●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-5.V.3:1 ~ T-5.V.3:11

3. The ego is the part of the mind that believes in division. How could part of God detach itself without believing it is attacking him? 
  • division [divíʒən] : 「分割、分裂、分離」
  • detach [ditǽtʃ] : 「〜を分離する、引き離す、切り取る」
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
❖ "The ego is ~ "「エゴは、分離を信じている心の部分である」。"How could part ~ "「神の一部が、それが神への攻撃であると信じることなく、どうして自分を神から切り離せようか」。対偶をとると、『自らを神から分離するものは、神への攻撃である』となる。神の一部とは、神が創造した神の子のこと。今は、エゴに支配された神の子のことである。



We spoke before of the authority problem as based on the concept of usurping God's power. 
  • speak of : 「〜を口にする、〜のことを話す」
  • authority [əθɔ́ːrəti] : 「権威、威信、権力」
  • problem [prɑ́bləm] : 「問題、困ったこと」
  • based on : 「〜に基づいている」
  • concept [kɑ́nsept] : 「概念、観念、考え方」
  • usurp [ju(ː)sə́ː(r)p] : 「奪う、侵害する」
❖ "We spoke before ~ "「以前、私たちは権威問題を、それが神のパワーを奪うという概念に基づくものだと、話したことがある」。エゴに権威をおいてエゴに従うか、ホーリー・スピリットに権威をおいて、その導きに従うか、これが権威問題である。前者の場合、神のパワーを奪うという概念が根底にある。



The ego believes that this is what you did because it believes that it is you. If you identify with the ego, you must perceive yourself as guilty. 
  • identify [aidéntəfài] : 「〜を同一視する、同定する」
  • perceive [pərsíːv] : 「〜を理解する、知覚する」
  • guilty [gílti] : 「罪の意識がある、有罪の」
❖ "The ego believes ~ "「エゴはthat以下を信じている」。"that this is ~ "「これはあなたがやったことだと」信じている。これとは、神のパワーを奪うこと。"because it believes ~ "「なぜなら、エゴは、自分があなただと信じているからである」。つまり、エゴはあなたを自分と同一視している。エゴはあなたが幻想の中で作りだした偶像であるから、当然と言えば当然だ。"If you identify ~ "「もし、あなたがエゴを同一視するのなら、あなたは自分自身を罪あるものと知覚するに違いない」。



Whenever you respond to your ego you will experience guilt, and you will fear punishment. The ego is quite literally a fearful thought. 
  • whenever [hwenévər] : 「〜するときはいつでも」
  • respond [rispɑ́nd] : 「反応する、応答する、応じる」
  • experience [ikspíəriəns] : 「〜を経験する、〜を体験する」
  • guilt [gílt] : 「犯罪、過ち、有罪、罪 」
  • fear [fíər] : 「〜を恐れる、〜を怖がる」
  • punishment [pʌ́niʃmənt] : 「罰すること、刑罰」
  • quite [kwáit] : 「かなり、なかなか、すっかり」
  • literally [lítərəli] : 「文字どおり、そっくりそのまま」
  • fearful [fíərfl] : 「恐ろしい、ものすごい」
  • thought [θɔ́ːt] : 「思想、考えること、思考」
❖ "Whenever you ~ "「あなたが、あなたのエゴに反応するときはいつでも、あなたは罪というものを経験することになるだろう」。"and you will ~ "「そして、あなたは罰を恐れるようになる」。"The ego is quite ~ "「エゴはまったくもって、文字通り恐怖の思考なのである」。あなたに罪の意識と罰への恐れを抱かせ、神や同胞からの分離を維持することがエゴの目的である。



However ridiculous the idea of attacking God may be to the sane mind, never forget that the ego is not sane. It represents a delusional system, and speaks for it. 
  • ridiculous [ridíkjələs] : 「ばかげた、おかしな」
  • sane [séin] : 「正気の、分別ある、良識のある」
  • forget [fərgét] : 「〜を忘れる、見落とす」
  • represent [rèprizént] : 「〜を表す、描く、描写する」
  • delusional [dilúːʒənəl] : 「妄想の」
  • speak for : 「〜をかばう、弁護する」
❖ "However ridiculous ~ "「正気の心にとって、神を攻撃するという考えがどんなにばかげていようとも、決して、エゴが正気などではないことを忘れないようにしなさい」。"It represents a ~ "「エゴは妄想のシステムを象徴し、それを弁護する」。



Listening to the ego's voice means that you believe it is possible to attack God, and that a part of him has been torn away by you. 
  • listen to : 「耳を傾ける、聴く、聞く」
  • possible [pɑ́səbl] : 「可能性がある、あり得る」
  • torn [tɔ́ːrn] : 「tear の過去分詞形」
  • tear [tέər] : 「引き裂く、分裂させる」
  • tear away : 「引き離す」
❖ "Listening to the ~ "「エゴの声を聞くということは、神を攻撃するのは可能だとあなたが信じていることを意味し、また、神の一部があなたによって引き裂かれたということを意味する」。神と正反対のエゴを信奉することは、神への攻撃が可能だと信じている証拠である。そして、あなたの一部である神の神聖さ(神の属性)を自ら切り取って神に投げ返したようなものだ。



Fear of retaliation from without follows, because the severity of the guilt is so acute that it must be projected.
  • retaliation [ritæ̀liéi∫n] : 「仕返し、報復、返報」
  • without [wiðáut] : 「外, 外部, 外側」
  • follow [fɑ́lou] : 「〜の後について行く」
  • severity [sivérəti] : 「厳しさ、厳格さ、過酷さ」
  • acute [əkjúːt] : 「鋭い、強烈な、激しい 」
  • project [prədʒékt] : 「〜を投影する、発射する」
❖ "Fear of retaliation ~ "「外部からの報復への恐れがそれに続く」。"because the severity ~ "「なぜならば、罪の意識の過酷さがあまりに強烈なので、それは投影されざるを得ない」。投影とは、自己の罪や醜さを認めたくないあまり、外部に攻撃の対象を求める心理的行為。他者へ対する異常な憎悪や嫌悪、あるいは自分に向けられた異常な自己嫌悪や心因性の病気も投影ととらえていいだろう。
神の子が神から分離したとき、神の子は神への裏切りに対する罪の意識を強烈に感じた。そして、神はきっと報復として神の子を罰するに違いないと思った。この罪と罰の意識があまりにも強烈なので、神の子はその過酷さに耐えきれなくなって自己を乖離する。別人格のエゴを投影によってでっち上げ、罪と罰への責任をエゴに押しつけたのだ。
 
 
 



Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp