●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-2.V.4:1 ~ T-2.V.5:6

4. The healer who relies on his own readiness is endangering his understanding. 
  • healer [híːlər] : 「治療する人、治療者」
  • rely [rilái] : 「頼る、当てにする」
  • readiness [rédinəs] : 「用意ができていること、準備ができていること」
  • endanger [endéindʒər] : 「〜を危険にさらす、危うくする」
  • understanding [ʌ̀ndərstǽndiŋ] : 「理解、把握」
❖ "The healer who ~ "「自分自身は(治療する)用意が出来ているのだと、それを頼りにするヒーラーは自身の(ヒーリングに対する)理解を危険にさらす」。自分には病を治す力があるのだと独断するようなヒーラーは、奇跡やヒーリングに対する理解、認識を誤る可能性がある。奇跡は単独の行為ではない。もっと正確に言うと、幻想世界で夢を見ている我々が単独で行えるものではない。そこには必ず、、我々を助けてくれるホーリー・スピリット(Holy Spirit)が常に介在しているのだ。自分が奇跡を行うことが出来るようになったとか、ヒーリングが出来るようになったと自己判断し、自分の力のみので奇跡、ヒーリングが行えると過信してしまえば、それはとりもなおさず慢心につながる。判断を誤る原因になるのだ。



You are perfectly safe as long as you are completely unconcerned about your readiness, but maintain a consistent trust in mine.
  • perfectly [pə́ːrfiktli] : 「完全に、完璧に、すっかり、全く」
  • safe [séif] : 「安全な、無事な、まず間違いない」
  • as long as : 「〜さえすれば、〜する限り」
  • completely [kəmplíːtli] : 「完全に、十分に、全面的に、全く」
  • unconcerned [ʌnkənsə́ːrnd] : 「むとんちゃくな、心配しない、無関心な」
  • be unconcerned about : 「〜に無神経である」
  • maintain [meintéin] : 「 〜を保持する、維持する、保つ、堅持する」
  • consistent [kənsístənt] : 「一貫性のある、首尾一貫した、矛盾しない」
  • trust [trʌ́st] : 「信頼、信任、信用」
  • mine [máin] : 「私のもの」
❖ "You are perfectly ~ "「あなたが、自分は奇跡を行う準備が整ったかどうかに完全に無関心であり、しかも、私(イエス)に対して一貫した信頼を保持している限り、あなたは絶対間違いない」。イエス・キリストは純粋なスピリットとして存在しているので、ホーリー・スピリットと一体である。自分に奇跡を行う力があるかどうかなどということに無関心で、ホーリー・スピリットとしてのイエスを信頼して奇跡(ヒーリング)を行う限り、必ずそれは成功する。
"mine"は"my readiness"のこと。イエスはホーリー・スピリットとして奇跡を行える状態にあり、同時に奇跡を行う人々を助ける力がある。そのホーリー・スピリットとしてのイエスを信頼し、信頼を維持し、自分は一人で奇跡を行うことが出来るなどと慢心になることを避け、奇跡に対して虚心坦懐になることが肝要である。



If your miracle working inclinations are not functioning properly, it is always because fear has intruded on your right-mindedness and has turned it upside down.
  • inclination [ìnklənéiʃən] : 「傾斜、傾き、〜したい気持ち、意向、好み」
  • function [fʌ́ŋkʃən] : 「 働く、機能する」
  • properly [prάpərli] : 「適切に、ちゃんと、正確に、正しく、厳密に」
  • always [ɔ́ːlweiz] : 「いつも、以前からずっと、常にいつでも」
  • fear [fíər] : 「恐れ、恐怖、懸念、心配、不安」
  • intrude [intrúːd] : 「侵入する、入り込む、立ち入る」
  • turn [tə́ːrn] : 「〜の方向を変える」
  • upside down : 「逆さまに」
❖ "If your miracle ~ "「もし、あなたの奇跡を行いたいという気持ちが正しく機能していなかったら、」"it is always ~ "「それは、常に、恐れがあなたの正しき心に侵入して、心を上下逆転させるからである」。たとえば、誰かを奇跡で呪い殺してやりたいなどと、あなたの気持ちが正しく機能していなかったら、それは、他者に対する恐れがあなたの心に侵入してあなたの心を狂わせ、実相と幻想を逆転させた結果なのだ。呪い殺すなどいう奇跡は幻想であり、本当の奇跡は真実の現実化だからである。いわゆる、実相と幻想のレベル・コンフュージョンを起こしているのだ。



All forms of not-right-mindedness are the result of refusal to the Atonement for yourself.
  • form [fɔ́ːrm] : 「形、外形、構造、現れ、姿、体つき」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き 」
  • refusal [rifjúːzl] : 「拒絶、拒否」
  • atonement [ətóunmənt] : 「償い、贖罪」
❖ "All forms of ~ "「正しからざる心のすべての形は、」誤った心がどんな形をとって表われても、"are the result of refusal ~ "「それは、あなたにとっての贖罪を拒否している結果である」。「贖罪を拒否する」とは、幻想を幻想と認識して赦し、幻想を消滅させることを拒否する、ということ。つまり、真実を見ることを拒否して、幻想に生きようとすることである。その結果、あなたの心は幻想に支配され、エゴの思考システムの完全な奴隷となる。これが、正しからざる心である。



If you do accept it, you are in a position to recognize that those who need healing are simply those who have not realized that right-mindedness is healing.
  • accept [əksépt] : 「受け入れる、容認する」
  • position [pəzíʃən] : 「立場、位置、地位、身分」
  • recognize [rékəgnàiz] : 「 〜を認める、認識する、認知する」
  • those who : 「〜する人々 」
  • need [níːd] : 「〜を必要とする、〜する必要がある」
  • healing [híːliŋ] : 「癒やし、治療、治癒、回復」
  • simply [símpli] : 「簡単に、ありのままに、あっさりと」
  • realize [ríːəlàiz] : 「〜に気が付く、悟る、自覚する」
❖ "If you do accept ~ "「あなたが贖罪を受け入れるなら、あなたはthat以下を認識する位置にあると言える」。"that those who ~ "「ヒーリングが必要な人たちは、単に、正しき心がヒーリングそのものだということに気が付いていない人たちのことである」と認識する位置にあると言える。『正しき心』『悪しき心』と言ってはいるが、善悪を判断評価しているのではない。実相的心と幻想的心を言っているのだ。ホーリー・スピリットの思考システムを取り入れた心と、エゴの思考システムを取り入れた心のことである。したがって、ヒーリングとは、幻想的な心からエゴの思考システムを駆逐して、ホーリー・スピリットの思考システムを回復し、実相的な心に修復する作業のことなのである。



5. The sole responsibility of the miracle worker is to accept the Atonement for himself. 
  • sole [sóul] : 「 唯一の、独占的な、たった一つの、単独の」
  • responsibility [rispɑ̀nsəbíləti] : 「責任、義務、責務」
  • accept [æksépt] : 「承認する、認める、容認する、受け入れる」
❖ "The sole responsibility ~ "「奇跡を行う者の唯一の責任は、自分に対する贖罪を受け入れることである」。贖罪とは、幻想を幻想として認識し、受け入れ、赦して消滅させることである。つまり、夢から目覚めることだ。目覚めないことには、真実を現実化させる奇跡は起こせない。奇跡を行う者は、したがって、幻想から目覚めるという贖罪を受け入れる責任があるのだ。



This means you recognize that mind is the only creative level, and that its errors are healed by the Atonement. Once you accept this, your mind can only heal. 
  • mean [míːn] : 「〜を意味する、…とは〜を指す」
  • creative [kriéitiv] : 「創造力のある、創造的な、独創的な」
  • level [lévəl] : 「地位、階級、段階、レベル、高さ、高度、深さ」
  • error [érər] : 「誤り、間違い」
  • heal [híːl] : 「癒やす、救う、治す、治癒する、治療する」
❖ "This means you ~ "「このことは、あなたがthat以下を認識していることを意味する」。"that mind is ~ "「心は唯一の創造レベルであり、心の誤りは贖罪によって癒される」と認識していることを意味する。"Once you accept ~ "「あなたがひとたびこれを受け入れれば、あなたの心は癒すことのみ可能なのだ」。"creative level"「創造的レベル」とは、真実を具現化する実相的なレベルという意味合い。心は、神の拡張性、すなわち創造性の延長線上に存在するのだから、心が唯一の創造レベルであることになる。肉体は幻想であり、どんなに創造性が豊かに見えても、それは幻想の中の見せ掛けの創造である。そんな見せ掛けの創造性に満足している心をヒーリングして、本当の創造性に目覚めさせるのは、これまた心であって、これが正しい心の役割なのである。



By denying your mind any destructive potential and reinstating its purely constructive powers, you place yourself in a position to undo the level confusion of others.
  • deny A B : 「AにBを与えない」
  • destructive [distrʌ́ktiv] : 「破壊的な、破壊主義的な」
  • potential [pəténʃəl] :「可能性、見込み、潜在性、潜在力」
  • reinstate [rìːinstéit] : 「〜を元に戻す、回復する、復帰させる 」
  • purely [pjúərli] : 「純粋に、単に、きれいに」
  • constructive [kənstrʌ́ktiv] : 「建設的な、積極的な、発展的な 」
  • power [páuər] : 「力、能力、勢力、権限、権威」
  • undo [ʌndú] : 「元どおりにする、取り消す」
  • confusion [kənfjúːʒən] : 「混乱状態、混乱、錯乱状態」
❖ "By denying your ~ "「あなたの心に破壊的な潜在能力を与えず、純粋に建設的な力を回復することによって、あなたは他者のレベル感覚の混乱を取り消せる位置にあなた自身を置くことになる」。硬い表現だが、要するに、心が破壊的でなく建設的であれば、他者のレベル・コンフュージョンを取り消せるということ。レベル・コンフュージョンとは、この幻想世界が実在で、実相世界が非現実の空想世界だと信じていること。あるいは、肉体が実在し、肉体が心を生み出していると勘違いしていること。幻想レベルと実相レベルの混乱である。



The message you then give to them is the truth that their minds are similarly constructive, and their miscreations cannot hurt them.
  • message [mésidʒ] : 「伝言、メッセージ」
  • truth [trúːθ] : 「現実、事実、真相、真理」
  • similarly [símələrli] : 「同様に、類似して、同じように」
  • miscreation [kriéiʃən] : 「誤った創造」
  • hurt [hə́ːrt] : 「〜を傷つける」
❖ "The message you ~ "「彼らに与えるメッセージは、that以下という真実である」。"that their minds ~ "「彼らの心も同様に建設的であり、誤った創造が彼らを傷つける可能性はない」という真実である。これが他者に伝われば、すなわち、他者はヒーリングされるわけだ。"constructive"「建設的」とは、創造的、実相的ということ。"miscreation"「誤った創造」とは、幻想を夢見ていること。



By affirming this you release the mind from over evaluating its own learning device, and restore the mind to its true position as the learner.
  • affirm [əfə́ːrm] : 「断言する、肯定する、確約する 」
  • release [rilíːs] : 「〜を解放する、自由にする、放つ」
  • evaluate [ivǽljuèit] : 「〜の値を求める、〜を評価する」
  • learning device [diváis] : 「学びの装置、学びのための道具」
  • restore [ristɔ́ːr] : 「〜を元の状態に戻す、元に戻す、回復させる、修復する」
  • true [trúː] : 「真の、真実の、本当の、本物の」
  • learner : 「学習者、初学者、学ぶ者」
❖ "By affirming this ~ "「このことを肯定的に断言することで、あなたは、心自体の学びの補助装置を過大評価することから心を解放する」。"its own learning device"「心自体の学びの補助装置」とは、心が真実を学ぶために利用する幻想としての肉体のこと。肉体を過大評価するとは、肉体こそが実在だと信じること。そんなレベル・コンフュージョンから、前文のアファメーションは心を解放してくれるのだ。"and restore the mind ~ "「そして、心を、学ぶ者としての正しい位置に戻す」。幻想に惑わされているからこそ、心は真実を学ぶ必要がある。真実に目覚める必要があるのだ。そういう学びのスタート地点に、アファメーションは心を戻してくれる。
 
 
 


Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp