●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-2.I.5:1 ~ T-2.I.5:11

5. Whatever lies you may believe are of no concern to the miracle, which can heal any of them with equal ease. It makes no distinctions among misperceptions.
  • whatever [hwʌtévər] : 「〜するのは何でも、どんなものが〜でも」
  • lie [lái] : 「うそ、虚言」
  • believe [bilíːv] : 「信じる、確信する、信頼する」
  • concern [kənsə́ːrn] : 「関連、関係、 関心事」
  • be of concern to : 「〜にとって心配の種である」
  • heal [híːl] : 「癒やす、救う、治す、治癒する、治療する」
  • equal [íːkwəl] : 「同等の、程度が等しい、均等な、平等な」
  • ease [íːz ] : 「容易さ、たやすさ」
  • distinction [distíŋkʃən] : 「差異、区別」
  • make no distinction : 「区別しない、差別しない」
  • among [əmʌ́ŋ] : 「〜の中の、〜の間で」
  • misperception [mìspərsépʃən] : 「誤解、誤った知覚」
❖ "Whatever lies you may believe"「あなたが信じる嘘がどんなものでも、奇跡にとっては何の問題もない(心配の種ではない)」。あなたがどんな幻想(嘘)を信じていようが、奇跡はその種類や大きさを問題にすることはない。"which can heal ~ "「奇跡は、どれも等しく簡単にヒーリング出来る」。奇跡がヒーリングするとき、どれが簡単、どれが難しいということはない。奇跡にとっては、幻想(嘘)のヒーリングはどれも簡単である。"It makes no distinctions ~ "「奇跡は、誤った知覚にどんな区別もしない」。知覚の誤りが大きかろうが小さかろうが、種類がどうであろうが、奇跡のヒーリングはまったく差別、区別をしない。
奇跡のヒーリングは、幻想から目覚めさせることであって、それは夜見る夢から目覚めさせることと同じである。夢の内容がどうであれ、大きかろうが小さかろうが、目覚めさせること自体に難易度はない。どの夢を覚まし、どの夢を見続けさせるかなどといった差別も区別もない。



Its sole concern is to distinguish between truth on the one hand, and error on the other. Some miracles may seem to be of greater magnitude than others.
  • sole [sóul] : 「唯一の、独占的な、たった一つの」
  • distinguish [distíŋɡwiʃ] : 「見分ける、区別する、識別する」
  • between [bitwíːn] A and B: 「AとBとの間に、AないしB」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理、本当のこと」
  • on the one hand ~ on the other : 「一方では〜他方では」
  • error [érər] : 「誤り、間違い」
  • great [ɡréit] : 「大きい、すてきな、素晴らしい」
  • magnitude [mǽgnətjùːd] : 「規模、等級、大きさ、重要さ、重要性 」
❖ "Its sole concern ~ "「奇跡のたった一つの関心事は、どちらが真実で、どちらが誤りかという区別をすることである」。奇跡は幻想(嘘)と実相(真実)を見分けることだけに関心を向ける。"Some miracles may seem ~ "「ある奇跡は、他の奇跡より規模が大きく見えるかもしれない」。あなたには、奇跡の大小が目に映るかもしれない。しかし、奇跡の内容はどれも等しい。



But remember the first principle in this course; there is no order of difficulty in miracles. 
  • remember [rimémbər] : 「〜を覚えている、〜を思い出す」
  • principle [prínsəpl] : 「原理、公理、原則、基本的性質、本質」
  • course [kɔ́ːrs] : 「講座、課程」
  • order [ɔ́ːrdər] : 「順、順序、順番、順位、序列、系列」
  • difficulty [dífikʌ̀lti] : 「困難、難事、難儀、面倒なこと、問題」
❖ "But remember the first ~ "「しかし、このコース(ACIM)の第一原理を思い出してみなさい」。それは、"there is no order ~ "「奇跡には難易度という序列はない」。
(T-1.I.1:1) There is no order of difficulty in miracles. One is not 'harder' or 'bigger' than another. They are all the same. All expressions of love are maximal.「奇跡には難易度の序列などない」。「ある奇跡が他の奇跡より『難しい』とか『大きい』とかいうことはない」。「奇跡はすべて同じである」。「愛の表現こそが、(奇跡の)最大である」。



In reality you are perfectly unaffected by all expressions of lack of love. These can be from yourself and others, from yourself to others, or from others to you.
  • reality [riǽləti] : 「現実性、実在性、現実のこと」
  • in reality : 「実は、実際には、ところが」
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に、すっかり、全く」
  • unaffected [ʌnəféktid] : 「影響を受けない、心を動かされない、気取らない」
  • expression [ikspréʃən] : 「 表現、表現すること、表示」
  • lack [lǽk] : 「不足、欠乏、欠如、欠落」
❖ "In reality you ~ "「実際、あなたは、どんな愛なき表現によっても心を完全に動かされることはない」。T-1.I.1:1の"All expressions of love are maximal"「愛の表現こそが、(奇跡の)最大である」、これが底流にある。これを言い換えれば、奇跡という最大の愛の表現は、必ず完全にあなたの心を動かす、ということであって、ヒーリングは必ず成就するのだ。愛は難易度を超越しているのである。"These can be from ~ "「愛なき表現は、あなた自身や他者からのものであり得る」。"from yourself ~ "「つまり、あなた自身から他者への、他者からあなたへのものでもあり得る」。愛なき表現、つまり、奇跡を否定する言動は複雑に交錯しあって、そこに苦と痛みを生み出す。それが、心的あるいは肉体的な病の原因となるのだ。



Peace is an attribute in you. You cannot find it outside. Illness is some form of external searching. Health is inner peace.
  • peace [píːs] : 「平和、和平、安らぎ、平安、静けさ、静謐」
  • attribute [ǽtribjùːt] : 「特質、特性、属性」
  • find [fáind] : 「発見する、見いだす、気付く、理解する」
  • outside [áutsáid] : 「外側に、外部に」
  • illness [ílnis] : 「病気、気分がすぐれないこと、疾病、疾患」
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、現れ、姿、体つき」
  • external [ikstə́ːrnl] : 「外の、外側の、外部にある、外部の」
  • searching [sə́ːrtʃiŋ] : 「捜査、検索、探索、検査」
❖ "Peace is an attribute ~ "「平和は、あなたの心の中の属性である」。心の平和は神から継承した神の子の属性である。平和はあなたの権利である。"You cannot find ~ "「あなたは、平和を心の外に見つけることは出来ない」。"Illness is some ~ "「病気とは、心の外に平和を探しているという状態である」。"Health is inner ~ "「健康とは、内面の平和である」。奇跡を否定する言動は複雑に交錯しあって、そこに苦と痛みを生み出すが、それは心の外の出来事であって、奇跡が苦と痛みを愛をもってヒーリングするとき、それはあなたの心の中の出来事として心の平和を生み出すのだ。苦と痛みから逃れようと、外に目を向けて平和を探している状態が病気である。たとえば、あり余る金を得て物質的に豊かになれば、きっと平和が得られるに違いないと考えることは、苦と痛みから逃れるどころか、心の平和をかき乱して病の原因にさえなりかねない。



It enables you to remain unshaken by lack of love from without and capable, through your acceptance of miracles, of correcting the conditions proceeding from lack of love in others.
  • enable [enéibl] : 「 〜を可能にする、〜に可能性を与える」
  • remain [riméin] : 「〜のままである、相変わらず〜である」
  • unshaken [ʌnʃéikən] : 「揺るぎない、不動の、確固たる、迷わない」
  • without [wiðáut] : 「外部、外側」
  • be capable [kéipəbl] of : 「〜ができる」
  • through [θrúː] : 「〜を通じて、〜の手を経て、手を通して」
  • acceptance [əkséptəns] : 「受け入れること、承諾、承認、受諾、容認」
  • correct [kərékt] : 「〜を訂正する、修正する、正す」
  • condition [kəndíʃən] : 「事情、条件、状態、状況、様子」
  • proceed [prəsíːd] : 「及ぶ、続行する、起こる、取り掛かる、発する」
❖ "It enables you to remain ~ "「心の内の平和は、外部からの愛の欠如によってもあなたが動じることがないようにしてくれる」。他者があなたに辛く当たっても、苦と痛みが襲いかかろうとも、あなたの心の平和は揺らぐことなくあなたを支えてくれる。"and capable, through ~ "「そして、心の内の平和は、あなたが奇跡を受け入れることで、他者の心の内の愛の欠如から発生する状態を正すことが出来る」。あなたが奇跡を受け入れることで、あなたの心の内の平和を信じることが出来れば、他者の心の中の愛が欠如して生じる様々な障害を、あなたは愛の奇跡をもってヒーリング出来るのだ。これもまた、神の子としてのあなたの役割である。
ACIMを読み進んでいくと理解出来るはずだが、この"A Course in Miracles"は、"A Course in Healings"と書き換えてもおかしくない。ACIMにおいては、奇跡とヒーリングは同義語なのだ。
 
 
 

Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp