikt] : 「申し分がない、完全な、完璧な」
  • entirely [entáiərli] : 「全く、完全に、全体に、ひたすら、もっぱら」
  • worthy [wə́ːrði] of : 「〜に値する、〜するに足りる」
  • receive [risíːv] : 「〜を受ける、受け取る」
  • perfection [pərfékʃən] : 「完全、完璧、完成」
❖ "It was created ~ "「それは完璧に創造され、完璧さを受け取るにまったく値する」。神の祭壇は神自身が創造したものなので、完全に完璧である。完璧さを祝福されるに値する。



God and his creations are completely dependent on Each Other. He depends on them because he created them perfect.
  • creation [kriéiʃən]: 「創造、創作、創作物、作品」
  • completely [kəmplíːtli] : 「完全に、十分に、全面的に、全く」
  • be dependent on : 「〜によって決まる、〜に依存している、〜次第である」
  • each other : 「お互い」
  • depend [dipénd] on : 「〜によって決まる、〜次第である、〜に頼る」
❖ "God and his ~ "「神と神の子は完全に、互いに依存している」。「依存」という言葉はふさわしくないかも知れない。むしろ、「二人で一人」という意味合い。"He depends on ~ "「神は、神の子を完璧に創造したのだから、神の子に依存する」。神は、神の拡張として神の子を創造した。拡張は神の愛であり、喜びである。その愛と喜びを神の子とともに分かち合うのだ。神の拡張は、神の子、そしてもちろんホーリー・スピリットも含めて、すべてを包み込んだ総体として初めて意味をもつ。したがって、神と神の子の「依存関係」とは、むしろ"union"「結合、合併、融合、団結」に近いものである。



He gave them his peace so they could not be shaken and could not be deceived. 
  • gave [ɡéiv] : 「giveの過去形」
  • peace [píːs] : 「平和、和平、安らぎ、平安、静けさ、静謐」
  • shaken [ʃéikən] : 「shake の過去分詞」
  • shake [ʃéik] : 「揺する、揺るがす、 〜を動揺させる、ぐらつかせる」
  • deceive [disíːv] : 「欺く、惑わす、だます、裏切る」
❖ "He gave them ~ "「神は、〜するために、神の子に神の平和を与えた」。"so they could ~ "「神の子が動揺したり、騙されたりしないように」神の子に神の平和を与えた。幻想のエゴの脅しや騙しに負けないように、神は神の子に真実を与えようとしている。真実に満たされた心が神の平和であり、神の子が神から受け取る平和である。



Whenever you are afraid you are deceived, and your mind cannot serve the Holy Spirit.
  • whenever [hwènévər] : 「〜するときはいつでも、〜したときはすぐ」
  • afraid [əfréid] : 「恐れて、心配して、怖がって」
  • serve [sə́ːrv] : 「〜に役立つ、果たす、〜に仕える」
❖ "Whenever you are ~ "「あなたが恐れるときはいつでも、あなたは騙されている」。恐れは幻想であるから、エゴの脅しに騙されている証拠だ。そんな時は、"and your mind ~ "「あなたの心は、ホーリー・スピリットに仕えることは出来ない」。エゴに騙されているうちは、あなたはホーリー・スピリットの導きを受け入れることは出来ない。だから、なるべく早く、あなたはエゴの思考システムを捨てて、ホーリー・スピリットの思考システムに切り替えなくてはいけない。幻想から脱して、真実に目覚めなくてはならないのだ。



This starves you by denying you your daily bread. God is lonely without his sons, and they are lonely without Him.
  • starve [stɑ́ːrv] : 「餓死させる、飢えさせる、渇望させる」
  • deny[dinái] A B : 「A に B を与えない 」
  • daily [déili] : 「毎日の、日常の」
  • bread [bréd] : 「パン」
  • lonely [lóunli] : 「寂しい、ひとりの、孤独の、孤立した」
  • without [wiðáut] : 「〜なしで、〜を持たずに」
❖ あなたが動揺したり騙されたりすれば、"This starves you ~ "「このことが、あなたに日々のパンを与えずにあなたを飢えさせる」。心に安らぎを与えることなく、心を荒廃させる、ということ。"God is lonely without ~ "「神は、神の子が傍(かたわら)にいなくて寂しい思いをし、神の子は、神を失って孤独に嘖(さいな)まれる」。神と神の子の分離状態が続くことになる。分離状態は強烈な孤独感を生み出し、精神的な麻薬によってそれを麻痺させる道に走る。麻薬はさらなる孤独感を生みだす。この悪循環を断ち切らなくてはいけない。



They must learn to look upon the world as a means of healing the separation. 
  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、〜であると分かる、〜を覚える、知る」
  • look upon : 「〜を見る」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • heal [híːl] : 「癒やす、救う、治す、治癒する、治療する」
  • separation [sèpəréiʃən] : 「分離、区別、別居、別離、離脱」
❖ "They must learn ~ "「神の子は、世界を、分離を癒す手段として見ることを学ばねばならない」。分離という幻想から目覚めるために、幻想の世界を利用することを学ばねばならない。これは、眠りから目覚めるために、夢を利用することに似ている。もし、昏睡状態が夢も見ることの出来ない状態であったらなら、眠りから目覚めることは極めて難しいだろう。しかし、眠りの中で夢を見ているなら、その夢がどんなに苦しくても、それが夢に過ぎないと認識出来れば、夢から覚めたいと願うことであなたは眠りから目覚めることが出来る。同様に、この世界は夢に過ぎないと認識し、その幻想を幻想として受け入れて受け流し、赦してしまえば、あなたは夢から目覚めることが出来る。幻想は消滅してしまうのだ。幻想の世界を、幻想を消滅させる手段に利用するのである。



The Atonement is the guarantee that they will ultimately succeed.
  • guarantee [gæ̀rəntíː] : 「保証、保証書、保証契約、保証人 」
  • ultimately [ʌ́ltəmətli] : 「結局、最後に、ついに、最終的に」
  • succeed [səksíːd] : 「成功する」
❖ "The Atonement is ~ "意訳する、「贖罪は、神の子は最終的に成功すると保証している」。贖罪とは、神の子が罪は幻想に過ぎないと認識し、罪の幻想性を赦すことで罪を消滅させること。罪の意識は、神を裏切って神から分離したことで生じたものである。だから、罪が消滅すれば、分離も消滅する。したがって本文は、神の子が、贖罪を実行し神からの分離を消滅させることは、必ず実現する、必ず成功するということ。
時間の存在するこの幻想世界では、実現や成功は未来形ではあるが、時間の存在しない実相世界では、それは既に完了している。実相世界の既成事実として、必ず実現し必ず成功するのである。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp