●  "A Course in Miracles (ACIM)""Text" (1975年版) の英語原文を、単に翻訳するだけでなく、精読、精解していくワークショップです。
●  Title に、たとえば T-26.IV.4:7 とありましたら、これは "Text" の Chapter 26、Section IV、Paragraph 4、Sentence 7 という場所を示しています。
●  Workbook精読http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp です。
●  Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。



T-7.VII.8:1 ~ T-7.VII.9:5

8. Attack could never promote attack unless you perceived it as a means of depriving you of something you want. 
  • attack [ətǽk] : 「攻撃、暴行、襲撃」
  • promote [prəmóut] : 「進める、進展させる」
  • unless [ənlés] : 「〜でない限り」
  • perceive [pərsíːv] : 「知覚する、〜に気付く」
  • means [míːnz] : 「手段、方法」
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、剥奪する」
  • deprive A of B : 「AからBを奪う、AにBを与えない」
❖ "Attack could never ~ "「あなたが〜しない限り、攻撃が攻撃を生むことは決してない」。"unless you perceived ~ "「あなたが、攻撃を、あなたが欲している何かをあなたから奪いとるための手段だと知覚しない限り、」攻撃が攻撃を生むことはない。攻撃が攻撃を助長することはない。つまり、攻撃が攻撃を生むのは、あなたが、攻撃は何かを奪い、あるいは奪われる手段だと考えているからだ。



Yet you cannot lose anything unless you do not value it, and therefore do not want it. 
  • lose [lúːz] : 「〜を失う、喪失する、なくす」
  • value [vǽljuː] : 「重視する、大事にする」
❖ "Yet you cannot ~ "「しかし、あなたが何かに価値を置き、したがって、それが欲しいと思う限り、あなたは何かを手放そうとは思うまい」。"unless"「〜でない限り」に続く文が否定文になっているので二重否定となり「〜でなくはない限り」となるので、肯定文として訳した。



This makes you feel deprived of it, and by projecting your own rejection you then believe that others are taking it from you. 
  • deprive [dipráiv] : 「奪う、剥奪する」
  • project [prədʒékt] : 「〜を投影する、発射する」
  • rejection [ridʒékʃən] : 「拒絶、断ること、拒否」
❖ "This makes you ~ "「この思いが、(攻撃によって)それを奪われたと、あなたに感じさせる」。"and by projecting ~ "「そして、あなた自身の拒絶感を投影することで、あなたは、他者があなたからそれを取り上げようとしているのだと信じるのだ」。あなたが何かに価値を置くと、それを他者と分かち合うことなく独占しておきたいと思う。これが拒絶感につながる。その価値あるものに他者が近づこうとすると、あなたは拒絶感を他者に投影して、他者がそれを奪おうとしていると思い込む。実際、他者があなたのものに手を出すと、あなたはそれを攻撃だと見なすのだ。



You must be fearful if you believe that your brother is attacking you to tear the Kingdom of Heaven from you. This is the ultimate basis for all the ego's projection.
  • fearful [fíərfl] : 「恐ろしい、怖い」
  • tear [tέər] : 「引っかく、むしり取る」
  • ultimate [ʌ́ltəmət] : 「最終的な、根本的な」
  • basis [béisis] : 「土台、基礎、基盤」
  • projection [prədʒékʃən] : 「投射、投影、射影」
❖ "You must be fearful ~ "「もし、あなたがthat以下を信じるなら、あなたは恐れを感じるに違いない」。"that your brother ~ "「あなたの同胞が、あなたから天の王国をむしり取るために、あなたを攻撃しているのだと」信じるなら、あなたは恐れを感じるに違いない。天の王国をむしり取るとは、簡単に、あなたの平和や愛や喜びをむしり取ること、と考えていいだろう。あなたは、自分の平和や愛や喜びを他者と分かち合おうとせずに独占しておきたいと思うから、他者がそれを奪おうとしているに違いないと勘違いする。そこに恐れの感情が生まれる。"This is the ultimate ~ "「これこそ、エゴのすべての投影にとって、究極の基盤になっている」。他者が攻撃して奪おうとしているように見えるのは、あなたの拒絶感の投影である。そこに恐れが生まれ、あなたと他者の間の分離は加速される。投影によって分離を維持加速することこそ、エゴの思考システムの基盤である。



9. Being the part of your mind that does not believe it is responsible for itself, and being without allegiance to God, the ego is incapable of trust. 
  • part [pɑ́ːrt] : 「一部、部分」
  • responsible [rispɑ́nsəbl] : 「責任がある」
  • be responsible for : 「〜に対して責任がある」
  • allegiance [əlíːdʒəns] : 「忠誠、忠実 」
  • be incapable of : 「〜ができない」
  • trust [trʌ́st] : 「信用する、信頼する」
❖ "Being the part ~ "分詞構文、理由、「自分に対して責任があるなどと信じていない、あなたの心の一部であるので、」あなたの心の一部であるエゴは、攻撃してくる他者が悪いのであって、自分には責任がないと信じているので、"and being without ~ "「また、神に対して忠誠心などもっていないので、」エゴは、神の法に敵対しているので、"the ego is ~ "「エゴは(他者を)信頼することが出来ないのだ」。他者はあなたを攻撃したり奪ったりしようとしているのではく、分かち合いたいと思っているのだと、あなたは思うことが出来ない。きっと裏切るに違いないと思い込み、他者を信頼することが出来ない。



Projecting its insane belief that you have been treacherous to your Creator, it believes that your brothers, who are as incapable of this as you are, are out to take God from you. 
  • project [prədʒékt] : 「〜を投影する、投射する」
  • insane [inséin] : 「正気でない、狂った」
  • treacherous [trétʃərəs] : 「不誠実な、裏切りをする」
  • be out to : 「しきりに〜したがる、〜をしようと躍起になる」
❖ "Projecting its insane ~ "「that以下という狂った信念を投影することで、」"that you have ~ "「あなたはあなたの創造主である神を裏切ってしまったのだという」狂った信念を投射することで、"it believes that ~ "「エゴはthat以下を信じている」。"that your brothers~ "「あなたの同胞が、あなた同様、神を裏切るなど出来るはずもないのだが、彼らがあなたから神を奪おうと躍起になっている」と、エゴは信じている。あなたも他者も同じ神の子であって、本来、神の法を犯すことは不可能なのだが、あなたは神の法を犯してしまったのだというエゴの唆(そそのか)しを信じて、その思いを他者に投影し、あなたではなく他者が神の法を犯し、他者が神の法へのあなたの忠誠心を奪おうと躍起になっていると思い込むのだ。



Whenever a brother attacks another, that is what he believes. Projection always sees your wishes in others. 
  • whenever [hwenévər] : 「〜するときはいつでも」
❖ "Whenever a brother ~ "「一人の同胞が別の同胞を攻撃するときはいつでも、」"that is what ~ "「彼が信じていることは、それである」。"that"「それ」とは、前文のこと。つまり、相手が自分から神を奪おうとしていると信じて、攻撃するのである。"Projection always ~ "「投影は、いつも、あなたの望みを他者の中に見ている」。自分の欲望(それがポジティブでもネガティブでも)を他者の上に投影し、自分の欲望と直接対峙するかわりに、相手に投影した虚像を攻撃対象にするのである。他者とは、あなた自身を映す鏡である。



If you choose to separate yourself from God, that is what you will think others are doing to you.
  • choose [tʃúːz] : 「〜を選ぶ、〜を選択する」
  • separate [sépərèit] : 「分離する、切り離す」
❖ "If you choose ~ "「あなたが、あなた自身を神から分離することを選ぶならば、」"that is what ~ "直訳すると、「それは、他者があなたに対してやっていることだと、あなたが思うであろうことだ」。つまり、自分で神からの分離を選択したにもかかわらず、他者が分離させたのだと主張するのである。自分の欲望を他者の上に投影した結果である。






Notification

自分の写真


❖ Text精読、完了しました。4年8ヶ月、1256回の投稿でした。長期に渡ってお付き合いいただき、感謝します。
❖ 引き続き、Workbook精読をご覧下さい。場所は「http://acimworkshop-workbook.blogspot.jp」です。
❖ Text精読の手直しも始めました。月日をかけて見直していきます。
❖ AmazonからKindle版の精読シリーズを出版開始しました。『どこでもAcim』をご希望の方は是非どうぞ。
❖ Google PlayとiBookstoreからepub版の精読シリーズを出版開始しました。Kindle版で窮屈さをお感じでしたら、こちらをどうぞ。
❖ Urtext精読をAmazonからKindle本として上梓しました。Urtextは非常に面白いです。臨場感は半端でありません。

oohata_mnb@yahoo.co.jp
oohata.m@coda.ocn.ne.jp