●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-5.IV.5:1 ~ T-5.IV.6:8

5. Teaching is done in many ways, above all by example. Teaching should be healing, because it is the sharing of ideas and the recognition that to share ideas is to strengthen them. 
  • in many ways : 「いろいろ、さまざまに、いろいろな意味で」
  • above all : 「中でも、とりわけ、何にもまして、何よりも」
  • example [igzǽmpl] : 「例、実例、模範、手本」
  • recognition [rèkəɡníʃən] : 「認識、認証」
  • strengthen [stréŋkθn] : 「〜を強くする、強化する、増強する」
❖ "Teaching is done ~ "「教えることは色々な方法でなされるが、とりわけ、例を示すことでなされる」。"Teaching should ~ "「教えることはヒーリングであるべきだ」。"because it is the ~ "「なぜなら、教えることは思考を分け合うことであり、思考を分け合うことはそれを強化することだと認識することだからである」。



I cannot forget my need to teach what I have learned, which arose in me because I learned it. 
  • forget [fərgét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • need [níːd] : 「必要性、必要なもの、必要物」
  • learn [lə́ːrn] : 「〜を学ぶ、暗記する、覚える、習う」
  • arose [əróuz] : 「arise の過去形」
  • arise [əráiz] : 「起こる、生じる、現れる、生まれる」
❖ "I cannot forget ~ "「私は、学んだことを教える必要があるのだと、忘れることはない」。"which arose in ~ "「その必要性は、私がそれを学んだからこそ、私の中に生じたのだ」。学んだからこそ、教えることができる。始めから、努力もせずに知っていたのではない。また、学んだことは分かち合われる必要がある。それが教えると言うことであり、分かち合われることで真実は拡張増大していくのだ。



I call upon you to teach what you have learned, because by so doing you can depend on it. 
  • call upon = call on : 「呼び掛ける、〜を頼む、求める」
  • depend on : 「〜に頼る、〜を当てにする」
❖ "I call upon ~ "「私はあなたに、あなたが学んだことを教えるようにと要求する」。"because by so ~ "「なぜなら、そうすることで、あなたはそれに頼ることができるからだ」。それとは、あなたが学んだこと。



Make it dependable in my name because my name is the Name of God's Son. 
  • dependable [dipéndəbl] : 「信頼できる、頼りになる、信頼に足る」
  • in one's name : 「〜の名において」
❖ "Make it dependable ~ "「私の名において、学んだことを頼りになるものとしなさい」。"because my name ~ "「なぜなら、私の名前は神の子の名であるから」。イエスから学んだ真実なのだと、自信をもって宣言せよ。イエスという名は神の子の名であるから。神の子は神の真実のすべてを継承しているのだ。



What I learned I give you freely, and the Mind that was in me rejoices as you choose to hear it.
  • freely [fríːli] : 「制限されずに、自由に、惜しみなく」
  • rejoice [ridʒɔ́is] : 「うれしがる、喜ぶ、祝う」
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
❖ "What I learned ~ "「私が学んだことを、私はあなたに無制限に与える」。"and the Mind that ~ "「そうすれば、私の中にある一なる心は、あなたがその声を聞くことを選んだので、喜ぶのだ」。あなたがイエスの教えを学ぼうとすることは、イエスのスピリットを喜ばせる。なぜなら、あなたもイエスと同じ神の子だと知ることになるからだ。師と弟子は同胞である。



6. The Holy Spirit atones in all of us by undoing, and thus lifts the burden you have placed in your mind. 
  • atone [ətóun] : 「償う、あがなう」
  • undo [ʌndú] : 「〜を元どおりにする、取り消す」
  • lift [líft] : 「解除する、取り除く、撤廃する」
  • burden [bə́ːrdn] : 「重荷、負担、苦労、苦しみ」
  • place [pléis] : 「〜を置く、設置する、取り付ける」
❖ "The Holy Spirit atones ~ "「ホーリー・スピリットは、私達の中で、取り消すことで贖罪を果たす」。"and thus lifts ~ "「ホーリー・スピリットはこのようにして、あなたがあなたの心の中に置いた重荷を取り除いてくれる」。ホーリー・スピリットが贖罪を果たすと書いてあるが、贖罪する主体はあくまでも私達。私達はホーリー・スピリットの力を借りて、無意識の中に住まう罪の意識を浄化する。私達が犯した誤りを取り消してくれるのも、私達の正しい心(ホーリー・スピリット)である。贖罪を果たすことで、私達は心の重荷から解放される。



By following him you are led back to God where you belong, and how can you find the way except by taking your brother with you? 
  • follow [fɑ́lou] : 「〜に従う、ついて行く」
  • led [léd] : 「 lead の過去・過去分詞形」
  • lead [líːd] : 「〜を導く、案内する」
  • belong [bilɔ́ːŋ] : 「属する、所属する」
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に 」
❖ "By following him ~ "「ホーリー・スピリットについていくことで、あなたが属していた神の下へ連れ戻されるのだ」。"and how can you find ~ "「そして、あなたの同胞を一緒に連れて行くことなくして、どうしてあなたは道を見つけることが出来るだろう」。神への回帰は、あなた一人だけが果たしても不完全である。自他一如である同胞もまた、供に神の下へ戻らなくてはならない。道案内をしていくれるのはホーリー・スピリットであり、イエスが旅の同伴者である。



My part in the Atonement is not complete until you join it and give it away. As you teach so shall you learn. 
  • part [pɑ́ːrt] : 「分担、役、役目、役割」
  • Atonement [ətóunmənt] : 「贖罪、罪滅ぼし、償い」
  • complete [kəmplíːt] : 「完結した、完成した、完全な」
  • join [dʒɔ́in] : 「〜に加わる、〜に加入する、〜に参加する」
  • give away : 「寄贈する、寄付する、配る、分配する、渡す」
❖ "My part in ~ "「贖罪における私の役割は、あなたがその贖罪に参加し、それを(同胞に)渡してやるまで、完成はしない」。"As you teach ~ "「あなたが教えるにしたがい、あなたは学ぶことになる」。与えることと得ることは同一。教えることと学ぶことも同一。実相の法則である。分かち合うことが基本であり、贖罪も然り。



I will never leave you or forsake you, because to forsake you would be to forsake myself and God Who created me. 
  • leave [líːv] : 「〜を残す、置きっぱなしにする」
  • forsake [fərséik] : 「〜を見捨てる、〜を見放す」
❖ "I will never ~ "「私は決してあなたを置き去りにしないし、見捨てたりしない」。"because to forsake ~ "「なぜなら、あなたを見捨てることは、私自身を、また、私を創造した神を見捨てることになってしまうから」。イエスは、神の名において、決してあなたを見捨てることはない。イエスとあなたは神の子として同体であり、神と神の子もまた同体だからだ。神は神の延長上に神の子を創造したのだから、神と神の子は切っても切れない。



You forsake yourself and God if you forsake any of your brothers. You must learn to see them as they are, and understand they belong to God as you do. 
  • belong to : 「〜に属する、〜の所有物である」
❖ "You forsake yourself ~ "「もし、あなたがあなたのどんな同胞でも見捨てたら、あなたはあなた自身を、また、神を見捨てたことになる」。"You must learn ~ "「あなたは同胞をあるがままに見ることを学ばねばならないし、あなたが神に属しているように、彼らも神に属していると理解しなくてはならない」。



How could you treat your brother better than by rendering unto God the things that are God's?
  • treat [tríːt] : 「扱う、取り扱う、待遇する」
  • render [réndər] : 「〜を与える、提供する、提出する」
❖ "How could you ~ "「〜するよりももっと良く、あなたの同胞を待遇する方法があろうか」。"than by rendering unto ~ "「神のものを神に返すよりも、」もっといい方法があろうか。あなたも同胞も神が創造した神の子である。神の下に回帰するよりいいことがあろうか。天の王国は、神の子にとって故郷であり、生まれ育った家である。神は、あなたの父であり母である。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp