●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-5.V.8:1 ~ T-5.V.8:8

8. The continuing decision to remain separated is the only possible reason for continuing guilt feelings. 
  • continue [kəntínjuː] : 「続いている、延びている」
  • continuing : 「連続する、継続している」
  • decision [disíʒən] : 「決定、決意、決心」
  • remain [riméin] : 「依然として〜のままである」
  • separate [sépərèit] : 「分かれる、分離する」
  • separated : 「分離した、別々になって」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、あり得る」
  • reason [ríːzn] : 「理由、動機、原因、根拠」
❖ "The continuing decision ~ "「(神から)分離した状態のままでいることを継続して決定することは、継続した罪の意識を感じる唯一の可能な理由である」。つまり、神からの分離が継続している限り、罪の意識も継続し続ける、ということ。神から分離していることが罪の意識を生み出している。
ここでは、分離を神からの分離として解釈したが、神の子同士が分離した状態であることを意味しているととらえてもいい。



We have said this before, but did not emphasize the destructive results of the decision. 
  • emphasize [émfəsàiz] : 「〜を強調する、重要視する」
  • destructive [distrʌ́ktiv] : 「破壊的な、破壊主義的な」
  • result [rizʌ́lt] : 「結果、結末、成り行き」
❖ "We have said ~ "「私達はこのことを以前にも話したが、」"but did not ~ "「(神から分離したままでいるという)決定の破壊的な結果については強調していなかった」。破壊的な結果とは、罪の意識に苦しむということ。



Any decision of the mind will affect both behavior and experience. What you want you expect. 
  • affect [əfékt] : 「〜に作用する、〜に影響を及ぼす」
  • behavior [bihéivjər] : 「行動、態度、挙動、言動」
  • experience [ikspíəriəns] : 「経験、体験、見聞」
  • expect [ikspékt] : 「予期する、期待する」
❖ "Any decision of ~ "「心が何を決定しようが、それは行動にも経験にも影響を与えることになる」。"What you want ~ "「あなたが欲するものを、あなたは期待する」。あなたの心が欲するものをあなたの意識は期待し、あなたはそれに従って選択決定する。その決定が、あなたの行動や経験に影響を与える。



This is not delusional. Your mind does make your future, and it will turn it back to full creation at any minute if it accepts the Atonement first. 
  • delusional : 「妄想の」
  • future [fjúːtʃər] : 「未来、将来」
  • at any minute : 「今すぐにも、いつ何時」
  • accept [əksépt] : 「引き受ける、受諾する」
❖ "This is not ~ "「これは妄想ではない」。心が決定することは妄想ではない。心の思いは現実化するからだ。"Your mind does ~ "「あなたの心はあなたの未来を造るのである」。"and it will ~ "「もし、心が贖罪を第一に受け入れるなら、心は今すぐにも未来を完璧な創造へと戻してくれるだろう」。今は完璧な創造の生き方ではないが、もし、心が贖罪を受け入れるなら、いつでもこの生活を本来あるべき完璧な創造の生き方へと連れ戻してくれる。つまり、贖罪があなたを実相世界に連れ戻してくれる。



It will also return to full creation the instant it has done so. 
  • return [ritə́ːrn] : 「戻る、帰る、返還する」
  • instant [ínstənt] : 「瞬間、まさにその時」
❖ "It will also ~ "「心もまた、贖罪を受け入れた瞬間、完璧な創造へと立ち戻るだろう」。あなたの心は、幻想を偽創造することを捨て、真実を分かち合って拡張増大させていくという本当の創造へ回帰する。



Having given up its disordered thought, the proper ordering of thought becomes quite apparent.
  • give up : 「引き渡す、手放す」
  • proper [prɑ́pər] : 「適した、適切な、正確な」
  • ordering : 「順序付け、秩序化」
  • apparent [əpǽrənt] : 「明らかな、明白な」
❖ "Having given up ~ "「妄想的思考を手放したとき、思考の適切な秩序化がきわめて明白になるだろう」。エゴの思考システムを放棄したとき、あなたは、ホーリー・スピリットの秩序だった思考システムを手にすることが出来る。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp