●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-7.VII.2:1 ~ T-7.VII.3:11

2. When a brother acts insanely, he is offering you an opportunity to bless him. His need is yours. 
  • act [ǽkt] : 「行動する、振る舞う」
  • insanely [inséinli] : 「発狂して、気違いじみて」
  • offer [ɔ́ːfər] : 「提示する、提供する」
  • opportunity [ɑ̀pərtjúːnəti] : 「機会、適時、好機」
  • bless [blés] : 「祝福する、恩恵を受ける」
❖ "When a brother ~ "「同胞が狂ったように行動しているときは、」"he is offering you ~ "「彼はあなたに、彼を祝福する機会を提供しているのだ」。"His need is yours"「彼が必要としているものは、あなたの祝福である」。ここの"yours"は「あなたが必要としているもの」ということで、「祝福」とした。彼が必要としているものこそ、あなたが必要としているものだ。自他一如だから当然と言えば当然。



You need the blessing you can offer him. There is no way for you to have it except by giving it. This is the law of God, and it has no exceptions. 
  • except [iksépt] : 「〜を除いて、〜以外に」
  • law [lɔ́ː] : 「法、法律」
  • exception [iksépʃən] : 「例外、除外」
❖ "You need the ~ "「あなたは、あなたが同胞に差し出す祝福を(あなたも)必要としている」。"There is no ~ "「あなたにとって、その祝福を得る方法は、その祝福を与える以外にない」。得るために与える。ACIMの鉄則。あるいは、与えることと得ることは同一である。"This is the law ~ "「これは神の法であり、例外はない」。



What you deny you lack, not because it is lacking, but because you have denied it in another and are therefore not aware of it in yourself. 
  • deny [dinái] : 「〜を否定する、否認する、拒む、拒絶する」
  • lack [lǽk] : 「足りない、不足している、欠いている」
  • aware of : 「〜を承知している、〜に気付いている、〜を知っている」
❖ "What you deny ~ "「あなたが否定したものを、あなたは欠く(失う)」。"not because it ~ "「それが欠乏しているからではない」。"but because you ~ "「他者の中のそれを否定したことによって、あなた自身の中のそれを見失ったからである」。たとえば、他者の愛を否定したら、自分の愛を見失う。他者の真実を否定したら、自分の真実を見失う。



Every response you make is determined by what you think you are, and what you want to be is what you think you are. What you want to be, then, must determine every response you make.
  • response [rispɑ́ns] : 「応答、反応」
  • determine [ditə́ːrmin] : 「決定する、決心させる」
❖ "Every response you ~ "「あなたの反応のすべては、あなたが自分をどう思うかで決定される」。"and what you ~ "「そして、あなたがなりたいと思う自分は、あなたが考えている自分である」。"What you want ~ "「したがって、あなたがなりたと思う自分が、あなたの反応のすべてを決定しているに違いない」。思いが現実を決定するのであって、現実が思いを決定するのではない。あなたがエゴを思うなら、あなたの目に映る現実はエゴの幻想の世界であろうし、あなたがホーリー・スピリットを思うなら、あなたの目に映る現実は真実の世界であろう。あなたの思いがすべてを決定し、思いは現実化する。



3. You do not need God's blessing because that you have forever, but you do need yours. 
  • blessing [blésiŋ] : 「祝福、恵み、恩恵」
  • forever : 「永遠に、永久に 」
❖ "You do not need ~ "「あなたは、神の祝福を必要とはしない」。"because that you ~ "「なぜなら、あなたは永遠にその祝福を授かっているから」。あなたは、この一瞬、永遠に神の祝福を浴びているのだから、ことさらそれを必要だと言う必要はない、ということ。"but you do need ~ "「しかし、あなたは、あなたが祝福することを必要としている」。あなたが必要としていることは、あなたが自分を祝福することである。自分を愛することが必要なのだ。同時にそれは、あなたが同胞を愛することにつながる。そして、巡り巡って神を祝福することになる。



The ego's picture of you is deprived, unloving and vulnerable. You cannot love this. 
  • picture [píktʃər] : 「絵、像、絵画」
  • deprived [dipráivd] : 「貧しい、困窮した」
  • unloving [ʌ̀nlʌ́viŋ] : 「愛情がない」
  • vulnerable [vʌ́lnərəbl] : 「弱い、傷つきやすい」
❖ "The ego's picture ~ "「エゴが描くあなたは、貧窮し、愛情なく、傷つきやすい」。"You cannot ~ "「あなたは、こんな自分を愛せるはずがない」。だから、あなたは自分を祝福できない。



Yet you can very easily escape from this image by leaving it behind. You are not there and that is not you. 
  • easily [íːzəli] : 「容易に、たやすく」
  • escape [iskéip] : 「逃げる、脱出する」
  • leave [líːv] : 「〜を残す、放置する」
  • behind [biháind] : 「後に、後ろへ」
❖ "Yet you can ~ "「しかし、あなたは、このエゴの描くイメージからいとも簡単に逃れることが出来る」。"by leaving it ~ "「そのイメージを後ろに置き去りにすることで、」簡単に逃れることが出来る。"You are not ~ "「あなたはそこにいないし、そのイメージはあなたではない」。"there"「そこ」とは、エゴがあなたのイメージを描く現場、幻想が展開する現場である。



Do not see this picture in anyone, or you have accepted it as you. All illusions about the Sonship are dispelled together as they were made together. 
  • accept [əksépt] : 「認める、受け入れる」
  • illusion [ilúːʒən] : 「幻想、幻覚、錯覚」
  • dispel [dispél] : 「〜を払いのける、払拭する」
  • together [təgéðər] : 「一緒に、同時に」
❖ "Do not see this ~ "「(エゴが描いた)こんな絵を、他者の中に見てはいけない」。"or you have ~ "「さもなければ、あなたはそのイメージを自分として受け入れてしまうだろう」。ACIMは自他一如の世界であるから、他者に見たイメージは、実は自分のイメージである。他者を、貧窮し、愛情なく、傷つきやすい者として見ることは、とりもなおさず、自分自身がそのようなものであると見ていることになる。"All illusions about ~ "「神の子に対して抱く錯覚のすべては、それらが共に作られたと同じように、共に払拭される」。錯覚は作られるのも一緒、払拭されるのも一緒なので、あなたが、"by leaving it behind"、つまり、その錯覚を後ろに置き去りにすれば、同時に、他者に見る錯覚も置き去りにされる。



Teach no one that he is what you would not want to be. Your brother is the mirror in which you see the image of yourself as long as perception lasts. 
  • mirror [mírər] : 「鏡、反射鏡」
  • as long as : 「〜する限り」
  • perception [pərsépʃən] : 「知覚、見識、感じ方」
  • last [lǽst] : 「続く、存続する、持続する」
❖ "Teach no one ~ "「誰にもthat以下を教えてはならない」。"that he is what ~ "「同胞が、あなたがそうあって欲しくないものであると」誰にも教えてはならない。つまり、あなたにとって否定的なイメージをもって同胞を見てはいけないし、また、それを教えてはならない、ということ。"Your brother is ~ "「知覚が続く限り、あなたの同胞は、あなたがあなた自身の像を見る鏡である」。"as long as perception lasts"「知覚の続く限り」というのは、知覚を頼りに評価判断する限りにおいて、ということ。この幻想の世界にあるうちは、という意味合い。心が神の世界に回帰できれば、もはや知覚は必要でなくなり、叡智という上位レベルの機能を獲得することになって、もはや鏡など必要もないし、存在もしない。



And perception will last until the Sonship knows itself as whole. You made perception and it must last as long as you want it.
  • until [ʌntíl] : 「〜する時まで」
  • whole [hóul] : 「全部の、完全な、全体の」
❖ "And perception ~ "「そして、神の子が自分を全く完全であると(叡智をもって)知るまでは、知覚は続くであろう」。ACIMの"know"は、叡智をもって直覚するというニュアンスをもっている。"You made perception ~ "「あなたが知覚を作り出したのである」。"and it must last ~ "「そして、知覚は、あなたがそれを必要とするまで、続くであろう」。心は、投影によって心の外部に肉体を作った。知覚は肉体に伴うものであるから、知覚もあなたが投影によって生み出したものだ。あなたが肉体の存在を信じている限り、エゴの描き出すイメージを感じ取る知覚は存続することになる。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp